gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

海外ではファンタジー小説が一般的なジャンルとして確立され、様々なファンタジー小説が日本へ入ってきています。
しかし、日本のファンタジー小説はもはやライトノベルですら見向きもしない古典となりつつあります。
この差は一体なんなのでしょうか。

どうして海外作家のファンタジー小説が売れて、日本の作家では売れないのでしょうか。

いまどうして売れないのかを知りたいので、有識者の方おねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

翻訳の問題もあるかと思っています。


英語でかかれたものを翻訳して日本語になるときも、
下手な翻訳なのか、
また原語が表現不足なのか、正直つまらない
作品もあります。
日本語はけっこう複雑な原語で、またSFやファンタジーなど、
造語や世界観がむずかしい設定の場合、
翻訳でどこまで伝わるのか?と...
ただ、アニメーションなど、ストレートに
吹き替えだけのものは、世界を席巻しているともいえます。
ドラゴンボールなどは、アクションとファンタジー的な
要素もありますし、ゲームもファンタジーもので日本原作の
ものは売れていると思うので、
小説がやっぱりむずかしい(翻訳されている数が
少ない、あとは翻訳の質の問題)ということでは?ということも
一端かと考えています。違うかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本語が世界最強に難しい言語であることは分かっていました。
確かに語感で世界観の味わったり、造語だけれども漢字の意味から物足りや設定を楽しむのは日本の小説にしかないものかもしれません。
そうなると翻訳で本当の面白さを伝えるのは難しいと考えるのは普通のことなのでしょうね。
言語の壁は厚そうです。

お礼日時:2008/01/21 09:08

ちょっと話がそれてしまうかもしれませんが、文化や伝統の違いというものも関係しているのかもしれません。


最近読んだ本に、
日本人は源氏物語以来、女や子ども向けの架空のキャラクターをつくるのがうまく、
欧米人はキリスト教の奇蹟物語になれていて魔法ファンタジーやSFを書くのがうまい
などとあって正確さ云々は抜きにしても面白い見方だと思いました。

また実に個人的な感想になってしまいますが、
異世界などのファンタジーはよほど作る人がうまくないと、読むのがつらい気がします。現実世界の物語であればわたしたちが会得している常識や決まり事がそのまま適応されていますが、ファンタジーだとそれが通用せず、そこらへんをうまく読ませる作者でないと話についていけないことがありました。
そういうこともあんまり売れない一因になっているのではないかと思う次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
日本人と欧米人の違い、とても面白い見解だと思います。
日本人の物語の原点を源氏物語にするのは異論が出そうですが、キリスト教圏であれば欧米人の視点は納得です。

異世界ファンタジー、まさに欧米人が得意とするジャンルだと思います。しかし、世界で一番売れているのは現実とリンクしたハリー・ポッターなんですよね。いかにファンタジーが難しいジャンルであるのかを再認識できました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/18 08:56

こんにちは


日本人作家によるファンタジー作品は、最近かなり増えていますよ。
宮部みゆきさんは有名ですが、荻原規子や梨木香歩などよい作品をだしています。
ただ、対象を「児童書」として出版されている傾向にあるのでそのように思われるのかもしれません。
本屋の棚の児童書のところをごらんになるとかなりの点数が出ているのがわかります。
また、外国ではファンタジー部門が日本より長い歴史があるので、読者層が子供だけでなく大人も楽しめるようなものに成熟してきているという事情があると思います。
日本のファンタジー関係も最近よい作家が出てきて、大人も楽しめる傾向になりつつあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
児童書ですか! 盲点でした。どうしてもハードカバー、新書、文庫など本屋さんの前面に出ている本ばかりに目を向けておりました。
お教えいただいた作家さんの本を探して読んでみたいと思います。
ジャンルとしての歴史であれば、日本に土壌がないのもうなずけます。少しだけ胸のつかえが取れたような気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/18 08:51

マンガ化、アニメ化、映画化したものはそこそこ人気があるようなので


海外向けの翻訳本の紹介とか、書店側の売り方の問題なのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
マンガ、アニメ、映画などメディアミックスした作品でなければ売り手が売ろうとしないと受け取りました。
まずはそこまで思わせなければ、日本では売れないということですね。

お礼日時:2008/01/17 16:46

スケールの違いかもしれませんね。

それから出版社や書店などの宣伝の仕方でしょう。アメリカやイギリスでもミリオンセラーなどと歌われると日本人は乗りやすいですから。

ただ、日本のファンタジー小説は・・・というのは誤解だと思いますよ。

最近では宮部みゆきさんの「ブレイブ・ストーリー」という本がかなり売れ映画(アニメ)にもなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
スケールの違い、ですか。それはファンタジー作家の絶対数や、読者層にも関係しているのでしょうか?
日本人がファンタジー小説を買う理由は分かりました。なるほど、たしかに僕も全米100万部とかかれると弱いです。

ブレイブ・ストーリーは知っています。確かにおっしゃるとおりですね。

質問の仕方が悪かったようです。
ジャンルとしてファンタジー小説は宮部さんのようなビッグネーム以外の方はまったく売れていませんが、海外では中堅の方々もたくさん書いていらっしゃいます。そして、そこそこ売れております。
その違いについてお伺いしたがったのです。

迅速で丁寧な回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 16:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすっごく純粋に「小説ってつまらないような」と思っている(思うようになった)方

物書き卵です。
でも小説が面白いと思えなくなってしまいました。
だからといってあきらめたわけでも方向性を見失ったわけでもない(と思う)のですが、ヒントにもなるしむしろ助けになると思いますので、率直な意見を頂けたらと願います。

正直、小説って面白い?
テレビ見てた方が面白くない?
漫画の方が工夫されてない?
アニメや映画の方が見応えない?
ゲームしてた方が共感しない?
音楽聞いたり絵を見たり、自分の趣味をしてた方が感性が育たない?
ネットしてた方が新しい発見がない?

エッセイや実録などのリアリティにかなわないと思わない?
教養本の方が為にならない?
結局読みたいから買ったのか買ったから読んでいるのか分からなくない?
「ああ、ページ数あとこんなけしかないなんて」でなく「まだこんなにあるのか」なんて思ってない?
読んだ後、思い返してドキドキ、なんて最近しなくない?
登場人物が紙の上の存在であることに絶望的なもどかしさ、なんて最近しなくない?
ページをめくるのがもどかしくて、とか手がわずかに震えて、とかつい表情だけでなく声がでちゃって、とか最近なくない?
説明文、機械的に流し読んでない?
想像力、かえって失ってない?

やばい、あらためて書いたら、ちょっとモチベーションが自傷状態。
ちなみに物語の意味は問うておりませぬ。あくまで「小説」です。

どかんと「小説ってなんであるのかね、だらだら妄想と専門分野の知ったかぶりじゃん」とけなして頂いて結構です。
「昔は好きだったけど、今はこういう所が嫌い」「こういう作品はいいけど、こういうのはどうかな」とかでもいいですが、できるだけ総合的な感想ください。
「そんなことないよ、小説大好きだよ、こんな風に感じていつも楽しんで感動してるよ!」という意見ももちろん頂きます。見習いたいです。

物書き卵です。
でも小説が面白いと思えなくなってしまいました。
だからといってあきらめたわけでも方向性を見失ったわけでもない(と思う)のですが、ヒントにもなるしむしろ助けになると思いますので、率直な意見を頂けたらと願います。

正直、小説って面白い?
テレビ見てた方が面白くない?
漫画の方が工夫されてない?
アニメや映画の方が見応えない?
ゲームしてた方が共感しない?
音楽聞いたり絵を見たり、自分の趣味をしてた方が感性が育たない?
ネットしてた方が新しい発見がない?

エ...続きを読む

Aベストアンサー

小説は娯楽のために読むには回りくどいし、教養のために読むというほどには書き手に教養がない(特に最近は)。特に忙しい人には、読む理由も必要も無いと思います。

テレビや漫画やゲームが小説と比べて本当に面白いか、というのはまた別の話ですよね。個人的には、疲れたときにちょっと気分をほぐすには小説よりテレビが向いているだろうし、多少暇なときの娯楽としても漫画やゲームの方が優れているのではないかと思います。

一方で書籍と比べるなら、歴史小説を読むよりは学者が書いた歴史書の方が面白いということは実にしばしばあります。思弁的な小説よりも哲学書などを読む方が、考え抜かれた思索に触れることができて充実感を味わえるでしょう。美しいフレーズを探したいなら詩集に当たる方がよほど気が利いています。

問題は「単に小説がつまらない」というよりは、小説の立ち位置はどこにあるのかとか、どういう読者を想定しているのか、というのが現在は特に曖昧になっているということかもしれません。テレビや映画にアレルギーがあって漫画やゲームが苦手で活字好きで暇のある人向けの娯楽にすぎない?とすれば切ない存在ですね。

忙しい人にでも手にとってもらえて、読んだときに「良いことがあった」と思ってもらえるような小説が今後ありうるのかどうか。村上春樹の「1Q84」みたいなのは例外的にネームバリューで売れただけなので全然参考にはならないでしょうし。まあ、控えめに言って小説は隘路に入り込んでいると思います。

もっとも、こんな私も保坂和志と舞城王太郎だけは新刊を楽しみにしていたり。この二人は思考を言葉として表現する方法が卓抜だと思います。表現を鍛える、というのは小説が生き残るための一法かもしれません。いわゆるジャーナリストの書くものとか表現ゆるゆるですから。現代の生きた文章として、表現において的確で揺るぎないものを読みたいという欲望をかなえてくれるのは、やはり小説でなくては──というのが小説に寄せる期待ですが、どうでしょうか。

小説は娯楽のために読むには回りくどいし、教養のために読むというほどには書き手に教養がない(特に最近は)。特に忙しい人には、読む理由も必要も無いと思います。

テレビや漫画やゲームが小説と比べて本当に面白いか、というのはまた別の話ですよね。個人的には、疲れたときにちょっと気分をほぐすには小説よりテレビが向いているだろうし、多少暇なときの娯楽としても漫画やゲームの方が優れているのではないかと思います。

一方で書籍と比べるなら、歴史小説を読むよりは学者が書いた歴史書の方が面白...続きを読む

Qライトノベルを読む人はオタク??

お世話になります。
私は26歳の男です。
最近嫁に何気なく言われた事が気にかかってます。

自分は会社の同僚の影響で昨年あたりからライトノベルを読み出しました。
富士見や角川などのレーベルの中でもファンタジー系やコメディ調のものがメインです。
恋愛モノや女性が主人公のものなんかは理解できないので読んでいませんが、冒険モノやファンタジーモノは意外と面白く、何冊か所蔵しています。

が、先日大掃除をしているときに、嫁が書棚を掃除して一言「ライトノベルが多くなってきたね、なんだかオタクみたい」と。

確かに表紙なんかは萌え系?のような絵が多く、オタクがハマるようなものだという認識は自分にもありました。
ただ、自分としては絵では無く内容に惹かれたもので、例えば絵がオタク系では無く一般の小説のようなシュールな絵でも全然構いません。

そんなんでも、ライトノベルを読んでいる自分はオタクなんでしょうか?

ちなみに私にライトノベルを薦めた同僚も普通に結婚して子供もいる平凡な男で、オタクな趣味はありません。

当初は気にならなかったのですが、最近微妙に気になります。

みなさんの考えをお聞かせいただけると助かります。
宜しくお願い致します。

お世話になります。
私は26歳の男です。
最近嫁に何気なく言われた事が気にかかってます。

自分は会社の同僚の影響で昨年あたりからライトノベルを読み出しました。
富士見や角川などのレーベルの中でもファンタジー系やコメディ調のものがメインです。
恋愛モノや女性が主人公のものなんかは理解できないので読んでいませんが、冒険モノやファンタジーモノは意外と面白く、何冊か所蔵しています。

が、先日大掃除をしているときに、嫁が書棚を掃除して一言「ライトノベルが多くなってきたね、なんだかオタクみ...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.2です。
お礼ありがとうございました。

>まぁファンタジーなんてその最たるものですよね。
>つまり非現実的な世界観を持つ物語を好むのがオタク的であると。

こう言うと、ファンタジーを読む人はみんなオタクみたいになっちゃうので訂正しておきます^^;
非現実的な世界観を持つ物語=オタク的とは思いません。

わたしが思う非現実的なオタク的要素とは、もっと細かい描写部分での話です。登場人物があまりにもアニメや漫画チックで非現実的な仕草や行動をするだとか。
例えば漫画やアニメだと、女の子が怒って男の子を殴って鼻血が飛び出る、のようなギャグ要素を込めた一コマがあったりしますよね。
ライトノベルは、このような非現実的な一コマをそのまま文章にしています。
このようなアニメや漫画的な要素が含まれていることが、ライトノベルの特徴かなという気がします。

ものとしては文章であるものの、最終的には漫画やアニメとして想像できることを前提としているもの、逆に現実描写としては通用しないもの、それがライトノベルのような気がします。
なので作者も、現実という寄りかは頭の中で漫画やアニメを想像した上で文章化しているように感じます。

このような要素があることがオタク的趣向の根本にあるような気がするので、ライトノベルもオタク趣向のひとつかなと思った次第です。

ご参考まで。

ANo.2です。
お礼ありがとうございました。

>まぁファンタジーなんてその最たるものですよね。
>つまり非現実的な世界観を持つ物語を好むのがオタク的であると。

こう言うと、ファンタジーを読む人はみんなオタクみたいになっちゃうので訂正しておきます^^;
非現実的な世界観を持つ物語=オタク的とは思いません。

わたしが思う非現実的なオタク的要素とは、もっと細かい描写部分での話です。登場人物があまりにもアニメや漫画チックで非現実的な仕草や行動をするだとか。
例えば漫画やアニメだと、女の子...続きを読む


人気Q&Aランキング