エジプトの古王国時代と言うのは有名ですが、ヒッタイト帝国やイングランド、ガーナなどでも古王国という言葉が使われていますが、そもそも古王国とはどんな意味なのでしょうか。以前歴史の分野で投稿させていただきましたが、詳しく知っておられる方がいなかったので、考古学に博識のある方もしくは心当りのある方がいましたら、おしえてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1番追加です。



古王国または、それに類する言い方をするのに、
バビロニア王国(古バビロニアBC1830年~BC796年 新バビロニアBC625年~こそ538年)と、ロシア(古ルーシ ノブゴロド王国・キエフ公国と、モスクワ大公国・ロシア帝国)があります。

イングランドやガーナで、古王国という呼び名があるかどうかは知りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。実に分かりやすく回答してくださって、大体の意味はつかめましたおかげですっきりしました。わざわざ追加してくださって、感謝感激です。貴重な回答本当にありがとうございました。本当に助かりました。

お礼日時:2008/01/27 14:28

エジプトの場合、「古王朝」と言いますと、第3王朝から第6王朝までを指します。


それ以前の第一、第二王朝を早期王朝と呼びます。
古王朝は、首都がメンフィスに置かれた時代で、ピラミッドが造られた時代です。
中王朝は、テーベに首都が置かれた時代で、第11王朝と第12王朝の時代となります。
新王朝時代は、18王朝、以後アマルナ時代、後期王朝時代となります。

ヒッタイトの場合、古王朝は、BC1900年ころからBC1400年ころで、ヒッタイトが再統一された後の王朝を新王国(1430年~1200年)と呼びます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。ヒッタイトの古王朝の背景とエジプトの背景がよくわかりました。つまり、その文明や国の歴史が形作られた、起原の時代をさして、古王朝と呼ばれているようですね。おかげで助かりました。

お礼日時:2008/01/26 16:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎに出て汗水垂らして働いて疲れて塩を舐めたら給料が飛ぶような働けど働けど楽にはならないことをしたのでしょう。

ピラミッド建設に参加せずに、近くの海で海水を木で樽を作って汲んで蒔けば、自分は国王になれたのに。

なぜ当時のエジプト人は塩の作り方を知らなかったのでしょう?

国王はタダで手に入る塩で金を採掘させたり、重い石を持たせたりして黄金とピラミッドを手に入れた。

どんだけ当時のエジプト人はバカだったんだろう。

塩作りなんかエジプトの国王が密かに自分で作ってたわけじゃなかろうに、奴隷に海水を汲ませて撒かせていたはずなので奴隷は塩の作り方を盗めたはず。

奴隷村に戻って、今日、俺、塩作ったんだぜ!!

俺、塩の作り方知ってるんだぜ!!

と言えば、奴隷村を出て、自分たちで塩田を作れば、お金を作れたってことですよね。

不思議でならないエジプトの謎だわ。

【古代史・考古学・エジプトの謎】「古代エジプト文明の時代に奴隷は食べ物と塩が支給されていた。奴隷はお金を貰えないと言うのは誤りで塩を売ればお金に換金できた」

ここで不思議なのは「塩」が通貨だったこと。

塩って海水を撒いて、天日干しで乾けばアホでも塩は取れたわけですよね?

ということは、塩の作り方さえ知っていれば、アホなエジプト人を雇って重労働させて、ほら、塩が給料だ。と言えば喜んで働いた。

なぜエジプト人はバカで塩は誰でも作れたのに過酷なピラミッド建設にお父ちゃんが出稼ぎ...続きを読む

Aベストアンサー

「サラリーマン」の「サラリー」と食べる「サラダ」が同源なのはご存知?

そして, そんなに簡単に「塩」ってできるものなの?

Qエジプト考古学

イギリスの大学で一番エジプト考古学の研究で有名な大学ってどこですか?教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

今、新王国時代についての文章を読んでいます。
多分、イギリスならばケンブリッジだと思います。
ただ、ケンブリッジのどのcollegeかはわかりません。
あまり詳しくなくて、すみません。

Qエジプト考古学者について

エジプト考古学と言えば我が日本では、
ダントツで、吉村作治早稲田大学教授が
有名ですが、外国人で現在その分野で研究活躍されている考古学者を知りたいです。

出身国と学者名 経歴 主な功績 日本語版の著作の有無
あれば本の出版社と題名などを教えて頂ければ幸いです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

エジプト考古学会の最高責任者 ザヒ・ハワスが有名です。

「図説古代エジプトの女性たち よみがえる沈黙の世界」

著者:
ザヒ・ハワス著
吉村 作治共訳
西川 厚共訳

本体価格: \3,800
出版:原書房
サイズ:A5判 / 314p
ISBN:4-562-03029-1
発行年月:1998.1

Q【宗教】いつからお墓に花、ロウソク、線香を立てるようになったのか? と 【考古学】本当にエジプトのピ

【宗教】いつからお墓に花、ロウソク、線香を立てるようになったのか?



【考古学】本当にエジプトのピラミッドはお墓だったのか?

の合体質問です

エジプトのピラミッドはお墓という前提で話をしていますが、ピラミッド=お墓は確定事項なんでしょうか?

スフィンクスの像は現代のお墓の横にロウソクや花や線香を立てるような飾りってことですか?

スフィンクスは魔除けの守護神だとすると現代のお墓の魔除け、守護神は何ですか?

花が魔除け?守護神?

ロウソクが魔除け?守護神?

線香が魔除け?守護神?

花、ロウソク、線香が魔除けや守護神でなくただの飾りだとすると何のためにいつから花、ロウソク、線香を立てるようになったのでしょうか?

Aベストアンサー

スフィンクスは神社の狛犬と同じです。
神殿前に飾られ魔除けと王の権威を表しています。
お墓には関係ないですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報