人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

事情があって夫が長年勤めた会社を辞めたいといいます。

夫55歳(勤続27年、年収1000万強=社会保険料及び税引き後の手取り800万程度?)
私46歳(パート 年収90万)
子供(1)20歳(この春卒業で就職確定)
子供(2)17歳(この春高3)

家2軒(今住んでいる家と前に住んでいて現在は借家にしている家)のローン残高が併せて2600万円、
早期退職金が4000万程度、
貯金はローン繰上げ返済に使ったばかりのため200万程度、
1年後に学資保険が270万おりる予定、
家賃収入78万(税引き後70万程度)、
年金は夫の厚生年金とわたしの国民年金です。
また、夫は退職後再就職希望ですが、めどは立っていません。

仕事を続けた場合、健康でいられた場合は、60歳時点で、
繰上げ返済して現在住んでいる家のローンは完済、
借家にしているほうのローンの残高900万、
貯金1200万、
退職金2000万程度、
家賃収入78万(税引き後70万程度)
年金となる予定でしたが、
その場合との比較もお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

比較点としては、早期退職で受ける割増退職金4000万円―2000万円=2000万円の前受けメリットと、5年間で受取るはずの給与(1000万円×5年)が無くなること、別途働いて得る収入の見込み・可能性とを考量することになりそうです。

(加えて税引後の手取りベースで)

5年間トータルで
(1)退職金割増  +2000万円 
税金      ▲400万円(計算根拠なし)
(2)喪失収入   ▲4000万円(800万円×5年)
差引きで▲2400万円の収入マイナスに対して、
(3)新規の勤務で手取り500万円×5年=2500万円が確保できる見込みがあれば、差引き収支はプラスになる計算。

これに加える検討事項としては、
(1)勤務形態変更による自由度・解放感(勤務拘束時間・プレッシャーの軽減)
(2)再就職先開拓のための精神的負担(未収入期間が長い・新職場に馴染めない)
(3)現金先受けメリット(ローン繰上げ返済による軽減金利部分・心理的余裕)
(4)同上デメリット部分(退職金を株式運用して失敗等)
(5)年金受給65歳までの生活設計
(6)企業年金部分の割増メリットの放棄(少なくとも5年分未加算)
(7)割増退職を認める勤務先側の事情(今後リストラで給与減少?)
(8)子供(2)の手離れのタイミング見通しと必要金額

これらを総合して、更に「事情があって」の部分をどう斟酌するか、ということになりそうですが、このあたりは外部者には評価不能です。

この回答への補足

記入する欄が、お礼と逆になってしまいましたが、
いろいろと考えてくださってどうもありがとうございました。
参考にさせていただきたいと思います。

補足日時:2008/01/19 15:37
    • good
    • 6
この回答へのお礼

退職後に手取り500万というのは、よほどでないと難しいですよね。
傍から見ると、仕事は生きがいのひとつのようにも思われるので、
辞めてから失ったものの大きさを知ることにならないように、
してもらいたいです。
もっとも、私の考えはおいて置いて、
夫が最善の選択ができるように精神的に支えることができればと思います。

お礼日時:2008/01/19 15:28

残りの63000円の使い道を詳細に出して見られるといいと思います。

交際費、衣服費、外食費など。半分くらいでできると思いますが。もしくは、先取り貯蓄をしましょう。
    • good
    • 0

専門家紹介

専門家プロファイル_宮里恵

職業:ファイナンシャルプランナー

主婦や女性の方が気兼ねなく相談できる、生活密着型の「家計アドバイザー」です。家計の見直しの入り口として、等身大の目線で保険の見直しのご提案をさせて頂きます。

詳しくはこちら

専門家

<3500万円-2000万円=1500万円>の意味。



早期退職との差は最低でも1500万円は残るであろう。
そういうことを示唆している式です。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

わかりました。ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/19 15:41

Q、比較をお願いします!



