グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

 先日子供が 卒論を提出したようです。(文系)
子供の話では他のゼミの先生はちゃんと4年になってからもゼミをして赤ぺンで直してくれてるとか(提出前なのでしょうか?) 教務に卒論を提出したあとも 新しく書き換えたものと差し替えてくれる先生がいるとか聞きました。なぜ そんなに他の担当教授は一生懸命なんですか? というよりそんな先生がいるのに、うちの子の先生のように全然授業やアドバイスがないまま提出させる先生はおかしいですよね・・・教務に提出した卒論は担当教授がみて、点数をつけるのですか?それなら 書き直しさせたりしなくてもいいような気がしますが・・・
 今度 口頭諮問を担当教授や他の教授の前で行うと聞きましたがその時に点数がつくのでしょうか? もしそうなら先生の指導を全く受けていない子と指導を受けた子によって点数がつくとしたらおかしいと思います。(提出すれば可はもらえるのでしょうか?) 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

> 口頭諮問というのは 担当教員が質問するのですか



大学によってやり方は違いますが、大きく分けて二つのやり方があります。
主査と副査(1~3名?)が質問者となり、他の人は居ない状況で行う口頭試問形式と、学科の全教員に対して発表する発表会形式(こちらは、他の学生(や父兄)も傍聴可のことが多い)です。

> 合否は いつ頃わかるのですか?
これも大学によって変わりますが、全学生の指導教員による採点が終わった日(発表会の日か)、あるいはその数日以内に開かれる学科会議で確定します。
で、普通は合否はいちいち通知しないように思います。なぜならば、発表会や口頭試問を行いながら不合格になることは滅多に無いからです。指導教員から何も言われなければ合格です。不合格なら、再提出とか再発表とかあるいは留年確定の通告があります。

他の講義科目の試験結果と同じように、特別研究の合否を掲示板に張り出すというだいがくもあるかもしれません。が、最近は個人情報の保護が五月蠅いので、掲示板で合否表を張り出す大学は減ってると思います。

今更指導教員を変えて研究をやり直したりできない1月も後半というタイミングです。こうなると親の出る幕ではないので、口を閉じて静観されることをお勧めします。ここで親が出て行くと非常にお子さんの立場が悪くなりますやもしれません。親が出て行って文句をつけるのは不合格が決まってからでいいのでは?

正直言って、指導をしてくれないと子供が親に愚痴るのは、真実の場合もあり、学生側に非があるのにそれを先生のせいにしている場合もあり、親御さんの主張は鵜呑みにできないので。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。発表会は2月前半に全教員・学生の前であるようです。前に 中間発表会があった際にも子どもの担当教員は来ておらず(事前に原稿のチェックをお願いしても何もいわれず)出席した他の教授からいろいろ指摘を受けたそうです。後日そのことを話したら あっそう!僕は見たけど何も思わなかったで終わりだったとか・・・そんな先生だからもし不合格であっても(再提出の)通知なんかくれないんじゃないかと心配です。(担当教員は通知する義務でもあるのですか?留年確定の通知がきてからではどうにもならないでしょう?) とにかく、発表会と口頭諮問が無事に終わるまでドキドキします。

お礼日時:2008/01/26 01:48

私が大学を卒業したのはもう随分前ですし、大学や学科によってシステムが違うと思いますが、私の大学(学科)の場合、卒論の点数をつけるのは指導教授だったようです。

また、口頭試問は、指導教授と副指導教授の両方から受けました。教授の部屋で、教授二人対学生一人で質疑応答をするので、とても緊張した覚えがあります。
ただ、点数をつけるのは指導教授でも、副指導教授も大きく関わっていたと思います。実際に論文を読み、質疑応答で学生の理解度を確認できるのは、この二人だからです。
最終的にはそれを学部か学科の教授会にかけて、点数を決めるということになっていたようです。

あくまで私の大学の場合ですが、先に書いたように、卒論を書くに当たっては、指導教授と副指導教授がいて、卒論作成時には指導教授にもお伺いを立てますし、副指導教授にもお伺いを立て、タイトルはこれでいいか、目次はこれでいいか、論証の進め方はこれでいいか、ことあるごとに両教授の指示を仰がねばなりませんでした。
同級生の中には、指導教授よりも副指導教授の方が、自分の書きたい論文の専門家であるため、副指導教授に主に指導を受けていたという人もいます。

