人前で話すのが苦手で困っています。親しい友だちでもみんながだまって聞いている状況だと、赤面してしまいます。なので、あまり親しくない人たちの前だとなおさら赤面するし、自分が何を言ってるのか分からなくなる時があります。
周りの人たちは、大勢の前でもすらすらと笑顔で言いたいことを上手に話している人が多くて、私はますます目立ってしまっている気がします。
上がり症をなおしていくための日ごろの行動など、何かアドバイスがあったら教えてください。また、何かそういう講座などがあったらそれも教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

上がり症の克服方法は世間では沢山あると思います。


頭で考えて直そうと思っても出来るものではないです。

世間一般に言われている克服方法には「場数を踏めば直る」や「気にしなければいい」などといううわさがありますが、あれはあまり効果がない。というよりまったく効果がないと思います。

上がり症の根本的な原因は潜在意識(無意識状態)にあると思います。
そこをどうにかしないと、どうにもならないと思います。

世間で出回っている講座なども受講するのに10万円以上は掛かります。そういうことも考えて克服方法を探せばいいと思います。
    • good
    • 0

アドバイスになるかどうかわかりませんが、


あまり物事を深く考えすぎないことが大事だと思います。


何かの本で書いてあったのですが、
「自分一人の失敗なんて世界的に見れば本当に小さな出来事だ。」
「自分が失敗したとしても、周りの人は誰もそんなに気にしてない。」
「まあ何とかなるだろう。」
というぐらいに考えておけばいいと思います。
私も少し前までかなりの上がり症だったのですが、
そう思うことで何事にも結構落ち着いて取り組めるようになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼の遅くなって申し訳ありません。
そうですね。きっとみんなは軽く聞き流してる程度なのかもしれませんね。自分一人でいろいろ考えすぎてしまっているのがいけないのかも。
今度みんなの前で発言する時には、NO.4さんが教えてくださった本の内容を思い出して気持ちを楽にしたいと思います。
アドバイスありがとうございました!

お礼日時:2008/02/13 00:39

No.1です。



アガッて見えないコツというか。。
アガルと声が高くなっちゃうんですよ。なので、しゃべる前に深呼吸して、
ワントーン低い声を出すようにすると、ちょうどいいぐらいの声になるみたいです。
自分はすごくアガッてるんだけど、周りは「全然そうは見えなかったよ~」…らしいです。

アガらない対策回答にはなってませんが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。
また回答していただいてありがとうございました。
確かに私も声が高くなってるかもしれません。NO.1さんのようにワントーン低くしてみます。
それにへんにがんばってしゃべろうとして早口になってしまう時があるので、深呼吸して低めの声でゆっくり話してみます。
自分が思ってるほど、回りにはあがってるって感じないのかもしれませんね。そうだといいのですが・・・。
がんばってみますね。ありがとうございました!

お礼日時:2008/02/13 00:31

まさに、習うより慣れろ!だと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

「習うより慣れろ!」ですか・・・。
慣れるほどの機会はないので、それはなかなか難しいのです。たまーにしかない、その場面をなんとかしたいなと思っているのですが・・・。

お礼日時:2008/01/25 22:49

>上がり症の克服の方法


これは性分ですから、なかなか難しいですよね。

私の経験ですが、ある日突然PTA会長に「くじ引き」で決まったんです。
昨日まで普通の「○○ちゃんのおばちゃん」から幼稚園の会長さん。
いろんな行事で挨拶をするんですよ。
まずはPTA総会!もうガクガクでした。

>大勢の前
とは?どれぐらいでしょうか。

もし、体育館のような大きなところなら、
なるべく後ろの方の両サイドに誰か2人見つけけます。その2人に話しかけていると思い込みます。
左右を交互に見て、たま~に全体を見渡す。(このときちょっとクラっとしますが。。)
全体を見ると怖くなりますからね~。

もし、教室ぐらいのところなら、
悪いけど、みんなをジャガイモと思います。そして後ろの掲示板に話している気持ちになってしゃべります。

とにかく友達とおしゃべりしてるときと同じ気持ちに持っていけるかどうかです。
あとは慣れるしかないんですよね。
だから普段から聞き役と話し役と同じくらいにするとか、話し役を多くするとか。

だけど、大勢の前で声を発するだけで涙が出てしまうって人もいましたし、無理することはないし、
できる限りでいいと思います。それも個性ですから ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くじである日突然会長さんですか! こうなったらもう、あがるだの言ってられませんよね。でも自分だと想像するとどうなってしまうんだか・・・! 私もその可能性が無いわけではないので、もしもの時は「両サイドの誰か二人に話しかけるように」というふうにしたいと思います。 とりあえずは教室ぐらいのところなので、人を何かに見立てて掲示板に話しかけてみます!
「無理することはないし、できる限りでいいと思います。それも個性ですから^^」・・・ありがとうございます! ある程度はどうしようもないのかもしれませが、工夫してがんばってみます!!

お礼日時:2008/01/25 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤面症の心理

私は、赤面症に悩んでいます。
人前に出たり注目されたりすると、
とたんに燃えるように顔が熱くなります。
これは、心理的な問題なのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
赤面症の方意外に多いですよ。
なんでこうなるかのメカニズムとしては、やはり経験が脳に対してとても大きく作用しているからです。
とっても小さいときに人前に出てもそんなに緊張していないのは、緊張するーというストレスを受けたことがないからです。
物心が付き、人前に出たりすると大体の人は大勢の人の前で失敗はしたくない。と思います。
そうすると必要以上にプレッシャーを感じそれを脳は覚えています。
脳内では「好き」「嫌い」などを自分の経験から判別する学習機能がありますから、そのときに嫌いだとかあーやばいと思うと、強烈に印象に残りその後人前に出ると・・・緊張し動悸が始まります。そうすると血管が開くため顔が赤く見えるのです。
昔はこれを克服するなら場数を踏め!などといわれていましたが、人前でも数人の前でとか、家族の前で、友人の前でなどと慣らして行き、その強烈な経験を少しずつ変えていくことが一番でしょう。

Q赤面症は治らないですか?

私は、人と接する事は大好きなのですが、大勢の前に立つと必ず赤面し額から滝のような汗が流れます。やっぱり緊張してしまうんですね。気にするなといわれてもやはり人間なので気にしない事はできません。赤面症って治す方法はないのでしょうか?よく深呼吸して掌に”人”という文字を書けといいますが、私には全く効果がありません。

Aベストアンサー

血行がよい証拠です。

だれでも,大勢の前で,プレゼンをしなければならないときには,緊張します。度をすぎることもしばしばでしょう。そのとき,ひざが震えるタイプ(わたし)もいれば,顔が赤くなるタイプもいます。

緊張しすぎが諸悪の根源なのですから,緊張をほどほどにするようになれば,解決ですね。

みんなの前でなにかするとき,みんなが全員,審査員となって,自分の挙動を審査されている気分になっちゃいますよね。
おそらく,この審査されている気分が,よけいに緊張させるモトなんじゃないかなぁと思います。

わたしはわたしよ!どうよく見せようとしたって,わたし以上のわたしはお見せできまへん,と開き直ることができるようになれば,すこしは,ラクになるかもしれませんね。

ちなみに,ひざがガクガク震えてたのは,24歳くらいのときの仕事。いま,43歳ですが,どんな場面にいっても,わりと平常心で応対できるようになれたような気がします。

結婚式のスピーチも25歳くらいまでは,原稿を手に持って,見ながらでないとできなかったです。
が,先々週,部下のスピーチでは,わたしの上司が主賓だったのですが,わたしの原稿とネタがかぶってしまいました。
自分の番までに,急遽,スピーチシナリオを訂正して,マイクの前に立ちましたが,なんとか,そこそこウケたし,部下も,まぁまぁのスピーチでしたぜ,と品評をしてくれました。

やはり,大勢の人は,なんも聞いちゃいないと思ってスピーチしたのが,よかったんだろうと思います。

というわけで,赤面症という病気ではなく,度を越した緊張をするタイプのjones0901さんは,大勢の前でも緊張の度合いをほどほどにする努力をしましょうぞ。

血行がよい証拠です。

だれでも,大勢の前で,プレゼンをしなければならないときには,緊張します。度をすぎることもしばしばでしょう。そのとき,ひざが震えるタイプ(わたし)もいれば,顔が赤くなるタイプもいます。

緊張しすぎが諸悪の根源なのですから,緊張をほどほどにするようになれば,解決ですね。

みんなの前でなにかするとき,みんなが全員,審査員となって,自分の挙動を審査されている気分になっちゃいますよね。
おそらく,この審査されている気分が,よけいに緊張させるモトなんじゃな...続きを読む

Q「何かを得たなら、必ず何かを失う。」とこれを今更分からない人はいない筈ですが……………………。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まなかった。不真面目で字も下手。
なので、親や先生から「もっと本をしっかり読め。知恵が付かないぞ。」とか「もっと性根に入れて勉強しよう。」
等と、何度も何度も言われて、諭された。

そして。
高校へ入って、S氏はまるで180度変わったかのように、勉強と読書を好きになり、真面目になって字も上手。大学に入って読書家になったのだが、
その分、まるで代金を支払ったかのように、かなりの人見知りになってしまった。
偶に喋るかと思ってもボソボソとしか言わない。
すると今度は「もっと人とのコミュニケーションを大事にしなさい。」とか「もっと喋らないとやって行けないよ。」
なんて言われて諭されている。
しかし傍らではよく「真面目だねえ。」と褒められる事も屡。

そして就職活動の時も困った。でも消去法で介護施設へ入って黙々と頑張っているので、偶に「もうちょっと声出そうよ。その方が良いよ。」と時々言われる事はあるも、「真面目だねえ。」とよく褒められたりもする。
優しい人が多い職場だし、彼は寧ろ慕われてはいるが。そして今は彼は作家志望。元々は内向的な芸術肌。


如何でしょうか?

・明るくて元気が良かった頃は、反面本とかを全く読まなかった。ゲームと漫画しか能が無かった。怠け者でチャランポランだったので、勉強も運動も嫌いだった。

・そして思慮深くなり、勉強と読書を好きになったかと思えば、今度は無口で非社交的に。
でも、オマケに合間で筋トレも頑張るようになった。
勉強が嫌いだった頃は、ダラダラとしていた為筋トレもしなかった。



彼の場合はこれです。


「社交性を犠牲に、向学心(好学心)を手に入れた。」と。


しかも満更"言い訳"ではなく、"正当な理由"に値すると、確信している模様です。


「明るくて元気よくて、且つ勉強や本が好き」なんて人は、いたとしても少ないですよね??

彼の場合は、

「明朗快活で勉強嫌い」か、
「非社交的で勉強家」

のどちらかでないと無理だそうです。

致し方無い事なんでしょうか?如何ですか?


そもそも、親や先生が子供達に言う
「本をしっかり読みましょう。」と
「人とのコミュニケーションを大事にしましょう。」は
本来、この2つは矛盾しますよね。相対していると捉えられがちですね。
ですが、一概には言えず、必ずそうとも限りませんが、人によりけりです。

漫画やドラマの世界ではよく、まあキャラの分担が解り易いようにステレオタイプ化されている場合が多いですよね。
「内気な分、本をよく読んでいる。」
「本は読まない分、明るく活発で話し上手。」

「バランス型はいても、片方を極めたら、もう片方を極める時間は無い!!だから、大読書家と、超話上手の両立は無理。」


ですが、彼の場合は、盥回しの渦だったようです。

A.元気が良かったその頃は本を読まなかった。

B.「本をもっと読もうよ。」と、鬱陶しいぐらいよく言われて諭された。

C.やがて本を読むようになった。(しかし、オマケにしなかった筋トレ、水泳、ジョギングまでつられて頑張るようになった。それまでは運動もてんで駄目だった。根気が付いたからだろうか。)

D.人と話す事を忘れ、知らずのうちに引っ込み思案に。

E.「もっと友達作りなよ。もっと喋ろうよ。本ばかり読んでるでしょ。」と親や先生、周囲の人から言われて諭される。

F.「何て我儘なんだ!身勝手な!あの時、ああ言われたから、ちゃんとやったのに!!」とイライラ病、躁鬱病状態に。

G.現在に至る。
相変わらず、彼の趣味・特技は、文科系の学問(政治、歴史を除く)と読書と、筋トレと水泳。
理系の学問と球技は相変わらず苦手なままだけれど。

文武を頑張った分、社交性が失われた。
こんなもんですかね?
でも基本的な彼の性格は、真面目で几帳面で優しいと、
昔からそのままです。ただ尚且つ頑固、虚勢張りに、神経質~神経過敏になりましたね。

これは、満更映画や漫画の世界ではなく、実際でも何故~~か、不思議とそのようになっている感じですよね?

何かに満足すると言う事は、また新たな不満を生み、悪い所を一つ治せば、また新たな欠点が生まれると言う事。

私の友人S氏の場合です。
これから話す内容は、まあ事実ですので聞いて下さいね。
「やっぱり、何かを得たのと引き換えに、何かを失った。」のですよね?


昔のS氏と今のS氏について。

小さい頃のS氏は、

・明るくて元気が良かった。しかしその頃は、勉強も嫌いで本も読まな...続きを読む

Aベストアンサー

>何かを得たなら、必ず何かを失う。
「必ず」ということではないと思います。自分が進みたい方向が2つあって、どちらかを選べねばならないという場合、そういうことがいえると思いますが、質問者様の仰る「Sさんの場合」がこれに当たるとは思いませんね。単に成長の途中で性格が変ったという例だと思います。
社交性が失われたということは残念ですが、それ以上に得たものも大きかったのではありませんか。私は彼のためには良かったと思います。
社交性はそのうちに過不足ない程度に良くなるだろうことは間違いないだろうと私は思います。
友人のことを心配しておられる質問者様のお気持ちは素晴らしいと思いますが、ご心配は無用だと私は思います。

ご参考まで。

Q赤面症

ぼくは赤面症で悩んでいます。人と話すとすぐ赤くなるし、人前に出るとすぐ赤くなります。そのせいで人と話すのが苦手になり、自分に自身がもてなくて自分のことが嫌いです.人の目もやたら気になって行動することも一苦労です。赤面症を治せる方法を教えてください.

Aベストアンサー

自分も人前で話すとすぐに赤くなります。
学生時代からずっとです。
自分なりに考えて(体験して)思うことを下記に書きます。
あくまでも参考程度にしてください。

・赤くなるのを気にしないこと。
→これは、自分が思っているほど他人はなんとも思っていないからです。
「あ、この人は人と話すのが苦手なんだな」ぐらいにしか思いません。

・顔をあげて周りを見ること。
→これは自分がよくやってしまうのですが、下ばかりみて、人が自分を
みているような気がするんです。そして自分でどんな風に見られているか
勝手に想像してしまいがちです。なので、ちゃんと自分の目で周りをみて
いれば変な想像はしません。

・人と話す時は、相手の目を見て、相手の話すことに集中すること。
→別に赤くなろうが関係ない!相手の話に耳を傾けよう!という姿勢が
いい結果につながると思います。

以上ですが、その日の体調などで赤くなりがちな日ってあるもんです。
必要以上に自分が赤くなるのを気にしないでください。

Qお礼 何かしてもらっとき、 何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、 中にはお礼を言われたい人

お礼

何かしてもらっとき、
何かされたときに、ありがとうとお礼を言うが、
中にはお礼を言われたい人がいるようで。。。

これまたややこしいこともあるんだけど、
相手に何かしたとき、お礼を言われないと、

あの人はお礼を言わない。
普通はお礼を言うものだ。
失礼な人だ

と思う人もいるらしい。

お礼は、してもらいたいから何かをするのではないと思っていた。

なんにでも、ありがとうございますと言う人が多くなったからでしょうか。

お礼を言われたい心理は、どこから来るのでしょうか??

Aベストアンサー

お礼を言われたい心理はかんたんです
・私ってよく気が付くでしょ(気が利く)
・あなたの分もやっておいてあげたわ ありがたいでしょ
と思われたい そしてお礼を言われて満足する
「私ってなんて世のため人のために役立っているんだろう」
自己満足に浸る

人それぞれ考え方はありますので お礼はした方がいいですね(とりあえずでも)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報