初めて質問させて頂きます。
主人が個人事業で運送業を起業しようと考えていますが、
ネット等で調べても、法人の手続き方法はたくさん紹介されているのですが、個人事業主になるにはどうすればいいかがなかなか載っていません。
個人事業でも一般貨物自動車運送事業経営許可という許可を取得しなければならないのでしょうか?
上記の許可証と一緒に税務署に届出を行えば、事業は始められるのでしょうか?
素人がネットで得た情報だけで、かなり曖昧な知識で不安です…。
どうかご教授お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

個人事業主になるのは単に「なった!」と言えばその瞬間に事業主です(笑)手続きとしては税務署に「事業開始届け」を出しておきます。

別に許可証は必要ないです。単なる届出ですので、ポンポンと判子押して控えをもらえるだけですが。
ちょっと調べてみましたが・・一般貨物自動車運送事業経営許可は
http://www5.ocn.ne.jp/~setocity/kamotsu1.htm#1
>他人の需要に応じ、有償で、自動車(三輪以上の軽自動車及び
>二輪の自動車を除く。次項及び第七項において同じ。)を使用して
>貨物を運送する事業であって、
なので、軽自動車だと適用外なのでしょうか。

ただ、運送業・・それもこの手の軽貨物便に関しては厳しい話を良く聞きます(以前日経ビジネス誌などでも取り上げられていました)。とにかくガソリン高騰などもあって経費はかさむのに、運賃は叩きあいする一方ですから。
安いとかなんと言いながらも、とにかく毎月必ず給料が入る会社員と違って仕事がある程度確保できなくてはいきなり収入ゼロどころかマイナス(車両関係の経費などは収入ゼロでもかかってきますから)になります。

個人事業である以上は自分が社長です。仕事は自分でとってこなくてはなりません。もし、どこかの本部などから仕事が来るから・・という話でしたら、眉毛に唾を5回くらいつけたほうがいいです。なにせ、その本部が発注しなくてはならない義務は無いんですから。
個人的なツテなどで、どこかのお知り合いのところの配送業務をそっくり外注されることが確定しているなど、よほど手堅い売り上げが見込めるようになっているのでもない限り、最初の一歩は慎重になられたほうが良いと思います。
    • good
    • 8

> 主人が個人事業で運送業を起業しようと


現在のお勤めは関連のある業種なのでしょうか?
ANo.1 さんも書いていらっしゃいますが、お仕事の当てはあるのでしょうか?
   
私の周りでも二人、個人事業で軽自動車でやっていますが
その内、義弟は軽自動車での配送業界にいて、勤め先の会社が倒産し取引先の方が勧めて下さって個人で始めました。
そのような状況ですから、始めから仕事はありましたが卸し市場からスーパーへの配送ですから年中無休(昨年休む事が出来たのが3日だけ)
しかも朝は5時には出かけます。(夕方は4時頃には帰りますが)
   
もう一人は所謂脱サラです。
赤○という軽自動車の配送です。
仕事は本部からの指示が来るとの事ですが、夜でも来るのだそうです。
そのため晩酌さえままならない、無理だと断ると条件のいい仕事は回ってこなくなるそうです。
これは3年前の事で、それ以降は音信不通ですからその後どうなった事やら・・・・
   
運送業界はコストダウンを迫られ、更に燃料費の高騰もありかなりきついようですよ。
その業界に身を置いていて、見通しがあっての起業であればいいのですが、十分な見通しもないままでの起業は大体失敗します。
    • good
    • 2

手続きの方は、役所に行って相談するなりすれば、問題なく進んで行きますが、事業をはじめるに当たってお客の確保は大丈夫でしょうか?、とても心配です。



起業する場合、一番大事な事は「いかにしてお客を集めるか?」です。それさえ確保できれば、何で起業しようと大丈夫ですが、ほとんどの方が、起業まえは「お客を集める」事に無頓着です。中にはお客は他人(会社等に斡旋)紹介してもらって仕事をしよう等という無謀な人までいます。そうでなければ良いですが、、、大丈夫でしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
主人は社会人になってからずっと運送業をやっており、独立すれば仕事を任せたいと言って下さる荷主さんも少しずつ現れ、本人の夢でもあったことから独立を考えている次第です。

もちろん燃料も上がり、競争ばかりが激化しているこの時代なので
うまく行く保証もありませんが、個人事業からこつこつ始めていずれは法人に出来れば・・・。と思っております。

ただ、運送の仕事内容には詳しくても、法務的な手続きが全く無知な状態で、何から手をつけて始めればよいか右往左往している様な状況で、司法書士等に相談すれば良いのですが、hororo07さんのおっしゃる様に税務署等で自分で手続きが出来る様ならその方向で進めたいと思い、
ご相談させて頂きました。

税務署に問い合わせてみます。
有難うございました。

お礼日時:2008/01/24 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運行管理者/貨物自動車運送事業

私56歳で今年3月に運行管理者試験を受けます。1月25日からの講習も受けますが試験が年々難しくなってきているとの事。事業所の所長をしている手前落ちる事は出来ませんのでアドバイス御願いします。
必ず合格する為の勉強の仕方も教えてください。宜しく御願いいたします。

Aベストアンサー

一般貨物の運行管理者資格者証を持っています。
運行管理の試験問題ですが・・・・
1.貨物運送事業法   8問
2.道路運送車輌法   4問
3.道路交通法     5問
4.労働基準法     4問
5.一般常識      9問
と言う順番で出題されていたと思います。
合格基準が各科目ごとに1問以上の正解で総合得点が
今年までが17点。来年から18点が合格基準です。
私の勉強方法は、貨物運送事業法と一般常識を中心に勉強し、この2科目で得点を稼げるようにしました。
また、問題の方も確かに国家試験ですから捻くれ問題が多いので、焦らずゆっくり読んで回答した方が良いと思います。
私が受験した時、goo470さんより年上の方や女性の方も多く受験していたので、頑張って下さい。

Q貨物軽自動車運送事業を始めるにあたって

知人が貨物軽自動車運送事業を始めようとしていますが、車両の購入費160万位+黒ナンバーを取得するのに40万位で計200万の費用がかかると親会社(?)に言われているようです。

その親会社から仕事が貰えるようですし、ナンバーの取得だけではないのでしょうが、40万は高い気がします。
詳しい仕組みはわからないのですが、実のところその位の費用がかかるのは普通なのでしょうか?

しかも先の200万は2箇所の金融機関から借りなさいと言われているようです。なぜなんでしょう?

ご存知のかたよろしくお願いします。

Aベストアンサー

40万は、高いです。
自分で手続きをすれば、2万もかかりません。
チェーン本部の収入になるわけですね。
要は、それに見合っただけのサポートがあるのか、という事でしょう。

2カ所から借りなさいというのは、「大きなお世話」。
たぶん、紹介先の金融機関から、バックマージンがチェーン本部に入るのだと思います。

まぁ、この業種は仕事をつかむ事が最大の困難ですから、その事で十分な支援があるのでしたら、40万など安い物だと思います。
ロクにサポートなど無いのでしたら、サギ的商法という事になりますね。

Q貨物軽自動車運送事業を市街化調整区域で起業したい

 お世話になります。

 軽自動車での運送業起業のため貨物軽自動車運送事業のナンバーを取得したいのですが通常、市街化調整区域では取得ができません。

 具体的な住所を伝えた上で、陸運局、市役所の都市計画課、宅地化にも相談いたしましたがやはり無理でした。

 ただ、法務局の資料で数年前までこの住所で 市街化調整区になったあと貨物軽自動車運送事業を法人が営んでいた形跡があり、その点を各役所に追求しましたが「それはわからない」との回答。

 登記簿上の住所が市街地でも車両の保管、営業場所が市街化調整区域では許可が出ないはずなのですが堂々と営業していた実態もあることから、何らかの手段で貨物軽自動車運送事業のナンバー取得できるものではないのか と思い質問させていただきました。

 ご回答の程何卒よろしくお願いいたします。

 
 
 

Aベストアンサー

自宅兼事務所兼車庫ではないですか?

私の知人がそのような形で開業しています。ただ規模を拡大する事は難しいようで新規に車庫と事務所を立てるべく土地探しをしていますね。

知人の会社は自宅を本社にして法人登録していますし、市街化調整区域内に自宅があります。

Q引越業者を開業しようと考えています。 そこで思ったことが、貨物軽自動車運送事業は軽トラックのみ使える

引越業者を開業しようと考えています。
そこで思ったことが、貨物軽自動車運送事業は軽トラックのみ使えるのでしょうか?
私は2tトラックで始めたいと思っているのですがそれは不可能なのでしょうか。
もし出来ると言うのなら、それに必要な許可、資格など教えてください。
不明な点はコメントしてくださればお答えいたします。

Aベストアンサー

一般貨物自動車運送事業 許可制
→普通車(1ナンバー)、小型貨物(4ナンバー)
営業区域規制は廃止された。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/whatsnew/low_track.htm
軽トラックはあてはまりません。

貨物軽自動車運送事業 届け出制
→軽貨物自動車、125cc以上のバイク

http://wwwtb.mlit.go.jp/shikoku/benri/truck.html

一般貨物自動車運送事業と貨物軽自動車運送事業
で調べてみて下さい。

Q運送業の事業所税の非課税対象について

運送業の事業所税の非課税対象について

お世話になります。
当社では建設業と一般貨物自動車運送事業を生業としています。

事業所税の非課税対象を見ていたところ、

「一般貨物自動車運送事業又は貨物利用運送事業を経営する者がその本来の事業の用に供する施設で、事務所以外の施設」

は非課税だと書いてあります。
この場合、「車庫」は非課税対象となるのでしょうか?

本社の事務所から0.5キロほど離れた場所に、400m2ほどの倉庫を持っています。
その倉庫の3分の2は建設業の資材倉庫に、残りの3分の1を運搬車両の車庫および運搬に使用する機材置き場として使用しています。

その3分の1を非課税にできるのでしょうか?

回答お願い致します。

Aベストアンサー

非課税の要件は

一般乗合旅客自動車・一般貨物自動車運送事業又は貨物利
用運送事業を経営する者がその本来の事業の用に供する施
設で、事務所以外の施設

となっています。
条文を読む限りでは、業として上記の事業を行っており、その倉庫が本来の事業に通念上必要と認められれば非課税となるでしょう。念のため課税部分と非課税部分の区画を明確に分け、その利用の記録、例えば運送に関連する入出庫の実態のような資料を揃えておけば良いと思います。
課税の判断は現場の調査の上行われますので、その倉庫が日常的に運送業のために使用されていることを理解されるような状態を保つことが肝要でしょう。
私の経験したケースでは担当官はかなり詳細に実態をみて、課税と非課税を厳密に判定するという印象でした。(必ずしも非課税部分を否定するというものではなく、定めのとおりに忠実に判断する姿勢ということです。)

詳しくは市町村にお問い合わせすることをお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報