プロが教えるわが家の防犯対策術!

英語の参考書の例文について教えてください。

Though they're always too busy for leisure activities during the week, my parents take time together on weekends to indulge in a round of golf or a movie.

質問は、文の最初に出てくるtheyは後で出てくるmy parentsを
意味していると思うのですが、なぜ最初が代名詞で後で具体的なmy parentsなのでしょうか?

最初にmy parents で、後でtheyのほうが自分にとってはわかりやすい
のですが、ネイティブはそういう言い方はしないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。



ご質問1:
<なぜ最初が代名詞で後で具体的なmy parentsなのでしょうか?>

最初の節が従属節だからです。

1.英語では、大切な情報は主節にあります。そのため、初めて出てくる主語となる名詞は、大事な情報として主節に置かれる傾向があるのです。

これは他の従属節を作る接続詞でも同様です。
例:
When、As、Ifなど、、、。

2.ご質問文は、従属節+主節になっており、Thoughは従属節を「~だけれども」と譲歩的にまとめる接続詞になります。従属節は主節を修飾する副詞の働きをするため、副詞節と呼ばれます。

3.この従属節+主節の働きは、日本語では複文にあたります。日本語の複文では、おっしゃるように、従属節の中で先に話題となる名詞が登場します。
例:
「うちの両親は週日は~で忙しいけれど、週末は一緒に…する」
これを英語にすると、ご質問文のように、my parentsは主節で初めて登場します。

4.一方英語には、代名詞を先に持ってくることで、「その人」についての話題がこれから始まるな、と心の準備をさせる効果があります。

このtheyは一種の「話題の喚起」となり、この後、このtheyが誰か明確になり、theyについての話が展開するな、という予測をさせることができるのです。

5.これは、thisなどの示形容詞などにもその働きがあり、指示代名詞を先にもってきて、指示する具体的内容を後に持ってくることで、話題の展開を予想させるのです。
例:
As this is the case,~
「これは周知の事実だが、~」

このthisは後の主節の「~」以降の内容を指しています。Thisを先に持ってくることで、その具体的な話が始まるな、「これ」って何だろう、という心の準備を聞き手にさせているのです。

6.以上のように、英語では「従属節より主節に重点があること」「代名詞に次の話題を予測させる効果があること」などから、代名詞を主節の普通名詞より先に持ってきても、ネイティブにはあまり違和感なく通じるのです。


以上ご参考までに。
    • good
    • 4

>ネイティブはそういう言い方はしないのでしょうか?



英語での書き方ということです。
これが自然なので、無理に自分の考えにあわせると
ネイティブから見て不自然な英語になってしまいます。
もちろん、意味は通りますが不自然ということです。
    • good
    • 0

このパターンは小説などの書き出しでたまに出てきますね。


この文はとても自然に感じますね。
接続詞や文の長さなどを考慮して臨機応変に使い分ければよいと思います。従属節は後に持ってくるケースが多いでしょう。また、相手に誤解を与える可能性がある状況では代名詞を後ろに持ってくる必要があるときもあります。つまり、表現方法は多様であるということです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q代名詞が固有名詞より先に来るのは問題ない?

以下、TOEICの問題集の中の一文なのですが、

Although she has been transferred to Mexico City, Ms. Baxter and her former colleagues at the New York branch remain in contact.

(訳)Baxterさんはメキシコシティーに転勤してしまいましたが、ニューヨーク支店の元同僚たちと今でも連絡を取り合っています。


先に出てきたsheが後にでてきたMs. Baxter ということですが、こういう順番は普通でしょうか?

私はてっきり、sheとBasterさんは別者だと思って読んでいました。
それだとちょっと内容が変だからでしょうか?
たとえば、文末に「with her」とかあると、(sheでもsheの元同僚でもない)Baxterさんと元同僚がsheと連絡を取ってるってなるんでしょうか?

Aベストアンサー

代名詞が先にあっても、それが従属節の中にあるなら、あとに来る主節の中の名詞をさすことができます。
たとえばこれを逆にして、

She and her former colleagues at the New York branch remain in contact, although Ms.Baxter has been transferred to Mexico City.

とすると、sheはMs.Baxterをさすことはできません。

もちろん、代名詞が文中にない別の人物をさすこともできますので、問題文のsheが何を指すのかはあいまいです。

Q従属節が頭にくる場合の主語

”Because”から始まる従属節が頭にくる場合、
主節と主語が同じなら
(1)従属節のほうの主語を代名詞に変えることは可能ですか?
(2)また主語を省略することはできますか?

Aベストアンサー

Because he did not attend, Tom could not graduate the high school.

の方が

Because Tom did not attend, he could not graduate the high school.

より文法的に正しいです。 代名詞でない主語は主説に持ってくるべきだからです。

Not attending (もしくは Having failed to attend), Tom could not graduate the high school .

の様な分詞構文も 構文上の問題はありません。 

Q;と:の訳し方

文中にでてくる;(セミコロン)と:(コロン)の正しい訳し方を教えてください。確か、;は「つまり」というような意味だったのでは、と思うのですが、自信がありません。

Aベストアンサー

実際に使いこなすのは難しいですね。コロンもセミ・コロンも前の文章を敷衍して説明するときに使われます。ある場合はほとんど同じ役目といってもいいでしょう。

コロン:1)直前の文章の理由をあげたり、説明を行う。この場合は「つまり、すなわち」などと訳してもいいでしょう。
2)次に引用文がくることを示す。この場合は例えば「A氏は次のように述べている」とか前の文章で工夫する必要があります。

セミ・コロン:作者の文体、気分でコンマやピリオドの代わりに使われる。
二つの節(clause)をセミ・コロンで繋ぐことにより、文章は続くが、前の文は
気持ちの上では終わり、後の文(節)は前の文を対比的に説明したり、理由を説明している。日本語訳では文章に応じてコンマかピリオドで処理すべきでしょう。

Q分詞構文で、コンマがある場合とない場合があるのは

どうしてかよくわかりません。参考書の中に、次の2つの例文が出ていました。
I walked around the town taking pictures. (コンマなし)
写真を撮りながら、私は町を散策した。

We sat up all night, talking on the phone. (コンマあり)
電話で話しながら、私たちは夜を明かした。

コンマがある場合とない場合で何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語はIのままですね。

I walked around the town taking pictures.

I walked around the town with my friend taking pictures.
上記例題2の分詞構文と同じでtaking picutureの主語はmy friendとなる。

I walked around the town with my friend who was taking picutres.
故に、カンマを省略してはいけないが、

I walked around the town taking picutures.
の場合は本来ならば、上記の解釈のようにtaking picturesの主語はtownになるべきである。しかし、町は写真など撮れないために, 主語はIでカンマが省略されているであろうと読み手が考えるだけ。

Michel SwanのPractical English Usage(Oxforrd大学)によれば分詞構文は2つのタイプがある。

1.We sat up all night, talking on the phone.
学校で習っている構文で、talkingの主語はIになる。

2. Who's a gril dancing with your brother? 
名詞の後修飾で意味はa girl who is dancingと同じ意味となる。

上記の2文を分詞構文の基本として、文中にmy friendと入れてみる。

I walked around the town, taking my pictures.

I walked around the town with my friend, taking my pictures.
takingの主語...続きを読む

Q固有名詞と代名詞の順序

「太郎はそんなことはできないと断ったそうだ。」

を、私が持っている翻訳ソフトにかけると結果は次のとおりです。

It is said that he refused such a thing when Taro could not do it.

この場合次のように翻訳されるべきではないでしょうか?
話す場合でもより具体的なイメージの湧くほうを最初に言うほうが相手にわかりやすいと思うのですが、実際の場合はどうなのでしょうか?

It is said that Taro refused such a thing when he could not do it.

Aベストアンサー

まだ翻訳ソフトは役立たない、ということです。
固有名詞/普通名詞が来て、それを代名詞で受けるのが順序です。
該当の翻訳ソフト出力では、頭をひねっても「(あなたと話し相手が知っている)彼は、Taroという別の人ができなかったことを断った」ということでしょう。

貴下の訳は、その点はよいのですが、「彼が実際にできなかったことをその後で断った」といった感じになります。

どうしてもIt is said構文を使うなら、
It is said that Taro refused to do such a thing.
でしょう。しかしIt is saidは固いですね。

No.1の方のほうがよいでしょう。ただし、a thing か things と思います。

Qbe of + 名詞について?

NHKラジオ英会話講座より
Did you enjoy the DVD I sent you last week?
It's of the family trip we took to the Bahamas last week.
・・・・、先月、バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。

(質問)「be of (抽象)名詞」についてお尋ねします。「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが、今ひとつ分りません。It's of the family trip./It's the family trip.の違いをもう一度教えて下さい。私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。例えば家族旅行の(楽しいいろいろなこと)など。家族旅行と断定するのでなく、柔らかな含みのある表現を感じるのですが・・。「be of+普通名詞」はofの前に「含み」があると考えてはいけませんか? 会話の中でごく自然に使えればいいんですが・・。何か参考になるお話でも聞かせていただければ、嬉しく思います。よろしくお願いいたします。以上

Aベストアンサー

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>

この部分は、すぐ前の英文と一緒に理解するとすぐ把握できると思います。

1.何かが隠れている、という発想は正しいです。ただ、「含み」というより、ここは単に代名詞thatが省略されているのです。

2.この文は正しくは
It's that of the family trip we took to the Bahamas last week.
となります。

3.Itは代名詞で、Itが指しているものは前出のthe DVD I sent you last week「先週私があなたに送ったDVD」になります。

4.thatも代名詞で、指しているのは前出の名詞the DVDになります。同じ名詞の反復を避けて使われる代名詞の用法です。
例:
The climate of Tokyo is milder than that of Moscow.
「東京の気候は、モスクワのそれ(気候)より暖かい」
このthatは前出の名詞climateの反復を避けて使われている用法です。

5.従って、このofは「関係」を表す前置詞の用法となります。意味は「~に関する」「~についての」という意味で使われます。
例:
That (=the DVD) of the family trip
(直訳)「家族旅行についてのDVD」
→(意訳)「家族旅行の時のDVD」

6.なお、tripとweの間に目的格の関係代名詞thatが省略されています。先行詞はthe family tripで、これを関係節内に戻すと
we took the family trip to the Bahamas last week.
「先週バハマに家族旅行に行った」
となります。

take a trip toで「~に旅行に行く」のイディオムです。ここではtakeの目的語the family tripが先行詞として前出しているのです。

7.以上、省略された代名詞を踏まえて2文の訳出は
(直訳)「私が先週送ったDVDを、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に行った、家族旅行のときのもの(DVD)なの。」

(意訳)「先週送ったDVDは、楽しんでもらえましたか?
それは、先月バハマ諸島に家族で旅行したときのものなの。」

となります。
以上ご参考までに。
以前類似ニックネームの方がいましたが、tommyさんの名前と番号は覚えていますから、他の類似ネームと間違うことはありませんから大丈夫です。でももし仏語ネームの案が必要なら、遠慮なくお問い合わせ下さい。

こんにちは。2/21のご質問ではご丁寧なお返事を有難うございました。

ご質問1:
<「be of+名詞」は形容詞になる、ことは以前教わりましたが>

1.ここはその用法ではありません。

2.ちなみに形容詞になるのは正確には「be of+抽象名詞」となります。
例:
of use=useful
of importance=important

3.ここではof+the family tripで、the family tripは抽象名詞ではなく普通名詞なので、この用法は適応されません。


ご質問2:
<私の感じとして、of の前に「含み」を感じます。>
...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

QIt looks like + S + Vについて

某TOEFL参考書には、

It looks like it is raining.

は間違いで、

It looks like rain.

といように、likeの後に名詞のrainを置くようにと記述されていましたが、
英辞郎というPCの辞書によると、

It looks like it is going to rain.

と例文で記述されていました。
このlikeのあとにS+Vを置くのは間違いなのでしょうか。

また某インタビュー記事で、
Like I said,
という表現がのっていましたが、
これも正しくは、
As I said,
かと思うのですが、口語表現では、
Like + S + V
はオッケーなのでしょうか?

Aベストアンサー

Gです。 こんにちは。

私はTOEICのこと走りませんので、こちらで一般人は使うかどうか、という視点で書かせてもらいますね.

It look like it's going to rain.は未来の事、また、降るような気配がある、という意味では全く問題のない表現だと思います. 

It looks like it's raining.と言う時は、外を見ているわけでなく(雨が降っているのを見ているわけではなく)そう感じると言うのであれば、これも問題なく使える表現ですね. しかし、この場合、音なんかが聞こえるのでそう思うのであれば、It sounds like it's raining.と言う言い方もできるわけです.

また、ぬれている地面を見てIt looks like it (has) rained.と降ったようだ、と言う表現もします. It looks like rain.ではこのフィーリングは出せませんね.

つまり、It looks likeはI thinkの違う表現と言う言う事になります.

likeの後にS+Vが来る表現はします.
. 
Like I said,は大統領も良く使いますし一般的にも使われています. 

よって、生きた英語と言う意味であれば、問題ないと思います. (でも、その参考書がいけないよと書いてある理由はあるのかもしれませんね)

しかし、試験では間違いだというのであれば、その試験を受ける人は気をつけたほうがいい、ということでもあると思います. せっかく試験を受けても、バツをもらうのはしゃくですからね. 選択問題は分からなくても必ず印はつけること!というアドバイスと同じ事ですね.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

Gです。 こんにちは。

私はTOEICのこと走りませんので、こちらで一般人は使うかどうか、という視点で書かせてもらいますね.

It look like it's going to rain.は未来の事、また、降るような気配がある、という意味では全く問題のない表現だと思います. 

It looks like it's raining.と言う時は、外を見ているわけでなく(雨が降っているのを見ているわけではなく)そう感じると言うのであれば、これも問題なく使える表現ですね. しかし、この場合、音なんかが聞こえるのでそう思うのであれば、It sound...続きを読む

Qnot~orとnot~nor

否定がよくわかりません。

「not A or B」 「not A nor B」
これらは「AでもBでもない」という意味だと思うのですが、どのような違いがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

イギリス人のチェックを受けたことがありますが、基本的には同じです。
似たような用例は「without ... or ... without ... nor ...」です。
わたしは、orの前後に位置する表現の性質に応じて使い分けています。たとえば、長めの表現が前後に位置する場合には、否定をはっきり際立たせるためnorにするとか、あるいは、「どっちも否定している」とはっきり伝えたいときに、norを使っています。


人気Q&Aランキング