初めて質問します。よろしくお願いします。
5年前に亡くなった母が持っていた株を、証券会社で相続手続きをしたのですが、先日配当金の振込みの通知が私ではなく母の名前で送られてきました。
配当金の通知が信託銀行から送られてくるということは、信託銀行に対しても相続の手続きをして私名義にしなければならないのでしょうか?

こちらで検索をかけてみると、「手数料を払えば証券会社経由で銀行にも手続きをしてもらえる」と言うような内容をみつけました。
しかし証券会社経由での手続きとしては申し込んでいませんし、手続き自体はすでに完了しております。
証券会社経由で今から信託銀行(3社)に相続手続き(名義書換)をしてもらえるのですか?
それとも、3社の銀行にそれぞれ相続手続きを行わなければならないのでしょうか?
私は株に関しては今回の相続のこと以外は全くの初心者です。
こういう件に詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

(証券会社に預けてあったもの以外にも2社の手続きがようやく終わったと思ったのに、さらに3社に対して新たに書類を取り寄せたり、戸籍謄本などの取り寄せ等、かかる手間を考えると、何とか簡便にすませたいのですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 今晩は。


 経験者だと言いながら役に立たない回答がありますね。これでは仕方が無いですから、やり直し。

 とにかく、証券会社への相続に関する届出と、株式の名義変更の手続きは別物です。ご自身がここの過去の回答を検索して見つけた「手数料を払って・・・」、というのがその手続きに該当します。
  手順としてはその証券会社に名義変更願いを申し出ます。この際株数にもよりますが、1銘柄に付き最低で500+5%の手数料が必要になります。また現在その会社の株主でないならば、「株主票」を作成する必要があります。その書類に署名、捺印をすることになります。これはすべて郵送で行えます。
 もう少し詳しく言うと、証券会社で手数料を払って代行してもらう以外に、証券業務を扱っている信託銀行や証券代行会社の本支店に直接株券持参で出向いて、無料で手続きすることも可能です。
 ところが以上は「証券保管振替機構」通称「ほふり」が稼動する前の話で、現在ではこれは主流の方法ではありません。

 相続した株券がご自身のほふり口座に入らなかったということは、
1.その株券がほふりに預けられていなかった。
2.ご自身がほふり口座を開いていないので自動的に移動されない。
のどちらかです。
 こういう状況になっていて証券会社がほふり口座の開設を求めないわけはないだろうと感じます。ということはその株券は、証券会社が各社で運営している(母親名義の)保護預かり口座に入っているのでしょう。これを相続でそのままご自身の保護預かり口座に移動しても、名義は変わりません。そのために配当などの通知が本来の株主の所に来ることになります。
 具体的にどのような状況になっているのか判らないので、以下では的確な回答が出来ません。
 そこで、証券会社に先ずご自身のほふり口座が開設されているのかどうかを確認してください。もし既にあるのなら、どうして相続した株の関係書類が母名義の宛名で来るのか問い合わせてください。この場合なら名義変更の手続きをせずとも株券の権利はすべて移動しているはずです。
 この場合おそらくそうなっていないのでしょうが、それならば、次はどうすれば良いのかを証券会社に訊ねます。現在ご自身の保護預かり口座に入っているのだとすると名義変更が必要、ご自身のほふり口座に入れてしまうのならその指示(及びほふり口座が無い場合にはその開設の手続き)以外には必要はないはずです。
 或いは証券会社に預けてあったものを出庫してご自分で管理しているのでしょうか? この場合には株券を証券会社なり信託銀行等に持参(返送料も同封して郵送でも可)して、必ず名義の変更をしてください。今年中にやっておかないと株券の電子化に伴って非常に面倒なことになりますから、早目に済ませる方が良いでしょう。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

連休明けで証券会社になかなか電話がつながらなかったのですが、問合わせることができました。
証券会社経由で、信託銀行でも私名義に切り替わると言うことでした。
すでに母名義で配当金の振込みのお知らせが届いている分は、6月の配当なので私の名義ではないが、後日郵送される「ゆうちょ銀行現金払」で私が受け取ることができるようです。
年末に証券会社の相続手続きが完了していることから、3月決算の配当金は私の名義に切り替わっているそうです。
ということは、今後信託銀行には手続きしなくても証券会社経由で名義書換の連絡が行くということだと思ったのですが。

でも、「ほふり」かどうかは確認できていないので、あらためて確認をとらないといけませんね。
株券は手元になく「保護預かり」になっていると思います(管理料が毎年引き落とされていた)
証券会社には相続手続きと同時に私の口座を開設しました。
「ほふり」の意味もよくわからず証券会社に預けていれば「ほふり」に預けていることとイコールだと思っていたので、お恥ずかしい限りです。
No.2さんの回答を参考に、もう一度問い合わせてみようと思います。

丁寧な回答、ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/15 18:12

#3の者です。



>この株については信託銀行に相続・名義書換の手続きをとり、株券が見当たらないので喪失の手続きもとりました。

これについては、◎です。
まずは名変手続を終えている、かつ、喪失手続も行っている、ということでバッチリです。
この喪失手続を行っていないと、万一、他人がその紛失株券を入手した(拾ったとか盗んだとか)場合に勝手に売却することが出来てしまいます。

>喪失手続から1年後に株券が再発行されるということですが、電子化ということも考えると、再発行後に株券を証券会社へ持参して、ほふりにして下さいと言うのが、ベストの選択だと思う

これについては、残念ながら、私も実務上経験のないパターンなので断言はしかねますが・・。

ただ、株券が再発行されるタイミングが、タンス株券の預け入れ期限以前であれば、仰るとおり、証券会社へ持参して手続すればOKでしょう。
ちなみに預け入れ期限は、「株券電子化実施日の2週間前の日の前日」までとされています。つまり09年1月実施なら、今年の年末あたりでしょうか。

(ご参考)日本証券業協会「Q&A]07年12月、16ページ一番下(10)
http://www.kessaicenter.com/kokunai/kabuken10a.pdf

問題は、株券の再発行が電子化実施後になった時のこと。
おそらく、信託銀行の管理する「特別口座」に移行されると思います。
(念のため喪失手続を行った信託銀にお尋ねください。)

この特別口座(≠特定口座)と言うのは、証券会社に預け入れなかった株式
(今回の電子化対応が面倒だと言って手続をサボってしまった株とか、手続が必要なこと自体を知らなかった株、
タンス株券のまま自宅保管されてしまった株、
どうしてもホフリに加入したくない株主の株など)
が管理されることになる口座で、信託銀行に設けられます。

ただし、あなたのケースでは名変は終わっているので、特別口座へ移行されたとしても、株主としての権利を失うことはありません。

あなたのケースは、再発行前に電子化実施日を迎えることになれば、株券を証券会社に持参できないので、証券会社への預け入れが出来ないわけです。
「手続をしたくても出来なかった」わけですが、証券会社へ預けられなかったと言う点では同じなので、特別口座へ移行すると思われます。

まあ今のところ、売買を想定しなければ、この特別口座でも、さほどデメリットを受けるとは感じませんでしたが、そうは言っても、売却しようと思った時には結局、証券会社に振り替えた上でしか売却できませんので不便です。
(上記URL 11ページご参照)

なお、上述の内容は、私の推測も含んでおりますので、やはり喪失手続を行った信託銀へお問い合わせが確実です。
できれば、特別口座に移行した後でも、証券会社への振替手続を早く済ませておいたほうがいいような気がします(すぐに売却する意向がなくても)。

くどいですが、今年後半は信託銀・証券会社ともにかなりの混雑が想定されます。早め早めのご対応をお勧めします。
よろしくお願いいたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>預け入れ期限は、「株券電子化実施日の2週間前の日の前日」までとされています。つまり09年1月実施なら、今年の年末あたりでしょうか。

はい、今年正月明けに喪失手続きの書類を郵送したので、再発行は年末か来年1月になりそうですね。
自分がどう動いたらよいのかもわかってきて、少し気持ちが楽になりました。
アドバイスいただいたことを参考に、速やかに対処したいと思います。
いろいろ有難うございました。

お礼日時:2008/01/17 01:18

証券会社勤務の者です。


もうおおかた解決しているようですので無用の回答になるかもしれませんがご参考まで。

証券会社における相続手続が完了しているのであれば、問題ないでしょう。#2さんご回答の通り、現在証券会社がほふりへの加入を勧めないことは皆無と言ってもいいですから、相続した株式は、相続人(=あなた)の口座のほふりに移行したはずです。
したがって、担当者が言うとおり、次期決算にはあなたの名前で配当通知や株主総会通知が来るでしょう。

念のため、そもそも、あなたが「?」になっている理由の一つである「ほふり」について触れておきます。
イロハのイからのご説明になりますので、ややくどいかも知れませんがお目通しを。

・株式は買付注文を出して、その注文が成立すれば買うことが出来ます。
・通常、買いの注文が成立した日(約定日)から4営業日目に決済されます(=買い代金を支払う)。
・もちろんその株はあなたが買ったのですから、あなたの株です。しかしながら、本来はこの買い注文とは別に、株券の名義書換手続を行わなければ、その株の発行会社からは株主として認識されません。
・名義書換手続は、銘柄ごとに決まっている名義書換代理人(=通常、信託銀行)に手続を出します。だいたい1ヶ月くらい要する手続です。
・名義書換手続き中は売却することは出来ません。
・しかし、名義書換中に株価が急上昇した、すぐに売りたい、等と言う時に、不便です。また、頻繁に売買する人はその都度名義書換手続を出すなんて面倒きわまりありません。
・そこで考えられたのが、保管振替制度(ほふり)です。
・ほふりを使えば、上記のような、その都度の面倒な名義書換手続をせずとも、株主として認識されますし、売却不可期間を持たずに済みます。
・したがって、現在は、よほどの理由がない限りは、ほふりを利用している人がほとんどです。

このほふり制度というのは、ものすごく大雑把に言えば、
あなたの預けた株券も他の人の預けた株券も、いっしょくたにして保管してあるということです。
例えば、あなたが証券会社に、「トヨタ1,000株」を預けたとします。
その後、何らかの理由で、その株券を手元に置きたい、ということで出庫請求をした時に出てくる株券は、確かに「トヨタ1,000株」ですが、あなたが預入手続をした、トヨタ株そのものではありません。

もっと砕いて言えば、
あなたが、銀行のATMに言って、自分の預金口座に1万円を預け入れたとします。
その一万円札は記番号「A0000001A」とします。
そして翌日、また銀行に行って、自分の預金口座から1万円を引き出したとします。その時に出てくるのはもちろん1万円札ですが、記番号は、「Z5412362S」かもしれませんし、他の番号かもしれません。
少なくとも、昨日預けた1万円札「A0000001A」そのものではないですよね。しかし何の不便もありません。
株式のほふり預けというのは、要はそういうことです。

昔は「ほふり」を利用していなかった場合には、その株主が預けた株券そのものを返却するようになっていた(=記番号A000001Aの万札を返却するようなこと)ので、保管側としても面倒極まりなかったのです。


大丈夫とは思いますが、証券会社担当者にほふりの確認と、できれば特定口座(税金関係の話です)の確認もしておきましょう。
長文失礼しました。

この回答への補足

すみません。
もう1つ質問させていただいてよろしいでしょうか?

この株券とは別で、証券会社に預けていない株式(たんす株というのですよね)も持っています。
この株については信託銀行に相続・名義書換の手続きをとり、株券が見当たらないので喪失の手続きもとりました。
喪失手続から1年後に株券が再発行されるということですが、電子化ということも考えると、再発行後に株券を証券会社へ持参して、ほふりにして下さいと言うのが、ベストの選択だと思うのですが、いかがでしょうか?

もしお時間があればご回答いただければありがたいのですが。

補足日時:2008/01/16 11:32
    • good
    • 1
この回答へのお礼

証券会社に再度問い合わせをしてみました。
やはりほふりになっていました。
ので、次の決算の時には私の名前で配当金を受け取ることができる、今後新たに株を買ったとしても、名義書換の手続きは不要だということですね。
特定口座は、私の口座を開設時に申し込んでいました。(源泉徴収ありで)

ほふりのことは何度となく書類を読んでいたのによく理解できていませんでしたが、No.3さんの説明でよくわかりました。
この制度がなければ手続きがすごく大変なわけで、逆にほふりがあるから気軽に株取引を始める人が増えているんでしょうね。

今は母の遺してくれた株でわずかですが配当を楽しみつつ、もう少し詳しく勉強して自分でも売買できるようになりたいと思っております。
わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/16 11:30

相続に掛かる手続きに簡便はありません。

怠るとややこしくなるだけですから、大変でしょうが速やかに処置されることが肝要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「証券会社経由で今から信託銀行(3社)に相続手続き(名義書換)をしてもらえる」という方法が可能ならば、他の方法よりは「簡便にすませる」ことができると言う意味だったのですが…。
確かに怠るとややこしくなる一方ですね。
連休明けで証券会社にも電話がつながらなかったのですが、問合わせることができました。
証券会社経由で、信託銀行でも私名義に切り替わると言うことでした。
すでに母名義で配当金の振込みのお知らせが届いている分は、後日郵送される「ゆうちょ銀行現金払」で受け取ることができるようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/15 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「株」の遺産相続は、どのようになりますか?

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良いが、3人兄弟の誰かが相続しないといけない。
その場合、例えば、1500万の株、3000万の株、500万の株があったとしたら、誰がどの株を相続するかで相続の際に不平等で争いの原因にならないか?
また、株を売らずに相続した場合、相続した人間が自腹で相続税を支出する必要があるのではないか?

そのような感じかな、と勝手に想像してみたのですが、
なにしろ知識が全くないので、よくわかっていません。

父の死後は、実際はどのようになるのでしょうか?

また、父の死亡前に、私が取っておくべき、ベターな相続対策(株について)はありますか?
アドバイスがあればお願いします。

父が高齢で、ガン治療の最中です。
が、残念なことに、おそらく、あと1年以内に亡くなると思います。

そこで気になるのが遺産相続と、相続対策です。

父には、現金以外に、およそ4000万円分の株を持っています。
私達は3人兄弟です。

私は株に詳しくないので、この株券がどのように遺産相続されるのかが分かりません。

勝手に推測してみたのが、
●父の死亡後、強制的に売却しないといけない。売却したお金から相続税を支払い、余ったお金を兄弟で分ける?

●父の死亡後、株は売らなくても良い...続きを読む

Aベストアンサー

親の遺産相続にだいたい同額の株式がありました。
私の相続時には課税限度額が5000万円+法定相続人数×1000万でしたから
楽でしたが
現在は厳しいですね。
まずは、株式以外の相続財産との合算で相続税を考える必要があります。不動産だと小規模
宅地の特例とかあって評価が減額されます。
その前にご母堂はもうお亡くなりですか?一旦お母様に全額相続してもらいお母様の生存中に
相続税対策をするというのも一案ですが、お亡くなりになったなら仕方がないです。

株のみの相続対策はまず、亡くなった日の株価で資産評価がされます。
株価が上がり調子ですからこのままいくと相続税で他の資産と合算されて少しもっていかれます。


一番安全なのは株を全部換金して、当然譲渡益の20%は所得税でとられますが
それを住宅ローンの返済にあてる。もちろん持ち分を一部父親名義に書き換える。
相続の際遺産分割協議書で持ち分をそれぞれ子供が相続する。
私ならそうします。

Q株式の名義変更について

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりません。
証券会社は○興コー○○○○だったと思います。

私はネット証券(ka○.com,イー○レード)と証券会社(SMBC○○○○証券)に計3つの特定口座を所有しております。

対象の株価は1株約350円で、4000株だと約140万円になってしまい、110万円を超える為、贈与税がかかるとの認識です。
贈与税がかかるのは嫌なので、2000株ずつを2年にわけて名義変更が一番良い方法でしょうか。
なお、当面、というか今のところ現金化するつもりはありません。

ka○.comは贈与により取得した株式の取得費を特定口座へ入庫するのは法的には可能だが取り扱いをしていない旨が記載されておりました。(意味がよくわからない)

父と私がそれぞれどのような手続きをすればよいのかをご教授いただけますでしょうか?
わたしの3つのうち、どこに入庫するのが一番良いでしょうか?
また、他に最良の方法があればご教示願います。
よろしくお願いいたします。

株主優待券の関係で、父から私に4000株の株式を名義変更をしようと思っております。

所有株式数による発行枚数は以下の通りです。
1000株~4000株までは1000株につき、1枚発行。
4001株~9999株までは4枚+超過分2000株毎に1枚発行。
10000株~999999株までは7枚+超過分4000株毎に1枚発行

父は航空会社勤務で、自社の持ち株会で購入。所有株式数は2万株~3万株だそうです。(正確な株式数は父も知らず・・・)
会社の口座?にも数千株あるはず?!と言っていますが、
私も父も意味がよくわかっておりま...続きを読む

Aベストアンサー

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その際もちろん贈与に関する手続が必要です。

3.あなたへの名義書換を終え、証券会社の特定口座に入れます。その際の取得価格は1で述べた「精算書」を使います。一般的にはその時に贈与に関する書類も必要となります。カ○ドットのように取扱いをしていないケースもあるようですが私の勤務する証券会社では可能です。

4.精算書にある平均取得価格がみなし取得価格よりも低い場合は無理に特定口座に入れると不利になる恐れがあります。ちなみにご質問の銘柄のみなし価格は238円です。

5.特定口座に入れずに一般口座に置く場合でも、平成22年末までの売却であれば、みなし価格を取得価格として採用できます。(逆に言えばみなしを使いたいなら一般口座。特定でのみなし採用は昨年末で締切となってます。)

