重力に関しての質問への回答ありがとうございました。
 おっしゃるとおり、それだけの大規模施設が床下にあるとはちょっと考えにくいですね。
 それから回答に関しての質問なのですが、「0083」というビデオ作品を見ると、月面都市は地下に4~6段(ぐらいだったと思います)の階層を作っているのですが、もしこの最下層の床下にfrankさんのおっしゃる施設があったとして、その効果は最上階の都市にまで及ぶことが出来るのでしょうか。それとも密接している最下層の部分だけなのでしょうか。

A 回答 (1件)

どもども、またfrankです


私が提案した方法では実は重力が作れても、一様な強さの重力を生み出すことはできません
例えば、磁石の磁力は磁石から遠ざかるにつれて弱くなります
私の方法もこれと同じで、重力発生装置から離れるほど重力はどんどん弱くなります
階層構造の建物で一様な強さの重力を作ろうとすると、その建物の大きさよりもはるかに大きな範囲にこの装置を作らねばなりません
(物理の計算により、はるかに大きい場合、一定であると近似できます)
地球上で我々が重力を一定に感じているのは地球上の建築物よりも地球の大きさのほうがはるかに大きいからです
おなべのフタのとってが建物だとして、装置はそのフタのフチよりもずっと大きな範囲で作らなければなりません
そこまでして重力発生装置を作る理由はないと思うので、現実的にはそのような装置は作られることは無いと思います

「1階の部分だけでも重力を発生させるために小さな装置を作ろう!」と言った人がいても、小さな装置では足の部分の重力と頭の部分の重力の差で極度の体調不良に悩まされるでしょう
1階だけでもやっぱり大きな施設が必要なんです

もし作るなら星の表面全体に装置を隙間なく埋め込めば星全体に地球上のような重力が生み出せます
まぁ、宇宙船に作るのだけは絶対に無理ですね(宇宙戦艦ヤマトはどうやってたんでしょうか)

私、ある理由でしばらくここに来れそうにないので、補足とかは別の人にお願いします
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。
 そうですか、やっぱり元々の自然状態に手を加えるのはとてつもない手間が必要なのですね(しかも成功するとは限らないし)。でもファンとしてはあれがウソだったとは思いたくないので、サンライズにはいつか都合のいい設定を考えてもらいたいものです。

お礼日時:2001/02/08 05:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Qオゾン層について

今学校でオゾン層について調べているのですが、何故南極にオゾンホールができるのかわかりません。
また、資料がもっとほしいので、おすすめのサイトや文献などがあったら教えてください。

Aベストアンサー

 このページを見てみればわかるはずです。頑張ってください。
http://www.env.go.jp/earth/ozone/pamph/full.pdf

Qオゾン層

オゾン層のオゾンホールの事について知っておられる方はいらっしゃいますか?すぐにレスください!!(>0<)

Aベストアンサー

え~と、お急ぎのようですので、詳しくは参考URLをどうぞ…。

参考URL:http://www.ietepa.org/myenvironmentalism/science/ozon.html,http://www.kankyonet.com/KANKYONET_OZONE/ozon_top.htm

Q大都市の生ごみのリサイクルについて

以前「生ごみのリサイクルについて」で質問して、いろいろな回答を頂きました。
そこで、今になってふと思ったことがあるのでまた質問させてください。
生ごみのリサイクルについて埼玉、山形などでは自治体が一体となって精力的に取り組んでいることが分かりました。
ここで思ったのですが、生ごみの排出量は東京、大阪あたりがやはり多いのではないかと・・・。それなのに、この生ごみのリサイクルに関してはあまりデータが見つかりません(調査不足かもしれませんが)。
東京、大阪などではどのようにしているのでしょうか。私は田舎者なのでよくは分かりませんが、東京、大阪ではいろいろと値段が違う(高い)だろうし、新たに施設を作る土地もあまりないような気もしますし・・・。
義務化される法律に対して大企業から飲食店やスーパーまでどのようにして対策をしている、又はしようとしているのでしょうか。
食品リサイクル法にここまで敏感なのは私だけかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

デパート、スーパー、大手外食FC系で、CSR(社会的企業責任)などを重要視している企業は、自らそのリサイクルやゼロエミッションなど、取り組んでおられます。企業のHPでIRなどにある環境報告書など読んでみてください。(生ごみ以外のリサイクルも含めて、私の知る限り、イオン系、ワタミ、マクドナルドなど他多数。)

しかしながら、それはあくまでポーズに過ぎない場合も多々有るかと思います。(注:上記の企業がそうだと言う訳ではありません。)
いろいろなことをやるにはコストがかさむ場合があります。企業での出費は当然顧客である一般人に跳ね返るわけで、社会がそれにかかるコストを良しとしない場合、なかなかその事業は発展しないでしょう。
少々高いけど、「環境に貢献している」この会社の製品にしよう・・・って言ってくれる人が増えなければなりませんね。そうすれば、相乗効果でコストも下がってくる・・・
社会ムードの醸成が必要ですね。
コンポスト化はにおいや汚水など新たな公害を生むケースも少なくありません。
今は、いろいろな意味での過渡期だと思います。
また、「農業を法人化しにくい事」など行政側の縛りもブレーキをかけているかもしれませんね。。。

デパート、スーパー、大手外食FC系で、CSR(社会的企業責任)などを重要視している企業は、自らそのリサイクルやゼロエミッションなど、取り組んでおられます。企業のHPでIRなどにある環境報告書など読んでみてください。(生ごみ以外のリサイクルも含めて、私の知る限り、イオン系、ワタミ、マクドナルドなど他多数。)

しかしながら、それはあくまでポーズに過ぎない場合も多々有るかと思います。(注:上記の企業がそうだと言う訳ではありません。)
いろいろなことをやるにはコストがかさむ場合があります...続きを読む

Q都市の緑化計画は?

二酸化炭素を減少させる為に、都市を緑化する計画はあると思いますが、実際あまり動いてるように見えません。
所々ビルの外壁や屋上に設置している所もあるようですが、どなたかどれくらい計画が進んでるのか知ってらっしゃる方がいたら教えていただけないでしょうか?
また屋上などできる箇所すべて緑化してもあまり効果は期待できないのでしょうか?私としては、土地一画を丸ごと緑地にする等大規模な変革をして欲しいのですが、そのような計画はないのでしょうか?
興味はあるのですが、無知でお恥ずかしいです。
地球規模で今まで田舎だったところもどんどん発展していってビルが建ち並び、これからも増えていくと思うと地球から緑が減っていってとても息苦しいです。みなさんはどう感じますか?

Aベストアンサー

「屋上緑化」に限って話しますと、たとえば東京都では義務化されたりもしていますし、国も動いていると先日講演で聞きました。(無論、ある程度以上の建築で、ですが)

屋上緑化の場合、緑化そのものによる地球環境への効果は正直、微々たる物でしょう。ですが、屋上緑化の効果は、日光をさえぎり、建物の冷房効率を上昇させたり、植物の蒸散効果による冷却作用などで、空調に必要なエネルギーを大きく低減させることが知られています。これが、大きなポイントです。ある意味、緑地1haとビル街1haより、屋上緑化されたビル街2haのほうが、地球環境には良いかもしれません。(計算したわけではないのですが。)

実のところ、都市と緑の問題というのは今までもある程度問題視されているので、行政は公園などの都市の緑をこれまでも結構保護されてきましたし、最近は増やす方向で努力しているようです。むしろ、民間のほうが、規制が無いところを片っ端から「開発」して、緑を失わせている側面があります。(地価対策のために皇居をなくせ、なんていう人さえいました。)

都市の緑化については、行政がわりとがんばっていると思いますが、おっしゃるとおり、郊外の開発には何らかの歯止めが必要そうな気がしますね。

参考URL:http://www.eco-journal.com/ecoreport/04_ecoreport01.html

「屋上緑化」に限って話しますと、たとえば東京都では義務化されたりもしていますし、国も動いていると先日講演で聞きました。(無論、ある程度以上の建築で、ですが)

屋上緑化の場合、緑化そのものによる地球環境への効果は正直、微々たる物でしょう。ですが、屋上緑化の効果は、日光をさえぎり、建物の冷房効率を上昇させたり、植物の蒸散効果による冷却作用などで、空調に必要なエネルギーを大きく低減させることが知られています。これが、大きなポイントです。ある意味、緑地1haとビル街1haより、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報