1,2-ジブロモシクロデセンのcis-trans異性があるかどうか。
という問題をとこうとして、構造式を描こうとしたのですが、
デセンがわかりません。
だれか教えてください。

A 回答 (1件)

「デセン」というのは、「デカ・エン」の事で、「デカン」が「エン」になったものです。


デカ=10ですから、デカンとは炭素数10個ですよね。「エン」は二重結合を含むオレフィン系炭化水素です。
「シクロ」や「ジブロモ」はお判りですよね。

ではでは。

この回答への補足

本人です。
どうもありがとうございました。
後輩に質問されてわかりませんでした。
はじめは後輩の質問でしたが途中で真剣に調べていました。
それでもわからなくて悔しい思いでした。
すっきりしてよかったです。

「エン」の意味ははじめて知りました。
人の質問も勉強になりますね。
まるで、ここのようです。

本当に助かりました。ありがとうございます。

補足日時:2001/02/06 00:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。実は本人ではありません。明日、試験があるんですよ。「エン」は二重結合なんですね。わかりました。感謝しまーす。

お礼日時:2001/02/06 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPAGEとSDS-PAGEの違いについて

PAGEの一種がSDS-PAGEであることは分かるのですが、
PAGEの方はアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドだけを使い、SDS-PAGEの方は、そのアクリルアミドとN,Nーメチレンビスアクリルアミドに加えて、さらに界面活性剤のSDS(=ドデシル硫酸ナトリウム)を使うのですか?
PAGEとSDS-PAGEの違いがよく分からないので、教えてくださいませんか?大学一年生によく分かるように教えてくれませんか?

Aベストアンサー

 私、今その実験をしているものですが、界面活性剤としてSDSを使うのが、SDS-PAGE、それを使わないのが普通のPAGEです。
 SDS-PAGEは主にタンパク質の分子量を測るわけですが、タンパク質自体に電荷があり、分子量が大きいものほど電荷が大きいのです。その電荷の違いを中和するために、ゲルの方にSDSを入れます。
 一方、タンパク質側にも入れますが、これは、タンパク質を変性させます。
 詳しくは、参考URLのWikipediaでどうぞ。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/SDS-PAGE

Qcis体とtrans体

大学で化学を専攻しています。
テストが近づいてきたので、問題集を解いていると
「次の反応でシス体とトランス体どちらが得られるか」
(1)propyne―(Br2)→1,2-dibromo-1-propene
(2)2-butyne―(H2/Pt)→2-butene
(3)cyclohexene―(Br2)→1,2-dibromocyclohexane
(4)cyclopentene―(KMnO4)→1,2-cyclopentanediol
という問題がありました。
反応後に生成される物質はわかるのですが、それがシス体かトランス体かはどーやって分かるのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

反応機構をちゃんと勉強してますか?

中間体がどんなものか、反応の形式がどうなっているか、ということから答えは出ます。
厳しいことをいいますが、化学を専攻している人なら常識で無いといけないものばかりです。

生成物が分かるだけでは、暗記だよりの高校と同じです。
反応機構を理解しないと大学以上の化学とはいえません。
どれも、アルケンorアルキンの反応のところを教科書を見直せば書いてあることですから、とりあえず教科書を見直してみてください。

一応ヒント(というか完全に答えになっちゃうけど)
臭素の付加の場合は、中間体として3員環のブロモニウムカチオンができる
不均一触媒での水素付加の場合は、金属表面に吸着された水素とアルキンで反応が起きる
MnO4との反応では、OsO4の反応を参考にして、5員環の中間体を描いてみて

QSDS(界面活性剤)は酸化膜の親水性を増すのでしょうか?

シリコン酸化膜(SiO2)基板をSDSを少量添加した純水に1時間程浸した結果,シリコン酸化膜表面の親水性がよくなったという結果を得ました.実際のところSDSにそのような効果はあるのでしょうか?ちなみにSDSの詳しい種類はメーカが開示してないためわかりませんでした.どなたか詳しい方,大変申し訳ありませんが回答よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 SDSはいわゆる界面活性剤の一つです。で、SDSに限らず一般の界面活性剤には同様の効果があります。これは#1の方がかかれているように、SDSが基板表面に吸着しているためです。
 界面活性剤は親水性部分(この場合、硫酸ナトリウム部位)と、疎水性部分(この場合、ドデシル基)があります。で、酸化ケイ素は疎水性であるため、疎水部が酸化ケイ素部分に吸着し、その外側に親水部が形成されたような、いわゆる1分子膜を形成します。

 ○------------|
 ○------------|基板
 ○------------|
 ↑    ↑
親水部  疎水部

 すなわち、このように基板表面に親水部が出てくるため親水性になったわけですね。

 最後に、SDSも塩の一つですので、その点、半導体においては注意が必要ですよ。

Q構造異性化或いは、可逆的に構造を変えられる物質

光異性化可能な物質としてアゾベンゼンが有名ですが、
他に光、電気化学的に構造異性化可能な物質或いは、可逆的に構造を変えられる物質ってないのでしょうか?
私が知る中では後、ロタキサンくらいなのですが、他に何かありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

スピロピラン化合物はどうでしょうか?

QSDS-PAGEの泳動バッファーは滅菌必要?

SDS-PAGEの泳動バッファーは滅菌必要?

SDS-PAGE用の10x泳動バッファー(Tris/Glycine)は
滅菌(オートクレーブ or フィルター)必要ですか?

よろしくお願いいたします.

Aベストアンサー

特別な理由がない限りいりません。
というか、SDSが入っているのでオートクレーブには向きません。

もし気になるのならフィルター滅菌してください。

製品として売り出されているトリスグリシンSDSバッファーはフィルター滅菌済みが一般的です。

Q(1E,4E)-1,5-ジフェニル-1,4-ペンタジエン-3-オンの立体異性体を区別する方法

(1E,4E)-1,5-ジフェニル-1,4-ペンタジエン-3-オンの三つの立体異性体を区別する方法がわかりません。先生に聞いてみると、クロロホルムを使うということらしいのですが、わかる方いたら教えていただけるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

NMR(核磁気共鳴スペクトル)を調べればわかります、
具体的には、ビニルプロトンのスピン-スピン結合定数を調べればわかります。
クロロホルムというのは、その測定を行う際に、溶媒として重水素化されクロロホルムを使うということでしょうかね?

QボッシュのSDSはSDSビットしか使えない?

BOSHC(ボッシュ)の振動ドリルのSDSチャックはSDSビットしか使えないのでしょうか?

丸軸もしくは六角軸のビットは使えませんか?

Aベストアンサー

>おそらく「ハンマードリル」というのはビットの上下のストロークが比較的大きく、コンクリートやタイルの「はつり」にも使用できるもの。振動ドリルはもっと微細な上下振動で主にコンクリートへの穴あけに限定的に使用するもの。という判断で間違いないでしょうか?

 回答に書きましたように
≫ビットの後からハンマーで叩く構造になっています。
 がハンマードリルです。インパクトドリルと呼ぶ場合もあります。
 ---現場での混乱は知りませんが、すくなくともメーカーカタログでは明確に区別されています。単に振動するだけなのか、ハンマーで叩くかですから・・

 ストロークの差は余りありませんが、打撃の差は大きいです。
 質量のあるハンマーがぶつかるのとは、運動量保存の法則で決定的な差があります。そのため軸方向への衝撃がハンマー(インパクト)ドリルは大きいため、振動用のビットは破損する--通常のチャックでは破損するのです。

 外見の差は大きいです。ビット装着部の構造が全く異なります。

Qcis-ノルボルネン-5,6-endo-ジカルボン酸のラクトン化

cis-ノルボルネン-5,6-endo-ジカルボン酸に濃硫酸を加えラクトン化を行ったのですが、これにより出来るラクトンの命名が分からず困っています。教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

無水物じゃなく、ラクトンですか?
無水物ならただ「無水」を付ければ良いだけだけど、ラクトンですと二つのカルボキシル基の間に挟まるジオールの長さによります。
脱炭酸が起きて四員環になるのは知らないなー。
それとも、こんなの、↓ですか?
http://www.c.s.osakafu-u.ac.jp/~matuzaka/cluster/class/experiment/text.pdf

Q電気泳動するときSDSを使う理由

電気泳動するときにSDSを使う理由を教えてください。 SDSを入れなかったらどうなるんですか?実験は失敗しますかね。 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ネイティブPAGEと呼ばれる電気泳動になります

SDSはタンパク質を変成させてマイナスに帯電させることで分子量のみで分離する方法ですが
SDSを入れなければタンパク質そのものの構造と電気的特性で分離することとなります
私は学生時代の実験ではタンパク質の精製のためにネイティブPAGEをずっとやってました
等電点電気泳動などもこれを使ってやったとおもいます

ただ、分子量で分離できるSDSと違ってどこにバンドがでるかはわかりませんけどね
だから分子量でバンドを見ようとしているなら実験は失敗ですね

Q「2,2-アルキル置換-1,3-プロパンジオール」等の構造的な意味

表題のとおり、「2,2-アルキル置換-1,3-プロパンジオール」、「2,2-ヒドロキシアルキル置換-1,3-プロパンジオール」、「2,2-ヒドロキシアルキルオキシ置換-1,3-プロパンジオール」の構造的な意味を教えてください。

そもそも、2,2- 1,3- とは何でしょうか。
何かの物質における化学的な位置でしょうか。
その位置にアルキル基がくっついているという事でしょうか。

基本的な質問で恐縮ですが、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3です。
どうやら誤解があったのはこちらだったようで(爆)
失礼致しました。

さて、
> 専門的に表現方法はあるのでしょうか?
とのことですが、日本語で一文で表現となると厳しいように思います。

No.4の方が言われるように、これは特許に関連したものでしょうか。
だとすると、以下のような、化学式を併記した表現が常套的に行われていたように記憶しています:

「下記一般式(1)で示される1,3-プロパンジオール誘導体

CH3-C(R1)(R2)-CH3 (1)

但し、R1,R2はそれぞれアルキル基、ヒドロキシアルキル基、ヒドロキシアルキルオキシ基のいづれかを表す」

こう表記することで、「2,2-ジアルキル」、「2,2-ビス(ヒドロキシアルキル)」、「2,2-ビス(ヒドロキシアルキルオキシ)」、「2-アルキル-2-ヒドロキシアルキル」、「2-アルキル-2-ヒドロキシアルキルオキシ」、「2-ヒドロキシアルキル-2-ヒドロキシアルキルオキシ」の誘導体を含むと示すことができます。
(「ビス」は「ジ」と同様に「2個」を表す接頭語。例えば今回の「ヒドロキシアルキル基=ヒドロキシル基で一部を置換されたアルキル基」のように、複数の構成要素から成り立つ置換基の数を示す場合は、こちらを使います。こうすることで、耳で聞いた場合でも「ジヒドロキシアルキル」であれば「ヒドロキシル基2つで置換したアルキル基1つ」と、「ビスヒドロキシアルキル」であれば「ヒドロキシル基1つで置換したアルキル基2つ」と区別することができます)

もちろん、冗長になって構わないのであれば、上の6つの例(「2,2-ジアルキル」~「2,2-ヒドロキシアルキル-2-ヒドロキシアルキルオキシ」)の全てに「-1,3-プロパンジオール」を追加したものを列記したうえで、「~の、いずれか」と表記、という手もあります。
(あまりお薦めはできませんが)


※なお、「○○誘導体」とは、「○○」の骨格(上の例で言えば「1,3-プロパンジオール」(から水素を外したもの))を持つ化合物を意味する言葉です。(念のため)

No.3です。
どうやら誤解があったのはこちらだったようで(爆)
失礼致しました。

さて、
> 専門的に表現方法はあるのでしょうか?
とのことですが、日本語で一文で表現となると厳しいように思います。

No.4の方が言われるように、これは特許に関連したものでしょうか。
だとすると、以下のような、化学式を併記した表現が常套的に行われていたように記憶しています:

「下記一般式(1)で示される1,3-プロパンジオール誘導体

CH3-C(R1)(R2)-CH3 (1)

但し、R1,R2はそれぞれアルキル基、ヒドロキシ...続きを読む


人気Q&Aランキング