人気雑誌が読み放題♪

コン・ゲーム小説ってご存知でしょうか。
その定義は、「詐欺や騙し合いをテーマにした痛快な
犯罪サスペンス」とあります。
映画「スティング」がそのジャンルに入るのだそうです。
(これから観てみる予定です)
小説では、ジェフリー・アーチャーの
「百万ドルを取り返せ!」がその代表格みたいなんだ
そうですが、大変興味を持ちました。
( シドニィ・シェルダンの「明日があるなら」も
そうなのかな? と個人的に思っているですが )
貴方の知る痛快なしてやったり、なストーリーの映画・
小説、漫画なんでもけっこうです。ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

コン・ゲームの傑作といえばやはり仰るように


「百万ドルをとり返せ!」でしょうね。私も大好きです。未読でしたらぜひ♪
映画「スティング」はもちろんお勧めです。

WEB本の雑誌の「読書相談室」で似たような質問がありましたが
茶木則雄 相談員によると
・ジャック・フィニイの『五人対賭博場』
・ドナルド・ウエストレイクの『我輩はカモである』
・リチャード・ジェサップの『摩天楼の身代金』
などがおすすめとして挙げられています。
茶木氏は「五人対賭博場」が一番!といっておられますが
今読むと多少古い感は否めないかと…。
ウェストレイクは軽妙な文体ですし楽しめるかと思います。
和物でしたら天道真の「大誘拐」なんてのはいかがでしょう。
(これは映画にもなりましたね。映画の方もなかなかですよ)
短編でしたら筒井康隆「富豪刑事」、
ちょっとコン・ゲームとはいえないかもしれませんが
都筑道夫「名探偵もどき」なんかもユーモラスでいい感じです。

漫画では伸たまき(獣木野生)のパームシリーズに
「オールスター・プロジェクト」というのがあって大変に面白いのですが
これはシリーズの一部なのでこれだけ読んでもわからないかもしれません。

最近の映画でしたらなんといってもガイ・リッチー監督による
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」がお勧め。
最後の最後まで飽きさせない、小気味の良い映画です。
(蛇足ながら。「オーシャンズ11」はコン・ゲームですが
 あまり痛快とは…云えないかも)(あくまで私見です)

参考までに 読書相談室はこちら↓

参考URL:http://www.webdokusho.com/frame-soudan.html

この回答への補足

たくさんご紹介くださりありがとうございます。
「百万ドルをとり返せ!」ほか、おすすめいただいた
本はさっそく目を通してみたいと思います。
オーシャンズ11はなかなか楽しかったです。
もうちょっとキャラクターに親近感が持てるような
演出があればよかったかなと。
ロック、ストック~ は楽しみに観てみます。

補足日時:2002/09/30 21:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」
観てみました。かっこよく完成度は高いとおもうの
ですが、これは・・・コン・ゲームとはまたジャンルは
違うようにも思います。
ある種、陽気さ・胸のすく痛快さを求めているの
ですが、こういった作品は本当にないもんですね・・・
参考になる作品ご紹介いただき、どうもありがとう
ございました。

お礼日時:2002/10/03 17:33

▼漫画だとジョセフ・ジョースターのイメージかな?ジョジョの第二部(集英社)です。


ちなみに僕が一番好きなのも第二部です。ギャンブル漫画だと「カイジ」講談社とか。

「騙し合いをテーマにした痛快な犯罪」というとやはり
スパイ物の駆け引きとかを連想しますね。

▼映画だと
トム・クルーズ●「ミッションインポッシブル」とか。
スパイ同士で裏切りとか二重スパイとか疑心暗鬼になって、女にコロっと騙されたりとか、なんか莫大な価値を持つ機密データをジャンレノと取り合ったりとか。オンライン上で銀行口座に莫大な裏金を操作したりとかしてましたね。結局ラスト誰が犯人なのか、映画館でクレジットロール眺めながら、ボケーっと混乱してたのを覚えてます。

え、あいつ結局まんまと金持って生き延びたん?というパターンでは。

トラボルタ●「ソードフィッシュ」ですかね。
これもハッカーを使ったオンライン犯罪を企むテロリスト(スパイ?)の話なんですけど。

ユアン・マクレガー●「トレインスポッティング」でも。
主人公が友達裏切ってジャイアンみたいな奴も出し抜いて、大金を一人でせしめて逃げ切りましたね。マフィアの裏金やったかな?なんかとにかく危ない金でした。

後は「ルパン」とかかなあ~。読んでないけど「ルパン対ホームズ」とかありましたね。上に挙げた映画は3本とも面白かったし楽しかったですね。有名ですし、既にご存知かも。劇場で観たけど損した気にならなかった。

この回答への補足

最近のジョジョはなんだか落ち着いて読んでられなくて
遠ざかっていたところです。(コマをやたら斜めに、、、
アングルの効果を狙っているとしたらやり過ぎのような)
その後の調査で、ルパン三世パート3に、
「コン・ゲームに乾杯」という話があるのを
みつけました。観てみたいのですが近くにTVシリーズの
ルパンを扱っているところがなくて・・・残念。
「カイジ」「ソードフィッシュ」以下は、時間を作って
観てみたいと思います。
ご紹介いただきありがとうございました。

補足日時:2002/10/03 17:37
    • good
    • 0

スリねたでもよろしいのでしたら…



佐藤多佳子「神様がくれた指」新潮社.2000年刊 

こちらもおすすめしておきます。
スリと占い師の物語です。

参考URL:http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/ws …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

スリねた歓迎です。
ようするに「痛快、してやられた話」であればなんでも
目を通してみたいと思います。
それにしても生粋の「コン・ゲーム」話って、非常に
数少ないですね・・・残念に思います。
夜中のレストランなどで、それらの本を積み上げて黙々
と読んでいたらたぶんそれは私です。(笑)

お礼日時:2002/10/03 17:25

「スティング」はおもしろかったですよ。


それに比肩する映画というのはなかなか見つからないかもしれませんが、観客を騙してくれる映画では、
「マーベリック」主演メル・ギブソン、ジョディ・フォスター
「デストラップ」主演マイケル・ケイン、クリストファーリーブ(コンゲームではなく、騙し合い)
「探偵スルース」主演ローレンス・オリビエ、マイケル・ケイン
「ハニーポット」主演ロック・ハドソン
などでしょうか。

この回答への補足

スティングは先ほど観終わったばかりなのですが、
これはホント面白かった。最後は思わず手をたたいて
しまいました。ああ俺もだまされた! って感じで
小気味いいですね。
よく練りこまれた傑作だと思います。
デストラップ、以下はまだ観たことありませんので、
近日中に観てみたいと思います。
私的には今のところスティングの次点に「ゲーム」が
あげられるでしょうか。

補足日時:2002/09/30 21:21
    • good
    • 0

違うかもしれないのですが


詐欺を扱っている、ハッピーエンドという事で中島らも「永遠も半ばを過ぎて」(有名すぎるでしょうか?)

あと原田宗則「平成トムソーヤ」もどうでしょうか?詐欺じゃなくてスリだけど。

この回答への補足

とりあえず、「平成のトムソーヤ」を読んでみました!
なかなか面白かった。小学生や中学生の頃、図書館
で読んだような感覚がよみがえりました。
中でも「マリファナ加速装置」はやばいだろうと思ったの
ですが(PTAが何も言わなかった) 爪のカッターの
アイディアなど、いろいろと印象に残る本だった
思います。
本物スリのひとも同じ技術をつかってるのか、確証を
(裏付け)取りたいと思ってるところです。
中島らもさんの本もいくいく読んでみたいと思います。

補足日時:2002/10/03 17:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
両作品ともぜひ手にとってみたいと思います。
スリねたも歓迎です。
また何かあればよろしくご紹介ください。

お礼日時:2002/09/30 21:20

r.l.Fish.


のたしか.密輸人ケックの華麗な手口
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これは映画でしょうか??? さっそく探してみたいと
思います。情報に感謝です。

お礼日時:2002/09/30 21:19

そう、『100万ドルを取り返せ!』しかないかもね。


映画だとガイ・リッチーの『ロック・ストック・トゥー・スモーキン・バレルズ』もそのひとつでめちゃめちゃに面白いです。原作があるかもしれないので呼んでみるといいかも。
あとは『詐欺師入門』これは小説ではないけれど、小説ヨリ奇ナリです。実際のコン・ゲームのテクニックが紹介されています。スティングの元ネタもこの辺から出てきているはず。面白いです。参考にURLを入れておきます。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cg …

この回答への補足

今「100万ドルを取り返せ」に目を通しているところ
です。
細かい人物設定・描写など、なんとなく、シドニィ・
シェルダンの小説を読んでるような感覚を覚えました。
ついで「詐欺」をキーに本を探していたら、
「詐欺とペテンの大百科」という4800円もする
世界の詐欺事例集を見つけました。読むのに時間が
かかるのですが、思わず吹いてしまうようなコン・ゲームが数多く載っています。一応、お勧めしておきますね。

補足日時:2002/10/03 17:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「詐欺師入門」面白そうですね。情報大歓迎です。
自分でもコン・ゲームもののシナリオのアイディアを練っていたところなので、さっそく目を通してみたい
とおもいます。
また何かあれば、よろしくご紹介ください。

お礼日時:2002/09/30 21:18

「オーシャンズ11」とか。


いや見てないので、全然違う内容かも。
「夜逃げや本舗」とか「マルサの女」とかも、コンゲームものかも。
いや見てないので、こちらも、全然違う内容かも。

J.アーチャーなら、「ロスノフスキの娘」とかお勧め。
ちょっと、コンゲームものとは、違いますが。

この回答への補足

オーシャンズ11はなかなか面白かったですよ!
まさにコン・ゲームものの映画だと思います。
ただ、話のストーリーとしては既にあるような
(どこかで聞いたような)話だったのは否めません。
風船でTVカメラを隠すアイディアは感心してしまい
ました。
「ロスノフスキの娘」は映画でしょうか?探してみます。
また何かあればご紹介ください。
どうもありがとうございました。

補足日時:2002/09/30 21:03
    • good
    • 0

もう読んでおいでかもしれませんが,コン・ゲームといえば


ジェフリー・アーチャー「百万ドルを取り返せ!」ですね.
提示された条件をすべて満たしているのは言うまでもなく,とにかく面白い!
参考URLに書評がありますので,ご参考まで.

参考URL:http://www.magazine.co.jp/regulars/bookmarker/ma …

この回答への補足

まさにその代表格みたいな小説のようです。
(インターネット調べ)
近く図書館にでも言って借りてこようかと思います。
面白いという感想をいただいたので、今から楽しみに
しています。
また何かあればご紹介ください、ありがとう
ございました。

補足日時:2002/09/30 21:06
    • good
    • 0

日本の作品じゃ、小林信彦の小説「紳士同盟」「紳士同盟ふたたび」


でしょうか。私は中原弓彦フリークですので一押しですね。
芸能界に生きる人たちが嵌められ、
窮地を脱するために天才詐欺師の手ほどきを受け…。
前者は確か映画化されてましたよね。見てませんけど。

外国ものだとA・クィネルの「メッカを撃て」なんてのも面白かったなぁ。
米ソのスパイ戦にイギリスが絡み…、後はお読みください。

いずれも新潮文庫で出てたはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
紳士同盟は観ています。映画では小泉今日子が出て
いたかな??
「メッカを撃て」を探してみます。
ご紹介どうもです。

お礼日時:2002/09/30 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコン・ゲームの面白い映画を教えてください

できればレンタルビデオ店などで簡単に見られるものがよいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ジョー・モンテーニャ主演の『スリル・オブ・ゲーム 詐欺師からの誘惑』はポーカー賭博を描かれてますがカードの知識は無くても楽しめるし、見応えあります。

Qコン・ゲームの面白い小説を教えてください

なるべく面白くて読みやすいものをお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

草上仁「スター・ダックス」「スター・ダックス2」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4257010584/250-1697445-0389002
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4257010657/250-1697445-0389002

Q小説「半落ち」が直木賞で落選させられた「致命的な欠点」って何ですか。

なにやら、
選者に「致命的な欠点」を指摘されて、
直木賞をとりそこなったと聞きました。

その「致命的な欠点」とはいったいなんだったのでしょうか。

googleで検索してみましたが、よくわかりませんでした。
(どうも「言いがかり的」なものである可能性が、
高いようですが・・・)

どなたか簡潔に教えてください。

Aベストアンサー

選考委員の北方謙三さんが「これっておかしいんじゃないか」と疑問を口にして、主催者側がある機関に問い合わせたところ、「(規則上)ありえません」との回答が来たそうです。北方さんはそれを「ちょっとしたミスではあるが、作品として成立しないほどのものではない」と見ていたのに対し、同じく選考委員の林真理子さんが記者会見で酷評し、「今までたくさんの賞を受けている作品なのに、誰も気づかなかったのか。ミステリー業界も悪い」と業界批判。「読者と差実作者側ではこだわるところが違うようだ」と読者批判とも取れる発言をし、大きな議論となったようです。
その内容に関しては参考URLに詳しいですが、作品をこれから読むつもりの方は決して見ないように。お願いします。

参考URL:http://www5a.biglobe.ne.jp/~katsuaki/sesou49.htm


人気Q&Aランキング