また、私の指導教授は大学院の研究科長をしたり、学長をしたりと、授業以外の仕事が多忙だったため、大学院の先輩方がそれをフォローして、論文の内容まではタッチできないまでも、原稿用紙の使い方や、口頭試問で突っ込まれやすい問題点など、いろんなことを教えてくれました。

kokoa48さまの以前の質問とその回答も一通り読んでいますが、今回の質問も含めて、やはり、大学とは、学生が自ら勉強する場であって、教授から何かしてもらう場ではないという感想を持ちます。
あまりにひどい教授であれば、最近では学生の方から大学側にアンケートで評価できるということも聞きますし、学生自身が大学側にクレームをつけることも可能でしょう。

また、他のゼミに移ることができなくても、他の教授や助教授、大学院の先輩など、指導とまではいかなくても何かアドバイスをしてくれる人は、大学内にはたくさんいます。
教授の側に、kokoa48さまのおっしゃるほどの指導力不足などの問題があるのだとしたら、周りにいる人はそのことを知っているでしょうし、もしお子さんからアドバイスを求められれば、それなりにいろいろな情報を提供してくれたと思います。

そういうこともしないで、ただただあきらめて自分一人で頑張っていらっしゃるのですから、それは、お子さんの自主性にまかせるしかないのではないかと思います。
そうやって一人でやりとげられれば、それなりに自信に繋がるのではないかと思います。

ただ、先輩や他の教授などに積極的に相談できなかったのだとしたら、社会人になった時に、人間関係の面でちょっと心配ではありますね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。副指導教授なんていないようです。先輩も大学院生も・・・とにかく学校側には週一回ゼミがあるように出しているようですが、実際には去年は二回だけだったとか・・・。子どもの友達が遊びにきたとき、あれは先生っていう職業辞めてるよね 何話しているか全然わかんないし、手は震えて字書けないし・・・
といってたので 他の教授の人も知っているのかも知れません。
自分の教授に悪いという気持ちと、他の教授も忙しいからと他人を思いやる気持ちで相談にいけなかったのかも知れませんが、あなたのおっしゃるとおり社会に出てからもっと自分のことも大切に考えて積極的に行動してほしいと思います。

お礼日時:2008/01/26 00:29

大学教員です。



卒論は形式的には「特別研究」などという授業科目に対応付けられています。なので、卒業論文の採点というのは、複数教員で分担している授業科目の単位認定と似たようなものです。

指導教官が採点した後、学科会議等で討論して合否を決めます。
基本的には指導教員の採点通りになりますが、余りにも酷い場合には会議で他の教員からクレームが付いて、合否がひっくり返る(で、再提出を命じられる)ことも無いとは言えません。

基本的には、卒論の質が悪いのは指導教員の指導力がないことですので、普通は一生懸命指導します。が、そうでない先生もたまには居るようで。

この回答への補足

回答ありがとうございます。指導教員の指導力を問われるということで、他の先生は一生懸命なのですね。それなのにうちの子がもたれた先生はNo2さんの補足に書いた通りです。大学教員さんということでお聞きしたいのですが、口頭諮問というのは 担当教員が質問するのですか
それとも 他の教員がするのでしょうか?もう一点お聞きしたいのは、合否は いつ頃わかるのですか?それは 担当教員に聞くのですか 教務に聞くのですか?子どもは自分の夢であった職業に内定が決まっていて、不安のようです。私も過保護のように思うのですが、子どものがんばりがわかるので無事卒業して4月から希望の職業についてほしいのです。 

補足日時:2008/01/24 23:43
    • good
    • 2

わたしは卒業論文の提出期限が迫る大学4年生です。


ご子息と同じ文系で、所属するゼミの担当教員には卒論について非常によく面倒を見てもらっています。月に二度はゼミ生全員が集められ、その都度執筆進度を確認されます。そのためかなりのプレッシャーで、途中で脱落してゼミに顔を出さなくなる学生もいます。しかし卒論について、担当教員がこのように綿密に指導するゼミは決して多くないようです。事実、同学部の他のゼミでは、提出期限直前まで放っておかれるところも多いようです。

>うちの子の先生のように全然授業やアドバイスがないまま提出させる先生はおかしいですよね・・・

大学は義務教育ではないので、そのような教授がいてもおかしくありません。むしろ普通です。そして当然、アドバイスを求めない学生にはアドバイスのしようがありません。ご子息はたぶん、教授に卒論についてのアドバイスを乞うことをためらっていた、もしくはサボっていたと考えてよいでしょう。大学(特にゼミ)では、待っていても何も教えてくれません。一度でも研究室まで相談に行けば、教授は親身になってアドバイスを与えてくれたはずです。

>教務に提出した卒論は担当教授がみて、点数をつけるのですか?

わたしの大学でも提出は教務課ですが、採点は教授が行います。教務課に提出するのはあくまで形式的な行為で、極端な話、ペラ一枚でも一応受理されます(現実的に考えてそれはあり得ませんが)。提出後に書き直しさせる教授がいるのは、中途半端な卒論で大学生活を終えてほしくないという思いからでしょう。単位や評価ではなく、最後は気持ちの問題だと思います。

>口頭諮問を担当教授や他の教授の前で行うと聞きましたがその時に点数がつくのでしょうか? もしそうなら先生の指導を全く受けていない子と指導を受けた子によって点数がつくとしたらおかしいと思います。

口頭試問についてはわかりませんが、おそらく評価に影響すると思います。「試問」というくらいですから。ご子息の周りには、教授に指導を乞いた学生も必ずいるはずです。酷な言い方かもしれませんが、それをしなかった学生に落ち度があるということは否定できません。ですからこれについては文句は言えないと思います。

大学によってゼミの性質もさまざまですので、わたしの意見が一概に正しいとは言えません。あくまで一般論です。学生のくせに生意気なことを並べてすみません。しかし、同じ大学四年生としてご子息に気持ちよく卒業していただきたいという思いから、このような意見になりました。この件で親御さんが心配なさるのも理解できます。しかしご子息はきっと「やり通す力」を持っていると思います。それを信じてあげることも大切なことだと思います。口頭試問が無事に終わるよう、そして気持ちよく卒業できるよう、祈っております。

他人の心配ばかりでなく、わたしもそろそろ卒論執筆の追い込みをかけ、無事卒業に漕ぎ着けたいと思います。長々と失礼いたしました。

この回答への補足

回答ありがとうございました。担当教授は、歳のためか 体の具合が
悪いのか 学校にはほとんどきていなかったようです。それでも子どもは最初何回かアポをとって会いたいと連絡したりすると 時間があったらといわれたり しかし会っても ペラペラと書類を見て これでやってみればとか 居ないときはアドバイスほしいと机においていっても何日も連絡がこず・・・再度連絡すればいいんじゃないくらいで・・・あとは 知らないからといった具合だったらしいです。そんな感じだから
子どもは自分の力でやろうとがんばってたみたいです。
ゼミ生はいなく(このような先生だから、誰も受講する人がいないのでしょう)子どもも他の先生に頼まれ回されたそうです。
去年もひとり先輩がいたらしいですが、卒論ができなくて、卒業できなかった話を聞くと 親としても不安です。

補足日時:2008/01/24 15:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたの担当教員のような人に指導してもらっているなら、親も心配することなく うらやましいです。しかし、私が何をしてやるわけにもいかないですから、あなたのおっしゃるとおり「やり通す力」をもっている子だと信じて 自分で書いた卒論ですから口頭諮問も無事終わり卒業できることを信じています。 
あなたも がんばってくださいね。

お礼日時:2008/01/24 15:38

大学の卒業論文は通常、その学生の担当教授が審査すると思います。


子供さんのことが心配なのは分かりますが、指導する先生によって違いがあるのは当然のことです。また卒業論文というのは、生徒に点数をつける為に本来やっている事ではないです。
まあ、心配しなくても普通にやってれば可はもらえますよ。では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
少し安心しました。

お礼日時:2008/01/24 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒論を出したけれど

某私立大学4年の者です。
卒業論文を提出したものの、
あまりのクオリティの低さに、不合格が心配です。
締め切りギリギリに書き上げたため、
殆ど見直しもせずに出すことになってしまいました。
まさに「適当」な論文になってしまいました。

実際、卒論の内容があまりにも稚拙で、
卒業ができなかった方いらっしゃいますか?
また、そのような人を知っていますか?

Aベストアンサー

 基本的に落ちません。内容がどんなにひどくても、短くても、あほでもバカでもルールさえ守っていればできるだけ卒業させるのが学部です(それは数値にひびくからです)。

 ルール違反とは何か。

(1)決められた文字、ページ、形式を守っていない(これはある程度、ゆるしてくれるとは思います)

(2)すべてがパクリである(これは発見した場合、教育者として認知できないということもあります)

(3)参考文献を記していない(冊数はたとえ3冊だろうが、慣用にみられる)

 以上はひっかかる恐れがあります。

Q卒論の評価基準と教授との話し合い

卒業の成績発表がありました。

名簿の掲示を確認したところ、専攻の中で卒論不可だったのは私くらいでした。

就活が長引いたことを言い訳に、私の卒論は確かに卒業論文としては足りない点があったかとも思います。

同じ専攻の友人の中には、規定字数より5000字近く足りなかったり、ちょくちょくコピペを行った者もいました。

私は、規定字数も満たしましたし、コピペも行ってはいません。

しかし、私だけが卒論不可となってしまって、気持ちの整理がつかない状態です。

内定者研修を行い、下宿を引き払って、内定先の会社の寮に入る直前の時期だけにショックが大きいです。

のちに卒論評価についての教授への申し立ての期間があるのですが、何をどう話し合えば良いのかアドバイスが欲しいです。

乱文で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教授の人柄によりますが、実際にはかなり厳しいように思います。
まず、規定字数・コピペのやり方などは最低限の論文の形式であって、それが欠けていると減点の対象となる可能性はありますが、できていたからと言って加点の対象とはなりえません。(それが欠けていても通った人がいるということはその人の論文はそれだけ内容が良かったと言うことでしょう。)
また、就活などの活動で時間が足りなかったことも、全員が同様の条件である以上、論文の不備に対するいいわけにはなりません。
卒業後の準備が進んでいることも、大学教授からすれば、大学でやるべきことをおろそかにしているということであり、「その前に大学でやることがあるだろう」という思いを抱かせそうな気がします。
形式がきちんとしていたのに不可判定であったと言うことは、内容の評価が悪かったということであり、普通に考えれば復活は厳しいと思います。また、今の時期に卒論不可を出すのは、留年を意味しているわけで、それを教授は承知の上で卒論不可を出しているとすれば、教授にも相応の覚悟があるものと思われ、その意味でも厳しい印象があります。

ただ、卒業後の予定も決まっているとのことでもあり、内定取り消し・留年を経た上での再就活がさらに厳しいことを考えれば、最後まであきらめずにあがくべきでしょう。書き直しで通してもらえる方向で模索しましょう。
まずは教授に会って不備な点を教えてもらい、がんばってみましょう。規定の申し立て期間まで待つよりは、直ちに会った方が良いように思います。もしちょっとでも教えてくれたら書き直しで通してくれると言うことなので、ひたすらイエスマンになってがんばりましょう。「ここが駄目なんだ」といった具合に悪い点の指摘があれば、そこを修正点だと理解したことにして、「わかりました。教えていただいた点を直してきます」といって徹夜で仕上げましょう。うまくいかなければ留年ですから、他のすべてを捨てて、最優先で取り組むべきでしょう。
正攻法で攻めながら、さらに泣き落としも有効と思います。
皆と同じ条件であったということが、あなたにとって不利に働いていますので、「祖父母の介護」「親の離婚」などあなたのせいでは無い、あなた固有の事情があれば、それをアピールしましょう。
また、授業料などの費用負担は、次年度は親に頼めないといったことも授業料の高い大学だと有利になるかもしれません。
あなた自身が教授に「いい加減で不真面目なやつ」という印象をもたれているのだとすれば、その印象をくつがえす必要があります。自分の間違っていた点をしっかり語り、深く反省している姿をアピールしましょう。その上で、これ以上親に心配と迷惑をかけられない、といったことを強く語りましょう。これは、駆け引きですが、「これ以上親の負担は頼めないので、留年であれば退学するつもりだ」みたいな事を言ってもいいかもしれません。もちろんこれは引っ込みがつかなくなると困るので「そういうことも考えているのだけど・・・」といったニュアンスが大事です。さらにピアスなどがあればはずし、茶髪は黒くしておいた方が好感度はアップします。髪を剃って坊主になっても真面目さがアピールできていいかもしれません。
ただ、教授の性格によっては、逆効果になる可能性もあるので、まずはその教授で卒論不可になった先輩を見つけ出し情報収集をすることが有用でしょう。

この経験はあなたの人生にとって決して無駄にはなりません。がんばってください。

教授の人柄によりますが、実際にはかなり厳しいように思います。
まず、規定字数・コピペのやり方などは最低限の論文の形式であって、それが欠けていると減点の対象となる可能性はありますが、できていたからと言って加点の対象とはなりえません。(それが欠けていても通った人がいるということはその人の論文はそれだけ内容が良かったと言うことでしょう。)
また、就活などの活動で時間が足りなかったことも、全員が同様の条件である以上、論文の不備に対するいいわけにはなりません。
卒業後の準備が進んでいる...続きを読む

Q卒論できずに留年って・・・

現在、卒論作成真っ最中の4回生です。
この前、指導教員から「このままじゃ内容が全くダメだから、再提出になる。やり直せ。運が悪ければ留年だ。」と言われました。
卒論以外の単位は取れています。卒論が出来ずに留年することってあるのでしょうか?ちなみに、同じゼミで過去に卒論が原因で留年した人はいないと思います。

Aベストアンサー

よっぽど、卒論がひどい場合(剽窃が発覚した場合など)を除いて、必ず卒業できます。私のゼミの教授も提出する前までは「卒論がきちんと書けていなければ、留年もあり得る」などと厳しいことを言っていましたが、それはあくまで学生にきちんとした卒論を書かせ、期限までに提出させるためのパフォーマンスです。私もあまり卒論の出来が良くないと自分では思っており、卒業できるか心配していたのですが、口頭試問の時に教授から「卒業できる」と言われ安心しました。就職も決まっている場合、まず、卒業させてもらえるでしょう。

Q卒論提出せずに卒業してしまいました

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授が、4年時から偶然、その大学に勤務することになった書道の教授に卒論の指導をしてもらうよう勧めてくださったのです。
私は書道の教授に挨拶に行きました。
でも、私が出た大学にはそれまで書道の研究室がなく、また、その書道の教授も、大学教授一年目で、書道の分野でどう論文を書くのか、私は分かりませんでした。
さらに、「進路が決まったら来て下さい」という言葉に甘えてしまい、就活に専念しましたが、9月まで内定はもらえませんでした。
10月に、大学でとった教員免許を活かして東京の学校法人に進路が決まり、そこから卒論のために本を読みはじめたのですが、どう論文を書いたら良いかいっこうに分かりません。
そのまま12月まで時が流れてしまいました。
どうにか研究室の先輩の論文を参考にして書いたものを、書道の教授に見せたら、
「引用ばかりでページを稼いでいる。中味がない」
とだけ言われ、とうとう研究室での綴じ込みの日になってしまい、私は気持ちからか、熱を出して、集まりを休んでしまいました。
その後、研究室の教授に、
「最後まで書いて差し替えたい」
と申し出たのですが、書道の教授からはアドバイスをもらえず、どう書いていいかわからないまま、卒業式を迎えてしまいました。
私は研究室の教授に申し訳ないと思いながら、社会人として働き始め、途中の論文をアパートに持ってきました。
今更提出しても遅いと思いますが、ちゃんと書いて提出したいと思ったからです。
しかし実際に仕事を始めると、朝7時から夜22時まで働いて、夜は眠ってしまい、週末はストレスで胃が痛む日々で、手を付けられませんでした。
また、大学にどれだけ質問できる環境があったのか思い知りました。
この悩みを打ち明けられる人もいないので、何かしらコメントをいただけると幸いです。
よろしくお願いします。

私は現在社会人一年目です。
実は、大学4年の時に、卒論を提出せずに卒業してしまったことが心に引っ掛かっています。
私が出た科は卒論を提出します。
しかも、私が出た研究室では、大学の締め切り一週間前に教授が用意した和紙の表紙に紐で綴り、それを大学に提出するのですが、それを提出せずに卒業してしまいました。
そもそも何故提出しない事態になってしまったかというと、
大学3年の時に卒業した研究室に入ったのですが、他の学生から、私が他分野のこと(具体的には書道)が得意であると聞いた教授...続きを読む

Aベストアンサー

No.4の補筆です。

>すでに単位がついているなら,いまさら提出しても意味はないです。

卒論未提出で単位不足の状況では,教授会での「卒業認定」を通りません。だから,まちがいなく卒論の成績はついています。

前述のように,指導教員が卒論の成績をごまかしていれば,あなたが「私は卒論を提出していない」と事務部に申し出ると,その教員に迷惑をかける結果になります。まずは成績証明書を確認してください。

単位がついていても書き直さないとあなたの気が済まないなら,書き直した原稿と,おわびの手紙と,菓子折を大学気付の教員宛に送ればいいと思います。

Q卒業論文のミスの許容範囲はどの程度でしょうか

現在大学4年の者です。

卒業論文の提出は12月中旬だったのですが、もうすぐ口答試験なので読み返していると、同じ文章をほぼ段落ごと2回書いていました。他に同じ文章を繰り返しているところもありました。(合わせて2ヶ所のダブりがあります)

何度も教授とは面談があり添削もしてもらっていて、一応提出前に担当教授から「提出許可」はいただいていたのですが、これ以外にも変だと感じるところも出てきます。
誤字について、1枚に100字くらいあれば問題と聞いていたのですが、同じ文章を繰り返してしまうという誤字以上のことをしてしまいました。

読み返しが不十分だった自分が悪いことはわかっていますが、卒業がかかっているので心配でたまりません。
同じような失敗をしてしまった方や何かご存知の方がいらっしゃいましたら、私の状況はどうか教えてください。

Aベストアンサー

同じ段落を2回書いてしまったというのは単純ミスですから、さほど影響はないと思います。
私が大学生の時、「卒論提出後、口頭試問の前までにミスが見つかったら、正誤表を作って、口頭試問の冒頭に試験官に渡しなさい」と先輩からアドバイスをもらいました。また同じように、「論旨がおかしいと思える箇所があるのならその旨を文書にして同じく試験官に渡すか、渡さないまでもそれを元に、質問にしっかり答えられるように準備しておきなさい」と言われました。

誰にでもミスはありますし、それを口頭試問の前までに発見できたということは繰り返し自分の論文を読み直してよりよいものにしようという努力が認められる可能性がある、という意味合いだったと思っています。

それにしても、
>1枚に100字くらいあれば問題
って、いったい1枚当たり何字詰めの原稿なんでしょう(^^ゞ
400字詰め原稿用紙だと4文字に1字のミス。最近はワープロ原稿なんでしょうか。それにしても、100字ということは、400字詰め原稿用紙100枚の論文(私の学生時代の修士論文)の場合でも「原稿用紙1枚につき1文字のミス」になります。これは編集者としては全く許せない誤字の数なんですが……。

と、これは編集者としての意見であって、最初に申し上げた通り、卒論であれば、論旨がしっかりしていれば、誤字や段落の2回写しはさほど問題にはならないと思います。
もちろん、不注意はある程度の減点対象になるかもしれませんが、指導教授から「提出OK」が出ているのなら、卒論が通らないということはないと思います。
とはいえ、こういうことは、大学というか教授がどういう判断をするかによって違うと思うのですが。

とりあえずまだ結果は出ていないので、口頭試問でしっかり答えられるようにがんばってください。

同じ段落を2回書いてしまったというのは単純ミスですから、さほど影響はないと思います。
私が大学生の時、「卒論提出後、口頭試問の前までにミスが見つかったら、正誤表を作って、口頭試問の冒頭に試験官に渡しなさい」と先輩からアドバイスをもらいました。また同じように、「論旨がおかしいと思える箇所があるのならその旨を文書にして同じく試験官に渡すか、渡さないまでもそれを元に、質問にしっかり答えられるように準備しておきなさい」と言われました。

誰にでもミスはありますし、それを口頭試問の...続きを読む

Q卒論が出来ない→卒業危うし??

毎回お世話になってます。
大学の卒論についてなのですが、10月が終わろうかという今の時期になってもまだ卒論が全然出来ていないというか、ゼミの教授に何回もやり直しをさせられて全然先に進めない(中身に入れない)状態です。このままでは単位は足りているし、内定も決まっているのに卒論が出来ずに留年になってしまいそうです。実際に卒論が出来ずに留年になった方って居られますか?またどこの大学でも卒論はこんなにやり直しばかりさせられるのでしょうか?焦燥感と疲労でうんざりです。千里の道も一歩からってまだ半歩も進めていないし・・・。だんだん教授が憎くなってきました。何かアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出で、11月頃になって「そろそろ卒論でも書くか…」と、まるで授業のレポートかのようにして終わった人です。もちろん春からきちんと準備してた人もいますけどね。
理系の場合は言わずもがななのですが、大概は3年の頃から多少なりとも手をつけているもので、10-11月はそろそろデータをまとめて書き始める…といった頃でしょう。
ちなみに理系の私は、もう数え切れないほどリテイクされました。
思い出したくもないです(苦笑)
提出1週間前まで実験をしつつ卒論を書いていたので、文章のリテイクなんてそれこそ10月くらいから提出の数時間前まで何百回されたでしょうか…。まあ周囲にも似たような仲間が結構いましたけどね。
『教授が憎くなってきました』…よくわかります(笑)
だけど大体は自分の論文がダメなせいなので、文句言えないんですよね(^^;)
教授も良いものにしたいので何度も「書き直せ」と言うのだと思いますよ(教授が変な人で、そう言いまくってるんじゃないことを祈りますが…)。

期限が決まっているのに先行きが見えなくて焦りますよね。
本当に終わらないんじゃないか…って。
でも大丈夫、絶対出せます。学生の提出に教員の先行きもかかってますから(笑)
これだけやっているのだから、きっと良い論文になりますよ。頑張ってください!

お疲れ様です。
理系の方か文系の方かわからないのですが、文系だったらだいたい年内、理系だと1-2月の提出ですよね(実験という言葉が出てきていないので文系の方でしょうか…?)。
まず結論から言ってしまうと、よほど厳しい大学でない限り、卒論を提出できないなんてことはありません。
卒論を提出できなくて留年なんて学生を研究室から出してしまうと、先生自身がいろいろと面倒だからです。
そんな先輩いないんですよね。だったら大丈夫ですよ!
文系の場合、私の知っている人で最悪な例では、12月提出...続きを読む

Q卒論が不可になる場合

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直しておけ」と何度か言われました。もしかして不可なのではと何度も思っています。
 以前教授に卒論で不可になった人の有無を尋ねたら、そうした人はいないと言っていたのですが、正直不安です。ここで訊いてもどうしようもない、とは思いますが、かといって検索してみても「落ちない」「落ちる」の両方の意見があって落ち着きません。
 
 卒論が不可になる場合はどういった理由が多いのでしょうか。
 卒論の内容のレベルが低かったり、口頭試問でまったく答えられなかった場合、落ちてしまうものなのでしょうか。

私立文系の4年です。先日卒論の口頭試問を終えました。
 一応担当教授から指導を受けた上で、規定枚数及び期限を十分に満たして提出した卒論だったのですが、口頭試問ではとにかく叩かれました。一応褒められた点もあったのですが、どちらかといえばマイナスの点ばかり記憶にあります。
 自分の研究不足や把握してなかった点が災いしたと反省しているのですが、今更考えても結果はどうにもならないと思い直したりを繰り返しています。
 
 そこでなのですが、口頭試問の際に「誤字なんかも目立つから見直し...続きを読む

Aベストアンサー

卒論を担当する教授は、学生を落とすことを望んでいません。むしろ、優で合格を出せるというところまで学生を指導して何としても卒業させてあげたいと思ってます。

まぁ、褒められた部分があるなら、最低でも可にはなるでしょう。
不可はないとは思います。100%とは言えませんが(^^;;

Q卒業ができるか不安です…

現在、文学部4年生の大学生です。
先日無事に内定をいただけてほっとした矢先に気づいたことがありました。
私は卒業できるほど単位をとっていませんでした。
私が卒業するためにはあと16単位が必要です。
そして卒論とゼミで8単位はあるので残る8単位をとらなければなりませんでした。
しかし前期はどう考えても最大4単位しかとれません。
登録の時は就職活動が不安すぎて単位のことを甘く見ており、今は後悔の念で苦しんでいます。
後期に4単位残ってしまうことが不安すぎて最近眠れなくなっている状態です。
ちなみに後期の登録授業はゼミを抜いて8単位分です。
自業自得なのですが、不安で不安でたまりません。
後期に追加登録ができる授業があればあと4コマは授業を入れようと思っています。

この状態に似た状態で卒業できた方はいらっしゃいますか?
またはそういう方は周りにいらっしゃいましたか?

今更すぎる不安なのですが、教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしましょう。

そして、何よりも、試験には遅刻などせず、もちろんきちんと準備して、合格点をクリアできるように頑張りましょう。

私が経験した例では、1年留年して、5年目の学生なのに、私の担当していた教養科目を受講していた学生がありました。
その学生は、出席回数も最低ギリギリで、期末試験は、1回目では合格せず、再試験にしました。

ところが、再試験が行われる授業時間を間違えたとかで、大遅刻してきました(何時間目というのを勘違いしたというのが、本人の自己申告でした)。
本来なら、即アウトでしたが、その場で(他の再試験該当者もいる前で)土下座して、卒業がかかっているし、就職も決まっていると言い始めたのです。

「卒業がかかっている」とか、「就職も決まっている」という事情は、こちらからいえば、個人的なものですから、フォーマルには関知したことではありませんが、それでも、事前に伝えてくれれば、それなりの配慮はします。

結局、いろいろとやりとりしたあげく、「残り20分でよいなら受験だけは認める」ことにしました。
結局は、他の受検者が退室したあとも続け、当人だけ、15分ほど延長しました。

しかし、おそらくまったく試験の準備をしてこなかったのでしょう。
そのまま採点すればせいぜい15~20点くらいしか取れません。
これでは(再試験に遅刻したあげく、とても合格点にはほど遠い)、悪しき前例になりますし、本人の将来にもよくないと判断し、不合格としました。

その後、その学生の所属する学部の教務から問い合わせがありましたが、事情を説明したところ、「それではやむを得ない」ということになり、卒業認定はされませんでした。

さらに、担任教員や、母親からも直訴がありましたが、事情を説明したところ、学生に非があるのは明らかでしたから、先方も引き下がらざるを得ないという状態でした。
しかしながら、当事者である学生本人は、再試が受けられた=合格と勝手に決めたのか、どうも「卒業旅行」に出かけてしまい、連絡が取れなくなっていました。
どこへ行ったのか、Eメールでの連絡も満足に取れないところに出かけたようでした。

長々と体験例を書きましたが、こういう教員や、大学、世の中を舐めたようなやり方をすると、酷い目に遭う、誰も援助の手をさしのべてくれないということです。

あとで担任に確認したところ、普段からゼミにも出席しておらず、担任教員がかなり濃密に関わってようやく、卒論も提出させたという学生だったようです。

社会に出てからのトレーニングという意味合いもありますから、まずはルールにきちんと則って対応し、自分自身の力で何とかなるように努力するという、当たり前のことが大切だと思います。
「卒業がかかっている、就職は決まっている」という事情は、事前に、あくまでも内々に授業担当教員にお願いおねがいすることでしょう。

ご健闘を祈ります。

元大学教員です。

他の方のご回答にもありますが、暢気な方でいらっしゃるのか、あるいはそれほど就職に精一杯だったのか、その両方だったのかわかりませんが、今の時期に気づいてよかったですね。
というのも、まだいろいろと対処策を講ずることが可能ですから。

まずは、No1の先生がおっしゃるように、単位を落とすことも考えに入れて、受講する授業の科目数を多めに登録し、なおかつ、卒論のゼミもあって大変だとは思いますが、マジメに出席して、担当教員の印象にも残るように、時々は質問をするなどしまし...続きを読む

Q提供した卒業論文の内容が非常にまずく、毎日、内定あるのに卒業できないん

提供した卒業論文の内容が非常にまずく、毎日、内定あるのに卒業できないんじゃないかと不安で吐き気がします。

何をやっても楽しくない、何を食べても美味しくないで辛いです。

自分はダメ人間で、もう消えたいとも思います。
この気持ちをどう持っていったらいいかわかりません。少し楽になりたいです。

Aベストアンサー

お気持ち分かります!
私は女性なのですが、いつまでたっても卒論の準備が整わず、ギリギリに追い込まれてから何とか仕上げたのですが、我ながら痛々しい内容になりました。
その後発表会なども胃の痛くなるような時間でしたが、何とか無事に卒業できました。(もう十年も昔の話です)
企業などに提出する成績表?って未開封できますよね?
私はそれを開けたことはないし、未だに卒論の点数を知りません。
怖くて知りたくもないし、卒業できたからよしとしました。
でも、すでに結婚して子供もいる今でも夢を見ます。
まだ準備すら始めていなくて、周りに取り残されるような夢。悪夢です。
こんなことを書いて、さらに気分を害されたらすみません。
こんな私の最低のものでも、一応通過できたと言いたかったのです。
そうそう落第とか付けないと思うのです。
生涯にかかわることですから、教授も甘くせざるを得ないですよ。
安心して、卒業できたらお仕事張り切ってくださいね。
卒論の分を取り返すつもりで頑張れば、逆にいい結果を出せますよ。
お疲れ様でした。幸運をお祈りしています。

お気持ち分かります!
私は女性なのですが、いつまでたっても卒論の準備が整わず、ギリギリに追い込まれてから何とか仕上げたのですが、我ながら痛々しい内容になりました。
その後発表会なども胃の痛くなるような時間でしたが、何とか無事に卒業できました。(もう十年も昔の話です)
企業などに提出する成績表?って未開封できますよね?
私はそれを開けたことはないし、未だに卒論の点数を知りません。
怖くて知りたくもないし、卒業できたからよしとしました。
でも、すでに結婚して子供もいる今でも夢...続きを読む

Q卒業してから卒業が取り消されるということはあるのでしょうか?

卒業してから卒業が取り消されるということはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

十分にありえます。

 第一は、不正入学。これは、入学条件に反しているので。
 第二は、定期試験での不正。卒業後にバレタ場合、卒業要件を満たしていないので、取り消しの可能性大です。
 第三は、在学時の刑事事件など。卒業後にバレタ場合、放校処分などによって、在籍そのものが取り消されます。

 単位不足の場合は、卒業証書を学生に渡していれば、大学のミスになるので、1単位や2単位なら、認める判断します。
 というのも、卒業や進級は、教授会で認定しますので、学生の状態は、把握しています。また、年度始めの履修届け時には、コンピュータで、学生の履修状況を把握している大学が増えています。卒業時だけ単位数を把握するということは、ありません。したがって、明らかに単位不足(必要単位の10%以上)、というのは無いハズです。

 以上は、大学によります。私なら、第一から第三の場合は、「卒業取り消し」を主張しますが、どうなるかは状況次第です。
 ただ、卒業して10年も経ち、その間社会人として切実に生きていれば、「今更処分は不要」という結論になると想います。

十分にありえます。

 第一は、不正入学。これは、入学条件に反しているので。
 第二は、定期試験での不正。卒業後にバレタ場合、卒業要件を満たしていないので、取り消しの可能性大です。
 第三は、在学時の刑事事件など。卒業後にバレタ場合、放校処分などによって、在籍そのものが取り消されます。

 単位不足の場合は、卒業証書を学生に渡していれば、大学のミスになるので、1単位や2単位なら、認める判断します。
 というのも、卒業や進級は、教授会で認定しますので、学生の状態は、把握してい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング