森瑤子さんの小説が大好きでほとんどを読みました
残念ながら亡くなられたので新しい作品を読む事はできません
既婚女性の恋愛のお話が多かったのですが、他に
男性が主人公、女性が主人公問わず婚外恋愛について書かれた小説を
教えてください エッセイでも構いません
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。

私も森瑤子さんの作品が好きでよく読みました。「ハンサムウーマン」という考え方も素敵だと思うし、短篇集もキッチリまとまっていて都会的で大人の男女という感じで好きでした。
 森瑤子さんはエッセイを読まれていたらご存知かもしれませんがフランソワーズ・サガンの影響を受けているそうです。サガンといえば「悲しみよこんにちは」「ある微笑」「ブラームスはお好き」なんかがあります。まだ未読なので感想が載っている情報を貼っておきます。
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118012/
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118020/
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118047/
 山田詠美さんも森瑤子さんの小説が好きで、飛行機の中で乗り合わせた時に思い切って分かるように読んでみたという話をエッセイで読んだ事があります。「A2Z」とか「チューイングガム」とかが当てはまると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31070764
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19963451
 林真理子さんの「不機嫌な果実」もドラマ化されて有名な小説です。主人公の麻也子にあまり共感が持てなかったのであまり記憶はないですが(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30775871
 藤本ひとみさんの「いい女」は以前昼ドラにもなったので、ご存知かもしれませんが不倫をステップに主人公が成長していく話です。サラッとして読みやすいのでお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31772072
 海外では有名な「マディソン郡の橋」や「ダメージ」を読んだ事があります。「マディソン郡~」は映画よりも小説が良かったです。「ダメージ」も映画化されていますが、気づいた時の奥さんがとっても怖いです(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28314048
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30904419

 ご参考までにm(__)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません。
林真理子さんもよく読みましたが、
あとはほとんど読んだことが無いので読んでみたいと思います。
今「A2Z」を読み出しました。
いろいろと丁寧に教えてくださってどうもありがとうございました。

お礼日時:2008/02/11 19:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q婚外恋愛の・・・・

こんにちは。
「タレント」や「俳優」のカテゴリーのような気もしますが・・。
タイトルにある、「婚外恋愛」に出演中で、ちょっと前には「嫉妬の香り」にも出演されていた、堺 雅人さんについて、調べてみたんですが「婚外恋愛」の番組紹介しか発見できませんでした。
彼について、情報をお持ちの方、教えていただけませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

momopooh さん、こんにちは~☆♪

> 彼について、情報をお持ちの方、教えていただけませんか?

下記URLに映画・ドラマ・舞台等の履歴が記載されておりますよ。

【堺 雅人】
http://www.tanabe-agency.co.jp/talent/sakaimasato.html

http://www.jame.or.jp/jac/2001/141/pro.html

【雅人部屋】
http://village.infoweb.ne.jp/~polly/theatre/masato.html

ドラマの詳細なら、下記URLでご検索してください。

【テレビドラマデータベース】
http://www.tvdrama-db.com/

昨年の夏ごろに、富田靖子さんとの熱愛も記事になりましたね。
 
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/jikenfile/love/2001/0615.htm

少しでもご参考になれば、幸いです。


ではでは☆~☆~☆

momopooh さん、こんにちは~☆♪

> 彼について、情報をお持ちの方、教えていただけませんか?

下記URLに映画・ドラマ・舞台等の履歴が記載されておりますよ。

【堺 雅人】
http://www.tanabe-agency.co.jp/talent/sakaimasato.html

http://www.jame.or.jp/jac/2001/141/pro.html

【雅人部屋】
http://village.infoweb.ne.jp/~polly/theatre/masato.html

ドラマの詳細なら、下記URLでご検索してください。

【テレビドラマデータベース】
http://www.tvdrama-db.com/

昨年の夏...続きを読む

Q私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、

私が今、読みたい小説があります。その小説は7年前、担任の先生に借りて読まさせて頂いてました。しかし、主人公の下の名前しか覚えていません。名前はヘブンかヘヴンで若い女の子です。小説自体は厚めで文庫本の少し大きいサイズでした。冊子は柔らかく、カバーはつるつるの素材でした。主人公は表で見た記憶だと、黒髪ロングの子です。挿し絵があったかどうかも曖昧です。
これだけの情報だと、やはりわかる人はそうそういないでしょう…。わかる方はご回答、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

「サムライガール」かな?https://www.lib.adachi.tokyo.jp/young/tokusyu/tokusyu-kako/tokusyu-kako1102.html

Q婚外恋愛小説

森瑤子さんの小説が大好きでほとんどを読みました
残念ながら亡くなられたので新しい作品を読む事はできません
既婚女性の恋愛のお話が多かったのですが、他に
男性が主人公、女性が主人公問わず婚外恋愛について書かれた小説を
教えてください エッセイでも構いません
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。私も森瑤子さんの作品が好きでよく読みました。「ハンサムウーマン」という考え方も素敵だと思うし、短篇集もキッチリまとまっていて都会的で大人の男女という感じで好きでした。
 森瑤子さんはエッセイを読まれていたらご存知かもしれませんがフランソワーズ・サガンの影響を受けているそうです。サガンといえば「悲しみよこんにちは」「ある微笑」「ブラームスはお好き」なんかがあります。まだ未読なので感想が載っている情報を貼っておきます。
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118012/
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118020/
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_4102118047/
 山田詠美さんも森瑤子さんの小説が好きで、飛行機の中で乗り合わせた時に思い切って分かるように読んでみたという話をエッセイで読んだ事があります。「A2Z」とか「チューイングガム」とかが当てはまると思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31070764
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/19963451
 林真理子さんの「不機嫌な果実」もドラマ化されて有名な小説です。主人公の麻也子にあまり共感が持てなかったのであまり記憶はないですが(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30775871
 藤本ひとみさんの「いい女」は以前昼ドラにもなったので、ご存知かもしれませんが不倫をステップに主人公が成長していく話です。サラッとして読みやすいのでお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31772072
 海外では有名な「マディソン郡の橋」や「ダメージ」を読んだ事があります。「マディソン郡~」は映画よりも小説が良かったです。「ダメージ」も映画化されていますが、気づいた時の奥さんがとっても怖いです(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28314048
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30904419

 ご参考までにm(__)m。

こんにちは。私も森瑤子さんの作品が好きでよく読みました。「ハンサムウーマン」という考え方も素敵だと思うし、短篇集もキッチリまとまっていて都会的で大人の男女という感じで好きでした。
 森瑤子さんはエッセイを読まれていたらご存知かもしれませんがフランソワーズ・サガンの影響を受けているそうです。サガンといえば「悲しみよこんにちは」「ある微笑」「ブラームスはお好き」なんかがあります。まだ未読なので感想が載っている情報を貼っておきます。
http://item.excite.co.jp/detail/ASIN_41021180...続きを読む

Q小説家を志望する者が読んでおくべき作品とは

将来、本気で小説家になりたいと考えている者です。
夢を実現すべく、実際に自分でも創作を折々試みる一方、様々な文学作品に目を曝して研究を重ねているのですが、如何せんまだまだ読了した本が少なく、知識の上で不安があります。
そこで、小説家を目指すならこれだけは絶対に読んでおくべきだ、という作品(文学者)を皆さんに教えて欲しいのです。

参考までに僕の好みを挙げると、
国内:谷崎潤一郎 遠藤周作 北原白秋 西脇順三郎 樋口一葉
海外:ワイルド キーツ スタンダール ヘミングウェイ 
…といったところです。(特に谷崎は別格)

ちなみに日本の戦後文学には疎くて、W村上の作品でさえほとんど読んでいません。春樹なら『ノルウェイの森』や『風の歌を聴け』などの代表作をいくつか読んだのですが、龍は大の苦手で、『希望の国のエクソダス』に嫌悪を覚えて以来、まったく読む気が起きません。
目下のところは源氏物語に挑戦しています。洋書なら、ディケンズやフィッツジェラルドの作品など。(あまり英語が得意ではありませんが)

古今東西、ジャンルは問いませんので気が向いたときにでもアドバイスよろしくお願い致します。特に戦後文学について秀逸作をご存知の方、是非。勿論、ごく最近の注目作家についてでも構いません。

将来、本気で小説家になりたいと考えている者です。
夢を実現すべく、実際に自分でも創作を折々試みる一方、様々な文学作品に目を曝して研究を重ねているのですが、如何せんまだまだ読了した本が少なく、知識の上で不安があります。
そこで、小説家を目指すならこれだけは絶対に読んでおくべきだ、という作品(文学者)を皆さんに教えて欲しいのです。

参考までに僕の好みを挙げると、
国内:谷崎潤一郎 遠藤周作 北原白秋 西脇順三郎 樋口一葉
海外:ワイルド キーツ スタンダール ヘミングウェイ...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。
元作家志望だった者です。「事実(現実)は小説より奇なり」を実感するあまり頓挫してしまいました。

さてANo.1様の御意見と対する御礼を拝見しましたが、なるほど、そういうことなら私から申し上げられるのは「乱読」です。
汝の気の赴くままに百花繚乱の作品世界を逍遥せよ!です。
まだ学生さんでいらっしゃいますね?なら、いまのうちに多くの作品にアタックしてください。その場合できるだけ知らない作家や、なじみの薄いジャンルを意識して選択されることも有意義であると思います。いずれ社会に出て自由時間が制限されるようになると興味の薄い分野に、わざわざ手を伸ばすというのは苦痛が大きくなると思いますし。
そこから出発して、やがて自分なりのターゲットが絞れるようになったら今度は特定の作家の作品を年代順に読破していきます。これは私も実践したことですが年代順に読むことで著者自身の思想や関心の移り変わり、一貫して変わらないもの等が浮かび上がってきて、作品そのもの以外でも興味深いです。

それから作家希望ということですので私自身が現役作家のかたに教わったことを申し添えます。
小説というのは詰る所、登場人物の「肉付け」です。いかに存在感を付与することができるか。これは作品の説得力に大きくかかわってくることです。
それには「知らなければ」書けない。
世界が狭い人には所詮狭い世界しか書けません。ファンタジー小説なら、どうか知りませんが。
しかし人間一個の知識や経験など天才でもなければ、高が知れている。ですからこそ昔から作家志望の人間には、どんなことも作品上の糧になり得ると言われるのです。そのため、どうしても自らの経験が及ばないことは関係者に或いは場所に取材を行いもする。

敢えて一つ作品(?)名を挙げるとすれば、これは小説ではなくガイダンスのようなものですがH・ヘッセの『世界文学をどう読むか』を御一読されてはいかがかと思います。
この稀有な作家が、天才に依るばかりでなく、いかに多くの世界から、つかみ取るべきをつかみ、自らの栄養として貪欲に吸収していったか、その健啖ぶりに舌を巻く思いにさせられます。

「薄っぺらな人間には薄っぺらな作品しか残せない」
これはリアルを表現する小説ならば殊にそうであって、まことにNo.1様の仰るとおりだと思います。

最後に私自身が二十歳前後の頃に読み込んでいた作品名を一部挙げますと、どちらかと言えば、かなり翻訳ものに偏っているのですがモーパッサン、ジッド、テグジュぺリ、カミュ、サガン、シェイク スピア、モーム、ヘッセ、ドストエフスキー(特に好きです)果てはショーペンハウエル、ニーチェ、フロイトの『夢判断』『精神分析』まで、全て年代順に読破しました。
日本のものですと、この年頃は芥川、太宰、志賀直哉、夏目漱石、江戸川乱歩等々・・・
御質問者様が挙げられている面々も、もちろん読みましたし好きです。特に一葉の文章の流麗さと来たら!
詩人では朔太郎も好みます。
小川未明の童話なんかもいいですよ。
私いま読んでるのは『秘密の花園』と『トムは真夜中の庭で』です^-^;;

数多くの作品に親しまれると共に御自身の人生経験も豊かに重ねられますことを期待してやみません。

ガンバレ未来の小説家!!

初めまして。
元作家志望だった者です。「事実(現実)は小説より奇なり」を実感するあまり頓挫してしまいました。

さてANo.1様の御意見と対する御礼を拝見しましたが、なるほど、そういうことなら私から申し上げられるのは「乱読」です。
汝の気の赴くままに百花繚乱の作品世界を逍遥せよ!です。
まだ学生さんでいらっしゃいますね?なら、いまのうちに多くの作品にアタックしてください。その場合できるだけ知らない作家や、なじみの薄いジャンルを意識して選択されることも有意義であると思います。い...続きを読む

Q婚外恋愛

今年の冬頃放映されていたと思う「婚外恋愛」を4話まで見たのですが、その後見れていません。どう展開したのか知りたくてテレビ朝日系のHPを覗いてみましたが、同番組のサイトはもうなくなっているようです。どなたか観ていらした方、ストーリーを教えてください。お願いします。気になってしまって・・・。

Aベストアンサー

こんにちは!
ワタシもこのドラマ見ていました。
こんなサイトがあります。
見逃した時にとても便利です。
お役に立てると思います!

参考URL:http://www.shes.net/shes_a.cgi?file=drama2/2002_w/kongairenai.html

QWeb小説の無職転生について質問です。 今回この作品のWeb版を読んだんですが、現在販売している書

Web小説の無職転生について質問です。

今回この作品のWeb版を読んだんですが、現在販売している書籍版と内容に違いは有りますか?
過去に読んだオーバーロードはWeb版と書籍版で内容に違いが有ったので、無職転生でも違いが有るのか分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書籍版は完結していないので断言はできませんが 基本的なあらすじなどは同じです。
ただ表現が一部変わっていたりエピソードなどが追加されているというパターンだと思います。

Q婚外恋愛をしたことのあるかたに質問です。

熟女、バツイチ、子どもは元夫が育てました(もうすぐ育児も終わりです)。

最近、悩んでいるので、相談します。

さて、既婚男性に恋をしたことのある女性(男性も可)に質問です。

1.相手とは、本気でしたか?遊びでしたか?
2.本気だったかた、最後にどちらか(または両方)離婚なさって、結婚に至りましたか?また、それまで何年かかりましたか?(出会いまたは交際から何年かかったか?)
3.本気だったけど、修羅場になったかた、どんな修羅場でしたか?

実は、私や知人の中に、婚外恋愛をしているかたがいます。
長い人は30年です。
そのカップルは60代で、とても仲が良く、若いころから交際しています。男性が既婚、でも奥さんが病気で、離婚したくてもできず、出会った女性と恋愛をし、子どももできましたが、流産なさいました。普通なら、別れると思うのですが、とても紳士で優しい男性で、私(同じアパートに住んでいる)に「私の連れです」と紹介してくれました。

こんなに堂々と長年愛し合えるなんて、うらやましい、と、それまでは婚外恋愛(不倫)を否定していましたが、このカップルを見て、本当に愛していたら、どんな状況でも続くものだ、と思いました。

私も今、既婚男性を好きになりそうで悩んでいます。
離婚の苦しみを知っているので、相手に味あわせたくないです。
できれば結婚など考えずに、長年、上記のカップルみたいに会いたいときに会う、という自由な恋愛をしたいです。


いろんなご意見をください。

熟女、バツイチ、子どもは元夫が育てました(もうすぐ育児も終わりです)。

最近、悩んでいるので、相談します。

さて、既婚男性に恋をしたことのある女性(男性も可)に質問です。

1.相手とは、本気でしたか?遊びでしたか?
2.本気だったかた、最後にどちらか(または両方)離婚なさって、結婚に至りましたか?また、それまで何年かかりましたか?(出会いまたは交際から何年かかったか?)
3.本気だったけど、修羅場になったかた、どんな修羅場でしたか?

実は、私や知人の中に、婚外恋愛をしている...続きを読む

Aベストアンサー

知人の話です。

出会った時、女性が既婚、男性が独身でした。

1.相手とは、本気でしたか?遊びでしたか?
最初はお互い遊び。結婚生活がうまくいってなかったこともあり、
やがて男性が本気になり、それに応えるように女性も本気に。

2.本気だったかた、最後にどちらか(または両方)離婚なさって、結婚に至りましたか?また、それまで何年かかりましたか?(出会いまたは交際から何年かかったか?)
出会いから約一年半で付き合い、その一年半後に離婚成立、その半年後に入籍
結婚式は挙げていません。

3.本気だったけど、修羅場になったかた、どんな修羅場でしたか?
夫にバレ、提訴されました。結果、慰謝料を100ちょっと払って離婚ということで和解。



どのような恋愛であれ、他人がとやかく言う権利はないと私は思います。
ただ、大前提として、既婚者による配偶者以外との恋愛は、社会的には認められていません。

彼は彼女をとても大切にしているし、
彼女は今とても幸せそうで活き活きしてますが、
だからと言って、社会的な事実は覆りません。
将来、子供に説明する時も言葉選びが難しそうです。
事の顛末を聴いて、好ましく思わない人もいるでしょう。

社会的に認められていない行為である以上、
白い目で見る人や、批判する人、誹謗中傷する人がいて当たり前です。
こればかりは現実として受け入れるほかありません。

知人の話です。

出会った時、女性が既婚、男性が独身でした。

1.相手とは、本気でしたか?遊びでしたか?
最初はお互い遊び。結婚生活がうまくいってなかったこともあり、
やがて男性が本気になり、それに応えるように女性も本気に。

2.本気だったかた、最後にどちらか(または両方)離婚なさって、結婚に至りましたか?また、それまで何年かかりましたか?(出会いまたは交際から何年かかったか?)
出会いから約一年半で付き合い、その一年半後に離婚成立、その半年後に入籍
結婚式は挙げていません。

...続きを読む

Q有川浩さんの小説は読んだ事がないのですが、面白いでしょうか? 皆さんから特にお勧めの作品は何ですか?

有川浩さんの小説は読んだ事がないのですが、面白いでしょうか?
皆さんから特にお勧めの作品は何ですか?

因みに自分は、日本人作家なら、村上春樹さんや安部公房さん、江國香織さん、遠藤周作さん、赤川次郎さん、吉本ばななさん、立花隆さん、橋本治さんとかが好きです。

海外作家なら、ゲーテやドストエフスキー、トルストイ、モンゴメリ、ガルシア・マルケスとかが好きです。

Aベストアンサー

TVドラマを見て興味を持って「フリーター家を買う」を読みました。他は読んでないので比較はできません。

ストーリー構成も伏線の配置、回収も見事です。あえて読者の解釈に任せるという点と、ここだけはキャラクタ設定として押さえておきたい、譲れないという線引きも上手です。先に小説を読んでもそう思ったことでしょう。そういう面もあるので、ドラマの原作にも採用し易いのではないかと思いました。

部分部分で狙っていると思わせるところもありますが、器用で盛り上げ方も上手な作家です。私が編集者であったとしても、「この部分は要らないんじゃ」という部分はほとんどありません。個人的には校閲のバイトをしていた時期もあるので、そういうところは敏感な方です。

コストパフォーマンスが極めて良い作家です。「○○の新境地」みたいな、急にぶっとんだことはしないだろう、という予定調和な安心感はあるにせよ、「この作家、この先、どれだけ化けるんだろう」という期待感は持たない方が良いと思います(といいつつ、そういう期待を持たせた作家が大化けするのは200人に1人もいないのですけど)。ただし、このコストパフォーマンスを維持できるだろうと確信を持たせる磐石な安定性は評価されても良いとは思います。

#2の方が言われる点は確かにありますので、一読してみて好みかどうかを判断してみても良いと思います。「これは好みじゃなかったけど他のは」というのは無いでしょう。良くも悪くも器用で筋の通った作風を維持する作家だろうというのが、たった一冊しか見ていない私にも悟らせるだけの実力があります。

TVドラマを見て興味を持って「フリーター家を買う」を読みました。他は読んでないので比較はできません。

ストーリー構成も伏線の配置、回収も見事です。あえて読者の解釈に任せるという点と、ここだけはキャラクタ設定として押さえておきたい、譲れないという線引きも上手です。先に小説を読んでもそう思ったことでしょう。そういう面もあるので、ドラマの原作にも採用し易いのではないかと思いました。

部分部分で狙っていると思わせるところもありますが、器用で盛り上げ方も上手な作家です。私が編集者で...続きを読む

Q婚外恋愛

今現在婚外恋愛中の方で、将来、現在の配偶者と離婚をし、お付き合いしてる方との結婚を考えていらっしゃる方にお聞きします。

1.何年後とか、お子さんが何歳になるまでとか、明確な時間的ラインをお持ちですか?

2.相手の方ともそのことについて話し合われていて、お二人の中では決まっていることですか?

3.一緒になれればいいな・・・ではなく、必ずそうする!というような強い意志をお持ちですか?

PS
または、実際に以上のようなことを経験された方のお話も、ぜひうかがいたいです。

Aベストアンサー

知人の話ですけど

1.何年後とか、お子さんが何歳になるまでとか、明確な時間的ラインをお持ちですか?

少なくとも子供が事実を受け止めて自分の力で判断出来るまではこのままの関係、それまで二人の関係がもてばそのとき考える。


2.相手の方ともそのことについて話し合われていて、お二人の中では決まっていることですか?

今すぐ一緒になれたら良いなと夢を見ることはあるけど、実際そうなったらうまくいくとは限らない。という共通認識。
「すぐにでも妻と別れて一緒になりたい」とか歯の浮くような嘘をついても長続きはしない。
お互い正直に現実的に話し合うのが長続きの秘訣。

3.一緒になれればいいな・・・ではなく、必ずそうする!というような強い意志をお持ちですか?

お互い家庭に不満を持っているのでこういうことになった。
離婚して二人が一緒になったからうまくいくとは限らないので、あくまで「なれれば良いな」。

Q非現実的な作品や、恋愛小説で、お勧めの小説。

小説を探しております。
最近は、出版数も多く、なかなか探すのが大変で、
それゆえ、お尋ねいたします。

好きな作風は、内容的に、非現実的なものが好きです。
特に、時代設定は現代、もしくは近未来ほどで、人物や、設定が現実とは違うような作品が好きです。

他に、恋愛小説なども好きです。

希望としましては、作品の内容より質が高いほうが好ましいです。

このような、内容の作品。また、このような作風の作家さんを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

山尾悠子。伝説の美文家。美文といっても華麗とか絢爛とかいうのではなくて、透明かつ硬質、という評語がまずは来る。長年の沈黙を破って最近『ラピスラズリ』を上梓。

まずは図書館で処女出版『夢の棲む街』(ハヤカワ文庫)を探してみてください。

有名どころだと誰の文章に似てるか、と訊かれたら、最近亡くなった倉橋由美子を蒸留器にかけてどんどん火を燃して容赦なく無意味に純化した感じ、とねじれた答をします。思わせぶりは何もなし、とにかく徹底して意味がない。ただただ非情な美しさが連続するのみ。

この人は写真で見ると、ほんとに素晴らしい美貌の持ち主で、デビュー当時みんなひっくり返って驚いたもんです。こんな美人がこんな小説書くわけ? ありえねえ。すごすぎ。

まあ容姿は関係ないか。関係ないですね。なにはともあれ復活なさって目出度いかぎり。

あー、この人の書くものは色恋の要素は零です。が、あとはご希望にことごとく添うものと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報