3500万円-2000万円=1500万円。


単純に早期退職による年収差3500万円を退職金の増額分2000万円で補填した差は1500万円。
まあ、ややこしくシュミレーションをしなくても結局はこの式が全て。

早期退職による年収差=3500万円。
退職金の増額分=2000万円。

もちろん、早期退職による年収差は、3500万円÷5=700万円ですから最悪のケース。
1050-700=350+12=362万円。
この場合、55歳退職後の平均年収を約362万円程と想定しています。
12万円は、年金の伸びの鈍化を加味すれば必要な額です。

ですから、退職後の年収が362万円を越すかどうかが勝負でしょうね。
月収30万円での再就職が可能かどうかが問題だということです。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

退職後の年収が362万円というのも、
実際には難しいものなのでしょうね。。。
退職したがいいが、その後のことを考えると怖いです。
退職金にも税金はがっぽりかかるんでしょうし。。。
考えてくださってどうもありがとうございました。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/01/19 15:41

60歳まで勤めると収入は4千万、退職金が2千万、あわせて6千万


早期退職だと4千万、2千万の開きがありますね
とはいえ精神的な問題もあるでしょうから部外者の出る幕じゃないと思います
早期退職して出来るだけ年金で生活して余剰金は安全な利殖に回すという手もあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、本来は退職しないほうが、収入的には望ましいですよね。。。
考えてくださってどうもありがとうございました。

お礼日時:2008/01/19 15:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q55歳無職これからどうしたらいいのでしょうか?

今年の3月末でリストラっぽい感じで、25年間勤めた会社を退職して9ヵ月になります。失業給付は延長を含めると来年の4月末まであります。

いままで何十社と応募しまして、何社か採用となりましたが、やっぱり前職の給料、待遇と比較するとみじめになったので辞退しました。
前の会社と比較してしまって、なかなか踏み切れずいます。もう前の会社の事はおもってもしかたないのはわかっているのですが、

今は独身で一人暮らしです、でもある程度の収入はほしいです。月手取りで20万くらい

これといった資格スキルもないので、ハーローワークなどの求人みても、あまり良いところがないので。。。。
でも自分の能力を考えると、そう贅沢いえないのですが、あと10年は働かないといけません。

今思うと、前の会社にどんな事があってもしがみついてれば良かったと大変後悔しているのです。

正社員の身分がどれだけ安定していたか、ばかですね!辞めて初めてわかったのですから。。
普段は何をするのにも、後先を考えて行動する方でしたが、この退職劇は、まがさしたと言うが衝動的なってしまいました。会社をやめたら、どんな事になるか!よく調べておけば良かったと後悔しています。もう取り返しがききません。ほんとばかなんです。

辞めた会社の事が忘れられず、契約社員か派遣で入り直そうかな?とまで考えているのです。

でももう雇ってくれないなか?とか、もしも採用してくれて、働きだしても、知り合いにあったらミジメになるかな?とか

もうどうしたら、いいかわからないのです、どうしたらいいのでしょうか?
これから生きていけるのかな?と心配になっているのです。無職期間も初めはある程度元気があったのですが、長くなるにつれて、気が小さくなりダメになって行くような感じします。
できれば良い助言お願いします。

今年の3月末でリストラっぽい感じで、25年間勤めた会社を退職して9ヵ月になります。失業給付は延長を含めると来年の4月末まであります。

いままで何十社と応募しまして、何社か採用となりましたが、やっぱり前職の給料、待遇と比較するとみじめになったので辞退しました。
前の会社と比較してしまって、なかなか踏み切れずいます。もう前の会社の事はおもってもしかたないのはわかっているのですが、

今は独身で一人暮らしです、でもある程度の収入はほしいです。月手取りで20万くらい

これといった資格スキル...続きを読む

Aベストアンサー

私は今、月々10万円の給付を受けながら、ハローワークの求職者支援訓練を受けています。
資格やスキルがないなら、利用してみてはいかがですか?
アルバイトが月に8万円まで認められていますし、生活資金の貸し付けも受けられます。
失業給付受給中の人も来ていますが、私は失業給付が終わって無収入になってから行きはじめました。

これから3月までは、一年で一番求人の多い時期です。
この時期に一生懸命就活をして、うまく行かなかったら、求職者訓練の1年コースを受けつつ就職活動を続けるという手もあります。
訓練は最後まで通わなくても、途中で就職が決まればいつでも中退ができます。
時間稼ぎでもありますが、訓練中にうまく就職が決まらなかったとしても、資格やスキルを無料で身に付けられますし、失業期間が長い言い訳にもなります。

失業が長引くとモチベーションを保つのが難しくなります。
同じ再就職と言う目標を持った仲間と机を並べて学ぶというのは励みになりますし、キャリアカウンセリングを受けたり、求職情報を集めるスキルも身に付きます。
定年退職後の人も何人も来ていますよ。

中高年の転職は、自分の価値観を知る機会です。
自分は仕事に何を求めるのか、絶対に譲れないものは何か。
今までやってきた仕事や得意な事、好きな事、人と接する仕事が向いているのかモノを扱う仕事か、給与が一番か、やりがいが一番かなどなど、じっくりと考えて今までとは違う新しい自分を発見してください。

有効求人倍率も上がり続けていますし、まだまだ時間の猶予はありますから、焦らずに落ち着きましょう。

私は今、月々10万円の給付を受けながら、ハローワークの求職者支援訓練を受けています。
資格やスキルがないなら、利用してみてはいかがですか?
アルバイトが月に8万円まで認められていますし、生活資金の貸し付けも受けられます。
失業給付受給中の人も来ていますが、私は失業給付が終わって無収入になってから行きはじめました。

これから3月までは、一年で一番求人の多い時期です。
この時期に一生懸命就活をして、うまく行かなかったら、求職者訓練の1年コースを受けつつ就職活動を続けるという手もあります...続きを読む

Q50才男性 早期リタイアしています

2年ほど前に仕事を辞めて、基本的に預貯金と少々の配当収入で暮らしています。
退職した機会に計算してみたら、急いで無理して働かなくても大丈夫なんじゃないかな。。。と実験的に始めてみたのがきっかけです。
父子家庭親子2人なのですが、子供が高校生で大学までの教育費は別枠で貯蓄してあります。
住宅ローンも完済しており、現在月々平均18万程度で生活していますが、とくに無理に節約している感覚はなく、もし子供が独立したら、10万でも暮らせるかも、などと考えています。
住宅の維持管理費用も一応折り込みしてます。

インフレ率が年3%超えるとダメな計画なのですが、現在それに備えて働くという気持ちは全然ないんです。

自分は特にこの生活に不満があるわけでもなく、いいのですが、たまに聞かれる世間様からの「何のお仕事されてらっしゃるのですか?」質問のうまいかわしかたです。

以前は「就職浪人中です」とか「子育て中」とか答えていたのですが、めんどくさいのでもう「仕事はリタイアしました」と答えようと思っています。

それで質問なのですが、50才の男性で「リタイアしました」って言われたら、みなさんどう思われますでしょうか。
*ちなみに見た目がどうも40才前後にみられるようです。すいません。

2年ほど前に仕事を辞めて、基本的に預貯金と少々の配当収入で暮らしています。
退職した機会に計算してみたら、急いで無理して働かなくても大丈夫なんじゃないかな。。。と実験的に始めてみたのがきっかけです。
父子家庭親子2人なのですが、子供が高校生で大学までの教育費は別枠で貯蓄してあります。
住宅ローンも完済しており、現在月々平均18万程度で生活していますが、とくに無理に節約している感覚はなく、もし子供が独立したら、10万でも暮らせるかも、などと考えています。
住宅の維持管理費用も一応折り...続きを読む

Aベストアンサー

>50才の男性で「リタイアしました」って言われたら、みなさんどう思われますでしょうか
相当な資産家か、リストラされたダメ社員か、精神障害者のいずれかか、と思います。
親の資産でのんびり暮らしている人間はいくらでもいます。
かつては窓際族と呼ばれていた中高年社員を最近は容赦なくクビにしますから珍しい存在ではありません。
最近は妙な医学が発達して大人の学習障害、発達障害などと呼ばれ、社会への適応能力に不備があるとされる人間が増えています。
一時代前であれば、ノイローゼの一言で片づけられていた人達です。

中年男がブラブラしていれば肺結核や肝臓や腎臓疾患などの長期療養を必要とされる疾病者と思われる時代もありました。

世の中はサラリーマンだけはありません。
作家や画家、陶芸家のような人もいれば、音楽関係のバンドマンやジャズマンもいます。
要は自分の才能だけで生活している人達です。
日中街中をウロウロしているのが日常です。

そもそも、他人の目が気になるようでは、ただ仕事にアブレタだけの人間と変わりはありません。
「仕事は?」と聞かれたら「そんなものはやってネェ」と答えればいいだけです。
ゴチャゴチャいい訳をするのは、サラリーマンの悲しい性が残っているためです。

ブラブラ気楽に過ごしていれば年をとりません。
男四十を超えれば顔が履歴書です。
人を使っていれば当然立居振舞に出てきます。
どだい、中年男を捕まえてお若いですね~などというのは、いい年をして未熟な野郎だと言っているだけです。
どこぞの世間知らずのアホボンボンと同じに見られているだけです。
自慢にも何にもなりません。

自由に暮らすとというのは、チョットやソットでマスターできる生き方ではありません。
今日という日を如何に生きるかということを考えてください。
ローマの貴族は働きませんでした。労働は奴隷の分担です。
江戸の武家は親子代々仕事がなかった人間が大半です。
幕臣や藩士というだけで、親子代々住居も収入も保障されていました。
江戸の街では珍しくもなんともない人達でした。
文化というのは、賃金を稼がなくても済む人間が作り上げてきました。
金で仕事をしてきた人間が作ったものは、ただの一つも文化遺産としては残っていません。
食うや食わずの生活を気にも留とめない人間が創り出してきました。
画家も彫刻家も陶芸家も本当に自分が気に入った作品は手放しません。
金に換える作品とは峻別します。

真のブルジョアというのは、朝起きて今日はどうやって金を使うかと悩んでいた人達です。
月の生活費が幾らなどと考えるような人種ではありませんでした。

早く自由人の生き方をマスターして下さい。

>50才の男性で「リタイアしました」って言われたら、みなさんどう思われますでしょうか
相当な資産家か、リストラされたダメ社員か、精神障害者のいずれかか、と思います。
親の資産でのんびり暮らしている人間はいくらでもいます。
かつては窓際族と呼ばれていた中高年社員を最近は容赦なくクビにしますから珍しい存在ではありません。
最近は妙な医学が発達して大人の学習障害、発達障害などと呼ばれ、社会への適応能力に不備があるとされる人間が増えています。
一時代前であれば、ノイローゼの一言で片づけら...続きを読む

Q53才の夫が仕事をやめました。

53才の夫が仕事をやめました。
夫53才、息子中1、義母82才(かなり元気)と暮らしています。
夫が仕事をやめた理由は、わたしがこずかいを1万円減らしたから・・・

夫の収入は日給月給で、23万以下+バイト代5万くらい(教えてくれませんが、時給から計算して)
私はパートで4万前後です。

今まで夫のこずかいは月給から一割+バイト代でした。  年齢の割りに収入は低いのにこずかいは多いとおもいませんか?
ちなみに持ち家で家賃はかからず、光熱費は義母がだしてくれています。
だから生活は苦しいとまではおもっていません。

しかし、義母の年齢を考えると頼れるのは後数年でしょう。寝込んでしまったら頼るどころかお金がでていくだけでしょう。
貯金もなく仕事をやめてしまうなんて考えられません。
「こずかい減らすならしごとやめる」と夫が言った時、「やめるなら離婚する」と言ってあったのに本当にやめてしまうのはどういうつもりか?

仕事をやめるのは5回目です。(17年間で) 
その度に貯金は減っていき、息子の教育費のための貯蓄以外に生活にまわすお金はありません。
仕事やめて生活はどうしたらいいのか?と義母に聞いたら「生活はどうにかなるものよ。義姉は亭主がギャンブルで全部使い込んでも朝から晩まで働いてこども3人育てたんだから・・・」

なんと「遊んで暮らす。もう仕事する気なんかない」と言っている夫を私が仕事を増やして養えというのか・・・          あっけにとられて義母に相談する気もなくなりました。

もっと言いたいことはあるのですが、パートに行く時間になりました。
ここまでで感想をお願いします。

53才の夫が仕事をやめました。
夫53才、息子中1、義母82才(かなり元気)と暮らしています。
夫が仕事をやめた理由は、わたしがこずかいを1万円減らしたから・・・

夫の収入は日給月給で、23万以下+バイト代5万くらい(教えてくれませんが、時給から計算して)
私はパートで4万前後です。

今まで夫のこずかいは月給から一割+バイト代でした。  年齢の割りに収入は低いのにこずかいは多いとおもいませんか?
ちなみに持ち家で家賃はかからず、光熱費は義母がだしてくれています。
だから生活は苦しいとま...続きを読む

Aベストアンサー

まず最初の感想は質問者さんがよく頑張っていらっしゃるなと。

次に、ご主人のお小遣いは絶対に多すぎです。
日給月給扱いだとしたら賞与もそんなにないのでは?
月23万として×12カ月で276万 (手取り270万と過程)
賞与は5ヶ月分程度として(手取りで110万と過程)
270万+110万+60万(バイト分)
夫年収合計440万 

生命保険会社の世帯年収別、小遣いの平均額は以下なので

400万円以下・・・23,820円
400~600万円・・・28,350円
600~800万円・・・41,310円
800万円以上・・・61,640円

質問者さんの世帯だと25000円程度におさえるのが妥当線です。
家賃と光熱費の心配がなくても、その分は何かあったときの将来貯金に回すか、家族旅行や外食など家族みんなで分かち合える遊興費に使うのが適切です。仮に夫の小遣いに回しても10000~13000円程度の上乗せくらいですね。

>今まで夫のこずかいは月給から一割+バイト代でした。
としたら、現在の収入で夫は70000円以上の小遣いということになりますよね。
財政破綻です。

17年間に仕事を5回変わるのも多すぎな気がします。
それで収入がもっと増えているなら転職も結果を成しているのでいいのですが。
転職理由もいまひとつご主人のわがままのような...

もちろん家族健康でいられるのが一番です。
お金のことを言い出したらキリがありませんよね。
低所得でもそれなりの将来設計をしながら毎日を楽しく暮らしていらっしゃるご家庭も多いでしょう。わけあってギリギリの生活をしながらも転職が多い方もいらっしゃるかもしれません。

だとしても、53歳という年齢にして「こずかい減らすならしごとやめる」と言って、それをあっさり実行してしまう幼児性にびっくりです。

お姑さんの「生活はどうにかなるものよ。」云々は、姑さんの元気な性格上、励ますために、人生ど~んと構えてたらなんとかなる、ぐらいに発言しただけで、それ以上も以下も大した意図はないと思います。義姉の話はたまたま思いついて身近な人を言っただけで。

でも現実問題として、現在中一の息子さんはこれから大学にもすすむことでしょうし、元気なお義母様もいずれは身体も弱ってくる。夫も数年後は60代、そうなるとどんな頑強な人でも健康面も心配です。お金はいろいろかかりますよね。

どうもご主人の考えが行き当たりばったりな気がします。
どこかからある程度の財産相続でも入ることを見込んでいるのでしょうか。
いずれにしても先は長いのでそれなりのプランは必要だと思います。
一日も早く就職してもらって、収入に見合った小遣いで生活することが大事かと。

そんな感想などを持ちました。

まず最初の感想は質問者さんがよく頑張っていらっしゃるなと。

次に、ご主人のお小遣いは絶対に多すぎです。
日給月給扱いだとしたら賞与もそんなにないのでは?
月23万として×12カ月で276万 (手取り270万と過程)
賞与は5ヶ月分程度として(手取りで110万と過程)
270万+110万+60万(バイト分)
夫年収合計440万 

生命保険会社の世帯年収別、小遣いの平均額は以下なので

400万円以下・・・23,820円
400~600万円・・・28,350円
600~800万円・・・41,310円
800万円以上・・・61,640円

質問者さんの世帯だと25...続きを読む

Q55才早期退職した場合、年金額の差額はどれくらい?

1960年生まれ、1982年に就職し、以来厚生年金に加入してきました。今般「早期退職制度」が設定されまして、2年後の55歳で退職し、国民年金に変更した場合と、60歳まで厚生年金に加入し続けて退職した場合とでは、(おそらく)64歳から受け取る年金額の差額はどのくらいになるのでしょうか。現在の年収は750万円です。どうぞご教授ください。

Aベストアンサー

こちらで試算できます。

http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3829

おおよそ、年額20万円くらいかと思います。

Q50代で退職、老後にいくら必要でしょうか

現在53歳、いろいろあって、退職しようと思います。
ある程度の蓄えはあるつもりですが、これから、生きていくうえで、どのくらいあれば、再就職しないでいけるでしょうか。
ちなみに、ローンはありません。
住居に関しても、持ち家に住んでいますし、子供は自立して、妻とは死別、現在は両親と三人暮らしです。

Aベストアンサー

私も計算したことがあります
概算ですが、夫婦2人 夫は60歳で無職 病気なし 負債なし
家は当分補修の必要なし 贅沢品なし 年金あり の条件で
現金5000万円以上あれば何とかなります
今でも分配金7-8%の投信はごろごろありますから、5000万を原資に分配金で約300万(手取り)
それに年金を加えれば税引き後370万円程度の年収確保は容易です
今53歳ですと現時点では8000万近くでしょうね
ただしご両親の病気と介護 これを見積もっていませんのでご注意ください

Q早期退職により、厚生年金から国民年金へ切り替える

厚生年金を35年かけてきましたが、55歳で会社を早期退職しようと思います。

その後60歳まで5年間、国民年金をかけなければならないでしょうか?

かけた方が、支払い年月が長くなり有利になるのでしょうか?

それともかけるメリットはないのでしょうか?

大雑把でけっこうですので教えて下さい。

Aベストアンサー

老齢基礎年金
804200円×保険料納付済み月数+(保険料免除月数×1/3)/(加入可能年数×12ヶ月)=老齢基礎年金額A
厚生年金
平均標準報酬月額により個々に変わります。
平均標準報酬月額=定年時の税込み月収×0.7(目安算式)
報酬月額×7.5/1000×被保険者期間×物価スライド率((1.03)毎年変わる)=厚生年金額B
A+B=これからもらえるであろう年金の額です。
計算してみたらわかるんじゃないでしょうか?

私は20代なので、公的年金に期待してませんから出来れば払いたくありません。(笑)
でも、applesさんは公的年金もらえそうな年齢(御幣がある言い方になっちゃいますけど、私はもらえるのか不安なので・・・笑)なのでたくさんもらえるならかけたほうがいいんじゃないでしょうか?

長生き出来れば一杯貰えるんでしょうね。
長生きできそうなら払った方が得ですね!!笑

Q56歳失業中の男の生き方

56歳失業中の男です。

3月末で失業し3ヶ月少したちます。
初めのうちはのんびりできたのですが
ここへきて気が変になりそうです。
朝は働きに出かける人達をながめ、昼間も働いている人達に目がいき、

夕方から夜は仕事帰りの人達が気になります。

メンタルだったので傷病手当金が出ておりそれで生活をしています。
働きに出れば傷病手当金を受け取ることができなくなります。

かといってこのまま毎日家にいるとますますおかしくなりそうです。
趣味の釣りに行ったりもしましたが罪悪感が先走り心から楽しめませんでした。

再就職にそなえていまのうちに何か資格を取ることも考えたのですが、この年で
0からの出発は絶望的なようです。

どうしたらよいでしょうか?

生活のために、したくもない仕事でもがまんして働いている方々からすれば、贅沢な悩みで
怒鳴られるかも知れませんが、、、

Aベストアンサー

 活動する気があるのならまずは動いてみるべき。
 その傷病手当がいくらか知らないが、毎日4~5時間の最低賃金でも10万くらいは稼げる。そしてその一歩を踏み出すために、本やネットで自分が興味を持てそうな仕事を探し考える。
 他人を見てうらやましがっていても一銭にもならない。他人のために何かをやって、その結果としてお金をもらえると考えれば何でもビジネスにできる。いまさら資格なんてどうでもいい。これまで生き抜いてきたことが証明になる。
 とにかく何でもいいから日銭を稼げ!

Q老後の必要経費

現在、55歳の独身。持ち家。借金は全くありません。56歳で早期退社を考えています。仮に貯蓄0円、退職金0円と仮定しての質問です。最低限に各種保険(国民健康・生命、火災、クルマ等)・年金・税金・など最低限に必要な経費は月平均どのくらいでしょうか?自分では食費・通信・交通・趣味を含めて20万と計算しているのですが・・・また、平均サラリーマンの60歳退職時の手持ち資金(夫婦合算)(不動産は別)はどの位だと思いますか?退職後60才までの4年間は月10万程度のバイトで年金(基礎年金支給)までつなぐ予定ですが・・・

Aベストアンサー

早期退社して5年目です。
家族の人数が違うので一人暮らしに補正して計算すると月15万です。
でもだいぶん質素な生活ですよ。
20万なら、まあまあと思います。
1億なんて話もありますが、夫婦2人の場合ではないでしょうか。
年240万×25年で6000万です。
あとは年金の支給額を引いた残りが用意する分。
でも1割くらいはリスク用に割増が必要と思います。
平均サラリーマンは2000万くらいしか手持ち資金を用意できないと思います。

Q54歳の貯蓄額はいくらくらいですか?

54歳サラリーマンです。全預貯金かき集めて3,200万円ですが、同世代の方、どのくらい預貯金をお持ちですか?

Aベストアンサー

同世代ですが、だいたいそんなもんですわ。
サラリーマンとしてはまあ中の上くらいでしょ。
上の下くらいかもしれまへん。
まだめぐまれてるほうでっせ。
年金もらえるまではまだ10年あるし、人生何が起こるかわかれへんし、まあ鬱陶しいなあと思いつつ、少しでもマシな老後を過ごせるためだけに日々重いからだをひきづって会社行ってますわ。(笑)

Q50代の転職は無謀ですか?脱サラは地獄ですか?

50代になったばかりの者です。

前も質問したのですが、「この不況下に」とか、「肩を叩かれるまで耐えるべき」とのご回答を色々と頂きましたが、それから社内の体制が又、更に悪い風向きになり(予想通り)もう、会社に失望感しかありません、低学歴で大した資格は、ありませんが、管理職で部下25人いました。
現在、左遷予備軍として、処刑執行を待つばかりの戦々恐々とした日々に嫌気がさして、逃げ道を模索中です。
終身雇用どころか先もありません。
現在、転職サイトに登録、知り合いに声を掛けたりとか、少しですが動こうとしております。
会社勤めがダメなら独立も視野に入れるべきかの選択も考え、大きな将来への不安を抱いております。
もう24年もこの会社に勤続していて、外の世間というものが、分からなくもなってきております。
しかし、家庭を背負っているのと、例え今の会社に残れたとしても55歳~65歳以降の生活もこのままでは、どうなるのかとも思います。
中高年の方で転職された方、又は独立された方、大変なのは承知ですが、どうか、この先の選択視について、経験談等をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

大変な状況お察しします。
私は今年で55歳になり同じように家庭があり子供もいます。
20年サラリーマンをしてきて、42歳で脱サラして見事に大失敗。
厚生年金も私らの年より最低25年かけないと受給資格が取れなくなり、支給も62歳にとなる最初の年代のものです。
年金の問題もあり今年が最後のチャンスと思いサラリーマンに復帰します。
確かに就職先はなかなかありません。たくさん応募して(10~20社応募して面接まで行くのは1割 )チャンスを探すしかありません。
私の場合、特筆すべき資格を持っているわけでもありませんし、たいしたキャリアの持ち主でもありません。
捨てる神あれば拾う神あり です。きっとまた活躍できるチャンスがあるはずです。
こんな私でも雇ってくれる会社が存在するのです。
だからと言って今の会社辞めろと言っているのではありませんよ 念のため
一つ言えることは何か自分を売り込むものを一つ持つこと これが持てれば今の会社にいてももっと余裕が出ると思いますよ。
あんまり頑張ろうとせず、もっと気楽に、趣味を楽しみ 半分開き直り精神で仕事というよりは自身の人生を楽しもうと考えた方がよいと思いますよ。
それと脱サラですが、地獄と天国が半分くらいです。お金がなくてもそれなりに楽しかったですし、でも嫁さんは大変だったとは思います。子供にもかわいそうなことをしたという気はありますが、でもだからと言って子供にマイナスばかりでもないと思います。
いつの時でもそうだと思うのですが、苦労の方が人生の楽しかったこととして刻まれるような気がします。

大変な状況お察しします。
私は今年で55歳になり同じように家庭があり子供もいます。
20年サラリーマンをしてきて、42歳で脱サラして見事に大失敗。
厚生年金も私らの年より最低25年かけないと受給資格が取れなくなり、支給も62歳にとなる最初の年代のものです。
年金の問題もあり今年が最後のチャンスと思いサラリーマンに復帰します。
確かに就職先はなかなかありません。たくさん応募して(10~20社応募して面接まで行くのは1割 )チャンスを探すしかありません。
私の場合、特筆すべき資格を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング