ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

日本のディーラーで売られていない海外輸出モデルをディーラーで新車を
買うことって出来ますか?
私の思い込みなのですが、日本車は日本で作られているんですよね。
その日本車を海外に輸出されたのをまた逆輸入してくるよりも
海外に出す前に買えれば安く上がるんじゃないかなぁっと思っているのですが。
どうでしょうか?
輸出用にしかない仕様が欲しくて結構私と同じ事思っている
人多いんじゃないでしょうか?
どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>日本のディーラーで売られていない海外輸出モデルをディーラーで新車を


>買うことって出来ますか?

できないことはないです。
逆輸入車を扱う業者に委託するか、自分で直接買いに行くかです。

>私の思い込みなのですが、日本車は日本で作られているんですよね。

そうとは限りません。現地生産車もありますのでね。
現地進出した工場で、現地の部品を多く使って、現地専用仕様にしている車が、
最近は非常に多くなっています。
日本車メーカーは、アメリカ、東南アジア、ヨーロッパなどで、現地専用車を
生産しています。
例えばトヨタだと北米工場で、タンドラ、タコマ、カムリソラーラ、セコイア
アバロン、シエナという現地専用車を生産しています。
またカムリ、カローラも現地生産をしていますが、細かい仕様は現地専用に
なっています。



>海外に出す前に買えれば安く上がるんじゃないかなぁっと思っているのですが

ま、そのとおりなんですが、日本で生産している海外仕様の車を購入できるのは、
在日の外国の大使館関係者だけですね。
一般の人間が海外向けの車両を登録することは、日本の保安基準に適合させ、
持込で車検を通せば可能ですが、メーカーがまず販売してくれませんから
事実上不可能でしょう。

じゃあ、具体的に海外で生産された車、あるいは日本から海外に出荷された車を
日本に逆輸入しようとするといくら掛かるか、は、ケースバイケースですけども、
まあ車両価格の倍くらいは掛かるかも・・・。

参考URL:http://www.toyota.co.jp/company/outline/index.ht …
    • good
    • 0

こんにちは。



基本的に、国内生産車の海外向けを出港前に国内ディーラーでは買う事は出来ません。
(アクマでもメーカー系正規ディーラーでは)

いろいろ、事情もありますが、
基本的に日本は右ハンドルなので、
例えば左ハンドル海外輸出仕様車をそのまま国内販売販する際には、
お役所の認定も取らなければいけません。

しかし、逆輸入でしたら、アクマでも輸入車扱いなので、
先のハンドルの問題もクリアでき、また、昨今のビッグバイクブームの様に、
国内では750cc自主規制の大型バイクも輸入車扱いなので、
1100ccや、1300ccと言った、国内メーカーバイクを販売する事が出来るのです。

その他、日本独自の気候や文化といったモノがあるので、
それは、輸出先国にでも言える事であり、海外仕様車はその国によって、全て仕様が違うのです。

それを前提として、国内で仕様に耐えられるかという問題も当然出てきますし、
それに対する保障を付けたらキリが無いわけです。

また、海外輸出用モデルと言っても、
最近では設計、テスト等は国内で当然統括していると思いますが、
実際の生産は海外拠点工場での生産になっているのが現状ですので、
海外輸出仕様車が全て国内生産されているとは限りません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外旅行のついでに自動車購入

初めまして。
カテゴリ違いかもしれませんが、ここに知見のあるかたがいそうだったので、質問させてください。
海外旅行のついでに自動車を購入して日本に持ってくることは可能ですか?

私の考えているプランは以下になります。
・行き先
ロスorハワイ
・購入する予定のくるま
シボレーカマロ(新車)
・滞在期間
3日~5日
・購入方法
一括現金

英語が必要という障害以外で他に障害がありますか?
懸念しているところは
たとえば、納車に何週間もかかるとか、車庫証明が必要とかそういった日数がかかる手続きがあるのでは?といったことです。
もしその他にも気にした方が良い点があったら教えて頂ければ幸いです。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

南カリフォルニア在住16年の者です。

ロサンゼルス近辺なら日系の自動車輸出・輸入サービスをしている会社が結構沢山あります。これらの会社は顧客の希望に応じてディーラーから購入、日本への輸出まで全てしてくれます。

この手の会社は日本人駐在員や学生が日本に帰る際、アメ車を安く買って帰ろう。。って人が顧客の大半ですが、法的には旅行者が購入しても問題ないはずです。アメリカ国内で運転しないのだから、SSNも州の運転免許証も必要ないはず。DMVも関係なし。

アメリカの正規Chevyディーラーでも購入可能ですが、手続きがヤヤコシイと思う。それにこっちのディーラーは顧客が車を注文するのではなく、ディーラーの展示場にある現物を購入するので、そこに欲しい車が無かったらおしまい。。3-5日ではとても無理。日系の輸出業者がお薦めです。

1件日本語の輸出業者のサイトを見つけたので、ご参照ください。ホームの写真があなたのお好みのカマロですよ。
http://www.shinestreet.com/

詳しくはここへメールで問い合わせてみてください。購入可能だったら支払い方法もチェックしておく事。まさかロサンゼルスで現金を持ち歩く事は。。。有り得ないですよねぇ。

また、他にも会社は沢山あるので「ロサンゼルスに住む日本人向けの電話帳」のサイトで他の会社が見つかります。
http://www.compasscompass.com/

ここで「自動車輸出」で検索すると沢山出てきますよ。

少しでもお役に立てれば幸いです。
そして、Good Luck!

南カリフォルニア在住16年の者です。

ロサンゼルス近辺なら日系の自動車輸出・輸入サービスをしている会社が結構沢山あります。これらの会社は顧客の希望に応じてディーラーから購入、日本への輸出まで全てしてくれます。

この手の会社は日本人駐在員や学生が日本に帰る際、アメ車を安く買って帰ろう。。って人が顧客の大半ですが、法的には旅行者が購入しても問題ないはずです。アメリカ国内で運転しないのだから、SSNも州の運転免許証も必要ないはず。DMVも関係なし。

アメリカの正規Chevyディ...続きを読む

Q【車の個人輸入】 アメリカから→日本へ

アメリカから一台車を日本へ持って帰ろうと考えています。

車種:TOYOTA COROLLA
年式:2004
エンジン:1.8L 4シリンダー

金額と手順の一から教えてください。あと、いい輸送業者等を教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもよりますが、指定場所まで運んでもらうと15万円程度かかります。これも安いところを探せば、安くなるかもしれません。

問題はここからですね。
アメリカと日本の、公道を走らせるための基準(FMVSSと保安基準)のなかで、相互乗り入れ(非関税障壁にならないように取り決めがある)と異なるところを日本の基準に合わせて改造しなければなりません。熱害警報関係は追加取り付け必要なくなりましたが、排ガス低減装置に関しては、並行輸入車の同一排出低減装置の特例を覗き、一品料理的処理になるので、これが40万円程度かかることになり、その他灯火器周りの改造も必要となるので、これが程度にもよりますが30万円程度かかるでしょう。USAの車両は、リヤコンビランプが後退灯を除いてすべて赤となっている(同一色のほうがコストが安くなるため)車両が多いので、制御系の改造とコンビランプ一式交換となることが多いようですよ。
そして、予備車検を通すか、登録地での新規検査・登録となるわけで、やっとナンバーが取得でき、晴れて公道走行が可能となるのです。ここは法定費用と業者の手数料なので、通常の車検費用と大差はないでしょう。(登録月別の自動車税プラス10万円程度)

いじょう、ざっとですが、130万円はかかることになります。まぁ、一貫してすべてをやってくれる業者を探せば多少は安くなるでしょうが、すべて人間の手にかかることばかりの単品処理なので、大差はないと思います。同一依頼内容の客がたくさんいれば手数料もシェアされますが、それも期待できないでしょう。

私は、以前、新車が2万5千ドル程度(250円/ドルの時代)の逆輸入車を購入しましたが、最初のオーナーは日本での登録に150万円かかったと聞いています。もっとも、この当時は熱害警報関係の追加も必要でしたが・・・。
その後、一度海外に運び日本に再度持って帰り登録しなおしましたが、太平洋を渡すだけで3千ドル以上かかりましたからね。そこから再度保安基準適合作業が必要だったら持って帰るなんてことはしなかったでしょう。私の場合は抹消登録済みだったので、そのまま歯医者の復活をさせる通常の車検だけでナンバーは取れましたが、質問者さんの場合は、保安基準適合のための改造費用が相当かかるでしょうから、No.1の回答者の方のおっしゃるように、USA組み立てのカローラでは現実的ではないような気がします。排ガス低減装置については、制御系がECUのプログラムは当然として、日本使用とは随分異なっていたと思います。
中身は部品(最近は不良品率抜群のメキシコ製も混じりだしている・・・)も含めアメ車ですので、日本製の日本車よりもかなりの確率で壊れます。故障時の部品調達も大変だと思いますが・・・。アメリカでアメ車に乗る分には全く問題ない心配ですが、日本となると事情が違いますから、よく検討しましょう。

参考までに、USAからの輸出代行業者の広告があったので、これをつけておきます。HPの左下に記載があります。なお、私は、こことは何の関係もありません。

参考URL:http://www.autobankla.com/

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもより...続きを読む

QフェアレディZってなぜ重たくてスポーツエンジンじゃないんですか

フェアレディZに乗ったことすらありません。しかも日産車も乗ったことはないです。しかしフェアレディZのデザインがかっこよく惹かれるものがあります。それでネットで調べていたらZは重たくてエンジンもホンダみたいなスポーティなエンジンじゃないと書かれていました。なぜZはスポーツカーなのにスポーティーなエンジンと軽いボディに仕上げなかったんでしょうか?車の方向性が走りバリバリを目指していなかったと言われればそれまでなんですが、車体まで重たい必要はないかと思います。何か安全のために重たくしてるとかあるんでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで、手に入ったパーツをパコパコっと組み立てて、自分で楽しんだものです。
そのうち、「その車を譲ってくれ」という人が現れるようになって、ビジネス化していきました。
ロータスセブンやヨーロッパは、商業的に最も成功した軽量スポーツです。

しかしモータースポーツを楽しむ人の性で、どうしても「モアパワー」ということになります。
そうすると、大きくて重いエンジンを積む必要があり、高出力がかかってもボディがねじれないように鉄板を使って補強する必要があり、サスも「きちんとしたもの」を組む必要があり、そうやって車はどんどん重くなっていきます。
そうした方向性の先にあるのが、Zであり、スープラであり、さらにその延長線上には、ポルシェやアストンマーチンがあります。
F1マシンの重量が軽自動車と同じというのは、走ることだけに特化した車で、しかも湯水のようにカネを使うからできることで、市販車はまだ「鉄の時代」です。

もうひとつは、「スポーツカーのゆううつ」と呼ばれる現象があります。
新しいスポーツカーがデビューした時、最初はスポーツカーというものを理解した人しか買いません。
ところがそのスポーツカーが評判になり、売れ出すと、普通の人たちが、大量に買いに入ってきます。
彼らは、そもそもスポーツカーを理解していませんから、クイックなステアリングや、固いサス、高回転を維持しないとまともに走らないエンジンに、大ブーイングを起こすことになります。
自動車メーカーも商売ですから、営業サイドからの要求で、車はどんどん「改良」され、「乗用車化」していきます。
同時に、高い値段で売るために、(逆にいえば高い値段でも売れるために)いろいろなアクセサリーが追加されていきます。
「元」スポーツカーは、どんどん重くなっていきます。

ANo.4です。
まだ書き足りない気分なので、もう少し書きますね。。。。。

「軽量スポーツ」という言葉があります。
MR-Sやロードスターはこの範疇に入ります。
出力も、サスも、「テキトー」でいいから、とにかく軽く作ろうという車です。
車にとって慣性モメントが少ないというのは重大なことで、安物サスでも、セッティングが決まれば、びっくりするくらい軽快にコーナーを抜けていきます。
もともとは、イギリスやフランスのいわいる「バックヤードビルダー」と呼ばれる人たちが、自宅のガレージで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング