最大1万円超分の電子書籍プレゼント♪

タイトルどおり、25.4ミリ径(と思われる)ノーマルタイプ一体式ステムに26ミリ径(と思しき)ドロップハンドルを組み込んでしまいました。
自転車はビアンキミニベロ9フラットバータイプです。
ふとドロップハンドル化を思いつき、ネットで購入した
EASTONとかいうブランドのドロップハンドルを、オリジナルステム開口部をレンチを使ってこじ開けつつ、装着したのですが。ハンドルセンターを通すときまでこじ開けなければ通らなくてこのきつさは変だなあと思いつつも装着してしまいました。
(ステムのボルトを締める必要もないくらいしっかりはまってます。)
後でネットなど見てみると、ロードタイプハンドルは26ミリが標準と書いてあり、この異常なきつさはマウンテンバイク用24.5ミリステムにロード用26ミリハンドルを組み込んでしまったためかと思い当たったしだいです。
0.6ミリの違いは、使用上無視できるものと考えていいのでしょうか?
それとも無理やり装着のため、ある日金属疲労とかにより割れてしまう恐れがあるものでしょうか?
せっかく装着できたので、できればこのまま使用していきたいのですが
アドバイスをお聞かせください。

A 回答 (2件)

 稀に25.4mmと26.0mmの両方に使えるステムもありますが、大多数の製品はそのような使用法は認めていませんし、誰もそれで大丈夫とは言えません。


 金属疲労で折れることよりも、ステムとハンドルの径が違うことで接点が少なくなり、大きな力が加わるとハンドルがずれたりするリスクの方が大きいと思います。
 いずれにせよハンドルかステムを交換することをお勧めします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あきらめてはずしました。あらためてロード用26ミリ径のステムを探します。
ところで、あれっ?と思ったのですが。私のビアンキミニベロ9にはフラットバー仕様と、ドロップハンドル仕様があるのですが、それぞれクランプ径の違うステムを使っているのでしょうかねえ?

お礼日時:2008/01/25 14:45

接合部がいちばん負荷が掛かることを考えれば


自分でしたら不安でとても使えません
下りでステムが折れてそれが顔面に・・・とか考えてしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。あきらめます。
組み込んでみたものの、まだ一抹の不安があり乗っていません。
おっしゃるとおりで、突然ポキッとなったら怖いです。
0.6ミリの誤差は許容範囲ではないということですね。

お礼日時:2008/01/25 14:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング