プロが教えるわが家の防犯対策術!

裁判所事務官は転勤ありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

特に人の利害が絡む職場ですから、担当係レベルでは頻繁に異動があったか と。



また、地裁管内でも地方支部への転勤は”当然”あるでしょう・・・地域によっては、通勤不可能(転居、単身赴任)の可能性も考えなければいけませんし、高裁管内となると県境を跨いだ転勤もあるでしょうね・・・出世すると「広域異動」もあるんじゃないかな。

転勤がイヤなら、国家公務員はお勧めできませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2008/01/20 22:07

あります。

訴訟法上の各裁判所への異動です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!

お礼日時:2008/01/20 22:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q裁判所書記官の社会的地位について(合格率やお給料など)

いつもお世話になっております。
表題のままの質問です。
法律事務所の事務員をしており、その関係でよく裁判所にお使いに出かけます。
そこで対応してくださる裁判所書記官さんってどういう立場なんでしょうか?
(素人的な質問ですみません。。。)
書記官さんたちの仕事風景を拝見すると、普通の市役所みたいな感じですが(皆さん感じがいいし、女性は私服で、しかも小奇麗な方が多い印象です)、
その内容は、裁判官がやるべき仕事の事務関係を一手に引き受けてるようですし、合格率などは司法試験並に厳しいとも。
実際に弁護士は、書記官からの電話などは最優先してますしね。
裁判に同席してるところも拝見しました。

いまいちよくわからない職種ゆえ、どういう人たちがなって、なるのは難しい職業なのか、お給料はどのくらいなのか、などが気になります。
何かご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから当然といえば当然だと思います。
これはあくまで憶測ですが、書記官の方からすればいくら司法試験に合格していても弁護士は所詮は民間人で同じ法曹でも自分とこの裁判官とは違う人種だという意識はあると思いますよ。
例え高卒で奉職した書記官であろうと、司法試験に合格した弁護士であろうと、裁判所ではそんな事関係ないですよね。

書記官の中には簡易裁判所の裁判官になる人も少なからずいます。
あまり知られていませんが、司法試験を経なくても裁判官(書記官など→簡裁判事)や検察官(検察事務官など→副検事→検事)になる道があります。

参考にならなくてすみません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E6%89%80%E6%9B%B8%E8%A8%98%E5%AE%98

まず一般に合格率と難易度は比例しないですね。

あと#1さんが書かれている様に、裁判所事務官と書記官は全く違います。事務官の中から書記官になる人がいるという事ですね。初めから書記官として就職する人はいません。

法改正によって裁判官の業務の一部が書記官に分掌されたりしていますし、コートマネージャーがいないと裁判所は動きませんからその役割は非常に大きいですぅ。参考URLもご参照下さい。

弁護士が書記官・事務官からの電話に最優先するのは、裁判所から掛かってきている訳ですから...続きを読む

Q県庁の仕事

こんにちわ。

県庁の仕事と市役所の仕事、その違いはどこにあるのでしょうか?
市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていくという理解でよいのでしょうか?
県庁の職員はどんな仕事をしているのか教えてください!

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんかもありますし、どちらかが取り立てていいとかいう問題としてでなく、比較的自分のイメージに合っているという程度の差だと考えてください)

市役所にあって県庁に無い部署としては「市民部」。いわゆる窓口業務を行う部署です。婚姻届もあれば、苦情相談もあり…市民が一番イメージしやすい部署でしょう。県庁にはこうした部署が無いわけではないのですが、あっても市町村や外郭団体、NPOなどと関わることが多く、肩書きなしの住民とやり取りする機会は少ないです。

市町村に比べ都道府県が強い部門としては、労働・商工・土木でしょうか。どれも国も強いのですが、ある程度広い区域で事業を進める必要のあるものは都道府県が行っています。これに関連して、たとえば福祉でも、生活保護のような一般的(?)な福祉は市町村ですが、児童虐待や精神障害などの特殊(?言葉の選び方が悪いです。すみません。)な福祉は、ある程度広域でまとめないと予算も組めないので、都道府県が行うことになります。

窓口が多い市役所に対して、県庁はドアの向こうの仕事が多く、一般にはイメージしにくいと思います。中でやっている仕事は、私の場合、補助金の交付に関わる事務、講演会の企画、市町村行事の取りまとめ、会議の準備、国からの調査への回答、その他伝票の処理やアルバイトの方の保険事務、旅費計算、諸々の庶務です。一つ一つ順番に片付けていくのではなく、常に4~5の仕事を並行してやりながら、電話を受けたり、お客様にお茶出したりしています^^ まだまだ若輩者ですので、庶務が多いですが。
人によって仕事のスタイルは違うと思いますが、私はもっと外に出たいなぁと思っています。思っていたよりデスクワークが多く、(先輩は結構出張したりしているのですが)自己啓発を続けないとすぐに世間から置いていかれそうです。

市役所の方と話をしていると、住民が何に困っているか、リアルに感じておられるのが伝わってきて、県庁にいると自分がオカミになりそうでヤだなぁと思います。

それでも、雇用・福祉・教育・警察それぞれと関わりながら比較的大きな仕事が出来る都道府県の立場が、私は好きですね。。。

市役所は日常生活に近い業務、県庁はその業務を行っていく方針や大枠を考えていく…この理解でほぼ間違いないと思います。イメージとしては県庁は市町村のサポート(リーダーでなくサポーター)であるという感じがあるので、「大枠を作る」というと少し違う気がしますが。

市役所勤務、県庁勤務と一口に言っても、配属される部署によって全く異なる仕事をすることになります。3年に1度も異動がある公務員ですから、どちらに行っても様々な仕事を経験することになると思います。(市役所と県庁の人事交流なんか...続きを読む


人気Q&Aランキング