ドイツロマン派の作家E.T.A.ホフマンの『Datura Fastuosa』の原タイトル、および日本語タイトルを教えていただけないでしょうか。また、この作品は創土社のホフマン全集には収録されていますか? 収録されていない場合、日本語で読むことは可能でしょうか? よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。



 ああ、あるみたいですね。ちょっと調べるのに時間が掛かりました。
 先ずはこちら。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/equa …
ここで著者hoffmann、書名Stechapfelで検索すると2点結果があります。そのものずばりの“Datua Fastuosa”では個別の目録を見てもほとんど役に立ちませんが、もう一つの方には重要な手掛かりがあります。
 “Meister Floh ; Letzte Erzählingen”(『蚤の親方;最後の物語集』いったところでしょうか)
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocD …
の内容を見てゆくと、‘Datura fastuosa (Der schone Stechapfel)’(ウムラウトはこのサイトでは表記が出来ず、文字化けとなります)が含まれているのが判ります。
 次に日本語版について。国会図書館の検索。
http://opac.ndl.go.jp/index.html
上記単行本の100というページ数からは中篇程度の長さがあるようですが、そのような題名の翻訳版は見当たりません。蚤や親方に類する題を持つ本もありません。
 そこでお訊ねの創土社版ホフマン全集の出番になります。それぞれの内容を見てゆくと、第8巻に『最後の物語集1』、9巻に『蚤の親方,最期の物語集2』が収録されています。ただしこれ以上詳しいことは判りません。
既に挙げた原書の内容から推測すると、本全体の中盤よりもあとに配置されているようです。ここから多分第9巻に含まれているのではないかと考えています。
 と思ったら、再度Webcatの目録によるとそのようではないようですね。
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/DocD …
あとは所蔵している図書館を探して問い合わせてみてください。
http://www.jla.or.jp/link/public.html
全集と銘打っていて抄訳版ということはないだろうと想います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。丁寧なご回答をありがとうございました。図書館でホフマン全集9巻にあたってみようと思います。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/02/09 07:30

次のサイトに依ればドイツ語タイトルはDer schone Stechapfelのようですね(oの上のウムラウト省略)


http://www.staatsbibliothek-bamberg.de/sondersam …
日本語タイトルがあるとすればおそらく「うるわしきチョウセンアサガオ」。
創土社のホフマン全集については何も知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございました!
自分でももう少し調べてみようと思います。

お礼日時:2008/01/23 21:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漱石全集と夏目漱石全集

「漱石全集」が岩波から、「夏目漱石全集」がちくまから出版されていますが、どう違うのでしょうか?
文庫本で小説は全部楽しく拝読いたしました。
興味が出てきて、漱石日記、私の個人主義を(これも文庫本)読んでいます。
今は、夏目漱石の価値観や思想観などちょっとしたことでも、もっともっと知りたい気持ちでいっぱいです。

Aベストアンサー

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの(第1巻が1993年)か、ひとつ前のもの(第1巻が1984年)がいいと思います。

 それからですね、
 集英社『漱石文学全集』の別巻『漱石研究年表』は、漱石の行動を、一日単位で年表にしたすごい本です。
 また、
 ほるぷ『初版本漱石文学館』は、初版本を、装丁まで忠実に復元したものです。
 また、漱石の小説は、ほとんど朝日新聞に掲載されたんですが、当時の新聞を、挿絵ごと、そのまま写真版で復元したものもあります。ゆまに書房『漱石新聞小説復刻全集』です。

 漱石のひととなりを知るには、『書簡』がお勧めです。漱石は書簡の名手で、素晴らしい手紙を数多く残しています。岩波文庫の、抜粋の『漱石書簡集』から入ってみてもいいかもしれません。

 漱石の全集は、たくさん出ていて、その歴史は、日本の全集の歴史を象徴してるといわれているんです。これを書くのに、青英舎『漱石全集物語』を参考にしましたが、そんな本が出るほどなんです。

 復刻版は、かなり大きな図書館でないとないかもしれません。最初は、岩波版『漱石全集』か、岩波文庫の漱石作品がいいと思います。

 ご参考になれば。

 こんばんは。

 仰る「ちくま」が、ちくま文庫版と仮定して回答します。

岩波:正字。旧かな。文字通りの「全集」。

ちくま:新字。新かな。難しい漢字などはひらがなにしてある。文学と評論のみ。

 『漱石日記』は岩波文庫版でしょうか。これは、新字、新かな、難しい漢字はひらがなに直してありますね。
 『私の個人主義』は、講談社文庫版かな。

 漱石の時代の雰囲気を知り、あわせて全部を見たいのであれば、#1さんの仰る通り、やはり岩波の『漱石全集』でしょう。いちばん新しいもの...続きを読む

Q詩のタイトルと収録本もわかれば教えてください

谷川俊太郎さんの作品のようなのですが、
この詩のタイトルと収録されている本を教えてください。

おかねでかえないものをわたしにください

で、はじまります。

Aベストアンサー

タイトルは#1さんがお書きの「十二月」で,「かぼちゃごよみ」(川原田 徹,谷川俊太郎;福音館書店)に収録されているようです。

 http://ehon-sapuri.jugem.jp/?eid=349

参考URL:http://ehon-sapuri.jugem.jp/?eid=349

Q新選名著復刻全集について

 古本屋で、時々「お、綺麗な本だな」と思うと、たいてい復刻版です。なかでも名著復刻全集はよく見かけるのですが、なかなか冊数が多いようで、全体が分かりません。何年に何冊のどういうタイトルの本がセットで出たのか、ご存知の方、ありませんか?
 今日は昭和47年の27冊セット25000円を発見しました。高いのか安いのか見当もつかず、完集なのかも不明。検索して見たら、他に49年や53年刊もありました。が、いずれも作家毎にバラバラになっていて、全集としては検索できませんでした。出版社はどうやらほるぷ。こちらのホームページでも分かりませんでした。
 買って本棚に並べようかなと思っているのですが。

Aベストアンサー

「精選 名著複刻全集近代文学館」

「春琴抄 」      谷崎潤一郎 著
「小説神髄 」第1冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第2冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第3冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第4冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第5冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第6冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第7冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第8冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第9冊  坪内逍遥 著
「金色夜叉 」前編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」中編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」後編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」続編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」続々編  尾崎紅葉 著
「自然と人生 」    徳富健次郎 著
「運命 」       国木田独歩 著
「有明集 」      蒲原有明 著
「高野聖 」      泉鏡花 著
「春 」        島崎藤村 著
「邪宗門 」      北原白秋 著
「三四郎 」      夏目漱石 著
「黴 」        徳田秋声 著
「悲しき玩具 」    石川啄木 著
「青年 」       森鴎外 著
「時は過ぎゆく 」   田山花袋 著
「月に吠える 」    萩原朔太郎 著
「腕くらべ 」     永井荷風 著
「夜の光 」      志賀直哉 著
「病める薔薇 」    佐藤春夫 著
「或女 」前編     有島武郎 著
「或女 」後編     有島武郎 著
「或る男 」      武者小路実篤 著
「春と修羅 」     宮沢賢治 著
「幽秘記 」      幸田露伴 著
「感情装飾 」     川端康成 著
「海に生くる人々 」  葉山嘉樹 著
「春は馬車に乗って 」 横光利一 著
「侏需の言葉 」    芥川龍之介 著
「伸子 」       宮本百合子 著
「放浪記 」      林芙美子 著
「檸檬 」       梶井基次郎 著
「晩年 」       太宰治 著
「在りし日の歌 」   中原中也 著
「如何なる星の下に 」 高見順 著

「作品解題」     名著複刻全集編集委員会 編


-----------------------------------
間違いが含まれているので参考程度に。
正確には、各「作品解題」を参照の事。

「精選 名著複刻全集近代文学館」

「春琴抄 」      谷崎潤一郎 著
「小説神髄 」第1冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第2冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第3冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第4冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第5冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第6冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第7冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第8冊  坪内逍遥 著
「小説神髄 」第9冊  坪内逍遥 著
「金色夜叉 」前編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」中編   尾崎紅葉 著
「金色夜叉 」後編 ...続きを読む

Q子供向けの文学全集を買うとすれば?

子供が小学1年生になりました。
私は子供のころ、小学館版「少年少女世界の名作文学」をよく読んでいました。
けっこう面白い話が多くて、「ほら男爵の冒険」とか「でぶの国、のっぽの国」など、今でも忘れられないです。

いわゆる名作ばかりでなく、ちょっと面白いセレクションの全集を探しているのですが、現在手に入るものではどんなものがお勧めでしょうか。

Aベストアンサー

全集よりも、岩波少年文庫はいかがでしょうか。
大きさも揃っていますし、値段もおてごろです。
なにより
読者の対象年齢にあわせた選び方ができます。

どかっと本を与えるよりも、
大きな本屋さんか、図書館に子供さんを連れて行って
棚から選ばせてあげるのが一番だと思います。

この文庫では人気のあるシリーズの
始めの巻を読めますし、
好きなシリーズ本ができたら、ハードカバーの
単行本に買い換えることもできます。

Q新編日本古典文学全集 源氏物語 を安く買うには?

【新編日本古典文学全集 20 源氏物語 全6巻】 
〔紫式部/著〕 阿部秋生/〔ほか〕校注・訳
出版社名 : 小学館 (ISBN:4-09-658020-1)
発行年月 : 1994年03月
…を、定価よりもなるべく安く手に入れるには、どうすればよいでしょうか?
卒業論文で使いたいのですが、1巻で5千円近くするので、全6巻を揃えると3万円近くなってしまうのです。
他にも購入したい本がたくさんあるため、古本でもよいので安く買いたいと考えています。
図書館で借りると返却期限があり、書き込みができないので…。
皆様、お知恵を貸してください。
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
既にご存知かも知れませんが、「スーパー源氏」で検索するというのはどうでしょうか?
国文関係の古書を専門に取り扱うネット書店です。

参考URL:http://www.murasakishikibu.co.jp/oldbook/sgenji.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報