5.贈与税に関しては、仰るとおり4千株ですと110万を超えそうですので2年に分けてやってもいいでしょう。本日6/14現在では339円ですが、やるタイミングによってはより安い値段を採用できる可能性もありますので、考慮してください。贈与した日以外に、当月・前月・前々月の平均値などの最安値を使えます。
http://www.smbc-friend.co.jp/info/tax/jojokabusikizoyo.html

6.「2千株づつ2年に分けてやるのが一番良いか」はわかりません。一括でやっちゃった方が良いかもしれませんが事後的にしかわかりません。株価が今後上昇する可能性もありますので。ちなみに本日終値で計算した贈与税は、2万5千円くらいですね。
(339*4,000-1,100,000)*0.1=25,600
http://www.taxanswer.nta.go.jp/4408.htm

※まずお父様の会社の持株会にそのような精算書が発行できるかを確認し、また預入れ予定の証券会社の特定口座の取扱い(贈与時などの取扱い)を尋ねてください。
以上で対処出来ない場合は他の方法もなくもないですが、その折にはまた質問立ててください。私の出来る範囲でお力になります。

長文大変失礼いたします。
・結論:やるべきこと
お父様=持株会からの引き出し手続
jinroxさん=名義書換手続と特定口座預け入れ手続。

・注意点
1.お父様が持株会から引き出す際に、「引出精算書」など(名称は各会社によって若干違います)を取ること。それに今までの取得の平均単価が記されていますので、取得価格の根拠に出来ます。(日付・価格・印など用件は満たす必要があります)

2.名義変更は、銘柄ごとに決まっている窓口の信託銀行で出来ます。ご質問の銘柄の場合は住友信託です。その...続きを読む

Q遺産を受け取るまでにかかる日数

初めて質問させていただきます。今年、父が突然他界し銀行預金の遺産を相続することになりました。
初めてのことばかりで大変でしたが11月上旬に税務署に相続申告書を提出しました。そして数日後には相続に対する納税も終えました。相続の書類作成の際は税理士さんはもちろん、銀行の方もいらしていろいろな書類に捺印やサインなどを行い、振込先を聞かれたので私のメインバンクの情報を記載しました。税理士さんからは相続に対するすべての手続きは終了した旨を知らされました。今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。よろしくお願いいたします。年の半分日本にいないため今後日本を離れる時期を検討したいため(父が他界した後は書類などの手続きのため4回ほど帰国し大変だったので)。

Aベストアンサー

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行った。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、指定された遺族の口座に振込を実行した。
11月27日(木曜日)。該当金融機関は、税理士に相続財産振込一覧表(振込証明書原本)を提出。
11月28日(金曜日)。税理士は、遺族全員に相続業務が終わった事を連絡。
※通常は、郵送で振込証明書等明細が個々の相続人に送られます。
※通常、銀行の営業時間・郵便配送日数が別途必要です。
※私の場合、税理士の対応が早かったので(書類完成から)7営業日で振込がありました。
結局は、業務を依頼した税理士が「動くか動かないか次第」です。
「いつ動くの? 税理士の都合でしょ!」(笑)

>今後どのくらいの期間に振込みがされるのでしょうか。

私の経験では、遺産分割協議書が完成してから7営業日までに入金がありました。
遺産分割協議書があれば、遺族の誰でも該当する金融機関で出金出来ます。
質問者さまの場合、税理士に依頼したのですよね。
必要書類が整っているとして、その税理士が「いつ該当する金融機関に出向くか?」次第です。
例えば・・・。
11月25日(火曜日)。相続関係の全書類が整った。
11月26日(水曜日)。税理士は、該当金融機関に出向き相続財産振込手続きを行っ...続きを読む

Q株の名義変更及び移管について

父がバブル時に購入した6社ほどの株があります。
すべて、50%以上の損失で塩漬け状態になっています。
このまま放置していても、いつ利益がでるか解らないので私が運用してみたいと思っています。
父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが、証券会社に聞いたら、名義変更はできないという事でした。
できるとしても贈与税などの手続きとかでいろいろ手間がかかるとの事でした。
一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし、売却するなら、手数料の安い父名義のネット証券に移管してから売却なり運用した方が良いかと思っています。
(大手証券会社もネット証券会社も特定口座です)

株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります。
もしそうだと、移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが・・・?

詳しい事はよく解らないので何かアドバイスを頂けたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。

>株を移管すると、移管先ではその株は特定口座にできないと以前聞いたことがあります
↑一度株券を出庫して入庫をすればその通りですが、取得価格を引き継ぎたいのであれば、「証券会社間移管」という書面での手続を行えば、現在置いてある大手証券会社での特定口座での取得価格が引き継がれます。

>移管してから売却すると税金面で損をしてしまう気がするのですが
↑取得価格が証明できるのであれば問題ありません。またその証明が無い場合でも、最悪、一般口座で平22年末までの売却であれば「みなし価格」は使えます。バブル期の高値よりは多分大きく不利ではありますが。

>一度売却する事は、父がなぜか賛成しませんし
↑であれば、運用も何もないですよね。値が戻るのをひたすら待つというのは運用でも何でもありません。損切りができない人は株式投資をすべきではありません。

いずれにしても、贈与の件と、運用方針についてお父上との相談、合意が不可欠でしょう。
そして贈与手続云々が面倒なら、証券会社間移管でお父上のネット証券口座に移管し、ネット取引であなたが運用してみてはいかがでしょうか。

証券マンです。

>父の株名義を私名義に変えるか、一度売却し私の口座に入金してから運用しようと思っていましたが
↑どちらにしても贈与になりますから、それなりの手続が要ります。

・名義変更の場合
担当の信託銀行に名変する手続をしたいと申し出てください。もちろん贈与の手続は要ります。
・一度売却して~の場合
一旦出金してからあなた名義の口座に入金する。実際は非課税枠超えてれば贈与手続は要りますが、お金には名前が書いてありませんから証券会社サイドからはわかりません。自己責任で。
...続きを読む

Q遺産相続で株の配当金をどう処理していいか教えてください

私の父が亡くなり遺産相続することになりました。状況は以下のとおりです。
(1)父死亡日 98年11月 (2)相続人 母、兄、私、妹の4人 (3)遺産分割協議書作成日 99年8月 (4)遺産分割協議書作成後、妹が家庭裁判所にこの遺産相続に関する調停を申し立て00年9月から12月まで調停した。 (5)00年12月調停成立。内容は「遺産分割協議書は有効、解決金として妹に母、兄、私が50万円ずつ支払う」 (6)土地、株式等の名義変更手続きを現在行っている。※つまり今までは土地、株式等は父の名義のまま

上記のような状況で遺産相続が解決しましたが、私の質問は「父名義の株式には死亡してから今まで配当金がついていたが、その配当金を今からもらうことは出来るのか?」ということです。
まず問題1は「株の配当金の支払いには期限があるのか?」ということだと思います。通常、配当金の支払通知書には払渡しの期間というのが書いてありますがそれを過ぎると配当金はもらえないのでしょうか?
問題2は「父名義の配当金を父以外の人間がもらえるのか?」通常名義人以外の人がもらうことは不可能だと思いますが、相続の場合は特例等はないのでしょうか?
問題3は次の期間の配当金はどのような扱いになるのでしょうか。具体的には
1.父が死亡する前の配当金(98年9月の配当金)
2.父が死亡してから遺産分割協議書を作成するまでの配当金(99年3月の配当金)
3.遺産分割協議書を作成してから各人に名義変更するまでの配当金(99年9月、00年3月、00年9月の配当金)

私は株や相続に関する法律等に全く疎いので、的外れな事を書いているかもしれませんが、ご回答よろしくお願い致します。

私の父が亡くなり遺産相続することになりました。状況は以下のとおりです。
(1)父死亡日 98年11月 (2)相続人 母、兄、私、妹の4人 (3)遺産分割協議書作成日 99年8月 (4)遺産分割協議書作成後、妹が家庭裁判所にこの遺産相続に関する調停を申し立て00年9月から12月まで調停した。 (5)00年12月調停成立。内容は「遺産分割協議書は有効、解決金として妹に母、兄、私が50万円ずつ支払う」 (6)土地、株式等の名義変更手続きを現在行っている。※つまり今までは土地、株式...続きを読む

Aベストアンサー

株式の配当金は通常、支払開始の日から満3年経過すると、その会社のものとなってしまい支払われません。
また、それまでの利息もつきません。
貴方の場合、98年9月決算の配当金ですから、まだ受け取る権利はあります。
手続に就いては、その会社の証券代行事務をしている信託銀行に問い合わせてください。もし、証券代行事務をしている信託銀行がわからない場合は、直接その会社の総務部
等に電話をして聞けば判ります。
其の時に、名義については説明すれば大丈夫です。

Q亡くなった父の株はどうするのがBEST?

亡くなった父名義の株をそのままにしていましたが、遺族全員株に興味はないので上がっている今のタイミングで売ってしまおうかと考えています。

本日時点で金額にして500万円未満ですが、どうするのがbestでしょうか?

この金額だと相続税はかからない様なので、インターネットで売って現金化してしまおうかと思うのですが、本人ではないので後ろめたさがあります。

かといって名義変更だと戸籍謄本の用意等が必要で、時間もかかるようですし、出来るなら今のタイミングを逃さずスピーディーに行いたいです。

極力費用と手間を省きたいので、正規の手続きではなく裏話程度のアドバイスを頂ければ嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ネット証券だと、それまでに一定の取引をしていて、かつそのID/
パスワードを知っていれば、売買そのものは本人が死亡した後
でもできちゃいますね。

問題はできちゃった後で、売買代金を指定口座に取り込む時です。
指定口座とはいえ、その口座は死亡した本人の口座ですから、
死亡時から口座を凍結しなくちゃいけません。要は振り込めない、
更に振り込んでも引き出すことができない、となるわけです。

まあ、その口座も「凍結」しなければ分からない・・・とも言えます
けどね。ATMなんかで引き出す分には本人確認は不要ですし。

相続税に関しては、その資金が「どの口座にあるか」は問われない
ので、仮に本人死亡後の金融取引があったとしても、金額を正直に
申告すれば「相続税の脱税」は問われないはずです。

本人死亡後の金融取引については、こちらを、どぞ。
http://souzoku.kouekisya.com/4-1-01.html

Q契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

証券会社にて資産運用しているのですが、契約者本人が
死亡した場合の諸手続きの方法をお教え願いたく書き込み
ました。

契約者(本人)
 ↓
●証券会社に提出する書類や伝えるべき事項などを具体的
 にお教え頂きたく存じます。
 ↓
相続人(結婚していないので妹夫婦に財産を渡す予定)

※ちなみに私は楽天、イートレード、マネックス、カブドットコム
 とネット専業のみです。窓口対応の証券会社と同じ手続きかと
 思いますがネット専業ならではの手続きもあるのでしょうか?

※検索サイトで「銀行」に関しては沢山出てくるのですが、
 証券会社に限って何度検索しても目ぼしい情報が見つかり
 ませんでした。

何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>契約者が死亡した場合の証券会社への諸手続き

銀行の場合と、変わりませんよ。
先ず、証券口座名義人(死亡者)の相続権利者を確定します。
妹夫婦に相続との事ですが、妹とあなただけが相続権利者なんですね。
銀行と同様に「遺産分割協議書」を作成します。
あなたは「遺産相続放棄」と記入すれば良いでしよう。
それと、相続物件には「証券会社にある資産全てを記入」して下さい。
MMFは100万円。日本株ファンド101万円、MRF1234円など「証券会社の残高全て」を1円単位で記入します。
金額が合わないと、無効になる可能性があります。

後は、証券会社の窓口で、遺産分割協議書・妹の身分証明書(又は委任状)・証券会社指定の解約書類を提出します。
これで、おしまい。
ただ(銀行と違って)証券会社の商品(MMF・株式・債権・投資信託など)は解約申込日が解約日ではありません。
解約申込から3日前後してから、指定口座に入金となります。
3日後などの日数は、死亡者が取引していた証券会社に行けば、パンフレットが店頭にあります。ご確認下さい。

Q遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

親の死後キャシュカードを預かっていた人が預金を引き出すのは他人のお金なので違法行為ではないでしょうか。(当然銀行へは死亡を伝えていません)
また事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。
銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。
どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

Aベストアンサー

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとおもうのですが。

本人が死亡した時点で、既に遺産相続対象の財産となります。
わざわざ、手続きを行う必要はありません。
が、金融機関などは「本人の死亡を確認しないと、口座凍結」は行ないません。

>銀行に問い合わせても個別にとのことで取り合ってもらえませんが。

これは、その銀行の対応が間違っています。
故人の死亡を金融機関に届けた時点で、故人名義の口座は凍結になります。
「個々の案件だから・・・」は、銀行の業務放棄です。

>どのようにすれば円満におさまるのか教えてください。

相続に関して、違法行為を働いた者は「相続権を失う」事になります。
質問者さま以外の相続権者が居れば、その方たちにも「勝手に出金した」事を伝えて下さい。
そして、違法行為を働いた者を除いた相続権者が「全国銀行協会」「銀行本店の苦情・相談担当部署」に(現状を)伝える事です。
故人の口座凍結を「個別に・・・」で無視する銀行(支店)は、話になりません。

余談ですが・・・。
故人の葬儀費用として故人の口座から出金する場合でも、相続権者全員の同意証明書が必要です。

>遺産相続で死後の預金の引き出しは、違法ですか

違法ですね。
相続財産は、相続者全ての共有財産となります。
最高裁判例では、勝手に相続財産を(個人的に)引き出した者は「他の相続者が受け取る財産を盗んだ」事になっていますね。
つまり、窃盗事件です。
親族間でも、刑法上は犯罪行為(実刑は免除)となります。
※引き出した本人は、前科一犯にはありません。が、犯罪歴が付きます。
※但し、引き出した本人を除く相続権者が訴えた場合。

>事実が明らかになった場合は遺産相続に変換する必要があるとお...続きを読む

Q証券会社を探しています(相続手続きの為)

いつもお世話になっております。

父が有価証券を持っていました。その父が他界しました。
相続手続の為に証券会社に連絡しなければなりませんが、連絡先が分かりません。
生前の父から、母が「ネット証券でやっている」と聞いていましたが、どこの証券会社なのかは聞いていないとの事です。
メモ、書類、メール履歴、証券会社へのショートカット(お気に入りを含む)などが見当たらない為、証券会社が特定できない状態です。

6月5日に『株主総会招集ご通知』が届いたので、発送元(株主名簿管理人事務取扱所 証券代行部)に問い合せましたが、「名義人・銘柄・口数等のデータは有るが、どこの証券会社が管理しているかは把握していない」との回答でした。

どなたかお知恵を拝借できれば幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まあ、弁護士さんに委任して、日本国内にある全ての証券会社に問い合わせして貰った方が簡単だと思いますが。。

これをシロウトがしたらとんでもない労力だと思いますよ。

それに、相続人が複数人いる場合には、相続分割協議書を弁護士に作成依頼をしないといけないので。。

Q相続した株の売却

父親が亡くなり、持っていた株を相続しました。
といっても、勤めていた会社(一部上場)の持ち株会でコツコツと買っていたもので、大した額ではない(時価200万円ぐらい)のですが、現在、株券の現物が手元にあります。
安定株ですが、今後も、あまり値上がりする見込みもない株なので、加入済のオンライン証券会社で、タイミングを計って、売却するつもりです。
そこで問題なのですが、この株の購入金額が、関連する書類がなくて、分からないのです。
このような場合、売った株の確定申告は、どのようにして計算することになるのでしょうか?
また、購入金額が不明の場合、どのような形で、売買を処理すれば、得であるといった情報がありましたら、教えていただければ、幸いです。特に、特定口座という仕組みがありますが、難しくて、そこに入れるのがいいのか、判断がつかず困っています。

Aベストアンサー

◆相続 株式売却(一般口座を選択した場合)

1.申告が必要

2..所有期間がお父様の所有期間も合算して「1年以上」の場合には次の特例があります。
・「10%軽減税率」(平成17年末までの売却)
・「100万円特別控除」(平成17年末までの売却)

3.取得費が不明な場合
原則として購入金額に購入委託手数料等を加算した金額が取得価格になりますが、その金額が不明な場合には,平成13年10月1日時点の時価の80%相当額を取得費とすることができます。 (平成22年12月末までの売却)

◆相続 株式売却(特別口座を選択した場合)

1.「源泉徴収あり」を選択すると申告が不要になります。源泉税率は、所得税7%+住民税3%=計10%(平成19年まで)

2.扶養家族が「特定口座」で「源泉徴収あり」を選択すると、いくら株式を売却して利益が出たとしても、本人の所得金額に含まれないことになりますので配偶者控除や扶養控除が適用が外れることはありません。

http://www.imanaka-kaikei.co.jp/news14-11.htm

http://www.me-net.jp/visitor/qa/special01.html#01

参考URL:http://www.imanaka-kaikei.co.jp/news14-11.htm

◆相続 株式売却(一般口座を選択した場合)

1.申告が必要

2..所有期間がお父様の所有期間も合算して「1年以上」の場合には次の特例があります。
・「10%軽減税率」(平成17年末までの売却)
・「100万円特別控除」(平成17年末までの売却)

3.取得費が不明な場合
原則として購入金額に購入委託手数料等を加算した金額が取得価格になりますが、その金額が不明な場合には,平成13年10月1日時点の時価の80%相当額を取得費とすることができます。 (平成22年12月末までの売却)

◆相続 株式売却(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報