あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

Einstein's Theory of Relativity was one of the greatest gateway innovations of the 20th Century in that it allowed scientists to view the possibilities of the universe in an entirely new light.

(A) Century in that it allowed
(B) Century, for it allowed
(C) Century, allowing
(D) Century when it allowed
(E) Century by allowing
 

正解はBなのですが、意味的にin that = becauseのように覚えていたので、A/Bの違いが良く分からないのですがどなたか文法上のn thatの使い方を教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

センチュリー 意味」に関するQ&A: centuryの意味

n/a 意味」に関するQ&A: N/Aの意味

A 回答 (1件)

はじめまして。



ご質問1:
<意味的にin that = becauseのように覚えていたので>

必ずしもbecauseの意味になるわけではありません。

1.in thatは「~という点で」「~という意味で」「~という観点から」「~という理由で」「すなわち」といった意味があり、文脈によっていろいろな意味で使い分けられます。

2.ここでは、「~という点で」→「~という理由で」という意味で用いられているようです。

3.ちなみにforは、becauseと文法上は異なり従位接続詞の働きはなく、andやbutと同じく等位接続詞の仲間になります。

従って、ここでは前文+「というのは」+後文というように、前文の理由を付け加える働きをしています。


ご質問2:
<A/Bの違いが良く分からないのですが>

この(A)は本文と同じ形ですが、どこが違うのでしょうか。

正解は(A)か(B)どちらにもなります。


以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。とても勉強になります!詳しく教えていただいてありがとうございます。

お礼日時:2008/01/30 00:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Q[few][little]は単数複数どっち?

はじめまして。
英作文をしているときに、穴に気づきました。

「~という人は少ない」
という文章を英語にスル際に
[There is few people who...]
[There are few people who...]
どちらになるのでしょうか?

また、[a few][little][a little]の場合はどうなるのでしょうか?


基礎的なことで申し訳ございません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

few も a few も複数形を伴いますから、
>[There are few people who...]
の方が正解です。

ただし、a few が、いるけど、少ないよ、というのに対して、
few はいないも同然、というような意味合いなので、
「~という人は少ない」ならば、普通は、a few の方が適切で、
few だと「~という人はほとんどいない」という感じになります。

little, alittle のある・ないの関係は、上と同じですが、
こちらは、物質名詞など、数えられないものにつくものです。
単数・複数ではありませんが、文の形としては、単数の形、
[There is little water.]
[There is a little water.]
のように使います。

Qwill be の使い方

まずは

You'll be the best-looking guy here.

の意味を教えてください。私なりの訳では、「あなたはここで素敵な存在になるでしょう。」と思いました。あっていますか?

次にこの will be のbeがよくわかりません。be抜けてたら通じないのですか?

Aベストアンサー

I go ~. という現在形を未来にする場合
I will go ~. とします。
will で未来形と言われますが、will は助動詞であり、
will +動詞の原形で未来を表します。

will は未来にするために付け足すものです。
go(es) + will → will go

You are the ~. という現在形 are があって、
未来にする場合も are → will と替えるわけではありません。
are + will → will be となるのです。
be 動詞が動詞という感じがしないだけ。

be に「なる」という意味があるわけではありませんが、
will be ~だと「未来に~である」が、日本語的には「未来に~になる」
が自然となります。

最上級なので、
「君は(そのうち、大きくなったら)ここで一番かっこいいやつになるだろう」


人気Q&Aランキング