以前はSFを割とよく読んだのですが、もう長いこと遠ざかっています。
神林長平さんの新刊だけは出るたびに読んでいますが…

久しぶりに去年ダグラス・アダムス「銀河ヒッチハイクガイド」シリーズを、今年になってコニー・ウィリス「犬は勘定に入れません」を楽しく読みました。
この勢いが消えないうちに他のSFを読みたいと思ったのですが、如何せんここ10年ほどのSFは作家の名前さえ分かりません。
そこで、何かお勧めのSFを教えていただけないでしょうか。

最近読んだのがユーモアSFなのでとりあえず同じジャンルで探していますが、特にお勧めがあればユーモア作品でなくてもかまいません。
また国内・海外も問いません。

ちなみに私が特に大好きな作品は、ル・グィン「闇の左手」と神林長平「肌の下」「戦闘妖精・雪風」です。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

R・A・ラファティはいかがでしょうか。


短編集が何冊か国内でも出版されています。
人を食ったというか意図や底の読みかねるユーモアのある作品がほとんどです。
長編もありますが、入手しにくい上に理解しづらいという二重苦なので短編集をお勧めします。
http://ja.wikipedia.org/wiki/R%E3%83%BBA%E3%83%B …

国内だと
篠田節子の「斎藤家の核弾頭」が面白いかもしれません。
いわゆるSFジャンルの作家とは考えられていないようですが、他にシリアスなSFを何作か書いているのです。

ユーモアというより本当にふざけたSFでよければ田中啓文もお勧めしておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答、ありがとうございます。

ラファティという作家さんは知りませんでしたが、『九百人のお祖母さん』はずっと前に本屋さんの店頭で見た覚えがあります。
短編集のようですので、早速『九百人のお祖母さん』を注文します。

篠田節子さんはいろいろ気になっていた作家なんですが、以前「逃避行」を買ったはいいが読む前から辛くなってしまって(犬好きなんで)、まだ一冊も読んでないんです(苦笑)
お勧め頂いた本から入ってみようと思います。
とても参考になりました^^

お礼日時:2008/01/23 13:08

こんばんは。



質問文を読んでいたら、自分自身かと思ってしまいました^^
私も、神林さんが大好きで、ル・グインが大好きで
「銀河ヒッチハイクガイド」を見た瞬間に購入してDVDまで買ってしまった者です^^;

私の読んだ中からでしたら、
ロバート・アスプリンの
「銀河おさわがせ中隊」のシリーズはいかがでしょうか^^?

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …


あと、お求めのお答えの範疇には入らないかもしれませんが

清水義範さんの
「神々の午睡」などはどうでしょうか?


http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …

http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode …


ちなみに、私が好きな神林さんのシリーズは(全部好きなんですけど)
「敵は海賊」シリーズ
「今宵、銀河を杯にして」などです♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

おお、お仲間ですね!
私も「敵は海賊」も「今宵、銀河を杯にして」も大好きです!
特にヨウ冥(変換できない;;)の大ファンです(照れっ
それではriankarinさんのお勧めも大変期待できそうですね^^
即買いです^^

「犬は勘定に入れません」はタイトルで読んだ口なんですが(犬好き)、面白かったので機会があったら読んでみてください。
姉妹作の「ドゥムズデイ・ブック」は人が沢山死んじゃう辛い話らしいんですが(未読)、これは猫一匹死なない幸せな話です。
特に出てくる猫(気ままなお嬢様)がかわいいです^^

お礼日時:2008/01/24 09:48

ライトノベルの世界に結構ヘンなSFはありますよ。



例えば「食卓にビールを」。有名なSFのパロディもあって笑えます。
http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E5%8D%93%E3%81 …

「ロケットガール」。単なる美少女モノに見えますが、読めば結構
しっかりした設定と斬新な発想に驚きます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83 …

あの有名な「涼宮ハルヒ」のシリーズも、読めば結構SFしてますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E6%B6%BC%E5%AE%AE%E3%83 …

ま、SFと言ってもジャンルが広いですからね。お気に召すかどうかは分かりませんけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お勧めいただいた中で、特に「食卓にビールを」が気になります。
内容も軽く読めて楽しそうですし、大のビール好きなのでタイトルも気に入りました^^
とりあえず1巻目を読んでみようと思います。

お礼日時:2008/01/23 14:11

筒井康孝のショートもどうかな?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

あ、そうでした、御大を忘れておりましたね。
私は筒井さんの本をまだ片手で数えられるくらいしか読んでませんし、ショートは全くの未読でした。
ショートで良さそうなのを見繕って、早速注文します^^

お礼日時:2008/01/23 14:02

星新一はどうかな?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

星新一さんは小中学生の時に繰り返し読みました。
私のSF小説の原点は、小学生の時に読んだアンドレ・ノートンの「恐怖の疫病宇宙船」と星新一ショートショートです^^
大人になって、「電話のベルが…」や「ダイヤルを回した」等の表現を全面的に手直しされたという記事を読んで時の流れを感慨深く思ったと同時に、ちょっとした手直しでまた新しい時代にも読まれ続けられる星作品の柔軟性や強靭さに感嘆しました。

お礼日時:2008/01/23 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


おすすめ情報