初めて質問します。よろしくお願いします。
5年前に亡くなった母が持っていた株を、証券会社で相続手続きをしたのですが、先日配当金の振込みの通知が私ではなく母の名前で送られてきました。
配当金の通知が信託銀行から送られてくるということは、信託銀行に対しても相続の手続きをして私名義にしなければならないのでしょうか?

こちらで検索をかけてみると、「手数料を払えば証券会社経由で銀行にも手続きをしてもらえる」と言うような内容をみつけました。
しかし証券会社経由での手続きとしては申し込んでいませんし、手続き自体はすでに完了しております。
証券会社経由で今から信託銀行(3社)に相続手続き(名義書換)をしてもらえるのですか?
それとも、3社の銀行にそれぞれ相続手続きを行わなければならないのでしょうか?
私は株に関しては今回の相続のこと以外は全くの初心者です。
こういう件に詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

(証券会社に預けてあったもの以外にも2社の手続きがようやく終わったと思ったのに、さらに3社に対して新たに書類を取り寄せたり、戸籍謄本などの取り寄せ等、かかる手間を考えると、何とか簡便にすませたいのですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 今晩は。


 経験者だと言いながら役に立たない回答がありますね。これでは仕方が無いですから、やり直し。

 とにかく、証券会社への相続に関する届出と、株式の名義変更の手続きは別物です。ご自身がここの過去の回答を検索して見つけた「手数料を払って・・・」、というのがその手続きに該当します。
  手順としてはその証券会社に名義変更願いを申し出ます。この際株数にもよりますが、1銘柄に付き最低で500+5%の手数料が必要になります。また現在その会社の株主でないならば、「株主票」を作成する必要があります。その書類に署名、捺印をすることになります。これはすべて郵送で行えます。
 もう少し詳しく言うと、証券会社で手数料を払って代行してもらう以外に、証券業務を扱っている信託銀行や証券代行会社の本支店に直接株券持参で出向いて、無料で手続きすることも可能です。
 ところが以上は「証券保管振替機構」通称「ほふり」が稼動する前の話で、現在ではこれは主流の方法ではありません。

 相続した株券がご自身のほふり口座に入らなかったということは、
1.その株券がほふりに預けられていなかった。
2.ご自身がほふり口座を開いていないので自動的に移動されない。
のどちらかです。
 こういう状況になっていて証券会社がほふり口座の開設を求めないわけはないだろうと感じます。ということはその株券は、証券会社が各社で運営している(母親名義の)保護預かり口座に入っているのでしょう。これを相続でそのままご自身の保護預かり口座に移動しても、名義は変わりません。そのために配当などの通知が本来の株主の所に来ることになります。
 具体的にどのような状況になっているのか判らないので、以下では的確な回答が出来ません。
 そこで、証券会社に先ずご自身のほふり口座が開設されているのかどうかを確認してください。もし既にあるのなら、どうして相続した株の関係書類が母名義の宛名で来るのか問い合わせてください。この場合なら名義変更の手続きをせずとも株券の権利はすべて移動しているはずです。
 この場合おそらくそうなっていないのでしょうが、それならば、次はどうすれば良いのかを証券会社に訊ねます。現在ご自身の保護預かり口座に入っているのだとすると名義変更が必要、ご自身のほふり口座に入れてしまうのならその指示(及びほふり口座が無い場合にはその開設の手続き)以外には必要はないはずです。
 或いは証券会社に預けてあったものを出庫してご自分で管理しているのでしょうか? この場合には株券を証券会社なり信託銀行等に持参(返送料も同封して郵送でも可)して、必ず名義の変更をしてください。今年中にやっておかないと株券の電子化に伴って非常に面倒なことになりますから、早目に済ませる方が良いでしょう。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

連休明けで証券会社になかなか電話がつながらなかったのですが、問合わせることができました。
証券会社経由で、信託銀行でも私名義に切り替わると言うことでした。
すでに母名義で配当金の振込みのお知らせが届いている分は、6月の配当なので私の名義ではないが、後日郵送される「ゆうちょ銀行現金払」で私が受け取ることができるようです。
年末に証券会社の相続手続きが完了していることから、3月決算の配当金は私の名義に切り替わっているそうです。
ということは、今後信託銀行には手続きしなくても証券会社経由で名義書換の連絡が行くということだと思ったのですが。

でも、「ほふり」かどうかは確認できていないので、あらためて確認をとらないといけませんね。
株券は手元になく「保護預かり」になっていると思います(管理料が毎年引き落とされていた)
証券会社には相続手続きと同時に私の口座を開設しました。
「ほふり」の意味もよくわからず証券会社に預けていれば「ほふり」に預けていることとイコールだと思っていたので、お恥ずかしい限りです。
No.2さんの回答を参考に、もう一度問い合わせてみようと思います。

丁寧な回答、ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/15 18:12

#3の者です。



>この株については信託銀行に相続・名義書換の手続きをとり、株券が見当たらないので喪失の手続きもとりました。

これについては、◎です。
まずは名変手続を終えている、かつ、喪失手続も行っている、ということでバッチリです。
この喪失手続を行っていないと、万一、他人がその紛失株券を入手した(拾ったとか盗んだとか)場合に勝手に売却することが出来てしまいます。

>喪失手続から1年後に株券が再発行されるということですが、電子化ということも考えると、再発行後に株券を証券会社へ持参して、ほふりにして下さいと言うのが、ベストの選択だと思う

これについては、残念ながら、私も実務上経験のないパターンなので断言はしかねますが・・。

ただ、株券が再発行されるタイミングが、タンス株券の預け入れ期限以前であれば、仰るとおり、証券会社へ持参して手続すればOKでしょう。
ちなみに預け入れ期限は、「株券電子化実施日の2週間前の日の前日」までとされています。つまり09年1月実施なら、今年の年末あたりでしょうか。

(ご参考)日本証券業協会「Q&A]07年12月、16ページ一番下(10)
http://www.kessaicenter.com/kokunai/kabuken10a.pdf

問題は、株券の再発行が電子化実施後になった時のこと。
おそらく、信託銀行の管理する「特別口座」に移行されると思います。
(念のため喪失手続を行った信託銀にお尋ねください。)

この特別口座(≠特定口座)と言うのは、証券会社に預け入れなかった株式
(今回の電子化対応が面倒だと言って手続をサボってしまった株とか、手続が必要なこと自体を知らなかった株、
タンス株券のまま自宅保管されてしまった株、
どうしてもホフリに加入したくない株主の株など)
が管理されることになる口座で、信託銀行に設けられます。

ただし、あなたのケースでは名変は終わっているので、特別口座へ移行されたとしても、株主としての権利を失うことはありません。

あなたのケースは、再発行前に電子化実施日を迎えることになれば、株券を証券会社に持参できないので、証券会社への預け入れが出来ないわけです。
「手続をしたくても出来なかった」わけですが、証券会社へ預けられなかったと言う点では同じなので、特別口座へ移行すると思われます。

まあ今のところ、売買を想定しなければ、この特別口座でも、さほどデメリットを受けるとは感じませんでしたが、そうは言っても、売却しようと思った時には結局、証券会社に振り替えた上でしか売却できませんので不便です。
(上記URL 11ページご参照)

なお、上述の内容は、私の推測も含んでおりますので、やはり喪失手続を行った信託銀へお問い合わせが確実です。
できれば、特別口座に移行した後でも、証券会社への振替手続を早く済ませておいたほうがいいような気がします(すぐに売却する意向がなくても)。

くどいですが、今年後半は信託銀・証券会社ともにかなりの混雑が想定されます。早め早めのご対応をお勧めします。
よろしくお願いいたします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

>預け入れ期限は、「株券電子化実施日の2週間前の日の前日」までとされています。つまり09年1月実施なら、今年の年末あたりでしょうか。

はい、今年正月明けに喪失手続きの書類を郵送したので、再発行は年末か来年1月になりそうですね。
自分がどう動いたらよいのかもわかってきて、少し気持ちが楽になりました。
アドバイスいただいたことを参考に、速やかに対処したいと思います。
いろいろ有難うございました。

お礼日時:2008/01/17 01:18

証券会社勤務の者です。


もうおおかた解決しているようですので無用の回答になるかもしれませんがご参考まで。

証券会社における相続手続が完了しているのであれば、問題ないでしょう。#2さんご回答の通り、現在証券会社がほふりへの加入を勧めないことは皆無と言ってもいいですから、相続した株式は、相続人(=あなた)の口座のほふりに移行したはずです。
したがって、担当者が言うとおり、次期決算にはあなたの名前で配当通知や株主総会通知が来るでしょう。

念のため、そもそも、あなたが「?」になっている理由の一つである「ほふり」について触れておきます。
イロハのイからのご説明になりますので、ややくどいかも知れませんがお目通しを。

・株式は買付注文を出して、その注文が成立すれば買うことが出来ます。
・通常、買いの注文が成立した日(約定日)から4営業日目に決済されます(=買い代金を支払う)。
・もちろんその株はあなたが買ったのですから、あなたの株です。しかしながら、本来はこの買い注文とは別に、株券の名義書換手続を行わなければ、その株の発行会社からは株主として認識されません。
・名義書換手続は、銘柄ごとに決まっている名義書換代理人(=通常、信託銀行)に手続を出します。だいたい1ヶ月くらい要する手続です。
・名義書換手続き中は売却することは出来ません。
・しかし、名義書換中に株価が急上昇した、すぐに売りたい、等と言う時に、不便です。また、頻繁に売買する人はその都度名義書換手続を出すなんて面倒きわまりありません。
・そこで考えられたのが、保管振替制度(ほふり)です。
・ほふりを使えば、上記のような、その都度の面倒な名義書換手続をせずとも、株主として認識されますし、売却不可期間を持たずに済みます。
・したがって、現在は、よほどの理由がない限りは、ほふりを利用している人がほとんどです。

このほふり制度というのは、ものすごく大雑把に言えば、
あなたの預けた株券も他の人の預けた株券も、いっしょくたにして保管してあるということです。
例えば、あなたが証券会社に、「トヨタ1,000株」を預けたとします。
その後、何らかの理由で、その株券を手元に置きたい、ということで出庫請求をした時に出てくる株券は、確かに「トヨタ1,000株」ですが、あなたが預入手続をした、トヨタ株そのものではありません。

もっと砕いて言えば、
あなたが、銀行のATMに言って、自分の預金口座に1万円を預け入れたとします。
その一万円札は記番号「A0000001A」とします。
そして翌日、また銀行に行って、自分の預金口座から1万円を引き出したとします。その時に出てくるのはもちろん1万円札ですが、記番号は、「Z5412362S」かもしれませんし、他の番号かもしれません。
少なくとも、昨日預けた1万円札「A0000001A」そのものではないですよね。しかし何の不便もありません。
株式のほふり預けというのは、要はそういうことです。

昔は「ほふり」を利用していなかった場合には、その株主が預けた株券そのものを返却するようになっていた(=記番号A000001Aの万札を返却するようなこと)ので、保管側としても面倒極まりなかったのです。


大丈夫とは思いますが、証券会社担当者にほふりの確認と、できれば特定口座(税金関係の話です)の確認もしておきましょう。
長文失礼しました。

この回答への補足

すみません。
もう1つ質問させていただいてよろしいでしょうか?

この株券とは別で、証券会社に預けていない株式(たんす株というのですよね)も持っています。
この株については信託銀行に相続・名義書換の手続きをとり、株券が見当たらないので喪失の手続きもとりました。
喪失手続から1年後に株券が再発行されるということですが、電子化ということも考えると、再発行後に株券を証券会社へ持参して、ほふりにして下さいと言うのが、ベストの選択だと思うのですが、いかがでしょうか?

もしお時間があればご回答いただければありがたいのですが。

補足日時:2008/01/16 11:32
    • good
    • 1
この回答へのお礼

証券会社に再度問い合わせをしてみました。
やはりほふりになっていました。
ので、次の決算の時には私の名前で配当金を受け取ることができる、今後新たに株を買ったとしても、名義書換の手続きは不要だということですね。
特定口座は、私の口座を開設時に申し込んでいました。(源泉徴収ありで)

ほふりのことは何度となく書類を読んでいたのによく理解できていませんでしたが、No.3さんの説明でよくわかりました。
この制度がなければ手続きがすごく大変なわけで、逆にほふりがあるから気軽に株取引を始める人が増えているんでしょうね。

今は母の遺してくれた株でわずかですが配当を楽しみつつ、もう少し詳しく勉強して自分でも売買できるようになりたいと思っております。
わかりやすい説明、ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/16 11:30

相続に掛かる手続きに簡便はありません。

怠るとややこしくなるだけですから、大変でしょうが速やかに処置されることが肝要です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「証券会社経由で今から信託銀行(3社)に相続手続き(名義書換)をしてもらえる」という方法が可能ならば、他の方法よりは「簡便にすませる」ことができると言う意味だったのですが…。
確かに怠るとややこしくなる一方ですね。
連休明けで証券会社にも電話がつながらなかったのですが、問合わせることができました。
証券会社経由で、信託銀行でも私名義に切り替わると言うことでした。
すでに母名義で配当金の振込みのお知らせが届いている分は、後日郵送される「ゆうちょ銀行現金払」で受け取ることができるようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/15 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続登記に関する手続きの為の必要書類

 現在父が亡くなり母と長男(同居)と姉が相続人となりました。土地・家屋の相続ですが母の単独所有となり、手続する為に欠けているものがあればと思い相談します。法務局から頂いた相続登記に必要な書類と綴ってある文書(内容は以下(1)と記す)があり、その中に登記申請書、紙面の一番上に不動産の表示とある用紙があり、必要な書類に掲載されている(1)申請書かなと思います。(2)申請書の写ですが(1)とともに印鑑は認めで可とあるので付属していた登記申請書を2枚別に書くのでしょうか、それともコピーでよいのでしょうか。(3)被相続人の出生から死亡までに編製された戸籍・除籍・改正原戸籍等の謄本・・現在現在除籍とあり父の出生等から記され、同時に母、姉、私とそれぞれ記された戸籍に関する全部事項証明とものがありますが、これを満たしますか。それとも各自一枚ずつ計3枚いるのでしょうか。(4)法定相続人全員の戸籍謄本または抄本・・これは前記した全部証明では兼ねる事は出来ないのでしょうか。それぞれ3人のものが必要なんでしょうか。(5)被相続人の戸籍の附票?・・附票とあるものが既にあります。(6)法定相続でない場合の証する書類と印鑑証明書・・遺産分割協議書(ただいま作成中ですが住所の番号等については権利書だけ自宅にありますが登記簿を閲覧したほうがよいのでしょうか。)また遺産分割の証明書・・これは協議書とは違うものなんですか、また相続分譲渡証明書・・今回の場合必要なんでしょうか。(7)相続人(登記を受ける人)の住民票・・母のものだけで良いのですか。(8)相続関係説明図・・まだ作成してませんが、例があるので大丈夫かと思いますが参考になるような点があれば教えて下さい。(9)固定資産評価証明書(10)その他・・相続放棄の証明書等(他は関係ないもので省略)この場合私と姉は放棄したことになるのでしょうか。財産は基本的に家屋、土地だけです。よろしくお願いします。  

 現在父が亡くなり母と長男(同居)と姉が相続人となりました。土地・家屋の相続ですが母の単独所有となり、手続する為に欠けているものがあればと思い相談します。法務局から頂いた相続登記に必要な書類と綴ってある文書(内容は以下(1)と記す)があり、その中に登記申請書、紙面の一番上に不動産の表示とある用紙があり、必要な書類に掲載されている(1)申請書かなと思います。(2)申請書の写ですが(1)とともに印鑑は認めで可とあるので付属していた登記申請書を2枚別に書くのでしょうか、それともコピーでよいのでし...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

カテゴリーを“法律”に変えてご質問されたほうが適切なご回答を得られると思います。

Qタイ株を現地証券会社で買いたいのですがチャートのある証券会社はありますか?

タイ現地の証券会社に口座を開いて取引を行おうと思っています。
そこでチャート(ローソクやMAなどが表示できる)表示機能のあるところを探しているのですがまだ見つかっておりません。

現地証券会社でチャート機能を持っている所はありますでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイ語、もしくは英語はできますか?

タイ語、英語ができる場合とできない場合で、
証券会社を作るのが難しいところがある思います。

日本人がよく使われるサイトは、
ユナイテッド証券もしくはseamico証券ではないでしょうか。
私はseamico証券を利用していますが、チャート機能付いていますよ。
またseamico証券は日本人対応をして、口座開設がスムーズに行くと思います。
ユナイテッド証券は現地で作るにしたら手数料が割高なので
あまりお勧めできないかもしれません。

ですが、タイの証券会社はいろいろあるので、もっと知りたいのであればご自分で調べてみてください。

seamico証券の中のサービスがPDFになって詳しく説明されているページがあるので、
よければご覧になってみてください。

参考URL:http://www.seamico.com/eng/ProductServices/download_jap_language.asp,http://thai-kabu.net/

Q相続登記の必要書類について

相続登記のため、被相続人の戸籍を集めようとしています。
法務局でもらった、相続登記に必要な書類というプリントには、出生時から死亡までの被相続人が記載されているすべての戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本が必要と書いてあります。

最後の本籍地が奈良市で、その前が境港市になっています。
奈良市には、直接行く予定なので先に境港へ郵便で請求しました。
今手元には、奈良で取った改正原戸籍のみあります。

質問1
境港市の申請書には、戸籍、除籍、改正原戸籍が載っているのですが全部取る必要がありますか?

質問2
境港市に事前に電話確認して、言われた分小為替を送ったのですが、足りないと連絡が来ました。
申請書には戸籍450円と書いてありましたが、死んだ人の戸籍は750円とのことでした。HPを見ても見つけられなかったのですが、戸籍の手数料は一律ではないのですか?

質問3
手数料ですが、5歳からだと450円で、出生からだと750円だということでしたが、相続登記に使う場合
生殖能力はないので5歳からでも大丈夫でしょうか?出生から取るべきですか?
何故金額が変わるのでしょうか?

相続登記のため、被相続人の戸籍を集めようとしています。
法務局でもらった、相続登記に必要な書類というプリントには、出生時から死亡までの被相続人が記載されているすべての戸籍(除籍・改正原戸籍)謄本が必要と書いてあります。

最後の本籍地が奈良市で、その前が境港市になっています。
奈良市には、直接行く予定なので先に境港へ郵便で請求しました。
今手元には、奈良で取った改正原戸籍のみあります。

質問1
境港市の申請書には、戸籍、除籍、改正原戸籍が載っているのですが全部取る必要があ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。コメントありがとうございます。
一応、補足で…

戸籍を家に例えてみますと、現在も住み続けている人がいる家が戸籍、今は誰も住んでいない家が除籍です。

Aという家から、家族が全員Bという家に引っ越した場合、Bという家は空き家になりAという家に家族全員が住んでいることになりますよね。
このとき、Aという家が戸籍、Bという家が除籍です。

もし、誰かが1人、Bという家に残り、他の家族のみAという家に引っ越した場合は、AにもBにも住んでいる人がいますので、どちらも戸籍になります。

住んでいる人のいる家と、空き家とでは管理する手間や費用が変わるので、戸籍と除籍の手数料が異なる…と思ってもらえばいいと思います。

私は法律事務所勤務ですが、やっぱり相続関係で戸籍等を揃えるのは時間はかかります。
急ぎであれば、郵送の際は速達を使うと少しは短縮されますが、大型連休ですので気掛かりですよね。

手間はかかると思いますが、参考になればと思います。

Q法定相続人全員を確認するのが困難な26年前の株の相続手続き

私は株に関してはシロウトなのですが、曽祖父名義の小額の株があるようです。
証券会社から「相続手続きをして欲しい」という郵便が送られて来ました。
曽祖父は26年前に亡くなりました。
株券は手元にありません。関連しそうな書類もぜんぜん見当たりません。

曽祖父は倅娘兄弟姉妹甥姪が沢山おり、故人も多く、代替わりした世帯とは付き合いがありません。(どこにいるか何人いるかもわからない人たちもいます。)

相続のためには法定相続人全員の印鑑証明と同意書が必要だと思うのですが、該当者は日本全国に何十人もおり、物理的に相当大変なことが予想できます。
たいした額の株にも見えないので大金をかけて調査しても得るのは小金なので、放置したいのですが、永遠に放置し続けるわけにも行かないと思ってます。

法定相続人全員に同意を取らずにケリをつける方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

10年で、返還義務が、時効になりますから
証券会社に援用してもらいます。

確定的に、証券会社のものになります。

雑益といいます。

Q相続関係の必要書類を確認したい。

母がしっかりしているうちに、相続関係で必要とされる書類等を確認しておきたいと考えています。

現在、母が住んでいる家(土地含む)は、(20数年前になくなった)父の名義だったものを母が相続しています。相続時に、子供である私(長男)と姉で数パーセントを相続しています。
その当時は、詳しい親戚の叔父が色々と書類処理をしてくれたのですが、今は親族含め、そういった知り合いもいない状況です。母がまだ元気なうちにと思い、質問させていただきます。

建物の登記(父名義ですが)はありました。
土地については、書類不明(固定資産税は払っています)
預貯金等は母の全ての通帳確認しました。
有価証券などは無いようです。

知識が無いのでどういった書類が必要になるのかが全くわからない状況です。
必要書類をリストアップして母と相談をしながら順番に揃えていきたいと考えています。

今後、相談をするのはどういったところにすればいいのでしょうか?
(財産というほどの金額では無いので、極力安価で相談したいです。)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>知識が無いのでどういった書類が必要になるのかが全くわからない状況です。
必要書類をリストアップして母と相談をしながら順番に揃えていきたいと考えています。

まず大事なのは、お母様が生まれてからの戸籍謄本。これを見れば、お母様の法定相続人が質問者さんと姉の2人であることが分かる。
(質問者さんの知らない隠し子や養子がいないということね。 ただこれはお亡くなりになってからでもいいかもしれない。)

>建物の登記(父名義ですが)はありました。
土地については、書類不明(固定資産税は払っています)

法務局に行って、建物と土地の登記事項証明書をもらってください。そこに所有者の名前が書かれています。
質問者さんとお姉さまも幾分かのパーセントで不動産を所有しているなら、そのパーセンテージも書かれています。

> 今後、相談をするのはどういったところにすればいいのでしょうか?
(財産というほどの金額では無いので、極力安価で相談したいです。)

おなくなりになったときに遺産分割協議書をつくるなら、司法書士。
相続税を払うなら、(相続に強い)税理士。

現時点で相談するなら司法書士でいいと思います。

>知識が無いのでどういった書類が必要になるのかが全くわからない状況です。
必要書類をリストアップして母と相談をしながら順番に揃えていきたいと考えています。

まず大事なのは、お母様が生まれてからの戸籍謄本。これを見れば、お母様の法定相続人が質問者さんと姉の2人であることが分かる。
(質問者さんの知らない隠し子や養子がいないということね。 ただこれはお亡くなりになってからでもいいかもしれない。)

>建物の登記(父名義ですが)はありました。
土地については、書類不明(固定資産税は払...続きを読む

Q株の空売りする場合、証券会社に株返済期限とか決められてるのでしょうか?

先日株取引をはじめましたのでいまいち
空売りの知識がよく分かってなくて申し訳ないです。

株の空売りする場合、
証券会社に株返済期限とか決められてるのでしょうか?

信用でまず株を証券会社から借りてその後同じ株数で買って証券会社に返す
ということになりますよね?
借りた時間の金利などはないのでしょうか?
もしくは何日以内に返済しなきゃいけない期限があるとか?

Aベストアンサー

空売りするには 信用口座の開設が必要です

 信用取引には 一般信用と制度信用があります

 制度信用の空売りの返済は何処の証券会社も6ヶ月です。
 その期間内で有れば いつでも返済可能です。

 空売りに金利は有りません
  貸株料が それに相当します。
  この料金は どの証券会社も 一律です。

 もうひとつは 一般信用です。
 これは 証券会社別に 少しルールが違いますので
 証券会社のHP等で確認して下さい。

 当然 信用口座を 開くには
 信用のルールを最低限把握する必要があります。
 審査も 身分証だけで 完了と言うわけにはいきません。

 以上 簡単ですが(llllll´(エ)`llllll)クマ

Q株式会社の取締役の辞任の登記申請の場合の必要書類は?

株式会社の取締役の辞任の登記申請の場合の必要書類は?
現在、取締役会の無い法人ですが、取締役3名のうち
代表取締役以外の2名が辞任しますので変更登記をしたいのですが
臨時株主総会議事録は必要でしょうか?

Aベストアンサー

登記申請書に添付する書類としては、辞任される取締役の辞任届のみでOKです。

役員減員に伴い定款変更を要する場合には、株主総会を開催し定款変更の特別決議を行う必要がありますが、登記申請書に株主総会議事録は添付する必要はありません。

Qネット証券で買った株。別の証券会社に移管することができますか?

ネット証券で買った株。別の証券会社に移管することができますか?

以前、複数のネット証券口座を開設し、それぞれの証券会社で株式(国内株)を購入しました。
当時はそれぞれにメリットがあったのですが、今となっては管理が面倒なこともあり、1つの証券会社にまとめられたらラクでいいなと思っています。
そういうことは可能でしょうか?

Aベストアンサー

ほふりで移管するだけで可能なのですが、手数料を取られることがあります(通常は出庫する方のみ)。詳しくは、取引証券会社のHPを見るか電話して聞いてください。
例えば…↓
http://www.monex.co.jp/StockLending/00000000/guest/G2500/china/nyusykko.htm

Q相続時精算課税制度(住宅取得資金)の必要書類について

平成19年中に父から住宅取得資金の贈与をうけました。そこで相続時精算課税制度(住宅取得資金)を利用しようと考えておりますが、必要書類には、贈与の事実を証明する書類(金融機関の通帳等)もふくまれるのでしょうか?

Aベストアンサー

住宅取得資金の特例の場合、贈与の事実を証明する書類=通帳とは決まってなかったと思いますが、証明する書類として贈与契約書や贈与した旨の確認書などを添付しなければなりませんし、また添付した場合であっても確認のために通帳のコピー等の提示を求められることがありますので、問題ないのであれば最初から添付しておけば宜しいと思いますよ。

Q同族小会社の株を相続しました。この株を買い取ってほしいのですが。

父が亡くなり会社の株を相続しました。

個人会社ですが不動産資産が大きく、株の資産価値は高いのです。
相続時は、弟が会社の税理士さんと相続現金で税が払えるように考えた分割を承認しました。

ワンマン経営で、配当もないし会社の経営にも参加はさせてもらえません。
何の利益にもならないのに、次の相続の時に課税対象になるのに気がつきました。
できれば、会社を継いだ弟あるいは会社自体に買い取ってほしいのです。
会社に買い取り義務はありますか。
どうしても現金化したいときは、どんな方法がありますか。
どうかお教えください。
ちなみに私はこの株以外にこれといった資産を持っていません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1です

補足ありがとうございます

ということは、残りの85%は弟さんが所持していると考えていいのですね?

他にも株主がいるのでしたら、他の株主に買ってもらうというのもありですが、他に株主がいないのであれば、銀行や証券会社にお願いするか、最終手段は同業他社に売るかですね

会社の不動産等はないんですかね?
不動産があれば、それを抵当にすればお金を借りられると思いますが


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング