アセチルコリンと小倉優子の関係って何なんでしょうか?
アセチルコリンはコリン星で発見された…ということでしょうか?

小倉氏の存在を知ったときから気になっていました。

A 回答 (4件)

小倉優子にリンを付加し、浜口に優を結合させることで取り去れば小倉も外れていますので、それらを除去し、残りをアセチル化すればできそうですが。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

支持

お礼日時:2008/04/03 01:05

残念なことまったく関係ないですね。

ヤフー知恵袋の方がネタ回答を望めますよ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%BB% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/03 01:05

よくわかりませんが、「ゆうこりん」だから「コリン星」なんでは?


事務所なり本人がアセチルコリンを知っているとは思えません。

ちなみに、BoAはCoAを真似たと思っているのですが、どうなんでしょうね・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/03 01:05

アセチルコリンは神経の興奮を伝える化学物質である


すなわち小倉優子はアセチルコリンで興奮する

また小倉優子は、コリン星から来た
小倉優子には、アセチルコリンが含まれる
以上よりコリン星にもアセチルコリンが存在する

まとめると
小倉優子はコリン星にあるアセチルコリンで興奮する

っていうので、どうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2008/04/03 01:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不思議発見!男の乳首の存在意義

 これは遠い古より論議されてきた疑問であろうかと存じますが、目覚しい進歩を遂げた現代でもなお不思議な物の一つとして、掲題に関する明解な答えは出ていないのではないでしょうか?
 男の乳首が世のため人のためになったという話はついぞ聞いたことがありません。仮に存在しなくてもとりたてて困ることもなかろうに、何故今日まで退化もせず生き延びているのでありましょうか。大事なものであろうと思う所以は、毛がはえてくる(外敵から守るため?)ことと、不覚にもそこを責められると思わず「うっ!」とのけぞってしまう点でありましょうか。
 後世にこの謎を残したままにしておくのはいかがなものかと思い、恥ずかしながら質問をさせていただきました。
 賢明な諸氏のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

  かたみなき みをくつしたの ながらへば 靴拭く布に もこそなりなむ (よみ人しらず)

【現代語訳】伴侶を失った靴下が、なおもその身を尽くして生き長らえれば、靴を磨くときの布に、きっとなってしまうのだろうなあ。ああ、哀れなる者、汝の名は靴下である。
【文法解説】「みをくつした」の部分は、しばしば「身を尽くし」との掛詞で用いられる「澪つ杭(みおつくし)」を意識しての表現と思われるので、そのように訳した。が、かなり苦しい。非常に苦しい。はっきり言って無茶である。そのあたりで世間をはばかって、作者は「よみ人しらず」として名を隠したのであろう。恥ずかしいやつである。「もこそ」は係助詞「も」に係助詞「こそ」がついたもので「もこそ+動詞」という形で「~になっては困る」など、危惧・不安の念を込める用法。「なりなむ」は、動詞「なる」の連用形に、完了の助動詞「ぬ」(この場合の用法は「強意」)の未然形、および推量の助動詞「む」終止形がついたもの。総じて「きっとなってしまうだろう」の意となる。

 世に用なきはまた、それゆえにこそ純粋なるものにては御座候はずや。二階に設えられしも降りる階梯なき「純粋ドア」しかり、はたまた、うち建てられしもその行方虚空に消えゆく「純粋階段」しかり。さればこそ、嬰児なるに命の滋養たる乳をば与うること能わざる「男の乳首」なるは、至純にして粋を極めたる愚物にあらざるべからず。これこそは無用の用、老荘の教えに言うところの無為自然の大道にて、其を舐められし暁には神仙の境に遊ぶが如き随喜の念、滂沱たるアレと共にナニするも、誠にむべなることかなと愚考いたす次第。
 しかれども小生、「男の乳首」なるを全くの無用物とも勘考せぬ者にて。なんとなれば、靴下に連理の枝、比翼の鳥あるが如く、筑波の峰にも女体山と男体山あり、コンセントにしてソケットあり、この親にしてこの子あり、げにも世は相身互い、彼あるに因りて是あり、是あるに因りて彼あり、縁起を以ってあるが世の常。されば「男の乳首」にても縁起あるに因りてあるに相違なかるべし。
 つらつら勘考いたし候ふに、畢竟、其は「男の内なる女」にこそ、うち繋がる愚物にては御座候はずや。さればこそ、其を舐められしとき、アレをナニさるるとはまた別なる感興、これ湧き出だすものにて、女性なる者の感興、またかくの如きものにあらずやと推し量らるるものにてあれ。
 バロウム・ワンは二人で一人。ウルトラマン・エースは北斗と南。げにも、かくの如くして半身なるは男にも在るものにてはあらざるや。「男の乳首」なるは、かかる半身のタイガースたるべく存在せるものに相違なからんと愚考する次第にて。

 かかる書き込みに二時間近くを費やしたるも、「削除」を覚悟の投稿にて候。
 末筆ながら、提題発問範疇の段、「美容&健康」>「性」なるが適切にてはあらざりしやと懸念しつつ、擱筆。

 謹言恐々。

P.S.なお、左の「回答に対する自信」に関しては「全然」を付して読まれたく存知候。

  かたみなき みをくつしたの ながらへば 靴拭く布に もこそなりなむ (よみ人しらず)

【現代語訳】伴侶を失った靴下が、なおもその身を尽くして生き長らえれば、靴を磨くときの布に、きっとなってしまうのだろうなあ。ああ、哀れなる者、汝の名は靴下である。
【文法解説】「みをくつした」の部分は、しばしば「身を尽くし」との掛詞で用いられる「澪つ杭(みおつくし)」を意識しての表現と思われるので、そのように訳した。が、かなり苦しい。非常に苦しい。はっきり言って無茶である。そのあたり...続きを読む

Qノルアドレナリン・アセチルコリンとホルモン

 今学校で自律神経系やホルモンの働きについて学んでいます
交感神経からは神経伝達物質としてノルアドレナリンが、副交感神経からはアセチルコリンが分泌されると習いました。  この2つ(ノルアドレナリンとアセチルコリン)はホルモンなんでしょうか?
初歩的なとこで申し訳ないですけど教えてもらえると嬉しいです。

Aベストアンサー

No1様の仰るとおり、ホルモンとは血液を介して作用するもののことですので、神経終末から放出されたノルアドレナリンとアセチルコリンはホルモンではありません。

ちなみにノルアドレナリンは副腎髄質からも放出され、血液を介して様々な臓器に作用しますので、この場合はホルモンです。

QiPS細胞は日本の発見?アメリカの発見?

iPS細胞は日本の発見でしょうか?アメリカの発見でしょうか?
新聞では、日米同時発表と書いてあった気がするのですが、
どちらが先に見つけたのでしょうか?
ノーベル賞を受賞する場合、どちらに先取権があるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の認識では、山中教授がマウスでips細胞を作った論文がこの分野の先鞭をうったもので、これによってヒトの組織でips細胞を作る競争が始まったものであると思っています。
アイデアを発表前に盗んだというのはたぶん間違った認識です。論文は広く一般に公表されるもので、参考にされるのは当然のことだと思います。発表が同着になったのは、山中教授はもう少し完成度の高い論文を準備していたところ、アメリカのグループが先に発表しようとしているという情報を得て、前段階の時点での論文発表を急いだためと聞いています。そのため、山中教授は癌遺伝子を除いた遺伝子の組み合わせでもips細胞作成が可能であるという論文をその数週間後に再報告しています。
ノーベル賞は…どうでしょうか。本当に臨床応用ができるようになるまでまだまだ時間がかかるでしょうし、もし受賞できるとしてもずっとさきのことになり、その決定的な事実を立証した人たちや今回のアメリカのグループと同時受賞となるんじゃないかなぁと想像します。

Qアセチルコリン

アセチルコリンが肉体疲労に及ぼす影響を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アセチルコリンは神経伝達物質です。
神経細胞のシナプス間に分泌され、直ちにアセチルコリンエステラーゼにより、分解されるもので、肉体疲労とは関係ありません。
 アセチルコリンを阻害すれば、筋肉は動かなくなるので・・・筋肉は疲労しない。
 アセチルコリンエステラーゼを阻害すれば、筋肉は収縮したまま
どちらも命に関わる。疲労回復どころか神経毒・・サリンとかのお話

Qアセチルコリンとノルアドレナリンについて

学校で、神経伝達物質に関して、
アセチルコリンは副交感神経と運動神経に関わり、
ノルアドレナリンは交感神経に関わると習いました。

交感神経―副交感神経で、ノルアドレナリン―アセチルコリンと対になっているのは、同じ種類の神経を経由して標的器官に作用する際に働きを対にさせるため、と理解しました。
しかしなぜ運動神経において、副交感神経と同じ種類のアセチルコリンが伝達に用いられるのかがわかりません。

副交感神経と運動神経の伝達物質が同じであるのは偶然なのでしょうか?
それとも、もともとは生体で調節物質がアセチルコリンのみが用いられていて、進化の過程でその逆の働きをするノルアドレナリンが用いられるようになったのでしょうか?

それぞれの神経の構造なども調べてみましてが手がかりになるものは見つけることができませんでした。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 運動神経は、どちらかと言うと単純ですから、自律神経と運動神経はちょっと切り離して考えるほうが良いでしょう。また、脳内や中枢神経系での神経伝達物質も分けて考えて、自律神経だけについて整理したほうが良いです。
 私もこれには大変苦労した記憶があります。今は良い資料もあると思いますが、とりあえず、
自律神経系 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C
 の「自律神経系の薬理学的基礎」の項目がその答えなのですが・・・・
 この記事も、一文が長すぎて、わかりにくいですね。短い文章に書き直したり、箇条書きにすると良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報