あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

トーテムポールは使わなくなった木の電柱を再利用するためだそうですが
本当ですか?

という事は今はトーテムポールを作る材料が調達できないから
作らないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



「小学校の校庭にトーテムポールがあるのはなぜ?」という疑問を
テレビで検証していたのを見ました。

ご質問にあるように、昔木製だった電柱をコンクリート?に変えて
余った木材を有効に活用するためだったようです。

ただ、現在もしトーテムポールを作るとしたら
どこかから木材を購入するのではないでしょうか。
だから調達できない、ということではないと思います。
たまたまトーテムポールを作っていないだけかもしれませんね。

周りに学校関係者がいないので
「トーテムポールはもう作らないか」というのはわかりませんが...

あまり答えになっていないでしょうか、ごめんなさい;;;。
    • good
    • 0

学校にあるトーテムポールは、卒業記念制作として作られ、残されたものが大部分だと思います。

これには次の理由があると考えられます。

1卒業生が学校に記念になるものを残したい。
2卒業生みんなで作る卒業制作は、思い出作りになる。
3電柱のコンクリート化により木製の古電柱が無料又は安価に入手できる。
4トーテムポールは設置スペースが少なくて済む。(学校は狭いので・・・)

などです。3については電力会社から積極的な売り込み?があったかも知れません。

>トーテムポールは材料が調達できないから作らないのか。
金額の問題さえクリアできれば材料の調達は可能です。では、なぜトーテムポールを作らないのか。
1保存のためのスペースや景観の問題(トーテムポールがやたらたっている風景を想像してください。)
2みんなでお金を出し合って物を送る卒業記念品ですます風潮が強くなった。(又は予算が少ない学校が物で残すことを望むようになった。)
3受験の影響などで卒業制作に時間を費やすことが難しくなった。(みんなで物を作って残す卒業制作がはやらなくなった。)
4材料費の高騰(あれだけの丸太なかなかですよ。)

ということで、材料が調達できないからではなく、色々な事情が重なり合ってのことでしょうね。
    • good
    • 0

こんばんは トーテムポールって日本の物ではないですよね?下記のアドレスに詳しい内容が出ていますので参考になさっては、、、



参考URL:http://www05.u-page.so-net.ne.jp/ja2/asakira/
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ小学校には「トーテムポール」が多い?

新設校では、あまりみかけませんが、昔、小学校のグランドでよく「トーテムポール」をみかけましたが、なぜ小学校には「トーテムポール」が多いのでしょうか。なにか特別な理由があったのでしょうか。参考ホームページなどがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

推測ではたぶん卒業記念制作として「みんなで作るもの」として流行った時期があったのではないかと思います。ここにも同じような疑問がありました。何かの参考になればいいのですが、ナゾは解けていないようです。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~kuririn/nazo_12.htm

Q何故トーテムポールが学校や公園、遊園地などに建てられているのか?

何故トーテムポールが学校や公園、遊園地などに建てられているのか?

小学生の頃、作ったことがありますが何故トーテムポールだったのでしょう…

何処も行政が関係している場所なので、もしかして国家プロジェクトだったのでは!?

Aベストアンサー

最近はやっていないと思いますが

今から40年くらい前までは、西部劇映画やドラマ(ローハイドなど)が人気で、そこに出てくるインディアン(今はネイティブアメリカンと言わないと問題になるらしい)もわりと身近な存在でした。で、そういった西部劇で描かれるインディアンの集落にはトーテムポールがあったのです。実際には部族によって違うらしいですが、当時はまだハリウッドでも彼らの文化や風習に詳しい者は少なく、日本でも誤解したままインディアン=トーテムポールが定着してしまったのだと思います。また、ユネスコ村(閉鎖)などの文化事業として広まった面もあるでしょう。そういや当時の幼稚園ではインディアンの踊りみたいなのを遊戯としてやっていました(実際のものとは全く違う)。

又、こういった誤解の大きな者としては、頭皮刈り(インディアン、頭の皮剥ぐ)があります。実際にこの習慣があったかは不明というのが正直なところで、白人が持ち込んだという説もあります。

現在は、ネイティブ・アメリカンの文化・風習についての理解も進みましたから、トーテムポールを無思慮に立てることはあまりないと思います。

最近はやっていないと思いますが

今から40年くらい前までは、西部劇映画やドラマ(ローハイドなど)が人気で、そこに出てくるインディアン(今はネイティブアメリカンと言わないと問題になるらしい)もわりと身近な存在でした。で、そういった西部劇で描かれるインディアンの集落にはトーテムポールがあったのです。実際には部族によって違うらしいですが、当時はまだハリウッドでも彼らの文化や風習に詳しい者は少なく、日本でも誤解したままインディアン=トーテムポールが定着してしまったのだと思います。また、...続きを読む


人気Q&Aランキング