義兄(49歳)が先日大腸がん手術をしたのですが、話を聞いていると医師の発言に不審に思う点がいくつかあったので分かる方教えてください。

まず術前の段階では、医師から具体的な細かい説明はなかったが、かなり大きい腫瘍があり、術後はすぐに抗がん剤治療を始めるということで説明を受けた感想としては、かなり進行しているものと感じた。

疑問に感じたのは、ステージいくつなのかも言われていなかった。
(患者が聞かなければ教えてくれないのでしょうか?)

手術では、大腸を半分切除したとの事で、取り出した腫瘍はかなり大きく、1.5kg位あったそうですが、ガンに侵されてる部分?の黒くなっているところは極わずかだったそうです。
その際、リンパ節?を検査に依頼し、術後の回診のときに
「よかったですね~!」の一言で終わったとの事。
転移していなかったのか、退院後抗がん剤治療を受けなくて良いのか、何の説明も無く、「家族の方と退院日を決めてください。」これしか
言われなかったそうです。
義兄も、説明の無いことに不思議に思ったそうですが、良かったですねというのだから、転移も無く抗がん剤治療もしなくていいのだろうと解釈して、質問しなかったそうです。
(医師の説明とは普通、こんなもんなんでしょうか?)

そして、今日退院後初めて診察を受けに行き、ステージいくつか確認したところ、ステージ2といわれたそうです。
転移はしていないとの事ですが、医師が言うには手術の際
「転移していないといっても、手術の際お腹の中を掻き回しているので、ガンの部分が飛び散っているかもしれないので、錠剤の抗がん剤
を飲みますか?飲んでも飲まなくて好きにしていいです。本人で決めてください。1回飲んで副作用が辛かったら止めてもいいです。」と・・

その話を聞いたとき、「えーーーーっ!!」って思いました。
そんな適当なものなんでしょうか?

手術の際お腹の中を掻き回しているので、ガンの部分が飛び散っているかもしれない・・・これって本当ですか?そんな話聞いたこと無いので驚きました・・・

ステージ2の場合、通常錠剤の抗がん剤は服用するものなんでしょうか?
もし、服用する場合に期間はどれくらい服用しないといけないんでしょうか?

ステージ2でも大腸半分切除するというのは、普通のことなんでしょうか?
今、通院している病院を信頼してもいいのでしょうか?

長文で、質問が多く申し訳ありません。
心配なのでご存知の方いらっしゃいましたら、宜しくお願いします。
最後までお読みくださった方ありがとうございました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

直腸がん 検査」に関するQ&A: 直腸がんの手術後、転移がないとの病理検査結果でしたが、今後、食生活や検査やその他注意事項があれば、ア

LINE 診断」に関するQ&A: メールやLINEで(笑)の意味 彼氏からLINEがありました 健康診断行って今日はもう仕事やすみ!

肺がん 手術」に関するQ&A: 明後日肺がん初期の手術をする57歳女です。 初期の初期のステージなので、内視鏡手術で一週間程の入院で

副作用 抗癌剤」に関するQ&A: 抗がん剤治療の副作用

結腸 とは」に関するQ&A: 旦那がS状結腸癌と診断されました。 以前から下血などの症状があったらしいんですが… 本人は、痔もちな

大腸ガン」に関するQ&A: 結婚して10年になります。テレビでこれを食べたら腸内環境が改善されて大腸ガンにならないとか番組を見て

手術 大腸がん」に関するQ&A: 2年前に大腸がんの手術をし、その後すぐに抗がん剤を初めて早2年。やっと治療から解放されたのもつかの間

画像 大腸」に関するQ&A: 2年前の大腸内視鏡検査の診断書を取りたいと思いますが、当時の画像を再度診断し直すものでしょうか?

手術 大腸」に関するQ&A: 大腸ポリープの手術2日後に排便した際、出血してトイレットペーパーが真っ赤になってました。これは自然と

肺 浸潤」に関するQ&A: 検診のレントゲンで左中肺野 浸潤影と診断されたのですが、過去に結核になったのですが、その跡が影として

A 回答 (6件)

現在もこのガイドラインが最新のものかどうか不明ですし、


ガイドライン作成時以降に新しい知見が得られ、方針が変更されているかもしれませんが、
http://www.jsccr.jp/guideline01.html
「治癒切除が行われても,癌細胞がリンパ管網内,流血中,腹腔内,局所などに遺残している可能性がある。再発の可能性の高い場合,化学療法または放射線照射による補助療法が行われる。
1) 補助化学療法
目的:術後再発抑制,生存率の向上
対象:Stage III結腸癌および Stage IIの再発高リスク結腸癌」
のようですね。
癌は、血液やリンパの流れで、または直接周囲の臓器に浸潤、転移するもののようです。
手術的に摘出していない部分については、病理組織学的には評価不能です。
数ミリの大きさにならなければ、画像診断には困難を伴うと推測されます。
細胞レベルで転移していても、摘出されていない部分に対しては現在の科学技術ではわかりません。
結局、微小な転移があるかないかの正確なところはだれにもわからないと思います。
確率は算出することはできるでしょうけどね。
それは、ただの確率です。
限局して癌は、取りきれていると思うけど、微小転移はわかんないってことじゃないかと、推測します。
一方、化学療法に副作用があるのも事実ですし、そのなかには、重大な後遺症を引き起こしたり生命に危険があるものもあるかもしれません。

ですから、どっちがいいとはいえないので、どっちでもいいから、自分で決めてねってことじゃないかと思います。

>ステージ2でも大腸半分切除するというのは、普通のことなんでしょうか?
失礼ですが、こんな質問が手術をした後に出てくることが驚きです。
なぜ、もし、疑問を感じたのであれば手術の前に質問しないのですか?
担当医が説明し、説明内容を納得の上同意して、手術を受けたのではないですか?
同意して手術を受けた後で、これでよかったかなと悩むのは自由ですが。
普通かどうか手術方法がこれでよいかなんて、事前に調べ、納得がいかなければ、自分が信頼できる人に調査を頼むものでは、と感じてしまいます。
説明は受けてるはずですから、その内容に同意して受けた処置に後から文句を言うのはすこし違和感を感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明と参考になるURLまで記載していただき有難うございました。

私の説明が足りなかったようなので補足させてください。
>ステージ2でも大腸半分切除するというのは・・
という疑問は、退院後診察時にステージ2ということが分かり、術前までの説明では、「かなり大きな腫瘍で、肝臓の壁についているから、もしかしたら転移している可能性も高い。退院したらすぐ抗がん剤治療をしましょう」ということだったらしいので、姉いわく「それほど大きな腫瘍で肝臓にくっついてるって言うくらいだからステージの説明は無かったけど、多分III以上なんじゃないかなぁ・・」という感じでしたので
術前に大腸を半分切除すると言われていた時には、本人も姉も姉伝いに話を聞いた私も、その時点では疑問を感じませんでした。

病名が分かった時点で、色々調べて知識をつけておいたならば、医師の説明で足りない項目や、聞きたいこと、疑問に感じたことなどハッキリ分かるのでしょうが何分、何も知らない状態での手術でしたので質問すべきことも何もわからなかったようです。

今回手術したからもう安心。と、いう訳ではないでしょうから今からでも本を購入するなりして自分の病気の知識を身につけることも必要では?と姉に促してみるつもりです。

この度は、ご回答くださいまして有難うございました。

お礼日時:2008/01/18 10:50

右半結腸切除といってがんが出来た部位によってはそういう切除法式が普通に行われます。

ステージ2でもです。
http://www.takano-hospital.jp/ca-g/caope.html

>今、通院している病院を信頼してもいいのでしょうか?
標準的なことをやっているようには見えますが、説明が不親切な印象はありますね(質問者さんとその姉夫婦を介した文章だからかもしれませんが)。信頼できるかどうかは、個人対個人の話なので、姉夫婦の考え方次第ではないかと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

URLの記載ありがとうございました。
早速プリントアウトし姉にFAXいたしました。

確かにおっしゃるとおり、信頼できるかどうかは実際に医師と接している本人(姉含み)が1番わかる事ですよね。
少し遠い所にがんセンターはあるのですが、今回手術を受けた病院は近いから・・という理由のみで決めたとの事。
義兄は今回のことで、あまり良い印象を持っていないようですので
距離で選ぶか、自分が信頼できるところに転院するか、よく考えて決める外ないですよね。

ご回答有難うございました。

お礼日時:2008/01/18 20:24

直腸癌の場合には


何とか膜1となんとか膜2の間に癌細胞がある場合には初期含。握りこぶし大でも初期含。
なんとか膜2を破っていると中期含
さらにその上まで広がっていると、末期癌。たとえ、小指大でも末期癌。
となります(ステージなんとかは最近の言葉なので知りません。1980ねんごろのNHK包装による)。
なんとか膜2を破っていると、癌細胞が移動することが可能です。

これで、どこまで、癌細胞が広がっているかは、切ってみて、組織検査をしてみないとわからない。
中期癌で、追っかけて行ったらば、そのあたりまで切ったのかな、という雰囲気を読み取りました。正常組織だと思って切ってみたら癌細胞だった、というのであれば、切り口からリンパ液とか血液を伝わってガン細胞が移動します。だから、昔は極端に大きく切ることがありました。

居間の医療ではありません。30年以上前のないようですから。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうなんですか!小指大でも末期癌・・・ということは、大きさは癌の進行を表すものではないんですね。

義兄の場合、大腸癌に直腸がんと結腸癌があるということを知らず、自分の場合どちらなのか医師に聞いていないから分からない。とのことでした^^;

お礼日時:2008/01/18 20:14

ご心配ですね。



昨年49歳の時、胃癌の手術をしました。
NO.2様の仰る
>担当医が説明し、説明内容を納得の上同意して、手術を受けたのではないですか?

まさにその通りではありますが、一般人が医師に対してどんな質問をしていいのか・・
実際何も聞けませんでした。

担当医の説明にステージのことはなかったです。
胃の側面図で位置や、どこをどれだけ切除する、切ったあとの仕上がりはこうなる、どれくらいで退院できる等々。
専門用語は使わず、私には判りやすく十分だと思えるものでした。

手術までにはかなり日数があったので、調べようと思えば色々調べられたのですが、余計不安になりそうで一切「癌」に関することは調べてません。

質問者様が直接話を聞かれたわけではないので、実際は少し食い違いがあることも考えられます。
担当医に「義兄がお世話になってます」みたいな感じで直接お聞きになられては如何ですか?

よほど気難しい医師でなければ、きちんと説明してくれると思いますが。

退院後も色々大変でしょうが、どうぞお大事に。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

gaboyan様も義兄と同じ歳のときに癌の手術をされたとの事、大変でしたね。くれぐれも無理をなさらないでくださいね。

gaboyan様の回答を拝見し、もし実際自分が癌になった立場だったとしたら・・と考えると、もしかしたらgaboyan様と同じように、知識を得ることによって更に不安が増しそうで調べることができないかもしれないかも・・と思いました。

私の実父が数年前、義兄と同病院で胃癌の手術をしましたが、その時もやはり、ステージの説明はなかったと聞いております。
当時、母から聞いていた医師の説明に対し、具体的なことが分からず説明不足の感がありましたので、私がお見舞いに行った時に尋ねようと看護師にその旨お話しておいたのですが、結局医師の方から忙しくて時間が取れないのか、説明を受けることが出来なかったということもあり、
今回も・・だったので、余計に心配になったのだと思います。

最後に・・お気遣いのお言葉までいただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/01/18 11:11

義母が肺がん手術をしたときのステージはIb、


全身調べましたがその時点で転移は見つからず、でした。
リンパ節への転移もありませんでしたが、念のためリンパ節も切除しました(術後の病理検査でも転移は認められていません)。
手術の際には予防拡大と言って、ある程度広範囲の切除をするとの説明を受けました。
術後、予防治療として抗がん剤を打っていて、のち内服に変わると言われています。
義母の病院では本人を含め告知もあり、治療状況もはっきり説明されました。

数日前実父が大腸がん手術をしましたが、こちらの病院はあまりはっきりしたことは断言せずで
腫瘍のグループが「5」とカルテに記載されているのを見て
こちらでがんと認識しました。
手術後切除したものを病理に回して検査後、
はっきりした診断結果を伝える模様です。
いまだがんのステージは伝えられていないし、義母に比べて
転移しているかどうかの検査も少なかったです。

病院によって違いはあるかもしれません。
わからないことは聞いてみられたらいいと思います。
当方の経験だけの書き込みでアドバイスにはなっていないかもしれませんが、参考までに・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス有難うございました。

最近お父様が大腸がんを手術されたとのこと、ご心配ですね。
menipee様のお父様が手術された病院でもがんのステージの説明はされていないのですね。

やはり、病院によって医師の説明や、もしかしたらガンはガンでも部位によって検査項目が少なかったりということがあるのかもしれませんね。

何はともあれ、まず知識をつけ、そこから疑問点などが沸いてくるものだと思うので、しっかりその際には医師に質問することが大切だなぁ。と思いました。

的を得ない質問だったにもかかわらず、アドバイスくださり有難うございました。

お父様お大事になさってくださいね。^^

お礼日時:2008/01/18 10:59

親をガンで亡くしたものです。



>疑問に感じたのは、ステージいくつなのかも言われていなかった。
>(患者が聞かなければ教えてくれないのでしょうか?)
質問者様サイドからは、聞かなかったのでしょうか?
またご質問者と患者の方の間柄が「義兄」では個人情報保護をはじめ、様々な理由で、教えてくれないでしょうね。やはり患者ご本人か、直接のご家族で無いと、詳細な情報は教えてはくれはくれないはずです。

話の全体は、なんだか「ぼやけている印象」で、よくわかりません。

ただ、「抗がん剤」は、患者が元気なら、「投与するかしないか」は医者が決めることです。患者が末期で著しく消耗しており、「患者の命の尊厳」のために、投与するかしないかは、聞いてくるかもしれませんが…。
これを患者に聞いてくる事が最大の不審な点です。あと、飲み薬の抗がん剤で効果のあるものは限られるそうです。

とりあえず、カルテ開示を要求し、セカンドオピニオンを頼ってみるのが一番だと思います。ステージ2といっても、状況も対処もは色々です。ただ、質問者様が直接それを要求するのは、患者との関係が「義兄」程度である以上、不可能だと思います。

この回答への補足

私の説明不足だったようで分かりにくくすみません。
今回お尋ねしたことは、直接私が病院に行って聞いたわけではなく姉と義兄本人から聞いたことで疑問に思ったことがいくつかあったので、心配になり投稿したものでした。

嫁の姉も、義兄も大腸がんについての知識など何も無く(私もです)
唯一PCを持っている私が、分かる範囲で調べてガンにはステージがあることや、大腸がんでも結腸癌と直腸がんがあるとか、その程度しか調べることができず、姉にその二つの事柄を聞いてみると、医師からはそういう話は何もされていない。と・・
姉も医師から話を聞いたときには、そういう事項があることを知らず医師言うことのみを聞き、知識の無い二人は特に疑問を感じなかったようです。

退院後の診察時に、ステージのことや抗がん剤治療をするのか。医師からの説明が少ないようだから、こっちから色々疑問に感じたことは確認した方が良いよ。と姉に伝えておき、今回義兄が尋ねたところ質問時に記載したことを言われたそうです。

悪いところを取る手術のはずなのに、手術でお腹を掻き回したから悪いところも飛び散っているかもしれないから抗がん剤・・という話を、
診察後報告の姉の電話で聞き、そんなことあるの?と心配になり
質問した次第でした。

もし、心配ならセカンドオピニオンもるということを姉に伝えておきました。

PCがなくて調べられなくても、本屋さんに行けば大腸がん関連の
本も色々あるでしょうから、患者本人もある程度知識をつけたほうがいいと思うので購入を勧めてみようかと思っています。

ご回答ありがとうございました。

補足日時:2008/01/18 10:17
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸がんについて

男30歳です。大腸がんについてアドバイスをお願いします。
私は食事の後すぐに下痢っぽい便をすることが多いです(ここ最近、という訳ではなく若い頃からそうでした。昔も今も便の調子は良い時、悪い時があります)。便秘は全くありません。というよりかなり便の回数は多く、一日平均3回はします。体調にも問題はありません。
ただ20~30代で発症されている方々が意外にも多い事、初期段階だと痛みなどの自覚症状がない事、私自身刺激の強い食品や飲酒などが好きな事など、「もしかすると自分も・・・」という不安があります。
考え出すと、調子の悪い便の後にかすかに腹部に痛みを感じるなど些細なことでも気になってきました。
このような状態で大腸がんは疑ったほうがいいでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

医療関係者では有りませんが
大腸がんは
初期ですと潜血便を検査しないと判らない時も有ります
私の友人も、健康診断の潜血便検査で判り、大腸内視鏡で、手術をしました
彼は40代ですが
ポリープ状のガンの場合には血便も出やすく、判りやすいのですが
扁平上皮がんなどは、潜血便検査で見つかる事が多くなっています
初期でしたら、大腸内視鏡で、手術も終わる事も有ります
まずは心配でしたら、大腸検査のできる病院で、相談してください
この文章だけでは過敏性腸症候群か、ガンか判断できないと思います

Q父が大腸がんで腹腔鏡手術しました。術後ですが・・・。

 今年7月下旬に大腸の一部摘出をしました。(66歳です)早期だった為「転移もないし、ラッキーでしたね。」とお医者様には言われました。元々、胆石がありましたので、ついでに胆のうも摘出しました。月に1度主治医の所に通っています。食事についても「避けた方が良い食材」はあまりとらないようにしたりと、主治医のアドバイスを受けつつ日々を送っております。
 ところが、10月中旬・11月中旬・12月初旬と昨日、激しい痛みに襲われました。特に昨日は約30分間位、激痛だったそうで、布団の端を噛んで堪えたそうです。こうして我慢していたら、ピタッと痛みが治まり何事もなかったようにケロリとなるそうです。術後数週間は、便秘気味だったりした時もあったそうですが、その時期を越えて以来は、とてもナイスな「バナナ」で色などの具合もいい感じ・・・だそうです。(汚くてすみません)
 もちろん、10月の時(最初の激痛の時)、主治医に症状を申し上げました。「大腸を一部切除(10cm位)してあるので、腸閉塞の可能性があります。でも、毎月の検査では特に問題はありませんので、痛くなったら救急車を呼んででも、すぐに来てください。それ以外に、日常やれる事はありません。」との事です。痛み止めも、もらってません。
その激痛は、突然やってくるようです。
 一応、セカンドオピニオンとして近所のお医者様にも相談しましたら「その主治医の通りです」との事。家族としてなんとなく納得行きません。何かやった方がいい事とかあるのではないか?と思いますが、如何なものでしょうか?
 あと、同じような経験をした方がいらっしゃいましたら、アドバイスを頂きたく存じます。
 それと、「手術は外科医」という事で、今の主治医は「外科」の先生です。「胃腸科」とか「内科」の先生でなくて・・・。
 胃腸科・内科の専門医のところにも、行かせた方が良いでしょうか?

年明け早々に対処したいと存じます。どうかよろしくお願い致します。

 今年7月下旬に大腸の一部摘出をしました。(66歳です)早期だった為「転移もないし、ラッキーでしたね。」とお医者様には言われました。元々、胆石がありましたので、ついでに胆のうも摘出しました。月に1度主治医の所に通っています。食事についても「避けた方が良い食材」はあまりとらないようにしたりと、主治医のアドバイスを受けつつ日々を送っております。
 ところが、10月中旬・11月中旬・12月初旬と昨日、激しい痛みに襲われました。特に昨日は約30分間位、激痛だったそうで、布団の端を...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医です。
主治医のいう事も近所の医師の言う事も間違ってはいないと思います。

ご家庭で気を付けるとしたら、一度にたくさんは食べないようにする。暴飲暴食を避けるといった事ですね。また、手術により多かれ少なかれ癒着を生じます。便秘が契機になって腸閉塞を起こす事もありますので、便秘にならないようにするのも大切ですね。便を柔らかくする薬などで予防するのも一つの方法かとは思いますが、主治医とよく相談下さい。

また、繰り返すようで癒着が原因であれば、癒着解除の手術というのも選択肢にあがって来ると思います。そうすると、今の外科の先生に診て頂くのがよいかと思います。主治医は痛みが出た時はきちんと診ると明言されているわけですから、責任感のある医師だと思いますよ。

Q母が大腸がんです・・

母が大腸がんにて入院しています。当初はステージ2くらいで転移もない、ということでしたが、その後肝臓も怪しくなったらしくCTなどの検査を行いました。結果は不明で疑わしい・・ということで、大腸がんの切除手術中時に直に生検してがんと判明すれば、その部分を胆のうごと切り取る、という説明でした。既に3センチほどの大腸ポリープも7つほど内視鏡切除を受け、今回は取りきれなかった残りのポリープとがんとで50センチ近く大腸を切るそうです。

私が思うに、転移までしているとなったらこれはもう末期がん(5年後生存率25%)。案外早くにわかっていたが、家族や本人への配慮からストレートな伝え方をせずにこういう形を(たまたまその場でわかったので対処しました、みたいな)することがあると聞きました。本当なのでしょうか。また、末期がんとまでなっても今だに全く何の自覚症状もない状態で、ひょっとしたらそんなに心配することもないのかも・・と一縷の望みを抱いたりしていますが、人それぞれとは言うものの、客観的にはどう考えるべきなのでしょうか。また、それまでの精緻な検査に比べてこういう手術の対処というのは何だかずさんな印象で、知らされていることが本当に事実の全部なのか、邪推してしまいます。経験者の方、いかがですか?
ご意見をよろしくお願いいたします。
ちなみにがんとわかったのが今年の4月、入院開始は6月4日、手術は6月29日です。

母が大腸がんにて入院しています。当初はステージ2くらいで転移もない、ということでしたが、その後肝臓も怪しくなったらしくCTなどの検査を行いました。結果は不明で疑わしい・・ということで、大腸がんの切除手術中時に直に生検してがんと判明すれば、その部分を胆のうごと切り取る、という説明でした。既に3センチほどの大腸ポリープも7つほど内視鏡切除を受け、今回は取りきれなかった残りのポリープとがんとで50センチ近く大腸を切るそうです。

私が思うに、転移までしているとなったらこれはもう末...続きを読む

Aベストアンサー

再びこんにちは。

>便を2日分採って行う大腸がん検査

人のヘモグロビンだけを検査する便検査です。
昔は肉を食べると血液反応がでるからダメなどあったんですが、今は人の血液だけに反応するようになっているのでそれにひっかかったのは幸いでしたね。

>何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

残念ながら、そういう場合もあります。
例えば肝臓などは「肝臓の組織を一部とって検査しますね。」
などといって「肝生検」というものをしたりします。
今回も疑わしかったらそうするでしょうが、幸か不幸か
直接肝臓を見ることができるのでそれも考慮に入っているのではないでしょうか?

MRIではどの部位にどんな大きさのものがあるか分かります。
悪性と良性では形が違うのでわかりやすいのもあるのですが
全く見分けがつかない物もあります。

それで薬を使った造影検査で詳しく見ていきます。
おそらくMRIはおなかの物で肝臓などを詳しく診られたのではないでしょうか?

診て居ないので差し障りのないようなことしか言えないことを申し訳なく思います。

再びこんにちは。

>便を2日分採って行う大腸がん検査

人のヘモグロビンだけを検査する便検査です。
昔は肉を食べると血液反応がでるからダメなどあったんですが、今は人の血液だけに反応するようになっているのでそれにひっかかったのは幸いでしたね。

>何度も色々な検査をしても結局開いてみないと「がんである」と特定できない場合もあるのでしょうか。血液検査に始まり、MRIやら造影検査など3回もしたのですが。

残念ながら、そういう場合もあります。
例えば肝臓などは「肝臓の組織を一部と...続きを読む

Q大腸が悪くてはり治療に行ったら肺が悪いと言われた

こんにちは、悩みというより質問です!
わたしは20代の女性ですが、
大腸に持病を持っているために病院でもらったくすりをずっと飲んできましたが、
全然効かないどころか、日に日にひどくなる一方でした。
そんな中同じように大腸に病気を持った知り合いの方とお話をしたら、
入院するほどひどかったのに最近は元気になって、
それがくすりの服用をやめ、はり治療に通うようになったからだとおっしゃっていて、
そのはり治療の診療所を紹介して頂きました。

早速昨日初めて行ってみたのですが、
先生はわたしの話を聞いた後脈やおなかを見ながらはり治療をして、
「あなたは肺が1番悪い、肺がしっかり動いてないよ」と言われました。
先生が言うには肺が悪いから大腸も悪いというのです。
確かに肺は遺伝的に強くなく子供の頃から喘息です。
その肺と大腸にどんな関係があるのかわからず、ビックリしました。
「こんなコトは普通の病院では言わないだろう」と言ってましたが、
はり治療の中では肺と大腸に因果関係?があるようなのです。
どんな関係なのかすごく知りたいし、
そういう話に詳しい専門の方のお話やサイトなどがあれば教えて頂きたいです。
お願いします!

こんにちは、悩みというより質問です!
わたしは20代の女性ですが、
大腸に持病を持っているために病院でもらったくすりをずっと飲んできましたが、
全然効かないどころか、日に日にひどくなる一方でした。
そんな中同じように大腸に病気を持った知り合いの方とお話をしたら、
入院するほどひどかったのに最近は元気になって、
それがくすりの服用をやめ、はり治療に通うようになったからだとおっしゃっていて、
そのはり治療の診療所を紹介して頂きました。

早速昨日初めて行ってみたのですが、
先生...続きを読む

Aベストアンサー

鍼灸や漢方などの中国医学では、陰陽五行説により、医学の理論を作っています。ちょうど、現代人が、ニュートン力学大系のなかで理論を構築しているようにです。
この陰陽五行説に対応する臓器、つまり肝・心・脾・肺・腎は、現代医学における臓器とは関係ないのですが、ざっくりいうと、肝臓や自律神経・心臓や精神・肺や消化器・胃腸や消化器・腎臓などの泌尿器や内分泌と対応しています。
したがって、大腸と肺の経絡(経絡)に関係する病気であれば、その両方(中国医学では、ひとつのものです)に関係するので、その治療は、全身に及ぶことが多いのです。
ただ、現代人のわれわれは、陰陽五行説を基礎にした理論構築の仕方を学ばないので、私のように、東洋の占いなどをやっているものだと、比較的なじみやすいのに対して、一般の人だと、その本当の意味を理解するのはなかなか難しいことです。

参考URL:http://www.ibukimoxa.jp/501_1.html,http://www2u.biglobe.ne.jp/~keiraku/keiraku/shokai.htm

Q大腸がん検診を受けるのですが、前処置がかなり苦痛と聞いてとても心配です。24歳女性です。この度、大腸

大腸がん検診を受けるのですが、前処置がかなり苦痛と聞いてとても心配です。24歳女性です。この度、大腸がん検診を受けることになったのですが、大腸がん検診自体はそれほど苦痛ではないものの、前処置(下剤を2リットルほど飲む)がとても辛く吐いてしまう方もいらっしゃるそうで、不安です。受けたことがある方はどうでしたでしょうか。また、大腸がん検診自体は痛みや気持ち悪さはありますか?それから、大腸がん検診のあと、麻酔の影響で眠ってしまうとのことですが、どのくらいで起きられますか?質問ばかりで申し訳ありません>_<差し支えのない範囲で教えて頂けたら幸いでございます。

Aベストアンサー

病院によっていろいろですが(私は二回受けましたが二カ所とも微妙に違っていました)
前々日に下剤一錠。これはほとんど影響はないくらいのものでした。
前日に検査食。これでした。
http://www.e-koseki.net/product.aspx?id=kai006
これ以外食べてはいけません。写真は業務用12個入りでの販売価格でしたが、3000円ほどしたかな。
あと、飲み物は水、炭酸水・・・要するに透明なもの以外は飲めません。

当日は朝から何も口にせず・・・水はOKです。(ポカリやアクエリがOKのところもあります)
200ccほどの下剤を10回ほど。10分~15分おきだったかな。合計で1800~2000cc飲むことになります。
これも比較的おいしく飲めた時と、めちゃまずかった時がありました。病院によって違います。
胃から腸の中を空っぽにするためのものなので、恐ろしいくらいでます(爆)
茶色からだんだん色が薄くなり、ほぼ無色になればOKです。
家にいる時はいつでもトイレにいけるので不安はありませんが、病院に向かうまでの間にお腹が痛くなったらどうしようと言う不安はあります。
もちろんおならをすることも恐ろしくてできません(笑)

私の場合、1回めは麻酔注射だけで検査しましたが、2回めは点滴も打ちながらボーッとした状態で受けました。
そんなに痛くはないですが、大腸の曲がり角を内視鏡が曲がるたびに腸壁に当たっている感覚はあります。
目の前にモニターがあって自分の大腸を見、説明を聞きながら行う場合もありますが、私は怖がりなのでずっと目をつむっていました(笑)
施術語数分ボーっとして眠る人もいますが、私は別室での休憩もなく帰りました。

 前日夜に食べてから、ほぼ20時間近く何も食べていない状態なので体重が1,2キロ減ります(笑)
まずは消化の良い物を食べてください。また、数日大便が出ないこともあります(当たり前の話ですね)
ただ、最初に受けたあとはうんちがなかなかでず(ようするにめちゃ水分が吸収されたりっぱな硬いうんちってこと)とても苦しい思いをしました。

病院によっていろいろですが(私は二回受けましたが二カ所とも微妙に違っていました)
前々日に下剤一錠。これはほとんど影響はないくらいのものでした。
前日に検査食。これでした。
http://www.e-koseki.net/product.aspx?id=kai006
これ以外食べてはいけません。写真は業務用12個入りでの販売価格でしたが、3000円ほどしたかな。
あと、飲み物は水、炭酸水・・・要するに透明なもの以外は飲めません。

当日は朝から何も口にせず・・・水はOKです。(ポカリやアクエリがOKのところもあります)
200ccほどの下剤...続きを読む

Q大腸がん治療

私は昨日大腸がんの告知を受けました。
卵巣にも転移の可能性があると医師から告げられました。卵巣は詳しい検査がしづらい箇所で開腹してみるまではっきり断言はできないということでした。
年齢は30歳になったばかりです。
年齢的に進行も早いのでとても不安です。
やはり国立がんセンターや癌研有明病院のような癌専門病院のような日本でも最先端の設備が整った病院での手術&術後管理がベストなんでしょうか。

Aベストアンサー

国立がんセンターや癌研の存在理由は最先端の研究を進めることで、日本のがん治療全体のレベルアップを狙うというものです。それゆえに「最先端の」研究的な治療も受けられます。10年先のがん患者のために、悪い言い方ですがモルモットになってもよいというのであれば是非こういう機関にかかっていただきたいと思います。
一方で、市中の病院、なかにはがん拠点病院などは確立された標準的な治療を受けることができます。定型的な治療が基本であり、この手の病院であれば、全国どこでも一定の成果が得られるものと思われます。が、医師の方針や病院のレベルなどに左右される部分も少なくないです。がんセンターなどよりは敷居が高くなく、のちのちの経過観察なども比較的かかりやすいように思います。

いずれが質問者さんにとって最良の医療なのかは分かりません。質問者さんにとっての良医がいるのかもわかりません。こればかりは探さなければ見つからないと思います。セカンドオピニオンも含めて、できるだけ早く探してください。

Q大腸がんについて

私の義姉の事なんですが、40歳になりましたので大腸がんの検査をしました。
血が混じっていたようで精密検査を受けるようにと紹介状が入っていました。
近くの胃腸科にいきまして、血液検査と腸の中をカメラで見る検査を行ったそうです。
腸の中の写真を見たそうですが、小さくて赤いもの(先は白かったそうす。にきびが化膿しているような感じだったそうです。)が
20~30個あったそうです。その場でとったので調べるそうです。
結果は年明けになるようです。その日は鮮血がでたようです。
自覚症状はおなかが痛い時もあったそうです。
便が細くなったり、下痢・便秘を繰り返す事はなかったと言ってます。
(関係ないと思いますが子宮筋腫を持っています。今は様子見だそうです)
義姉は非常に落ち込んでいまして、はっきりとは言わないのですが末期ではないかと疑っているみたいです。
もし、末期なら胃腸科で見てもらった時に、そのまま入院とか、家族が呼ばれるとか、何かありますよね。
教えてほしいのは、赤いものがポリープかがんかどちらの可能性が高いかです?これだけの情報では難しいと思いますが・・・。
統計的に40歳女性が、大腸がんになるのは何%ぐらいなのでしょうか?
あと、ポリープの場合、がんの場合とこれからの治療方法も知りたいです。
どのような手術方法や入院日数など・・・・。
宜しくお願いします。

私の義姉の事なんですが、40歳になりましたので大腸がんの検査をしました。
血が混じっていたようで精密検査を受けるようにと紹介状が入っていました。
近くの胃腸科にいきまして、血液検査と腸の中をカメラで見る検査を行ったそうです。
腸の中の写真を見たそうですが、小さくて赤いもの(先は白かったそうす。にきびが化膿しているような感じだったそうです。)が
20~30個あったそうです。その場でとったので調べるそうです。
結果は年明けになるようです。その日は鮮血がでたようです。
自覚症状...続きを読む

Aベストアンサー

「ガンか否か」をあれこれ推測するよりも細胞診の結果をお待ちになることです。一方、ガンであった場合にどう対処するか、情報を集め速やかに対処する方針を決めておくことは有効です。

下記URLの中で私が回答させて頂いたANo.1、ANo.3、ANo.4に参考頂けるものがあるかも知れません。

http://okwave.jp/qa2438471.html

その他、ガンの免疫療法に関して私が過去に回答させて頂いたものが多数あり、中には参考頂けるものがあるかも知れません(例えば、下記ANo.2)。

http://okwave.jp/qa2285689.html

大腸ガンに発展しやすいポリープに関しては先日のNHKの「ためしてガッテン 激増中!大腸がん緊急対策術」というものの下記URLに参考になる部分があるかと思います。再放送があるかも知れません。また「嘗ての日本人はアメリカ人と比較して大腸ガンはとても少なかったが、ハワイに移住した日系人はすぐにアメリカ人と同様な食生活になってしまう傾向にあり、大腸ガンの発生もアメリカ人並になってしまう」とはよく言われていることですね。従いまして、「食物繊維を多く摂取」し「動物性脂肪を減らす」ことが「大腸ガンに発展しやすいポリープ」を減らすためには有効なのかと推測します。納豆などの発酵食品を多く摂ったりして整腸に心がけることも大切と思います。「新ビオフェルミン」などの乳酸菌サプリなどは整腸にとって即効性があるかも知れません。結果、ポリープの発生を抑止するのかも知れません(単なる推測です)。

http://www3.nhk.or.jp/gatten/archive/2006q4/20061122.html

*私は異なるガンの経験者として「経験者」としています。

「ガンか否か」をあれこれ推測するよりも細胞診の結果をお待ちになることです。一方、ガンであった場合にどう対処するか、情報を集め速やかに対処する方針を決めておくことは有効です。

下記URLの中で私が回答させて頂いたANo.1、ANo.3、ANo.4に参考頂けるものがあるかも知れません。

http://okwave.jp/qa2438471.html

その他、ガンの免疫療法に関して私が過去に回答させて頂いたものが多数あり、中には参考頂けるものがあるかも知れません(例えば、下記ANo.2)。

http://okwave.jp/qa2285689.html
...続きを読む

Q大腸がんとか・・?

少し前から、食後特にお腹が張ってお腹の中がゴロゴロ音がします。(かなり音が大きい)そしてガスが充満している感じでお腹が張って苦しいです。その後数時間すると下痢になります。(その時にガスもかなり出ます)もともと便秘です。やはりなにか異常があるのでしょうか?医者にいくなら内科?胃腸科?色々調べたら大腸がんの症状にも似てて心配になってきました。とにかくお腹にガスが回ってるかんじです。

Aベストアンサー

こんばんは。看護学生やっています。
この前外科の実習で直腸がんの患者さんを受け持ちました。
sakana-kiraiさんは便に血が混じるようなことはないでしょうか?
大腸がんだと血便が出ることがあります。
受け持った方も排便後ティッシュに血がにじむと良く言われていました。

大腸がんの場合初期ではほとんど症状がなく、便潜血反応の検査が陽性になるだけのことが多いみたいです。
がんの場合部位によって症状は異なりますが、便秘と下痢を繰り返したり、腹部が張ることもあるようです。
今教科書でも調べてみたのですが、ガスのことについては書かれていませんでした。

私も以前ガスがどんどん溜まって腹部が張って、たくさんガスが出て困ったことがあります。その時は便秘なのですが、しばらくすると快便になることが多かったように思います。
でもそれは後でわかったのですが、ストレスによるもので、ストレスを受けていないときには何ともありませんでした。

sakana-kiraiさんの症状は何か病的なものかストレスによるものなのかはわかりませんが、気になるようでしたら、早めに受診されたほうが良いと思います。
受診するなら、消化器科のほうが良いと思います。レントゲンをとってもらって怪しげだったら大腸ファイバーなどもしてもらえると思いますよ!

早く症状が落ち着くといいですね☆

こんばんは。看護学生やっています。
この前外科の実習で直腸がんの患者さんを受け持ちました。
sakana-kiraiさんは便に血が混じるようなことはないでしょうか?
大腸がんだと血便が出ることがあります。
受け持った方も排便後ティッシュに血がにじむと良く言われていました。

大腸がんの場合初期ではほとんど症状がなく、便潜血反応の検査が陽性になるだけのことが多いみたいです。
がんの場合部位によって症状は異なりますが、便秘と下痢を繰り返したり、腹部が張ることもあるようです。
今教科書でも...続きを読む

Q大腸がん検診の信ぴょう性

 45歳の男性ですが、がん検診のことで教えていただきたいと思います。というのも、毎年大腸がん検診の一環として便の潜血検査を受けており、今のところ出血はしていないようですが、大腸がんができていると必ず腸内で出血するものでしょうか。つまり「大腸がん=出血」という図式ができており、便に血が混入してなければ大腸がんもないという診断になりますが、潜血検査でマイナスでも大腸がんが実はできていたなどという事例はないのでしょうか。肺がんや胃がんの検査はレントゲン画像で確認できるので診断に間違いはないと思いますが、大腸癌だけは便に血が混じっているかどうかだけで診断されるので、前から疑問に思っていました。
 私自身の母親が大腸がんを患っており、また父親もがんで亡くしているので、もしがんが一定の割合で遺伝するものなら私自身も危険因子を持っていることになるので、心配になります。私自身胃腸が弱く、半年くらい前から便秘と下痢を繰り返している状態なのでなおさらです。
 大腸の内視鏡検査を毎年受ければいいのでしょうが、お金も時間もかかるので、なかなかふんぎりがつきません。便潜血検査がマイナスならほぼ100%安心していいのか、70%くらいの信ぴょう性しかないのか、その辺を教えてください。よろしくお願いします。

 45歳の男性ですが、がん検診のことで教えていただきたいと思います。というのも、毎年大腸がん検診の一環として便の潜血検査を受けており、今のところ出血はしていないようですが、大腸がんができていると必ず腸内で出血するものでしょうか。つまり「大腸がん=出血」という図式ができており、便に血が混入してなければ大腸がんもないという診断になりますが、潜血検査でマイナスでも大腸がんが実はできていたなどという事例はないのでしょうか。肺がんや胃がんの検査はレントゲン画像で確認できるので診断に...続きを読む

Aベストアンサー

消化器内科医です。
便潜血陰性なら大腸癌がないか? という質問には
「残念ながらそういえません」が答えになります。
便潜血の検査はそれでは無意味か? という質問には
「便潜血陰性ならある確率は低いので無意味ではありません。」となります。
胃と違って片っ端から調べるのは大腸は難しいので、ハイリスクの人を重点的に調べようということです。

ちなみに便潜血陽性で癌が見つかる確率は1~3%くらいです。40歳台なら1%代でしょう。
逆に癌があっても便潜血陰性の方も少なくないのです。進行癌でも10~30%は
陰性だろうといわれていますが、ある高名な先生は40%以上と講演で話され
ていました。その先生は便潜血なんか無意味、スクリーニングで内視鏡で早
期発見をという主張の先生です。
便潜血の問題点はほかにもあって、感度をあまりに上げてしまうと検査をうけ
た人の4割以上陽性など言う検査キットも存在しています。感度を上げると見落とし
は防げますが、今度は精密検査に回る人が多すぎるのは問題です。

Q大腸がんによる下痢について教えてください

76歳の父のことで相談です。もともとは排便は規則正しい方だったのですが、今年に入って便秘がちになりました。歳のせいかと言っているうちにまた規則正しい排便に戻りました。

しかし、先月ごろから突然に下痢(粘膜混じりなので大腸性っぽい)をするようになりました。不思議なのが、とてもよい便をした次の排便時に急に下痢になり、また翌日にはよい便に戻るのです。

お医者様は大腸がんの可能性も疑って、一度内視鏡検査をしてみようと勧めてくださるのですが、本人が納得しません。その一番の理由が、「ずっと下痢が続くのならそれもありうるが、すぐに治るのだから」というものです。

そこで質問なのですが、大腸がんの下痢でこういうケースはあるのでしょうか。とにかく検査を受けてもらいたいので、父の説得材料にしたいと思います。なお、まるで私が父の便を見ている(介護?)ような書き方になっていますが、すべては父や母から聞いた話で、本人はいたって元気で週三回のグランドゴルフを楽しみにしております。

Aベストアンサー

大腸がん経験者です
お父さんの体や症状が他に異常なところはありますか?
たとえば、
1、急に痩せてきた
2、便が腸を通る時違和感がある
3、微熱が続き体が重い
4、貧血気味だ(それまでは普通であってです)
5、便がお腹にたまって出ようとしているのは判るのだが、うまく出ない出ても水溶便だけ
(ところで便秘の時何か薬を飲まれましたか?この薬によってはリズムを狂わせてしまうこともあると思います。)
以上私が経験した経過です。数字が大きいほど重度だと思ってください。この中の一つでも当てはまるものがあるのでしたら内視鏡なりバリュウムなりを飲んで(大腸のときはお尻から入れるんでしたよね)検査されることをお勧めします。大事になる前の小事だと思って受けるように進めてみては?ポリープが小さいうちなら内視鏡で取れますよ。後、大腸の炎症でもそういうことがあったと思うので本当に検査はお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング