職場の健康診断の心電図検査で、たまに「軽度ST下降」という結果がでます。「経過観察」と書かれているだけで具体的に受診の指示がないので、たいしたことはないんだと認識して放っていますが、どういうことか教えていただけますか。また、注意しなければならないことはあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ST降下と言ってもいろんなパターンがあってそれぞれに意味があります。


仮に145656さんがジギタリスを内服しているのであればSTは「盆状降下」という形を取り、異常な所見ではありません。他には高血圧なのでしたら全身に血液を送り出す働きをする左心室に負荷がかかっていることも考えられますし、軽度の虚血性変化(心臓の冠動脈の一部が細くなって心筋の一部が酸欠状態になっている)なども考えられます。

仮に軽度の虚血性変化があるとするならば、それは狭心症に発展する可能性が少なからず存在します。「経過観察」でよく受診の指示も出ていないということなのでそこまで気にすることはないと思いますが、もし愛煙家でいらっしゃるようでしたらこれを機会に禁煙されることをお勧めします。

とりあえず、一概にST低下と言っても実際の波形を見てみないことには診断しようがないので、一般的に考えられることを回答させていただきました。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。
私はジギタリスというのも服用しておりませんし、高血圧でもありません(低血圧です)。タバコも吸いません。
虚血性変化というのを教えていただいて、これが一番私にはありうるのかなと思い、大いに勉強になりました。

お礼日時:2008/01/19 00:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心電図:不完全右脚ブロックについて

20代男ですが先日、身体検査の心電図で「不完全右脚ブロック」という診断をされました。
同時に胸部X線検査で身長が高いために心臓が縦ぎみに位置しているため、このような波形をすることがあり、問題ないといわれましたが、それ以上聞くことが出来ませんでした。
そこで質問です。
1身長が高いために、不完全右脚ブロックになる可能性はあるのでしょうか?
2治療法はありますか?
以上2質問です。複数で申し訳ありません。
御回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

パイロット試験ですか・・・

不完全右脚ブロックが適合で完全だと不適合というのは
初めて聞きました。正直そこを区別する医学的な理由が
あるんでしょうか。疑問に感じます。

完全と不完全の違いは心電図の中でQRSという部分の幅が
0.12秒以上かどうかで判断しますが、微妙な場合もあります。
微妙な場合は医者によって同じ心電図でも所見が分かれる
かもしれません。そのくらいの違いしかないのです。

右脚ブロックは病的な意味がないことがほとんどなので、
詳しく研究してる人もいないでしょうし、治療する意味もないので
対処法などは正直わかりません。

が、一生を左右するものですし、一大事ですね。

ここからはあくまで私の個人的な意見ですが、

血液中の電解質濃度の異常で心電図が変化することがあります。
特にカリウムやカルシウムなどの異常があれば心電図変化が出る
場合があります。腎臓などが正常な人はほとんど問題にならない
かと思いますが、バランスのよい食事に気をつけることは
意味があるかもしれません。
あとは利尿作用のある健康食品などを飲んでる場合は
電解質の異常が出る場合もありますので注意したほうが
いいと思います。

思いつくとしたらそのくらいでしょうか。
参考URLに似たような相談がのってましたので
ご覧になってください。

試験合格できるといいですね。がんばってください。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~hospital/qa3/qa0216.html

パイロット試験ですか・・・

不完全右脚ブロックが適合で完全だと不適合というのは
初めて聞きました。正直そこを区別する医学的な理由が
あるんでしょうか。疑問に感じます。

完全と不完全の違いは心電図の中でQRSという部分の幅が
0.12秒以上かどうかで判断しますが、微妙な場合もあります。
微妙な場合は医者によって同じ心電図でも所見が分かれる
かもしれません。そのくらいの違いしかないのです。

右脚ブロックは病的な意味がないことがほとんどなので、
詳しく研究してる人もいないでしょう...続きを読む

Q5月の中旬に健康診断の結果が届き、血液検査結果でASTだけが146と異

5月の中旬に健康診断の結果が届き、血液検査結果でASTだけが146と異常値、要治療とのことで、今月の初めに再検査に行きました。医師の方に「他の数値が上がっていなくてASTだけ高値なので、心配ないと思いますよ」と言われました。再検査の結果、数値は下がっていましたがやはり高値の106でした。
やはり内のことなので腹部エコーを来週撮ることになったのですが、もし何か悪いところがあれば、自然に数値が下がることはあるんでしょうか?
お酒はたまにしか飲みませんし、検査前に飲酒、激しい運動や薬も飲んでません。今まで血液検査を受けたこともなく不安です…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ASTが146>106と言うことですがそのくらいでしたら気にしないでいいかと思います。心筋梗塞でしたら今頃死んでいます。ALTはどうなのでしょうか?正常でしょうか?脂肪肝なども考えれますが特に膵臓がんや肝臓がんその他まずい場合は500などの値を打ちます。146は確かに再検査したくなる値です。しかし106と大きく下がったところをみると一過性の値と言えるかと思います。お酒はあまり関係ないと思いますが脂肪肝などのカロリーの取りすぎには注意が必要です。C、Bの肝炎の検査はしましたでしょうか?そちらなども一応確認した方がいいかと思います。医者はこの辺の値は日々恐ろしいほど見ております。検査値とお顔(黄色なっていないか等)、その他の雰囲気などので心配ないと思います。と言っているので問題はないと思います。来週血液検査もするとお思いますのでその時に判断してください。病院を変えることはないと思います。まともな受け答えです。

Q完全右脚ブロック

学校の心電図で初めて引っかかり、完全右脚ブロックであると診断されました。日常生活に問題はないと言われましたが、「心臓病」や「心疾患」の1つなのでしょうか?何か気を付けた方がいいのでしょうか?
完全右脚ブロックについて教えてください。

Aベストアンサー

心臓は心筋という筋肉の塊でできた血液のポンプです。4つの部屋からできています。順序よく血液を流すよう心臓を動かす命令を伝える電線のようなものが上から真ん中へ(心房と心室の境目)そこから左右へ(左右の心室へ)と。右脚は右心室、つまり使用済みの血を新しい酸素をうけるため肺へ送る部分の電線、それが最短距離より少し遠回りしているのがブロック。最短距離の道じゃなくても全体の血の流れに渋滞などの影響がない道を選んでれば良いわけ。普通の胸部レントゲンで心臓特別大きい時などは要精査といわれるでしょう。体へ送り出す左と違って右の伝導路はほとんど生命、生活への影響は気にしなくて大丈夫。心筋や弁などの構造の異常である心臓病と区別して伝導路異常といったりします。年に一回の学校や職場検診で十分です。私は今は育児休業してますが一応医者です。

Q健康診断の心電図結果にて

心電図の結果が要精密となりました。
所見にPUVTと書かれているのですが、何を意味するのでしょうか。
心臓なのでとても心配です。

Aベストアンサー

PSVTではないかな。発作性上室性不整脈。簡単に言えば突発的な頻脈(頻拍)のこと。経験者です。
発作が起きたときに、1分間にどのくらいの心拍か数えてみる。どういうタイプかわかりませんが。ちなみにドキンドキンの脈拍が3拍で1拍抜けていた。打っていないのではなく弱い。だから、脈が飛んでいるといわれるゆえん。

最近そういう人が増えています。心配の要らないものです。あとは、貴方のメンタルケア次第ですね。もうひとりの自分に翻弄されないように。メンタルケアのできない人は治りも遅いです。早く治るかどうかは、これも貴方次第ってこと。ある種の強迫神経症ともいえる。もちろん、ほかの病気も隠れている場合もありますので検査しておくことが先決ですが。

Q右脚ブロックについて

先日、病院の心電図の検査を受けたときに、
あなたは右脚ブロックを持っているので
心電図が読み取り不可能と説明されました。
本当に読み取りが出来ないものなのか、
どなたか医学に詳しい方がおりましたら
教えてください。

Aベストアンサー

ki-tyanさんは説明が納得行かず主治医の先生に不信感が芽生えてしまったのでしょうか?そうだとすると残念です。
さて心臓の興奮は通常刺激伝導系といわれる洞房結節ー結節間伝導路ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚(左脚前枝、後枝)ープルキンエ繊維という経路を通じて伝播していくのですが右脚に伝導障害があってブロックされると心室の興奮が左脚、右脚同時に始まらず左脚から左心室に広まり心室中隔を経てから右心室に伝わる形となります。従って回り道したぶん心室全体が興奮を終了するのによけいな時間がかかるわけです。心室の興奮はQRS波によって表されるため結果としてQRSの延長した右脚ブロックの波形が記録されることになります。
右脚ブロックではV1誘導でQRSが上向きになる(普通は下向き)ためこの部分のQRSの深さが判断の指標となっている右室肥大などの判定は不可能となります。
またAVRやV1、V2誘導あたりのSTの低下やT波の逆転(狭心症や心筋梗塞などで現れやすい)なども伴いやすいので狭心症や心筋梗塞の判定をしたい時には正しい判定が下せない場合があります。
従って「読み取り不可」というよりは「心臓に異常があっても心電図では必ずしも判定できない場合がありますよ」という意味でおっしゃったのだと思います。つまり右脚ブロックの変化にマスクされてしまって判定できない異常もあるので心電図だけでは自信をもって大丈夫と言えないと言う事です。もちろん何回か心電図をとっていればその変化からより正しい判定を下しやすくなりますので定期的にフォローする事は意味があると思います。
原因としては心筋虚血や先天性心疾患などの機質的な場合もありますが全く正常な心臓でも右脚ブロックの人はいます。始めて見つかったのなら機質的疾患の有無について原因を精査する必要があるでしょう。
少し説明が専門的になりすぎましたことは御容赦下さい。
疑問点の解消の一助になれば幸いです。
御自愛下さい。

ki-tyanさんは説明が納得行かず主治医の先生に不信感が芽生えてしまったのでしょうか?そうだとすると残念です。
さて心臓の興奮は通常刺激伝導系といわれる洞房結節ー結節間伝導路ー房室結節ーヒス束ー右脚と左脚(左脚前枝、後枝)ープルキンエ繊維という経路を通じて伝播していくのですが右脚に伝導障害があってブロックされると心室の興奮が左脚、右脚同時に始まらず左脚から左心室に広まり心室中隔を経てから右心室に伝わる形となります。従って回り道したぶん心室全体が興奮を終了するのによけいな時間がか...続きを読む

Q健康診断結果で精密検査

27歳女性です。
先日受けた健康診断で、
胸部X線で右下肺野腫瘤陰影で精密検査、
乳房超音波で低エコー領域(右)で精密検査とでました。
約2年前に健康診断を受けたときには問題ありませんでした。
今回のこの2つの位置がどちらも右で、肺と乳房と近い場所なので、別々のものなのか、それとも同じものを指してるのか、その場合肺と乳房どちらにできているか
気になってしょうがありません、、、。
また、これは癌の可能性が高いのでしょうか、、、。

また、持病で漏斗胸を患っており、ちょうど1年前あたりにバーを抜いて終了するために、胸部あたりを手術しているのでそれが関係しているのかなぁとも思ったり、、、、。健康診断で先生に漏斗胸?と聞かれたので、はい。と伝えています。
どなたかご存知のかたいましたら
教えて頂きたいです。
宜しくお願い致します。

ご返答お願いします。

Aベストアンサー

乳房の腫瘍が体表から見えるくらい大きくないと、胸部レントゲンに乳房の異常がでる事はありません。胸部CTだと乳房の異常も指摘でき、乳癌を見つけた事もありますが。

Q不完全右脚ブロックと左脚前枝ブロック

20歳男です。
健康診断の心電図の項目で次のような診断を受けました。

不完全右脚ブロック
左脚前枝ブロック

上記の診断を受けた際、医師に日常生活にはまったく支障はなく問題無いと言われました。
下記の3つの疑問を質問させてください。

・半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
・他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?
・この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?

どなたかご存知の方は教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多いものではありません。
今回は不完全右脚ブロックとのことですから完全右脚ブロックとはいささか性格が異なります(一枝ブロック)ので先々の三枝ブロック~ペースメーカーまでの恐れを考慮するまでも無いと思われます。
二枝ブロックでも意識消失などの症状がなければ一応考慮する程度です。こうした二枝ブロックへ移行していないことを確認する意味で数年に1回程度の心電図検査は推奨します。

>この2つのブロックはブルガダ型心電図と関連性はありますか?
ブルガダ型心電図は右脚ブロックの中でも特徴的な波型形のものですから単に右脚ブロックとの言葉だけでは関連性はわかりません。

>仮にブルガダ型心電図だとした場合、診断書にブルガダ症候群と記されますか?
波型だけではブルガダ症候群とは言えません。心室細動やそれに移行する可能性が高い不整脈発作がある場合です。
意識消失発作があり、他の原因が無い場合でブルガダ型心電図であればブルガダ症候群の疑いと記されることがあります。

参考URL:http://www.uma.or.jp/popular_disease/bbb.html#

>半年又は一年に一度、心電図の検査を受けた方がいいのでしょうか?
>他もブロックになり、ペースメーカーを使用する可能性は少なからずあるのでしょうか?

ペースメーカーの適応となるのは完全房室ブロックに近い状態となる場合です。今回の脚ブロックとの関連としては完全右脚ブロック+左脚前枝+左脚後枝ブロックの三枝ブロックとなれば完全房室ブロックとなりえます。その前の二枝ブロックとして完全右脚ブロック+左脚前枝ブロックの組み合わせから三枝ブロックに移行することが時々ありますがそれほど多い...続きを読む

Q先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。 結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く1

先日会社の健康診断のオプションで癌の血液検査をしました。
結果、腫瘍マーカーCEA-Sの数値が高く18.3もありました。
病院へ行き2日間の検便検査をしたところ血便はなかったので大丈夫とのこと。
次に胃カメラをしました。
胃潰瘍が見つかったものの腫瘍は ありませんでした。
やはり 次は大腸内視鏡ですか?
初めてのことで怖くて怖くて…。
どちら様かお答え願います。
49歳主婦です。

Aベストアンサー

便潜血検査で陰性ですから、大腸内視鏡の可能性はあるが不要な検査かも。

数値が高値の時は、症状にあわせてほかの血液検査やX線造影、超音波、CTなど消化器系を中心に、肺や婦人科などの精密検査も必要になります。
また、がんは進行性であり、高値ががんによる場合は上昇傾向を示すため、1~2ヵ月後に再検査を行います。これで変動がなければ、高値でも心配ないことがあります。

腫瘍マーカーとは
癌細胞または癌に対するからだの反応によって作られ、血液や尿、組織などで増加している物質のことです。しかし、癌細胞だけでなく、正常細胞でもつくられますので、健常な人の体内にもわずかに存在します。また、悪性腫瘍だけでなく、良性の疾患でも上昇することがあります。
このように、癌以外の原因で腫瘍マーカーが陽性になることを「偽陽性」といいます。

以上を参考になさって、主治医とよく相談してご自分で納得できる検査を受け
(納得できない検査であれば、何度でも説明を求め 言いなりにならないで)
原因を調べてもらいましょう。

Q右脚ブロック?

親戚の事でお聞きします
初めて心不全症状が出て入院しています
以前に右脚ブロックと聞いた事があるのですが
それは治療の必要はなく経過観察と言われていました。
今回の心不全での入院は右脚ブロックとは関係があるのでしょうか?
右脚ブロックと言うのは先天性の病気?なのでしょうか?
大人になってから右脚ブロックになったりする事もあるのでしょうか?

Aベストアンサー

循環器専門医です。
右脚ブロック(以下RBBB)は、心臓の中を流れる「収縮しなさい」という命令を伝える経路(刺激伝導系)の”みぎあし”で、その命令の伝導が低下している状態を指します。右脚があるからには左脚ブロックもあります。
正常な状態でも、もともと構造的に右脚は伝導が低下することがよくあり、病気でなくてもRBBBになることはしばしばございます。普段はRBBBがなくても神経の影響下に一時的にのみRBBBになっている人もいます。
要するに検診等でRBBBがあるからといってそれすなわちすべて病的ではありません(先天性心疾患に伴う場合もあれば、加齢性に心疾患が生じて出現することもありますが、私の印象では特に基礎の病気が問題ないほうが多いと思います)。
一方、左脚ブロックはそのほとんどに何らかの心臓の基礎疾患を有しているといわれています(ちなみに、この回答をお読みの方のなかで検診等で左脚ブロックを指摘されている方がおいでたら、必ず循環器専門医を受診されることを強くお勧めします)。
さて、ご質問の件に戻りますが、RBBBを指摘された際に重要なのは、その原因に何らかの基礎心疾患がないかということを検索すべきということです。今回の質問では、心不全が出現しているということで、冠動脈虚血や心筋症等何らかの基礎疾患が背景となって刺激伝導系に異常を生じている可能性を考えます。まず心不全の安定化を図りながら、種々の検査を行い基礎疾患をしっかり調べ、基礎疾患がわかればその治療をしてゆくことが重要です。主治医の先生に説明して頂いてはいかがでしょうか。親戚の方のご回復をお祈りします。

循環器専門医です。
右脚ブロック(以下RBBB)は、心臓の中を流れる「収縮しなさい」という命令を伝える経路(刺激伝導系)の”みぎあし”で、その命令の伝導が低下している状態を指します。右脚があるからには左脚ブロックもあります。
正常な状態でも、もともと構造的に右脚は伝導が低下することがよくあり、病気でなくてもRBBBになることはしばしばございます。普段はRBBBがなくても神経の影響下に一時的にのみRBBBになっている人もいます。
要するに検診等でRBBBがあるからといってそれすなわちすべて病的ではあ...続きを読む

Q胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要

胃ガン検診結果の「要観察」について。旦那が会社の健康診断で胃ガン検診(バリウム)して、その結果が「要観察」「定期的に検診を受けることをおすすめします。まずは12ヶ月後に医療機関にご相談下さい」と書いてあり ました。病院に問い合わせたところ、「詳細結果を聞きたければ病院へ」とのこと。実際「要観察、次回は12ヶ月後」と書いてあれば、検査結果を聞きに行かずに、一年後に検診に行く人が多い気もしますが。旦那に仕事の合間をぬって病院に結果を聞きに行かせるか、定期的に検診に行く感じにするか、皆さんの旦那さんならどうしますか?私は極度の心配症なので、異常なしじゃない限り、要観察だとすぐに病院行っちゃいますが(((^^;)旦那は面倒臭がりで、病院行ってきなーと言ったら、「一年後って書いてあるんだからいいじゃん」と言われそうですが。

Aベストアンサー

旦那さんが正解です

要観察の意味はポリープの芽がある

程度なのです

取り得る状態になるのに一年かかるということです

しかし放置はできない、との診断です

したがって

すぐに病院行っても何の意味もなさないのです


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング