マイケル ナイト シャマラン監督の作品はいつも、ネタばれ禁止映画として、それだけあっ と驚く結末を用意してあるということでいつもいつも騒がれているのですが、シックスセンスは先が読めたし、アンブレイカブルは全くの期待はずれでした。今度の サイン はどうなんでしょう? もう見た方、あっ と驚く結末でしたか? 満足しましたか? 期待はずれでしたか? ストーリーのネタばれは いちよう なし の方向でよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

とりあえず、どんでん返しがあるものだと思ってみていたら、つまらなく感じてしまいます。

素直に展開を楽しめばもっとおもしろい映画だったかな~と思っています。落ちばっかり期待していましたから(笑)「ムー」読者にとっては最高に楽しめるのでは(笑)機会があればもう一度素直に見てみたいですね。でもどの部分がネタばれ禁止なんでしょうか・・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>とりあえず、どんでん返しがあるものだと思ってみていたら、つまらなく感じてしまいます。
僕は、そこです。どんでん返しを期待しているので、どうやら、映画館まで足を運ぶ気は失せました(笑

>でもどの部分がネタばれ禁止なんでしょうか・・・?
映画紹介で絶対にお友達にラストを言っちゃ駄目なネタばれ禁止作品です。と言っていたのですが、みなさんの意見を聞いてると、そうでもない!?
どうやらネタばれではないようですね。どんなラストだったんでしょうか?
もはや聞きたいです。

お礼日時:2002/10/02 17:11

こんにちは。



 ネタバレなし、とのことですのであんまり書けませんが、途中まではすごい面白かったです。
 ただ、オチが直球なのと(びっくりするような仕掛けはない)、あまりにでかい不合理な点があって、そこが気になっちゃってエンディングを楽しむどころじゃありませんでした。
 普通、ボクは気に入った映画はDVDも買うんですが、これは買いませんね。
 
  
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

オチの凄さを期待してこの質問をしたので、どうやら期待はずれのようです。

>普通、ボクは気に入った映画はDVDも買うんですが、これは買いませんね。
わかります。何度も見たい映画には入りそうもないわけですね。僕も気にいた映画は何回見ても飽きない、タイプです。気に入る映画と気に入らない映画の選別が激しいタイプです。

お礼日時:2002/10/02 17:10

 映画の世界観そのものを楽しもうと思って観ると、なかなか緻密かつ精巧にできた映画だと思います。



 が、しかし、私個人的には「B級…?」という印象が拭い切れません。『シックス・センス』よりも世界観を受け入れ難かったのだと思います。

 ただ「サイン」の意味はよくわかります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。世界観が楽しめる映画というのはたまにあります。

>が、しかし、私個人的には「B級…?」という印象が拭い切れません。『シックス・センス』よりも世界観を受け入れ難かったのだと思います。
ブルース ウィリスが主演だっのでA級の可能性もあるかな と思って見に行ったアンブレイカブルを思い出します。B級!!って直感で感じてしまいました。

なんとなく、この映画の雰囲気がわかってきました。世界観を楽しむならまだましなわけですね。

お礼日時:2002/10/02 17:09

シャマランの名前はマノージュ・ナイト・シャマランだったと思います。

でもいつもファーストネームは頭文字ですね。どうしてだろう。

サインはかなりおもしろい映画です。
要は、見終わったあと心に響いたかどうかが最も重要で、感じるところがあったかなかったかは人それぞれでよいと思います。僕は大いに気に入ったのですが、そういうひいきの目で見ると、無理のある設定も「わざと」やっているのだとわかります。だって普通の人だったら、あのシナリオで映画を作ろうと思いますか?よほど演出に自信がないと、あの映画は撮れませんよ。

僕なりにあの映画については解釈することができました。ネタバレはなしということなのでこれ以上は言いませんが、そんな僕でもあれ?と思ったポイントを2つ。あんな片田舎の町で、夕食の前に散歩するかなあ?っていうのと、犬の扱いがちょっとひどいんじゃない?っていうことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まずは、ファーストネームを間違えてすいません。マノ-ジュなんですね。ひとつ勉強になりました。確かに、脚本の凄さにかかわらず、映画の設定、雰囲気で気に入ってしまうものってあります。それに近いんでしょうかねー
無理ある設定 ミステリーサークルを題材につかってますよね。あれって普通 人が作った UFOがつくった、自然現象だ っていってただでさえもめてますもんねー そんな題材でどんなラストにしたんでしょう。うーん、マイナス票が多いので、ラストネタだけ知りたい今日このごろです

お礼日時:2002/10/02 17:08

こんにちは。



CMなどから受ける印象とはあきらかに違う映画でした。
「全然ミステリってないやん!そのままやん!」ってカンジでした。
一応ラストはそれなりのモノを用意しておりますが、
そんなモノよりも根本的に解決してない部分が僕的にありましたので
チョット残念でした。
私にとって「シックスセンス」は大変楽しめた映画でしたので、毎回この監督さんの作品を楽しみにしてるのですが、今のところ「一発屋」さんですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>CMなどから受ける印象とはあきらかに違う映画 
うーん、これだけでマイナスですね。
>今のところ「一発屋」
またまたマイナスですね。どうやらシックスセンスの評判が最後かも?
なんだか、アンブレイカブルをわざわざ見に行ってしまった 失敗を思い出します。

それでも、ラストはそれなりのもの・・・うーん、もはや、知りたいですね。みなさんがだれでも見れる 教えてグーでは駄目なんでしょうかねー

お礼日時:2002/10/02 17:07

こんにちは~映画が大好きな者です。


私はembraceさんと違って「シックスセンス」で驚かされて、ワクワク期待して「アンブレイカブル」を見に行き、観始めて、すぐ結末が分かってしまい、「サイン」に至っては「こんなものか~」で見終わりました。人それぞれ感想は違うと思いますが・・・何故?何故?と全く意味の分からない作品でした。きっと私が宗教人ではないからでしょうねぇ~とても残念でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

映画が大好きなんですね、映画系また質問すると思いますので、よろしくお願いします。僕もどっちかっていうと、アンブレイカブルよりも、シックスセンスで驚かされた派なので、シックスセンスが好きです。しかし、サインはこんなものか~ で終わるんですね。意味がわからないところも多々ありそうな感じで終わるんですね。まずはマイナス票ですね。

お礼日時:2002/10/02 17:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネタばれ注意!! 見ていない方は見ないでください!!!アンブレイカブル の結末を教えてください。。

実はビデオにとって見ていたんです。そうしたら。。テープが途中できれてしまっていて物語を最後まで見れませんでした。苦笑 わざわざ借りてもう一度みたいかというほどでもないので。。よろしかったら最後どう終わるのか教えてくださると助かります。。
私が見たのは、主人公が、殺人犯によって父親を殺されてしまった家へ行って残りの家族を助け出したところまでみました。犯人を殺して、奥様の手にしばられてあった何かをはずそうとしたところで切れてしまいました。。 なんとなく、ほかの方の質問をみていて、黒人さんが事故を起こしていただろう、ということはわかりました。 主人公が不死身の悪魔だったとか?!なんてことはないですよね?!悲しい結末と聞いて、いろいろな想像をはりめぐらせております。。どなたかどうか教えてください。。 

Aベストアンサー

詳しいラストシーンを再現すべく詳細を表現出来ませんが

サミュエル・L・ジャクソン演じる体の弱い子を不憫に思う母が与えた一冊のヒーローもののコミックス。
子供なら誰でも夢中になるが彼は体が弱いゆえに不死身の善のヒーローには絶対なれないと察する。
そこで彼は世に存在する不死身の男こそ善のヒーローだと思い、捜すために列車衝突事故や爆破事件を企てる。それは同時に滅ぶ悪のヒーローなら自分がなれるということの証明でもあったので彼は悪のヒーローを自ら選択したとも言える。

ブルース・ウイリス演じる男もまた生きる希望や意味を見失っていたが不思議な男から自分が不死身であることを知り、また不思議な能力により人を助ける。そして彼もまた自分が善のヒーローであることを知る。

という感じでサミュエルは紫、ウイリスはグリーンとテーマカラーがきちんと分けられているところは気づかれました?彼らの衣装や母親の衣装の色などいろいろ小細工が隠されているのでそれを見つける楽しみもあります。

最期サミュエルが死亡したのかどうか忘れました。ウイリスの方は家族でやり直せるのですが..

人はそれぞれにしかない決められた能力があってそれを活かしていくべきだというメッセージが込められているそうです。でも体が弱く悪としか生きられないと思ってしまった悲しさはショックですね。友達も出来ず彼は幸福感なんて感じたこともない。コミックスと自分を重ねて見ることしか。
彼が認められるにはなんとしても不死身のヒーローがいないと成立しないのです。不死身の男が出現し彼は自分の存在理由を証明されて安堵する。

不死身の男もまたけっして幸福ではなく苦悩に満ちていた。私達が思う正義のヒーローってすごく健全で明るく強くみたいなカンジもありますが不死身で特殊な能力を持つと異質と見なされ孤独なんだろうと思います。すごく悲しいですね。

私はM・ナイト・シャマランの作品ではこれが1番好きです。あまり一般受けはしなかったようですが。
私の中では何度も見たい大好きな作品です。

映画忠実に回答してなくてスミマセン。
もう1度見ましょうよ。ダメ?

詳しいラストシーンを再現すべく詳細を表現出来ませんが

サミュエル・L・ジャクソン演じる体の弱い子を不憫に思う母が与えた一冊のヒーローもののコミックス。
子供なら誰でも夢中になるが彼は体が弱いゆえに不死身の善のヒーローには絶対なれないと察する。
そこで彼は世に存在する不死身の男こそ善のヒーローだと思い、捜すために列車衝突事故や爆破事件を企てる。それは同時に滅ぶ悪のヒーローなら自分がなれるということの証明でもあったので彼は悪のヒーローを自ら選択したとも言える。

ブルース・ウ...続きを読む

Q誘拐犯の結末教えて【ネタばれ】

今日昼すぎにテレビ東京で放送された映画誘拐犯を予約録画したのですが、時間を間違えてしまったようで途中までしか映ってませんでした…。今日御覧になった人もしくは見たことのある人教えてください。
私が見たのは、メキシコ警察プラスボディーガードvs誘拐犯の銃撃戦のあと、黒人ボディーガードが代理母と医者を連れ銃撃戦から抜け出して隠れ家に連れて行き、代理母が出血したため医者が帝王切開が必要といったところボディーガードにここでやれと銃を向けられたところまでです。

Aベストアンサー

(ネタばれ)
完璧ではないですが、こんな感じです。

モーテルでの銃撃戦で撃ち倒したボディガードを拷問し、場所を聞き出した誘拐犯二人が隠れ家を襲撃します。撃ちあいの最中医者が黒人ボディガードを射殺。子供は何とか生まれますが、直後に追っ手が用意した身代金がワナで、その隠れ家で銃撃戦になります。重傷を負いながらも追っ手を全滅させますが、二人は唯一残った追っ手のボスに致命傷を負わされます。
ロビン(代理母)は赤ちゃんと一緒に救急車に乗せられ、医者とともに去り、その去り際に、「父親はボスじゃない…、○○だ…(たぶん医者の名を言った)」とパーカー(誘拐犯の一人)が呟いて事切れる。
その後彼は臨終の時、神への贖罪を拒否する言葉を吐く。救急車が去って死体の山が残る。
その頃、ボスの妻がボスに妊娠を告げるシーンで終わる。

劇場版やソフトは分かりませんが、昨日のTV放映はそういう終わりでした。

昨日体調が悪くて会社を休み、家でこれを見ながら「教えて!goo」の別質問に答えていたら、あまりにもディスペレートな内容にしびれてしまいました。

Q「アメリ」の結末(ネタばれ注意)

「アメリ」の最後の方なんですが、録画が切れてしまっていたので、結末部分を教えていただけないでしょうか。

ニノをカフェに来させたけれど結局知らないふりをしたアメリは、駅の写真撮影機に細工をして管理会社に電話しますよね。それは何のためだったのでしょうか?

ニノのポケットに入れたメモには何と書いてあったのでしょうか?

ここから後どう終わるのか気になるので、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
結末が切れてたなんて残念でしたね^^;
簡単ですが、こんな感じです・・・
メモには「何時(忘れました)に駅に来て」
と記載してあり、
撮影機に行ってみると、ニノが今まで
アルバムに貼っていた謎の坊主頭の男の人がおり、
その人は、管理会社すなわち撮影機の修理人で
撮影機が直った確認の為にいつも自分の写真を
その都度撮って捨てていたっと言う事だったんです。
それを教えてくれたアメリのアパルトマンに
ニノは行くのですが、アメリは居留守を使います。
でも、それではいけないと思い、
外へ飛び出るのですが、そこにはまだニノがおり、
二人は・・・♪ ってな具合に
ラブラブでハッピーエンドになります。
最近観てないので、何か抜けてたり、
わかりづらかったら、ごめんなさい^^;

Qネタばれ

見た映画や読んだ小説など、研究本やサイトの探し方を教えてください。主にアジア映画、海外ドラマが希望です。名作や有名な作品や作家は、探しやすいです。出版時や放送時、放映時から遅れて、探すため、なかなか見つかりません。ネタばれ、ラスト、どんでんがえし、などのキーワードと、調べたい物を組み合わせても、なかなか、詳しいサイトは出てきません。シックスセンスとカルは、個人サイトで熱心なものが見付かりました。日本語以外、未公開のものでもかまいません。日本の映画ライターや評論家が書いた本は、古いモノを除いて、ほとんど読みました。以前流行った謎本や冬のソナタ、スターウォーズ関連本のようなマニアテックな内容ものを探しています。ファンサイトや個人の鑑賞日記、2ちゃんねるでは、物足りないです。

Aベストアンサー

こんにちは、スターウォーズについてですが、
私も最近エピソードIIIに向けて旧三部作&エピソードI&IIを観なおし、
詳しくまとめられているサイトはないだろうか?と探していました。
こちらなんてどうでしょう?
エピソードごとに詳しくまとめられていますし、
ほんの少ししか登場していない脇役みたいなキャラクターまで
詳細に説明が載っています。

旧三部作のハン・ソロ&チューバッカがお気に入りです*^^*

参考URL:http://www.starwars.jp/

QOpen Water (ネタばれあり)

主人公の二人、ダイビングツアーのお船に乗ったとき、乗船名簿に記載しなかったとかいう真実にたいする映画内での再現はありましたか? 現実にあった二人の話であり名簿になまえがのっていなかったことから後にいろいろ疑惑も出たそうなのですが、なぜどのように名簿に名前が載っていなかったのか、その過程が映画に出てきていたかどうかの質問です。 よろしくおねがいします。(レンタルで借りてもう返してしまって、あとでWebでいろいろ記事を読んでいて見つけて、、、どうしてもわからなければ再度レントはしてきますが、そのまえにわかればと思いまして…あと他に意見も聞ければと思いまして。)

Aベストアンサー

そもそも「乗船名簿」自体がでてきません。
映画の中ではガイドの男性が最初に客の数を数え、クリップボードに「20」という数字を書き込み、客が戻ってくるたびに線を書いて数をカウントするだけです。
このカウント間違いが2人を置き去りにする原因として描かれています。
置き去りにされた原因自体は映画にとってあまり重要ではないので、映像的にわかりやすいように演出されたのだと思います。
実は、客が(2人をのぞき)全員上がったときに、ガイドが客の数を数えているカットがあり、「なぜ数が足りないことに気がつかなかったのか」と疑問に思ってこの前後のシーンを何度も再生したのではっきり覚えています。
(結局疑問は解消されませんでしたが・・・)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報