ネットが遅くてイライラしてない!?

よく最近は読書離れが進んだと聞きますがなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

質問者が「最近読書離れが進んだ」と聞いた原因は、情報収集の手法が紙媒体からネットに移行したことを「読書離れ」「活字離れ」とマスコミが言い換えているからです。



No.5さんが仰っておられるように、情報を得るのに新聞よりインターネットの方が便利で早いのですから、新聞が廃れるのは必然です。
デイトレード華やかなりし昨今で、新聞の株価面は誰のためにあるのか不思議でたまりません。

加えて雑誌の発行部数も減っていますが、これは趣味の多様性が原因と考えます。例えばある漫画が好きな場合、掲載誌を購入するのではなく、単行本を購入するよう変化しています。これは好きなのは雑誌でなく、特定の漫画なのが明確化しているからでしょう。

Wikiにもあるように、新聞雑誌は減る一方ですが、書籍は下げ止まっているのが現状です。
一般的に思われる「読書」である「書籍を読む」人も量も減っていません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E5%AD%97% …
    • good
    • 2

そうですね、すごく進んでいます。


単純にわかりやすくいうならば、本を読むときというのは主に本当に暇なときであり、例として、
・電車の中で座ってるとき
・家でよほど暇なとき
・面白くない授業中(本当はだめ)
などとにかく目的地につくまでの時間が短い時や、次にくるもののほうが楽しいから何かでやり過ごそうというときです。

昔はITもゲームも何もなかったのですが、今はPSPや任天堂DSなど本よりも持ち運んで遊べる相手がいるため、本は隅に追いやられてしまったわけです。

またそれの追い風のように、最近ではパソコンで文字を打つことが大部分で、現代人の字は汚く、読めても書けない(読めない人も少なくない)といった問題が発生し、本を読むことは勉強と考える人が増えてしまったことにも原因があると思います。
誰しも勉強のために本を読んで時間をつぶすぐらいならゲームしたほうがいいでしょうね・・・。

ゲームは活字離れや学力低下以外にも運動能力低下にも追い風なのでいいとは思いませんでした・・・。

こっちの地方新聞に載ってた記事なのですが、夏目漱石の本って日本語?とかいうのが一面に出ていてもう愕然としました。

「趣き」←これが読めない高校生が5割弱いるのですからもう驚きました。
学力が高い勤勉な日本人というイメージが台無しです。

多分活字離世代は昭和末期世代と平成初期世代の間に大きな境があると思います。
ちなみに私は昭和末期世代です。
というより現役大学生ですw
境目のど真ん中ですね。どちらにも属しているのかと思います。
    • good
    • 1

いわゆる「活字離れ」の正体は、「活字」ではなく、「新聞離れ」と見るべきものです。



No.3さんが仰っていますが、書籍を読む量について世代別で見る場合、若い世代よりも中高年世代の方が少ない、と言う結果が出ています。
ただ、このデータにはオマケがあり、「新聞と書籍」を読む時間で比較すると、中高年が高くなる、と言うものがあります。
つまり、ここからわかるのは、「活字離れ」と言うのは「読書離れ」ではなくて、「新聞離れ」ということです。

「新聞離れ」が進んだ理由としては、インターネットなどの普及というのが大きいでしょう。
事件、経済情報など、インターネットを利用すればすばやく、多く手に入れることが出来ます。特に経済情報などは、株価などにも影響しますから、翌日に配送される新聞では太刀打ちできないでしょう。
このようなものが、新聞の情報媒体としての価値を下げ、結果、新聞離れに繋がっているものと思われます。

他にも新聞の場合、押し紙(必要な部数以上を販売店に押し付け、買わせる行為。販売店に負担を押し付けるだけでなく、実質的な発行部数の水増しで、広告料の詐欺とも言える)や、再販制度の維持、さらには強引な勧誘行為…など、業界そのものに対する不信感が大きくなっています。
「活字離れ」を叫ぶ中心はやはり新聞ですが、このような状況での焦りではないかと思います。
    • good
    • 1

昔のような読者に優しくない書物の読書離れ。

の間違いでしょう。

昔は字が細かくて変な感じがやたら多くて最初で詰まったものですが、
最近は字が大きく読みやすい書物が増えました。

読書離れとか言っている人間は自分の認めた書物以外は認めないようですから。
簡単に自社の文庫が売れなければ、(わが社の文庫の)読書離れが進んでいる!!とかね。

彼らの給料っておいくらなんでしょうね☆
    • good
    • 1

>よく最近は読書離れが進んだと聞きますがなぜですか?



「と聞きます」に全てが象徴されているのではないですか
本当に読書離れは進んでいるのですか
データを自分で調べようと思いませんか
データから読み取れる事は何かと考えようとしていますか

ニュースの見出し程度の知識を知りたいだけなのに
ググる事も出来ない人が増えているのは何故なのかの方が不思議です。
http://www.google.co.jp/
↑を是非 「お気に入り」に入れてください。

『ウィキペディア(Wikipedia)』の存在も覚えておいて損は無いですよ。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B4%BB%E5%AD%97% …
↑からの抜粋
後述する全国学校図書館協議会では、青少年層向けの活字媒体(ライトノベルや良質な児童文学・ベストセラー小説)の流行により若者の活字媒体への関心は増加し、読書量も増大していると見ており、読売新聞の調査とは相反している。
1947年に始まった『毎日新聞』の読書世論調査によれば、2002年に調査開始以来最高となる59%の書籍読書率を記録し、
(引用終わり)

ここだけ読めば、読書離れって本当かなと疑問に思いませんか
たとえそう思っても、その疑問を「質問」にして、人に答えを求める前に自分で出来る事を考えてください。
    • good
    • 1

皆さんが忙しくなってきたからのでは。


自分も数年前までは、月に数冊は読んでいたのですが
今は、全然読まない月もありますから。
それと、書店に行っても売れる本しか置いてない事かな。
昔は、滅多に売れない本も書店に行けば色々置いてあったのに
今は、売れないとすぐに絶版になりますし、
本屋も置かなくなりましたからね。
    • good
    • 1

本以外に楽しむ物が増えたからです。


昔は本しかなかったらからね・・・・。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q活字離れの問題点をご説明ください

調べてみても納得のいく説明が無かったので質問を投稿します . 活字離れの問題点と原因をご説明ください .

既に

・思考力や読解力が低下する
・携帯電話やネットの普及で活字離れが起きている
・知識力の低下

などの意見がありますが , これらの因果関係は立証できているのでしょうか .

Aベストアンサー

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を解決する選択肢の減少⇒思考力の低下と考えられなくもないので。

・携帯電話・ネットの普及により活字離れ
これについては不思議に思うコトがあり、今の世の中は誰もがHPを作成し、ブログを書き、掲示板に書き込みをします。動画サイトにはコメント打つ機能もありますし(笑)実は活字とはそれほど離れていないのではないかというのが私の印象です。しかし、今は活字を読む人も書く人も素人なのだなと思います。例えば10歳の少年が書いた文章を50歳のおじさんが読む時代なのかもしれません。(読む人が素人なのは一般人なので今も昔も変わらないのですが、、問題は書き手がプロではないという点)ようは現在のネットなどで触れている語学のレベルの問題なのかもしれないと思います。ただ、中には若くしてすばらしい文章を書く方ももちろんいらっしゃいますし、ネットの世界での独自の文化もあると思うので語学のレベルなどという尺度自体がおかしいのかもしれませんが、、、。

・知識力の低下
前述した項目と関連してあると思います。

では私の考える問題点ですが、これは単純に今まで生きてきた経験上の話です。ようは言葉の使いまわしが上手くなるかどうかだと思っています。やはり本をたくさん読むことにより、文章に書かれた空間での話のやりとりなどを擬似的に経験することができ、それを自分の実際の生活上で使えたりできるんじゃないかと。もちろん表現方法なども学ぶことができると思います。活字に触れないと自分の生活している空間だけの言葉しか存在しないので、表現の広がりが小さくなってしまう場合もある思います。
私自身、活字離れな人生を送ってきたような気がするので、むしろ自分自身の戒めのつもりで書いてしまいました(汗)

原因については、前述したように今の時代はアマチュアの方も世界中のあらゆる人に自分の文章を発表できます。しかし、これは受け取る側にはどれが良質な活字なのか判断しにくくなっているのではないかということです。良質な活字に出会わない⇒活字離れのようになってしまっている(?)というのが私の考えです。

まあ、素人が書いた文章なので、もっと専門的な方が回答してくださったときは素通りしてください。(笑)

こんばんはです。活字離れの問題点と原因ですか、、、。難しいですが個人的な意見とかでもいいんですかネ?。残念ながら立証ができているかは知りませんけど、、、。

まず、既に意見されているという3点について。
・思考能力、読解力が低下する
これについては私も同意です。読解力なんてのは字のごとく読むことをしなければ力はつかないと思います。思考能力については判断が難しく考えることと活字離れを直接的に結びつけるのは正直私はどうかと思います。ただし、3番目にあげられた知識力の低下⇒物事を...続きを読む

Q若者の読書離れを示すデータ

「最近の若者は本を買わない」とか「読まない」という批判をよく聞きますが、これらを裏づけるようなデータはあるのでしょうか。(きっと、あるから批判しているんだと思いますが。)
ネットで検索してもイマイチそれらしいものが探せません。

「年寄りはこんなに本を買っている(読んでいる)のに、若者はこんなに買っていない(読んでいない)」というようなことを示す、たとえば年齢別の書籍購入費の統計とか、年齢別読書時間とか、そういったものをご存じの方、ぜひご教示ください。

Aベストアンサー

  >これらを裏づけるようなデータはあるのでしょうか。
まさに同様の疑問から書かれたような記事…↓ ご参考までに。
http://www.honco.jp/inter_os/page.php?issue=18
若者にまったく読まない人が増えているのに読書率の平均値は高い、ということは、
ものすごく読む人も増えているという二極化現象?…という話は納得。


  >たとえば年齢別の書籍購入費の統計とか、年齢別読書時間とか、
十分なサンプル数と統計期間を持った資料は多くはないようです。もうお調べになったかもしれませんが…

・「全国農村読書調査」http://www.ienohikari.or.jp/data/plaza/research/index.html
 これは、1998年からの調査資料が公開されてます。
 各調査項目に、年齢別のデータあり。
 ただし、お探しの「若者が年配者に比して読書量が少ない結果」であるか?というと、
 ここのグラフだけを素直に見れば、そんなことはない。

・「読書世論調査」「学校読書調査」毎日新聞社
 これは出版物のみで、そのまんまの資料公開はないようです。
 #1の方のご回答のような結果もあるようで、しかし一方、
 上の記事にあるような結果
 (→10代20代は全年齢層の平均読書率より高い数値、かつ、前年より上昇…などの記述)
 もあるらしい。やっぱり二極化ですか。

思うに、おとなのみなさんが「最近の若者は、、、」と批判的に言うときは、
「自分の若い頃に比べて」という意味であることが多いでしょう。ですからおとなのみなさんは、
・今の年配者の読書量と今の若者の読書量を比べて
  「現在、平均すれば若者世代のほうがたくさん読んでいる」…という結果はべつにどうでもよくて、
・昔の若者と今の若者を比べて
  「今の若者は昔の若者に比べてまったく読まないひとが増えている」…という結果のほうを重要視する、
のではないでしょうか。
そこで、一面だけを捉えた後者の説のみが、おとなのみなさんによる報道を通じて
流布してしまったのではないかと想像いたします。

参考URL:http://www.honco.jp/inter_os/page.php?issue=18,http://www.ienohikari.or.jp/data/plaza/research/index.html

  >これらを裏づけるようなデータはあるのでしょうか。
まさに同様の疑問から書かれたような記事…↓ ご参考までに。
http://www.honco.jp/inter_os/page.php?issue=18
若者にまったく読まない人が増えているのに読書率の平均値は高い、ということは、
ものすごく読む人も増えているという二極化現象?…という話は納得。


  >たとえば年齢別の書籍購入費の統計とか、年齢別読書時間とか、
十分なサンプル数と統計期間を持った資料は多くはないようです。もうお調べになったかもしれませんが…

・「...続きを読む

Q小論文の添削をお願いします。

高校入試で、テーマを与えられて600字程度で書く小論文があります。 添削していただける方がいたら、添削していただきたいです。

読書をテーマに書きました。

私は、読書には様々な力があると考えている。読書をすることで、集中力が高まったり自分の考えや、世界が広がったりするからだ。

私の学校には、「読書の時間」といった、朝の十分間の間、自分の机で自分の好きな本を読書する時間がある。十分間という短い時間だが、この十分間集中して読書することで眠気がなくなり、その後の授業にも集中して取り組むことができている。インターネットの普及化により、本を読む機会が少なくなってきている今だからこそ、この「読書の時間」が大切だと思う。

それでも、中には読書が嫌いで本を読まない人もいる。私も実際、小学生の頃は読書が嫌いで、本を避けてきた。でも、中学一年生の時、一冊の本に出会って、私の読書に対する考えが大きく変わった。その本は、病気とたたかう小さな男の子の物語だった。病気が治らないと分かっていても、色々な新しいことに挑戦する前向きな姿に、勇気や希望をもらった。読書で、今まで感じたことのない感情や考え方を得ることができるということを、その本に教えてもらった。だから、世界中の人々にも、本の力を感じてもらいたい。

このように、読書は私達に様々な力を与えてくれる。だから、短い時間でも生活の中に読書を入れると、生活がより良いものになるのではないか。

高校入試で、テーマを与えられて600字程度で書く小論文があります。 添削していただける方がいたら、添削していただきたいです。

読書をテーマに書きました。

私は、読書には様々な力があると考えている。読書をすることで、集中力が高まったり自分の考えや、世界が広がったりするからだ。

私の学校には、「読書の時間」といった、朝の十分間の間、自分の机で自分の好きな本を読書する時間がある。十分間という短い時間だが、この十分間集中して読書することで眠気がなくなり、その後の授業にも集中して取り組...続きを読む

Aベストアンサー

中学3年生ならこのくらいで上等です。添削してさらに良くなったらかえって読む人がおかしい、と疑うでしょう。
ひとつだけ、あなたには書き方に癖があります。それは同じ言葉を繰り返し使うことです。詩などではそういった技法もあるのですが、このようなレポートではできるだけ短く、わかりやすく書くのがいいのです。
なので、ここではそういったところをなおせばいいのではないでしょうか。たとえば2節目の

>私の学校には、「読書の時間」といった、朝の十分間の間、自分の机で自分の好きな本を読書する時間がある。十分間という短い時間だが、この十分間集中して読書することで眠気がなくなり、その後の授業にも集中して取り組むことができている。



私の学校には、朝の十分間、自分の机で好きな本を読書する「読書の時間」がある。短い時間だが、この間集中して読書することで眠気がなくなり、その後の授業にも集中して取り組むことができている。

とかすれば、締まった良い文章になると思います。

がんばってください。

Qキリスト教の唯一神の名は何ですか

ユダヤ三教はいずれも一神教です。

例えば、
1.ユダヤ教の唯一神の名は「エホバ(ヤハウエ)」、
2.イスラム教の唯一神の名は「アッラー」です。

それでは、
3.キリスト教の唯一神の名は何ですか。ご存じの方、教えて下さい。

Aベストアンサー

高校生の時カトリックの洗礼を受けた60代の男性です。
これまでの回答も間違ってはいないのですが、少し混乱されそうだと思いましたので、もういちど整理して回答してみましょう。

・あなたの言われるとおり、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の神(引いてはそれ以外の宗教も、という考えもある)は、同じ唯一神であり、呼び名は色々ある。(呼び名はどうでもよい、という側面もある。)
・キリスト教の場合は、古くからヤーウェ(エホバ)或いは、デウス(「神」のラテン語訳でギリシャ神話のゼウスも同じ語源)という呼び名もあったが、
・現代のキリスト教では、単にGod(神)と大文字で表記し、普通名詞としてのgodと区別することが多い。
唯一神なのだから、単に、固有名詞の「神」だと考えればわかりやすい。
・日本の信者間での通称は、「主」(しゅ)が一般的である。
・私が子供の頃は、「天主」という呼び方もあったと記憶している。古い教会で「浦上天主堂」などと呼ばれているのはその名残。多分「天使」と混同するから使われなくなったのだろう。

・尚、カトリックでは、「三位一体」説というのがあり、神には、「父」と「子」と「聖霊」の3つのペルソナ(人間なら「人格」と訳すが、神なので「位格」と訳す。英語のパーソンに相当)があるが、本来は同じ一体の「神」の別の表れ方という解釈がなされている。
→ http://www1.tcat.ne.jp/eden/Hst/dic/trinitas.html
仏教の阿修羅のように、一体なのに、顔が四方についているイメージを思い浮かべば、イメージしやすいかもしれない。

この内、「父」は、「天の父」であり、
「子」は、「神の子」でありながら、人類の救いのため、人間の姿になって地上に降られた「イエス・キリスト」であり(その意味で、「イエス・キリスト」は「救い主」(メシア)と呼ばれる。)
「聖霊」(「精霊」ではない)は、イエスの誕生、洗礼及び復活のとき、イエスの中に満たされるとともに、今日ペンテコステ(聖霊降臨の日)と呼ばれる日に舌の形で弟子たちのもとに下り、一瞬の内に出身国・国語の異なる弟子たちの言葉が通じ合い、喜びに満たされた、という話があり、今後も「聖霊」が人類に与えられることによって救いが完成すると言われています。
→ http://www.pauline.or.jp/spirit/sps3.php

このように、三位一体説は、非常にわかりにくい教義で、3つのペルソナの中で、すぐにイメージしやすいのは「子」であるイエス・キリストのみであり、教会内にキリスト像ないし十字架上のキリスト像があるが、あとの2つは、像もなく、目に見えにくいイメージですね。

神=イエス・キリストという回答も間違いとは言えませんが、正確には、イエス・キリストは神の3つのペルソナの一つであり、「キリスト教の唯一神は固有名詞の「神」Godという呼称で呼ばれています。」という回答の方が、現代では一般的だと思われます。

高校生の時カトリックの洗礼を受けた60代の男性です。
これまでの回答も間違ってはいないのですが、少し混乱されそうだと思いましたので、もういちど整理して回答してみましょう。

・あなたの言われるとおり、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教の神(引いてはそれ以外の宗教も、という考えもある)は、同じ唯一神であり、呼び名は色々ある。(呼び名はどうでもよい、という側面もある。)
・キリスト教の場合は、古くからヤーウェ(エホバ)或いは、デウス(「神」のラテン語訳でギリシャ神話のゼウスも同じ語源...続きを読む


人気Q&Aランキング