前年度の医療費が10万以上かかったため、還付申告をしようと思ったのですが、
申告書の記入例にならって記入していくと、還付額が0円になりました。
計算違いではなく、会社からもらった「源泉徴収票」の「源泉徴収税額」が0円になっているから、らしいのです。
昨年度の所得税のもどり(年末の)が大きかったからでしょうか??
また、このような場合は医療費が10万円以上でも申告は不要なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 他の控除が大きくて医療費控除をしなくても支払う税金が0円になった


のですね。0円の場合、医療費控除をしても、還付されるべき国税が0円なので
国税(所得税)については確定申告する必要はありません。

 ただ住民税のほうなのですが、同じく医療費控除があります。所得税は
年末調整で計算が終わっていますが住民税のほうは去年の所得に応じて
今年、払っていくことになります。税率や他の控除金額が国税と違うので
もしかしたら住民税のほうが安くなる可能性があるのでは
ないでしょうか。ぜひ、手元に源泉徴収表と、医療費の合計を書いた紙と
電卓を持って、住民税の担当に電話してみてください。国税は減らなくても
地方税が減るかもしれません。
 はっきり回答できることが少なくて申し訳ないです・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~。よくわかりました。
住民税のほうも、うちの場合は数千円の減額(推定)だろうと思われるので、仕事を休んでいくほどか・・・・ちょっと検討してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/06 15:59

補足です。

SAWAWA様のおっしゃる通りです。住民税も所得税と同じく申告しなければ戻りません。なので、もしもボーダーの場合、住民税で計算すると返ってくるようなケースもあります(これは確かです。)例えば、住民税の基礎控除一つとっても所得税より低いので、所得税はゼロでも住民税は実質課税額が出るケースがあります。会社勤めの方でしたら、通常特別徴収という形で源泉徴収票のような給与支払報告書が役所に回っていますので、それで計算されることになります。その給与支払報告書は源泉徴収票と同じものなのでもちろん医療費控除は考慮されていません。なので、まず役所に行かれてもよいですし、電話でも良いです。実質課税になるかどうか確認するのが良いです。用紙をもらってきて計算するのが1番確実ですけど。考えながら全部折り込むことが出来るので口頭よりも確実ですね。もし、課税になるようでしたら住民税の申告をすることにます。それにより住民税の額が少なくなります。ぜひ、やってみてください。
    • good
    • 0

はい、おっしゃる通りです。


年末調整にて例えば大きい還付がありますと、源泉税年額がゼロになり、医療費控除まで届かないケースがあります。この場合には還付金額もございませんので申告不要となります。勤めている方で(給料の額にもよりますが)扶養者などがいますと所得控除額も多くなりますので、実質課税価格がゼロになり年末調整により源泉税すべて還付されるという場合です。おそらく年末調整ですべて戻ってきているのではないでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q昨年度の源泉徴収税を払っていない場合

昨年有限会社を設立しました。私一人なので役員報酬を給与という形で毎月受け取っております(去年の9月から月20万円ずつ)。しかし、9月~2月の源泉徴収税の支払い手続きを全くしておりません。(聞いたところによると、給与支払日の翌月10日までに源泉徴収しなければならないそうですが)これは罰則が科されるのでしょうか?また、源泉徴収の手続きはあとにして、確定申告で私個人の給与所得を申告し、そこで税金を納める方法があるようですが具体的な方法を教えて下さい。また、これは違法なのですか?決算は3月末です。これから取るべき一番の方法をおしえてください。開業したばかりでかなり焦っています。できれば、延滞税などはなるべく払いたくないのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、個人で確定申告をして納税を済ましましょう。

原則からいうと、源泉徴収をしなかった件については、税務調査などで指摘されると、延滞金を支払う必要があります。

ただ、本人が確定申告をしていることで、情状酌量されて、延滞金の徴収を免除される場合もあります。
(担当者によっても違います)

1月からの分については、源泉徴収をしっかりとしましょう。
なお、源泉徴収の対象者が10名未満ですから、事前に届け出れば、源泉税を年2回にまとめて納付する制度を使えます。
詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2505.htm

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q退職金の源泉徴収税って、確定申告すれば、還付になりますか?

退職金の源泉徴収税って、確定申告すれば、還付になりますか?

去年3月に退職、以後無職です。

退職金受給の申告書は、退職した勤務先に提出しており、
課税は、きちんと行われています。
(25000円ほど源泉徴収されています)

しかし、給与所得で控除しきれなかった、所得控除があり、
(社会保険の任意継続分や、生命保険料控除など)
これは、退職所得から、差し引きして、還付申告できるのでしょうか?

また気になるのが、仮に還付申告が可能だとして、
翌年度の国民健康保険料の計算に、影響はでますか?

Aベストアンサー

退職所得は、源泉分離課税ではありません。
「申告分離課税」です。
下記サイトの1Pを参照してください。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2009/pdf/tebiki_a.pdf

なので、
>給与所得で控除しきれなかった、所得控除があり、
(社会保険の任意継続分や、生命保険料控除など)
これは、退職所得から、差し引きして、還付申告できるのでしょうか?
できます。

>翌年度の国民健康保険料の計算に、影響はでますか?
役所により違うこともあるでしょう。
電話などで確認されることをおすすめします。

Q給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?

給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか?
年度途中で退職したため、確定申告をします。3年前の医療費控除も一緒にしたいのですが、
項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります。
過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費控除はどうすればいいのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>給与所得の確定申告と過去の医療費控除申請を同時にできますか…

同時にって、一緒に持参したり一緒の封筒に入れて送っても良いかという意味ですか。
それならかまいません。

しかし、申告書自体は各年ごとに作成しなければなりませんよ。

>項目には、”21年度中に支払った医療費”とあります…

「21年度中」なんて書いてないでしょう。
個人の税金は「年度」(4/1~3/31) ではありません。
いずれにしても、「21年分」の申告に含められるのは、21年中に支払った医療費だけです。

>過去5年間遡って申請できると思うのですが、この場合の医療費…

各年ごとに支払った額が 10万円を超えるなら、それぞれその年の給与などと一緒にして申告。
5年分を集めたら 10万円を超えるなんてのはだめですよ。

Q還付申告のつもりが源泉徴収票の誤りに気づいた。

パート収入と雑収入がある親の過去5年分の還付申告です。

標記の通り、源泉徴収票が誤り(国民健康保険料の1~3月分が未控除)なことに気づきました。

この場合、確定申告書Aは、給与収入は源泉徴収票から転記し、社会保険料を書くところは、「源泉徴収票の通り」とは書かずに、実際に支払った国民健康保険料と国民年金料をそれぞれ書き、添付資料としては、国民健康保険料は郵便局に払い込んだ票のコピー、また国民年金は、年金機構から送付された1年間の月毎の支払い状況のハガキのコピー(郵便局の払い込み票は年末調整時に勤め先に提出したまま返してもらってないため)を、さらに源泉徴収票(ただ給与の源泉徴収税額は0円)を添付すれば、それで良いでしょうか?

なお、医療費控除を加味した上で、かつ雑収入の源泉徴収分から実際に払うべき所得税を引いた分が還付されるものです。
また、直近二年は退職後につき雑収入のみですので、これは通常通りで理解できていますが、その前3年間分が上記のような状況で、どうしたものかと思い質問するものです。

イータックスか、Webの確定申告書作成コーナーでできる年についてはそれで申告するつもりです。

パート収入と雑収入がある親の過去5年分の還付申告です。

標記の通り、源泉徴収票が誤り(国民健康保険料の1~3月分が未控除)なことに気づきました。

この場合、確定申告書Aは、給与収入は源泉徴収票から転記し、社会保険料を書くところは、「源泉徴収票の通り」とは書かずに、実際に支払った国民健康保険料と国民年金料をそれぞれ書き、添付資料としては、国民健康保険料は郵便局に払い込んだ票のコピー、また国民年金は、年金機構から送付された1年間の月毎の支払い状況のハガキのコピー(郵便局の払い込...続きを読む

Aベストアンサー

>添付資料としては、国民健康保険料は郵便局に払い込んだ票のコピー…

国保は添付資料など必用ありません。
支払った額を正直に追加記入するだけで良いです。

>国民年金は、年金機構から送付された1年間の月毎の支払い状況のハガキのコピー…

コピーではだめ、原本を添付します。

Q確定申告に医療費控除を忘れました  どうすれば?

22年分の確定申告書をすでに提出してしまったんですが、22年初に手術して30万円弱出費していたことをうっかり忘れていたので、医療費控除を申告しないで出してしまいました。
この場合、当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけないのでしょうか、あるいは23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告できるのでしょうか(何年間か繰り延べできるとか聞いたことがあるようなので)。

もし、確定申告をやり直さないといけないとなると、すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないといけないでしょうか? それとも、事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送すればいいのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>当該医療費控除を受けるには3/15までに確定申告をやり直さないといけない…

3/16 以降でもかまいませんが、書く書類が違ってきて面倒です。
3/15 までなら、同じ確定申告を何回でも出せ、最後に出したものが有効となります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026_qa.htm#q1

3/16 以降になると、「更正の請求」に変わります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2026.htm

>23年分の確定申告時に22年分医療費控除として申告…

それはだめだめ。

>すでに提出(郵送)した確定申告書を取り戻さないと…

そのまま。

>事情説明(修正理由)を付記した新申告書を郵送…

そういうことです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q平成24年度分と平成25年度分の還付申告

30代後半女性、独身、一人世帯、一人暮らし、扶養無しです。

平成24年度分と平成25年度分の所得税についてなのですが。
平成24年度分に関しては源泉徴収税額に納得がいってないまま、忙しさでそのままにしておりました。
誤差が生じたのは一時期の書類の未提出のせいだと思います。

平成25年度分に関しては。。。
8月末で退職して現在失業手当を受けています。
もしも年内に就職が決まらないのであれば、8月分の給料までが課税の対象となるわけですので、12ヶ月を想定しての源泉徴収税額を引かれているので誤差が生じるはずですよね?
(失業手当は非課税ですよね?)

頭が悪いので、ネットで見つけた「所得税・住民税簡易計算機」というものに、源泉徴収票に書いてある金額を元に打ち込んでみました。

http://www.zeikin5.com/calc/

平成24年度は派遣会社を一度変わったり、派遣先の都合で一時的に直接雇用になって、また派遣に戻ったりで、合計4枚の源泉徴収票が存在します。
「約」で書かせていただきますが、4枚の合計が。。。

支払い金額 2,200,000円
社会保険料等の金額 190,000円(未加入時期あり)
源泉徴収税額 50,000円

「所得税・住民税簡易計算機」に打ち込むと所得税は39,500円なので、約10,000円の払いすぎ。

平成25年度分は源泉徴収票は1枚で。。。

支払い金額 1,480,000円
社会保険料等の金額 210,000円
源泉徴収税額 24,000円

「所得税・住民税簡易計算機」に打ち込むと所得税は12,000円なので、約12,000円の払いすぎ。

・・・のはずなのですが、計算機とやらをどこまで信用していいのか。。。と思い、もしよろしければ計算機に打ち込んで、間違いや意外な見落としなどが無いかを確認していただけませんでしょうか。。。

失業中や就職後もしばらくは金銭的に厳しいと想定していますので合計22,000円の戻りは大きいので、もしそれで合っているなら来年2年分まとめて「還付申告」というものをしようと思うのですが、まとめて出来ますか?

ややこしい質問で申し訳ありません。
甘えているのは重々承知ですが、わかるところだけでもいいのでご回答お願いいたしますm(_ _)m

30代後半女性、独身、一人世帯、一人暮らし、扶養無しです。

平成24年度分と平成25年度分の所得税についてなのですが。
平成24年度分に関しては源泉徴収税額に納得がいってないまま、忙しさでそのままにしておりました。
誤差が生じたのは一時期の書類の未提出のせいだと思います。

平成25年度分に関しては。。。
8月末で退職して現在失業手当を受けています。
もしも年内に就職が決まらないのであれば、8月分の給料までが課税の対象となるわけですので、12ヶ月を想定しての源泉徴収税額を引かれているので誤差...続きを読む

Aベストアンサー

>もしも年内に就職が決まらないのであれば、8月分の給料までが課税の対象となるわけですので、12ヶ月を想定しての源泉徴収税額を非課引かれているので誤差が生じるはずですよね?
おおむねそのとおりです。
毎月引かれる所得税は生命保険料控除なども考慮されず多めに引かれるので、1年間働いたとしても、通常、年末調整で所得税の精算がされ還付されます。
なので、年の途中で退職した場合、年末調整されないので、還付の申告をすれば所得税還付されます。

>失業手当は非課税ですよね?
そのとおりです。

>「所得税・住民税簡易計算機」に打ち込むと所得税は39,500円なので、約10,000円の払いすぎ。
そのとおりです。
間違いありません。

>「所得税・住民税簡易計算機」に打ち込むと所得税は12,000円なので、約12,000円の払いすぎ。
そのとおりです。
間違いありません。

>来年2年分まとめて「還付申告」というものをしようと思うのですが、まとめて出来ますか?
できます。
来年になったら、2年分すべての源泉徴収票、印鑑、通帳を持って税務署に行けばいいです。
2月16日からは申告の期間で税務署めちゃ込みなので、その前に行ったほうがいいです。
貴方は還付の申告なのでいつでもできます。
なお、25年分は来年にならないとできませんが、24年分だけなら今でもできます。

また、国保や年金の保険料を払っていて、源泉徴収票の社会保険料に含まれていないものがあれば、年金は控除証明書、国保は払った額がわかるもの、また、生命保険に加入していて保険料払っていればその控除証明書を持って行けば、その分控除できさらに還付される所得税多くなります。
また、確定申告した内容は役所に通知され、今年度貴方が払った住民税の一部も還付され、来年度(6月から課税)の住民税も安くなります。
住民税は前年の所得に対して6月から翌年5月課税です。

>もしも年内に就職が決まらないのであれば、8月分の給料までが課税の対象となるわけですので、12ヶ月を想定しての源泉徴収税額を非課引かれているので誤差が生じるはずですよね?
おおむねそのとおりです。
毎月引かれる所得税は生命保険料控除なども考慮されず多めに引かれるので、1年間働いたとしても、通常、年末調整で所得税の精算がされ還付されます。
なので、年の途中で退職した場合、年末調整されないので、還付の申告をすれば所得税還付されます。

>失業手当は非課税ですよね?
そのとおりです。

>...続きを読む

Q確定申告と医療費控除について

確定申告ですが、パート収入で確定申告します。
主人はサラリーマンなので、年末調整を受けていますが、
医療費控除の申告をします。
この場合、私の確定申告に医療費控除を入れてもいいのでしょうか?
それとも、主人の名前で医療費控除を申告して、別々の申告をしなくてはいけないのでしょうか?

宜しくお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

医療費控除は、生計を一にする家族なら、どちらで申告してもかまいません。
考え方として、税率の高いほうで申告する方が、世帯全体での納税額は少なくなります。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/2260.htm

Q源泉徴収税額0円の場合は?

夫の源泉徴収税額について質問です。
去年会社からもらった源泉徴収票の源泉徴収税額が0円になっています。ですが実際はもらっています。
ただ、前回はボーナスと一緒にもらった為、源泉徴収額がわかりません。
※夫の会社は給料明細がありません。正確に言うと社長が一気にまとめてよこしたりよこさなかったりです。
かなり古い付き合いなので今更言えないらしいです。
今までも源泉徴収はもらっていますが、0円と明記されています。

実は私(妻)の会社で先日この源泉徴収税額に載っている金額を社員の方に渡しました。ですので疑問に思い質問させてもらいました。

Aベストアンサー

毎月の給与天引きされている税金があり、年末調整で確定した税額を超えている場合に、超えた部分だけの金額が還付されます。
したがって、毎月の給与で計算すると源泉所得税が発生し天引きされたが、年末調整で各種控除を含め計算したところ、所得税額が0となった。そのため、給与天引きされた所得税のすべてを還付されたと言うことでしょう。

還付金額は源泉徴収票に記載されません。通常給与明細の源泉所得税の欄の合計と源泉徴収票の税額の差が還付金額となります。しかし、給与明細がなければ、計算の確認は難しいですね。

源泉徴収票の記載事項の内容から見ると、
3,657,500の給与所得控除後は2,397,600
2,397,600-1,432,011=965,589
965,000(端数処理)×5%=48,250
48,250-48,250=0
で正しいように思います。

住宅借入特別控除は税額控除です。したがって、年間の給与や賞与からの天引きされている所得税額は48,250円でしょう。
所得控除の額と各控除の金額は通常合いませんが、これは、扶養控除・配偶者控除・障害者控除・基礎控除でしょう。

毎月の給与天引きされている税金があり、年末調整で確定した税額を超えている場合に、超えた部分だけの金額が還付されます。
したがって、毎月の給与で計算すると源泉所得税が発生し天引きされたが、年末調整で各種控除を含め計算したところ、所得税額が0となった。そのため、給与天引きされた所得税のすべてを還付されたと言うことでしょう。

還付金額は源泉徴収票に記載されません。通常給与明細の源泉所得税の欄の合計と源泉徴収票の税額の差が還付金額となります。しかし、給与明細がなければ、計算の確...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報