ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

個人で飲食店を経営しています。
去年から仕事を始めたのですが、今年(来年の3月の申告)から青色申告にしようかと思っています。

ところで、帳簿を付ける際に残っているレジのレシートの金額と帳簿の金額がズレているのは税務署が来たりする時やはり問題になりますか?

忙しい時間にレジを打ち間違えた場合、訂正する時間がないので、ミスした分はそのまま終わらせて、正しい数字をすぐに打ち直しているのですが、そのせいで、打ち間違えた金額だけ、レジのレシートの売上の金額が大きくなってしまっています。

帳簿の売上の金額は、最後にレジのお金を計算し、朝のお金の残高と差し引きして増えた分を一日の売上にしています。これが一番正しい売上だと思うのですが。

青色にしたらレジのレシートの金額と合わないと問題あるのでしょうか?
また、白でも問題となるのでしょうか?
今年の3月の申告は白で申告となるのですが、帳簿の売上ではなく、レシートの金額にしないと駄目なのですか?
帳簿の売上が正しいので、帳簿の金額で問題ないと思っているのですが。
もし、問題となるとすれば、どのようにすればいいのか正直わからず、不安に思っています。
アドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正規の簿記の原則


  正しい帳簿の金額で申告です。

帳簿に不正がなければ問題になりません。
不正がないことの裏づけにレジのジャーナル(売り上げ記録紙)を
7年間保存することになっています。
差異の原因が説明できれば問題になることはないでしょう。
今後は打ち直しをしたレシートは必ず保管(ノートなどに貼り付け)し、
レシートNo.・・・の打ち直し分と裏面に記録しておくと良いでしょう。
その場で気づいて打ち直した場合は新しく打ち直したレシートを
お客様に渡し、間違ったレシートを回収する。
間違ったレシート金額を集計し、レジ売り上げから差し引き帳簿上の
売り上げとする、それで現金が一致しなかった場合は現金過不足で
処理することになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

不正がなければ問題にならないということで安心しました。
これからは、打ち直したレシートを保管するようにします。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/22 21:29

おはようございます。


青色申告にしたい場合は開業して3ヶ月以内かその年の3月15日までに申請を
提出すれば、認められる事となっています。
それと消費税の課税業者には、なってませんか?もし該当ならば、今年の年末
までに、消費税関係の届出が必要となりますので忘れないようにして下さい。
あなたの「業種」は税務署にあなただけでなく、多くの方が申告されます。
その中で、粗利が異常におかしいとか、必要経費の中で特異性があれば、
誰でも「なぜ?」と聞いてみたいと思います。それが税務調査につながるのだ
と思います。
私の所は、3~5年の割合で調査があるとか、10年間今まで、調査はないとかは
そう言った決算書の値にあると思っています。
レジシートの訂正にしてもsuzumenoさんの回答のとおり真実性のある訂正を
行うべきだと思います。
そのほかの科目にしても聞かれて同様するのではなく、正しいものだと言える
姿勢であるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
自分では正しく付けてると思っています。
ただ、必要な資料等がよくわからないもので質問をさせていただきました。
今後も、わからないことがあるかもしれません。できましたら、また、よろしくお願いします。

お礼日時:2008/01/22 21:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレジのジャーナルについて

レジのジャーナルについて

レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、大量に溜まってしまいました。どれがどの日付かもわかりません・・・。
システムを導入して5年になるので、ジャーナルを処分しようと思っています。
PC上の販売管理システムで販売売上履歴が見れるのですが、システムに入力してあれば、仮に税務調査が入ったとしても大丈夫ですよね?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、

レジのジャーナルであれば、売上伝票もしくは領収書の控えに該当しますので
7年間の保存となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000012.html#1002000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
法人税法施行規則59条

>どれがどの日付かもわかりません・・・

ジャーナルには、日付と時間が刻印されていますので、中身を確認すれば日付が
分かります。

>PC上の販売管理システムで販売売上履歴が見れるのですが、

ご記載の内容が、売上帳に該当し売上の詳細が当該帳票を確認すれば判定できる
のであれば、ジャーナルを保存する必要はありません。
(紙媒体の売上帳票が別途ある場合)

しかし、データとして見られるが、紙媒体の帳票保存をしていない場合において
は、別途法律に従う事になります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10F03401000043.html
(税務署に届出がしてある場合は、システムとしてデータ保存のみで問題有りま
 せんが、届出がしていない場合は、紙帳票を残さねばなりません)

 ※良く分からない場合は、税理士に確認の上対処して下さい。

>レジのジャーナル(ロール紙)5年間保管するように言われていますが、

レジのジャーナルであれば、売上伝票もしくは領収書の控えに該当しますので
7年間の保存となります。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40F03401000012.html#1002000000004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
法人税法施行規則59条

>どれがどの日付かもわかりません・・・

ジャーナルには、日付と時間が刻印されていますので、中身を確認すれば日付が
分かります。

>PC上の販売管理シ...続きを読む

Q税務調査が入って困っています。

 自営のステーキ店を経営しております。1週間まえに2人の税務署の人が入っています。
白色申告で二年続き 赤、   所得が142万で控除154万ひくと 0納税です。
白申告であり15年調査が無いこともあり、レジの集計ロールも無く、テーブルの注文伝票の集計だけで売り上げ金を出していました。
でも、事前調査のときに食べた注文伝票が無く!!   正規の売り上げ額が分からない!
とのことで、  おしぼり 箸 の業者伝票 仕入伝票 や帳簿  去年の注文伝票のど1年分を持っていきました。
また、取引用の銀行通帳は提示して見て質問されましたが、そのたの通帳6通はプライベートの通帳だから拒否しました、  しかし 銀行名と講座番号はひかえていました。
2週間後に連絡して来ます とのこと 
これからどうすれば・・・・・もうまな板の鯉ですけれど、どのように売り上げ額を算出すのですか?
次回の時はどこまで拒否できるのですか?
よろしくお願いします。    
 

Aベストアンサー

私も同じ現金商売をやってます。
個人事業ですが5年に1回ぐらい税務署が来ているようです。

本当にこの売上高である証拠がないと言われて税務署員に突っ込まれましたが、でも、逆に嘘である証拠を税務署側が示さない限りは負けることはないんですね。

だから私はいつも強気です。
とくにごまかしているわけでもないので、「じゃあこれが嘘っていう証拠は?」って聞き返してます。

それよりも態度がえらそうな税務署の人間がたまにいます。
そういう人はかなり高圧的に迫ってきます。

こっちの言うことを飲めといいたいのがすごくわかります。

そういうときは「これは捜査じゃないんですよね?」って開き直ってます。

ネットでいいろいろ検索すると出てくると思いますよ。
「税務署 捜査権」で検索してみると、いっぱいあります。

こんなサイトですね↓
http://www.cg1.org/knowledge/tyousa/100427.html

こういうのを調査前に読んでるとかなり勇気が出ますよー

がんばってくださいね!!!

Q売上と税務調査について

こんばんは。
先日、税務調査について質問したのですがそれに関連して少し興味があることがございますので質問したいと思います。

仮に小売店に税務署から税務調査が入り、そのお店の売上について調査することになったとします。実際の商品の棚卸高や売上高などのデータを付きあわせて売上が正確かどうかを調べると思われます。その際にレジの販売記録を見たり、領収書を確認したりすることで売上が正確かどうかを税務調査官が確認すると思うのですが、なんとなく私としてはレジの記録を優先して見るもの(機械で販売の記録を出入力しておりレシートなどの発行物の大元なので信頼性が高そうに思えるから)なのかなと思っています。

実際のところレジの記録で売上を証明し確認出来ればそれで終わるのか、それともレジから出力された領収書やレシートなどの記録を全て確認した上で売上の調査を行うのか、と言った点が気になっております。どなたか回答をお願いします。

Aベストアンサー

「レジの記録」と「レジから出力された領収書やレシートなどの記録を全て確認」しても、売上除外は発見されません。レジから出力されてるのですから、レジの記録と合ってるに決まっておりますし、レジの記録以上の売上にはなりません。全て確認すること自体が無意味です。
 この意味がわからないのでしたら、ご質問ください。

レジの記録以外の売り上げを把握しようとするのが税務調査です。
例えば、木曜日が定休日だという蕎麦屋があったとします。そこに税務署の人がたまたま通りかかったら営業をしてたので、そばを食べて帰った。700円で、レジ打ちもなしで領収書もくれなかった。とします。
「何月何日に営業してて、自分は700円そばを食べて、現金でしはらった。領収書は発行されず、レジ打ちもなかった」と資料を作成することになります。
 このような「資料」が税務署には溜まるのです。

売上が好調だが申告が低調だとか、上記のような資料が多く集まってるような事業者は、調査選定される可能性が高くなるわけです。

レジの記録を調査する際に、「実際に税務署員が休日にそばを食べて金を払ってる」のですから、その売り上げはどこにあるのかや?という質問をするわけです。
いきなりこの質問をしても、しらを切られたら無意味ですから、定休日はいつかとか売上の管理はどうしてるとか、定休日以外に開店するのはどんな場合かなど「外堀」を埋められます。

レジ記録に、定休日の売り上げはありません。レジ打ちしてないからです。
しかし税務署では何月何日にその店でそばを食べ現金で払ったという署員の資料がありますので、最終的には、「その日に開業してたんですよね。え?」「おかしいではないか」となり、詰まるところ「もう、本当の事を言ってくださいよ」と追求されます

うにもこうにも逃げられなくて「休日に店をあけて、レジを打たない分、売り上げを除外してる」と白状させられ、ついでにそのような除外売り上げの記録の提出を求められて、売上除外金額の全額把握がされ、
「追徴本税、重加算税、延滞税」と「住民税追徴金、住民税延滞金」と追加で納税する羽目になります。

「レジの記録」と「レジから出力された領収書やレシートなどの記録を全て確認」しても、売上除外は発見されません。レジから出力されてるのですから、レジの記録と合ってるに決まっておりますし、レジの記録以上の売上にはなりません。全て確認すること自体が無意味です。
 この意味がわからないのでしたら、ご質問ください。

レジの記録以外の売り上げを把握しようとするのが税務調査です。
例えば、木曜日が定休日だという蕎麦屋があったとします。そこに税務署の人がたまたま通りかかったら営業をしてたので...続きを読む

Qレジロールは保存義務がありますか?

レジロールは保存義務がありますか?

こんにちは。
会社の経理(税務)に関する質問です。

1.会社の帳簿書類は税法上7年間の保存義務があると思いますが
 これにお客様に渡すレシートの控えとなるレジロールも含まれますでしょうか。

 ・・・「領収証の控え」という位置づけになるのでしょうか。

2.もし仮にレジロールが法令に基づいて保存する義務があるとすれば
  イオンなどの巨大スーパーもものすごい量を保存されているのでしょうか???

どなたかご存知のかたよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1.保存義務があります。
2.電子化してます。

Q店のレジから売り上げ金を着服している人がいます・・・

オーナー夫妻とパート若干名のみの店舗で働いています。パートのうちの一人(勤続一年)がレジを操作をして売り上げ金を自分の懐にいれているようなのです。

操作とはお客様が買ったものを返品されたこととし、レジ(旧式の手打ち式で品番と金額のみが印字されるタイプ)にてマイナスした金額を自分の懐に入れる(実際は返品されていない)レジが壊れたと言ってお客様にレシートを発行せずにメモ用紙に手書きで(領収書ではない)書いた物を渡し、いただいたお金を懐に入れる。(レジは壊れていないし、後からその品物の売り上げは打たれていない)

現在わかっているのはこのような方法です。どれもお客様が商品を持って本当に返品(交換)にきた時に「おかしい・・・」となりました。
先月オーナーにいきさつを話した所、自分が対処するとの返事をいただきましたが、どうやらおとがめはなかったようで、現在も以前同様に働いています。しかし、先日またもやメモ用紙片手に返品に来たお客様が来ました。
売り場は常時一人体制です。防犯カメラはついていますが、ほとんど見ていない状態です。

現在経営は大変苦しく、オーナー婦人は他所に勤めに行ってまで、私たちのお給料を払ってくれています。
なんとかオーナー夫妻に不正をしている事をわかっていただきたいのですが、その人は人当たりは大変良く、夫妻も気に入っているようですので、また私が言ってもただのチクリや意地悪としか取られないのではないか、と悩んでいます。

本人に直接問いただしてもしらばっくれますよね?以前軽ーい感じで聞いてみましたが、即答で嘘が返ってきました。(調べればすぐにわかる事)

どうしたらいいのか本当に悩んでいます。
皆様からのご意見をお聞かせ下さい、どうぞ宜しくお願い致しますm(- -)m

オーナー夫妻とパート若干名のみの店舗で働いています。パートのうちの一人(勤続一年)がレジを操作をして売り上げ金を自分の懐にいれているようなのです。

操作とはお客様が買ったものを返品されたこととし、レジ(旧式の手打ち式で品番と金額のみが印字されるタイプ)にてマイナスした金額を自分の懐に入れる(実際は返品されていない)レジが壊れたと言ってお客様にレシートを発行せずにメモ用紙に手書きで(領収書ではない)書いた物を渡し、いただいたお金を懐に入れる。(レジは壊れていないし、後からその品物の...続きを読む

Aベストアンサー

オーナーがその女性の不正を知りながら知らないふりをしている可能性はありませんか?
オーナー夫妻と女性の間に、質問者さんの知らない何らかの事情がある可能性もあります。

もしそういう事情がないと確信できるのでしたら、
オーナーには、今まで質問者さんが目撃したことを文章にして渡した方がいいと思います。
話すだけではだめです。
具体的に日付や商品名まで入れて知っている限りのことを書いた方がいいでしょう。

Qバレない横領・着服なんてあるんでしょうか

経理・会計事務に詳しい方などに回答いただければと思います。

横領・着服に関する事件が後を絶ちません。
銀行などで何年もバレずに億とか数千万円に及ぶこともありますが、
いつかは異動、そして退職する日が来ます。
私は常々、バレずに終われる横領・着服は100%とはいえなくても、ほとんど無いのじゃないかと思っているのですが、どうなんでしょう。

借金の返済に充てるためとかであれば、まだ心情を理解できないでもないですが(でも絶対やりたくないですけど)、
遊行費に使うなどは、とても考えられません。依存症に陥っているのでしょうか。

Aベストアンサー

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務申告していない場合には、脱税で告訴されます。

 赤字会社の清算では、弁護士が管財人となり、債権者の債権保全をおこないますから、その過程で横領・着服が発覚する可能性大です。
 もしこのときに経理資料を大量に処分して経理の実態が分からないようにした場合、着服で生じた赤字のほかにまともな取引で発生した赤字も含めて、資料処分を指示した人に、債権者から損害賠償請求をされる可能性大です。
 また、横領(=着服の刑法上の呼び方)は刑法犯ですから、誰でもその事実を知った人から告発できますので、会社がなくなったとしても、債権者や管財人から告発・告訴(管財人は、清算会社を代表するので告訴できます。)

 ばれずに着服できるケースは、着服目的で会社を運営し、破産管財人にも分からないように経理資料をつくる場合でしょうが、このときは詐欺罪が成立します。
 詐欺の完全犯罪は、被害者が気がつきませんし、横領ではありませんから、ご質問の対象外でしょうか。

 一番シンプルな、金融機関の外回り営業担当者が、おばあちゃんの預金通帳を預かって、預金の引きおろしを長年に渡って行い、預金の一部を着服していたところ、おばあちゃんが自然死してしまったときには、ばれないこともあるでしょうね。

 保険金詐欺にしても、着服にしても、繰り返せば見つかる確率は急に跳ね上がります。
 データーの中に1個の異常値があることは散見しますが、異常が2回続くというのは統計的に言って、何らかの「人の意思」である可能性が95%以上です。

 ですから、普通の人には考えられない心理状況であることは間違いないと思います。

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務...続きを読む

Q税務調査で自宅に税務署のかたがきます。。。

21日に税務署のかたがきます。

「税務調査の協力をお願いします。」っと言われました。
「資料を用意して欲しい」と言われました。

きっと領収書、通帳などかなって思いましたが
領収書は捨ててしまい、通帳も記帳が終わっていたので捨ててしまいました。
帳簿?っというのも全くつけておりません。

どなたか詳しい方はいらっしゃいますでしょうか?

確定申告は、2年前からやっておりますが、自己流で間違っていることが
多いとおもいますが。。。

間違えていた場合は、税金を多く支払うことで許してもらえるのでしょうか?

補足白色申告、個人です。昨年は1000万円はありません。700万円でした。
前回、申告した領収書も捨てております。
通帳は銀行に行って、記帳したものをいただいてきたほうがいいでしょうか?
その場合、22年度のものだけでいいのか、もっと前のものからの記帳があったほうがいいのかわかりません。

Aベストアンサー

はじめまして。

回答では無いのですが、私も先日の14日に税務調査がありました。(白色 個人)

1000万円以上の売り上げ除外(その分の仕入除外や経費の未算入がある状態)を指摘され、過去7年間の銀行取引の明細を提出するように言われて、向こうからの連絡待ちです。

自分が悪いのは重々承知ですが、生きた心地はしないです。


自分も初めてだったので、何をされるか分からない恐怖心で、税理士の方に立ち会ってもらいました。

他の方も仰っている様に、余計な事は言わずに、聞かれた事だけ話すのがベストだと思います。

ネットで、人当たりの良さそうな調査官だと注意と書いてありましたが、来た調査官も人当たりが良く、指摘箇所を見つけて人が変わってました。

キチンと申告していなかった自分を猛省し、命までは取られない、家族を守らないといけないと、思いながら、少しでも前を見るようにしています。

21日なので明日ですね。がんばって下さいという言い方も変ですが、頑張ってください!!!

Q税務調査 追徴課税500万! いくら脱税したわけ?

友人の個人事業の会社の話なのですが
税務調査での追徴課税で500万の請求がきたそうです

内容は仕事を他の会社にまわしていて
まわしたことでの手数料を帳簿につけていなかったそうです

その分が3年ほど追徴課税できたとのことでしたが
他の知り合いに話をしたところ「個人事業での500万の追徴課税は大きい脱税だったんでは?」
と言っていました

この場合には友人の個人事業はいくらの脱税をしたことになるのでしょうか?
おおよその金額でいいので教えてください

Aベストアンサー

税務調査の判断基準がありますので、税額で500万円追徴課税されたということであれば、5000万円~3000万円の脱税となります。

過去3年間で、税額500万円であれば、加算税・延滞税・市県民税・健康保険税、総額で800万円を超える追徴税額ということになります。

たぶん、今後事業継続は不可能かと思われます。

税務署によってある程度基準がありますが、1年間に2000万円以上所得をごまかしたりすれば、その個人事業主は、永久管理対象者とされます。

Q開業2年目の個人事業主です。帳簿付けてません!

個人サロン開業2年目の個人事業主ですが帳簿を全然付けてません!
このままではいけないと、心が焦るばかりです。


備品や食糧、外食などの領収書やレシートは月別に袋に入れてます。

月々の売り上げ金額は大体わかります。

仕事仲間への支払いは、都度現金払いでしていたので、請求書や受領書など何もありません。

昨年度は申告もできていません。※昨年は初期の設備費用などでたぶんトントンだと思います。


私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?
お勧めの会計ソフトなども教えて下さい。※現金商売なのでごく簡単なもので大丈夫だとおもいます。

Aベストアンサー

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書など何もない仕事仲間への支払い」は、証明する方法がないので「遊びに使ってしまった」と思われても仕方がない状態です。

ですから、今からでも「人件費などのお金の流れ」を証明できるようにしておいたほうがよいと思います。

なお、「お金の流れ」を記録したものが「帳簿」で、その証拠になるのが「請求書(の控え)や領収書(の控え)など」です。

---
あとは、「初期の設備費用など」の中には、「減価償却(げんかしょうきゃく)」という独特な考え方で必要経費にしないといけないものがある可能性があります。

あくまでも「たとえ話」ですが、「40万円のものを買ったら、1年に10万円ずつ4年で必要経費に計上する」というような感じです。

『必要経費になる?ならない?「必要経費」の考え方【2/2】|All About』(更新日:2012年10月16日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14618/2/
>>[支出した金額が必要経費になるとは限らない]

>お勧めの会計ソフトなど…

まずは、「税理士」にどうすればよいか相談して、ついでに「お勧めのソフト」を聞くのがよいと思います。

ただし、「とにかく安くあげたい」場合は、(自分で勉強する必要がありますが)「税務署や商工会などが行なう記帳指導で使われているソフト」を使うのがよいかもしれません。

『個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kojin_jigyo/index.htm
>>青色申告をはじめてみませんか?
>>「会計ソフト方式」
>>指導会場において会計ソフトを用いて記帳の仕方等について説明します。パソコンは会場に準備しています。
>>※ 使用する会計ソフトの種類は、記帳指導の受託者である事業者により異なります。

『事業者サービス|全国商工会連合会』
http://www.shokokai.or.jp/somu/main_service.htm
>><ネットde記帳>
>>ネットde記帳は、…商工会で操作方法等のサポートを行なっていることに加え、身近な商工会から記帳・経理等の指導も受けられることが最大の特徴となっています。

※「民主商工会(民商)」は【別団体】です。

---
(補足1.)

「税金の時効」は、原則として「5年」、脱税など悪質な場合は「7年」ですから、「税務署の調査(税務調査)」は、いつ行われるか分かりません。

たとえば、今後儲かってきて税務申告した後で、税務署から「開業した時からの帳簿を見せてもらえますか?」というようなチェックが入る可能性は十分あると思います。

あとは、可能性は高くないですが、取引業者の税務調査の流れで自分のところにも調査が入るようなこともあります。

そうなったときに帳簿がないとどうなるかといいますと、「推計課税(すいけいかぜい)」という方法で税金を「一方的に」決められてしまう可能性があります。

具体的には、「今これくらい儲かっているんだから、○○年も○○円くらいは儲かっていたはず」というような税金の決め方が行われるということです。

もちろん、「必要経費がまったく認められない」ということはなく、同じように「この仕事だと売上の○割くらいの必要経費が妥当かな?」という感じで考慮はしてもらえます。

「推計課税」については、以下の記事が分かりやすいです。

『白色申告の話』(2010/06/25)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-527.html

---
(補足2.)

「所得税の確定申告」は、「儲かっていない≒所得税が0円」ならばしなくてもよいですが、「個人住民税の申告」は、「収入が全くない」場合でも原則として行う必要があります。

なぜかと言いますと、「収入があったかどうかすら分からない」と「国保の保険料の算定・軽減の判定」などの「行政手続き」に支障が出ることがあるからです。

『住民税の申告について|町田市』
https://www.city.machida.tokyo.jp/kurashi/tax/shimin/shimin02.html
>>【注】住民税の申告は前年の収入の有無等を市役所に届け出てもらうもので、収入が全くない方も申告の必要があります。
>>申告がありませんと、公営住宅入居・子ども手当・保育園入園・公的年金・事業資金の融資等の申請に必要な住民税の課税・非課税証明書の交付が受けられませんのでご注意ください。

ちなみに、「所得税の確定申告書を税務署に提出した人」は「個人住民税の申告書」は(市町村に)提出するする必要がありません。

『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。|国税庁』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08

※なお、「個人住民税」は「地方税」なので、詳しくは「1月1日に住んでいた市町村」にご確認ください。

『住民税とは?住民税の基本を知ろう|All About』(更新日:2014年06月06日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※分かりにくい点があれば「補足」にてお知らせ下さい。



*****
(その他、参照したサイト・参考サイトなど)

『税務調査って怖いの?』(2009/08/29)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-373.html
『第1回 税務署に疑われない「必要経費」の区分|アットマーク・アイティ』(2009/2/4)
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/kakutei/01/01.html
---
『確定申告を忘れたとき|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm
『確定申告の期限後申告によるペナルティとは|All About』(更新日:2014年02月12日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/14820/
>>延滞税の計算は…平成26年1月1日から平成26年12月31日までの期間は、【年2.9%】とされています。
---
『税務時効|大埜治仁税理士事務所』(2013年8月 5日)
http://www.ohno-jp.net/blog/2013/08/post-13-588376.html
---
『税務署の仕事|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/works.htm
>>個人課税部門は、所得税や個人事業者の消費税等についての個別的な相談や調査を行っています。また、個人事業者向けの各種説明会や青色申告のための記帳指導・研修等も担当しています。…
---
『腹が立つ国税局の税務相談室|税理士もりりのひとりごと』(2009/07/15)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-365.html
『税務署が親切|こっそりと。』(2007/03/11)
http://blog.livedoor.jp/stock_value/archives/50363449.html
『税務署は意外と親切|家族を幸せにする自営業家庭の家計管理』
http://dorobune.chips.jp/?p=155
『納税者支援調整官を設置している国税局・税務署のご案内|国税庁』
http://www.nta.go.jp/soshiki/kokuzeicho/kiko/nozeishashien/index.htm
---
『「税理士」というお店にはちゃんとした商品を並べなあかんやろ|税理士もりりのひとりごと』(2012/ 03/23)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1264.html
『ニセ税理士|税理士もりりのひとりごと』(2014/01/04)
http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1912.html
『リンク集|日本税理士会連合会』
http://www.nichizeiren.or.jp/link.html

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください

長いですがよろしければご覧ください。

>私は、いったい何をどうすればよいでしょうか?

まずは、「トントンだったことを(赤の他人にも)証明できるようにしておく」のが一番重要です。

本当に「トントン=儲かっていない」ならば、所得税もかかりませんので、「所得税の確定申告」もする必要がありません。

ですから、とりあえず「体裁」はどうでもよいので、「証拠となるものを残す、忘れてしまわないように記録しておく」ようにしてください。

---
ちなみに、今のままだと「現金払いで請求書や受領書な...続きを読む

Q税務調査

私は経理の主任をしています。過去に社員の横領を発見したのですが、上司には報告せずにそのまま見ぬふりをしました・・・
ところが、会社に税務署の調査が入ってしまい、その横領が発見されるのは確実なのですが、既に3日経過しても、その事で聞かれることもなく、上司の方も聞かれていないようなのです。

そこで、質問なのですが、税務署が横領を発見した場合、どのような手順で会社に報告があるのでしょうか?

いきなり、警察?がきて逮捕者!!なんてことになったら、私の減俸どころか首までとぶかもしれません。
税務署から、会社に報告があって会社で検討して結論をだしたほうが、まだ減俸だけで済むかもしれません。

どなたか、詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

横領が発覚した場合の税務調査に何度か立ち会っていますが、いきなり、警察がきて逮捕というケ-スはまだ一度も無いです。(横領金額も200万円~2500万円と様々です)

横領は、貴社の帳簿書類等を調査している際、不審、疑問、金銭の流れ等に不自然さがあった場合に、その場で質疑追求されてその場で発覚したり、反面調査(貴社の取引先等に調査に出向き貴社との取引を重点的に調査する)等で証拠を突き付けられた場合、その答弁内容等により発覚します。(その他偶然に発覚する事もありますが)

しかし、横領に関しては税務署はあまり関心を示さず、まずその横領によって貴社の申告所得が不当に圧縮されていないか精査します。

その結果、申告所得が過少であれば有無を言わさず課税してきます。(過少申告の原因が横領であろうが何であろうが申告所得計算に誤りがあったことには変わりがないためです)

横領金額の程度にもよりますが、横領に関しては、納税者(会社)と横領者との問題ですので、税務署はその件には介入せず、申告所得に誤りがあれば修正申告を求め、調査は終了しますが、その横領内容が仮に、申告所得に影響の無いものであったとしても、その調査現場で発覚した場合、その場にいた人間や責任者等に知られる事となりますし、また、調査結果は代表取締役や経理責任者等に報告されます。

ご質問文の感じでは、その横領事実が発覚するにしても、調査現場で発覚する場合としない場合とでは、貴氏の社内的な立場が違うというように感じ取りましたが、今となっては、横領の事実は知らなかったとして押し通すか、正直に上司に報告するかのどちらかしか無いと思います。

今更ですが、やはり、見ぬふりをしたのと、上司に報告しなかったのはまずかったですね…。

横領が発覚した場合の税務調査に何度か立ち会っていますが、いきなり、警察がきて逮捕というケ-スはまだ一度も無いです。(横領金額も200万円~2500万円と様々です)

横領は、貴社の帳簿書類等を調査している際、不審、疑問、金銭の流れ等に不自然さがあった場合に、その場で質疑追求されてその場で発覚したり、反面調査(貴社の取引先等に調査に出向き貴社との取引を重点的に調査する)等で証拠を突き付けられた場合、その答弁内容等により発覚します。(その他偶然に発覚する事もありますが)

し...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング