日ごろから 思うことについて
皆さんの意見をお聞きしたいと思いまして
書き込みました

最近 DVDになった
実写版 トランスフォーマーの映画を
購入しました

あの映画は 賛否両論ありますが
私個人的には とても好きな映画のひとつでして

映画館でも見たのですが
あのときのインパクトが忘れられず
DVDも購入してしまいました

よく あのアニメを実写にできたものだなぁと
思いながら見ています

そこで 質問なのですが

私が幼稚園か小学生のころに
アニメ版のトランスフォーマーがやっていて

実写版にも登場する

オプティマスプライムや
(日本のアニメではコンボイでしたが)
バンブルビー
(日本のアニメでは カマロではなくワーゲンでした)

も出てきて とても楽しいアニメだったのを
覚えています

しかし そのアニメの話をすると
どうも オタクっぽい感じに思われるのが
いやなのです

実写版も アニメ版も
元は一緒なのに・・・と思うのですが

どうも 映画の話をするときには
何の違和感もないのに

アニメ版の話をすると
ちょっと 引き気味のようになって
私のほうも話すのがイヤになってしまいます

私としては ただ元ネタは
アニメで こういう内容だったんだよ
という事を言いたいだけなのですが

どうも 世間一般のとらえ方は
アニメ=オタクのようになっているように思います

なんとも 釈然としません

こんな思いをした方
ほかにもいらっしゃいませんでしょうか?

ご返答いただけたら 幸いです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そうですね~。


「アニメ=オタク」というイメージは定着してしまっていますよね。
その事は私も良く考えます。
「アニメは日本の文化だ。」と言いつつも皆どこか否定的です。

文面から見るとshin9334さんは今アニメにハマっているわけでは無いようですが、秋葉原などで溢れるいわゆる「萌えアニメ」には抵抗がありますか?
私は正直あります。ただ、私は最近アニメにハマっていますし、そうした「萌えアニメ」の中にも好きで観ていた物も有るんです。
だからいつも考えますね。

これは私の論ですが、何故「アニメ」という好みをおおっぴらに出来ないのか、「恥ずかしい」と思う気持ちが沸いてくるのか、そこには「アニメ」の持つデフォルメ(記号化)が関わっていると思うんですよ。

トランスフォーマーはちょっと置いておいて、「アニメ=オタク」を醸し出すアニメはやっぱり「可愛い女の子」だったり、「露出の高い服装」だったりしますよね。
あれは性欲のデフォルメだと思うんですね。

そして今では極端になりすぎて全く別物に見えますが、神様と言われる「手塚治虫」が描く女の子だって同じだと思うんです。
理想の可愛い女の子を描くとああいう風に「目が大きく」「口は小さく」どこかキラキラしていて艶めかしい。

そもそもそれらはセクシャルで、日本人にとって特に「隠すべきもの」な訳です。そして「隠す」から余計に今のように妄想が肥大していって、どんどん極端にデフォルメされて行ったと思われるんです。

そんな男性の生々しい理想像を私たちの前に表出させないで欲しい。「イヤらしい」と女性は思う訳です。
すると「嫌われたら大変だ」とまあ普通の男達はそれを拒否する。

「アニメ」にはそうした「現実の私たちを見ない!」という女性の拒否がまずあって、「確かにこんなに性欲丸出しじゃあ恥ずかしい」という男性の防衛反応があるのではないでしょうか?

そして困ったことにそのセクシャルなデフォルメは、作品の善し悪しとは関係なしに「アニメ」にとって普通になってしまっているんですね。
だからどんなものでも「アニメ」だったらひとくくりに「ちょっと恥ずかしい物」という事になってしまった。

外国の女優を「可愛い」と言った時、女性も大概は「可愛いよね~」と共感するのに、それがアニメのキャラクターになったとたんに「キモッ!」となるのは、アニメという物がそうした極端なデフォルメだから。

だから今のところこの「アニメ=オタク」の一般的見解はどうにもならないと思います。釈然としませんが、「アニメ」がそうした部分を含んでいるのも事実なので、そうした「色々」を理解してくれる相手なら「吉」で、自分は自分でどういうスタンスを取るのか考えよう。でしか無いのではないでしょうか。

只、どんなジャンルでも同じですが、日本のアニメにはとてもすばらしい物がいくつか有り、私は好きですね。

長文になって申し訳ないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます

たしかにおっしゃられるとおり
いまのアニメに対する偏見は
そのような背景があると思います

しかし それはそういうジャンルもあるというだけの話で
そのほかにも いろんなジャンルのアニメもあるということが
世間一般では認知されていないのかもしれませんね

昔はよくアニメを見ていて
北斗の拳とか ドラゴンボールとか
その辺のアニメは よく見ていました

近頃は アニメを見ることも少なくなってしまい
最近のアニメはよくわからないのですが

宮崎駿さんの映画はだい好きで
何度も繰り返し見てしまうほどですね

まぁ いろんな意見はあると思いますが
自分の好きなものは それが個性だと
思ってくれれば いいのではないかと思います

ありがとうございました!

お礼日時:2008/01/26 10:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアニメの実写映画が増えたのはなぜ?。

アニメの実写映画が増えたのは、なぜですか?。最近多くなりましたよね。アニメーションは、アニメでしかできないことをやっているのが多いのに、実写化は無理があるはずですが、海外だとか、ドラゴンボールとか、最近だと黒執事とかなんかもう、無理やり実写化している感じがしますが。
案の定、ネットや評論家の間では、酷評の嵐で、興行的に失敗するケースが多いのに、それでも、アニメが原作の映画を作りたがるのは、何か理由があるんですか?
ちなみに、実写映画で、荒川アンダーザーブリッチは、良かったです

Aベストアンサー

(黒歴史だけど)デビルマンや鉄人やキャシャーンに比べればまだましだったのでは

漫画原作のイメージをアニメには撮しやすいけど、CGと生身の俳優で表現するのは難しいと言うことでしょうね。ただ、ハリウッドではマーベルコミックス由来の実写CGが成功していますから、一概に失敗するとは言い切れないと思います。

いい原作が枯渇してきている(実際はそうではないが商業プロデューサーにはそのように見える)のが大きいんじゃないでしょうか、アニメで成功していれば脚本は流用できて、そこに、ちょっと人気のタレントをつっ込めば逸れ目当ての客は来るだろう、原作やアニメのファンも引っ張れるはず。原作に戻っても、漫画というのはそのままコンテの役目を果たせますから解釈が容易など、プリプロダクションの費用を圧縮できるのかも知れません。

まあ、この考えでハリウッドはプリプロダクしょんゃキャスティングをしっかりやり、方や日本では~~なのが結果の違いに出ているのでは

Q実写版の方が良かった映画有りますか?

邦画でも洋画でも良いんですが、アニメや漫画の
実写版映画で実写の方が良かった作品って有りますか?
またその逆でこれは見る価値無しって作品も教えてください。
今年は邦画で過去のアニメ作品が多く実写化されてる
ようですがどうもイマイチと言うか結構激怒されてる方が
多い様に思うのですが、何故名作が駄作になってしまうんでしょうかねぇ。

Aベストアンサー

不本意ながら

「指輪物語」ラルフ・バクシ監督
ロト・スコープなんかを使ってコダワリのある作り方をしたアニメーションでしたが、予算不足のためか、完結してません。
終わっていないという点では、完全に「ロード・オブ・ザ・リング」三部作に劣ります。
それほど悪くも無いとは思うんだけど、物語として完結してしないという不満もあるわけで。

ちゃんと終わりまで見られただけでなく、映像も素晴らしい「ロード・オブ・ザ・リング」の方を上ですね。

あとは、スパイダーマンはかつて、TVドラマ、アニメーション、東映版(!)と色々見ましたけど、最近の映画版は良いですね。
個人的な印象だと

TVドラマ版は、テレビで少しみただけですが、
「主人公がまるでバイトでヒーローしている」ような気軽さ
で見ていると、ドラマとしては重厚感に欠ける感じ

アニメーション版は、色々とあるはずですが多分古いほうをこれまた少しみただけですが
「神様も悪魔も宇宙人も怪獣」出てくる無国籍どころか、無秩序な世界観が特徴ですね、子供っぽい印象

東映版は、全部見てしまったんですが
「スパイダー星人に瀕死のレーサーである主人公がスパイダーエキスを注入されて、スパイダーマンとなり、宇宙を荒らした悪党宇宙人”鉄十字軍”と戦い、地球を守ると同時にスパイダー星人の敵討ち」
という設定で、東映戦隊モノのテイストに溢れており、ロボットや宇宙船で敵を粉砕するのも大きな特徴、原作と同じ部分は、壁を上れるという設定と見た目くらいです。
個人的には、思い入れもあるのですが、主人公の暗さが、なかなか大きく、妙に悲壮感漂うエンディングと相まって意外と好きでした。
ただ、映画版を見てしまうと、スパイダーマン自身のアクションは時代の都合とはいえ地味です。

映画版は、やはりアメコミらしく葛藤とトラウマを抱えていて、味わい深かった印象。

不本意ながら

「指輪物語」ラルフ・バクシ監督
ロト・スコープなんかを使ってコダワリのある作り方をしたアニメーションでしたが、予算不足のためか、完結してません。
終わっていないという点では、完全に「ロード・オブ・ザ・リング」三部作に劣ります。
それほど悪くも無いとは思うんだけど、物語として完結してしないという不満もあるわけで。

ちゃんと終わりまで見られただけでなく、映像も素晴らしい「ロード・オブ・ザ・リング」の方を上ですね。

あとは、スパイダーマンはかつて、TVドラマ、...続きを読む

Qアニメ映画は好きだがオタクは嫌いという人はいませんか?

アニメ映画は好きだがオタクは嫌いという人はいませんか?

ここでいうオタクというのは、「主に2次元の異性のキャラを見て萌え萌えとか行っている人」を指します。

異性のキャラのデザインよりもストーリーを見ろと言いたいです。


オタクの人たちは、キャラクターデザインばかりにこだわり、ストーリーをちゃんと見ようとしてない人が多いのでは。

というのも原恵一監督「河童のクゥと夏休み」という作品は、アニメ評論家や映画評論家からは絶大な評価を得ました。

なのに、アニメオタクの間では、全然話題になってませんでした。

それどころか、キャラクターデザインが地味だとか、ストーリーをろくに見ようともしないでキャラターデザインだけを見て文句ばかりですし。

キャラクターデザインが地味なのは確かです。しかし、背景描写はとてもきれいでした。特に自然の描写は。

Aベストアンサー

はじめまして。

自分の場合ですが、
今の作品のストーリーなんて正直気に入らないです。
というより、
今の映画、音楽、小説、漫画、アニメ等、
所謂"今の作品"自体が好きじゃないです(特に中身)

河童のクゥの夏休みは見ました。
正直、・・・でした。
絵やキャラデザインは嫌いじゃありません。
むしろ、合ってると思います。
問題はストーリーでしたね。
ストーリーについては長くなるので、
省略させてもらいます。

公開された時は、まだオタクじゃなかったし、
寧ろオタクが嫌いでした。
ただ、気になったから見てみました。
あと、オタクの間だけじゃなく、
普通の人たち(当時中学生)の間でも話題になりませんでしたね。

質問者様の好きな作品ですから、
これ以上、この作品に対する否定的な意見は書きませんけど・・・

少なくとも僕の言う
"キャラのみ好き"ってのは、
キャラが好きなんじゃなく、
ストーリーがダメな作品に対する皮肉として使ってます。

ストーリーを見ていないんじゃありません。
ストーリーに目も当てられないだけです。
正直、今の作品のストーリーには憤りを激しく感じます。

否定的な意見ばかりで、質問者様には、
とても不愉快な回答をしてしまいました。
あなたの好きな作品を否定したいわけではありません。
あくまで、こんな考えの人もいるってことを伝えたかっただけです

不愉快な気持ちにしてしまって、
本当にごめんなさい・・・

ただ、"キャラしか見てない"じゃなくて、
"キャラしか見れない"ってことを、解ってもらえたら、
うれしいですね。
まぁ、キャラデザインが、地味って文句言ってる人も、
アレですけどね。



ここからは関係のない話ですが、
作品の質と批評家の質って比例するんですね。

はじめまして。

自分の場合ですが、
今の作品のストーリーなんて正直気に入らないです。
というより、
今の映画、音楽、小説、漫画、アニメ等、
所謂"今の作品"自体が好きじゃないです(特に中身)

河童のクゥの夏休みは見ました。
正直、・・・でした。
絵やキャラデザインは嫌いじゃありません。
むしろ、合ってると思います。
問題はストーリーでしたね。
ストーリーについては長くなるので、
省略させてもらいます。

公開された時は、まだオタクじゃなかったし、
寧ろオタクが嫌いでした。
ただ、気になった...続きを読む

Q「フランダースの犬」 アニメ版と映画版どう違うの?

映画版のはラストが違うらしいのですが、どう違うのでしょうか?
アニメ版のラストと言えば、パトラッシュと少年が最後に聖堂?のようなところで死んで、天使に迎えられるという名シーンがありますが、あれが映画版だと違うのでしょうか?
あと映画版ってハリウッドの制作ですか?

Aベストアンサー

質問分を読んで再びDVD映画を見て感動してしまいました。

ストーリーはアニメとほとんど同じでしたが最後にネロとパトラッシュが寒い真っ暗な夜に聖堂になんとかたどり着いて絵を見ようとしますが暗くて見えないので聖堂のろうそくの炎で見ようとしますが寒さと疲労で意識を失います。

意識を失ってしばらくして朝日が光輝いて聖堂の絵を輝くほど照らします。
絵が綺麗に見えるとネロは光で意識を取り戻して目を覚まし絵を見て感動しますがやがてルーベンス本人が現れて倒れた雪まみれのネロと会話をします。

(ネロ 君のサーカスの絵は非常に上手い 長く皆の心を揺さぶる)


すでにパトラッシュは意識無し(犬の種類はブービェ・デ・フランダース)

ネロはパトラッシュとともに現れたルーベンスにここはいやな世界だからつれて行ってほしいって頼み込んでENDなので天国へ行ったかどうかは不明で終わりますがルーべンスはすでに亡き人。

アニメの様に羽の付いた天使は現れません

ここはいやだから一緒に連れてってって言葉は色々な取り方が出来るのですが私は生きるのに疲れたから天国へ行きたいって聞こえました(-_-;)  

最後は亡くなるのだろうと判る表現です。

質問分を読んで再びDVD映画を見て感動してしまいました。

ストーリーはアニメとほとんど同じでしたが最後にネロとパトラッシュが寒い真っ暗な夜に聖堂になんとかたどり着いて絵を見ようとしますが暗くて見えないので聖堂のろうそくの炎で見ようとしますが寒さと疲労で意識を失います。

意識を失ってしばらくして朝日が光輝いて聖堂の絵を輝くほど照らします。
絵が綺麗に見えるとネロは光で意識を取り戻して目を覚まし絵を見て感動しますがやがてルーベンス本人が現れて倒れた雪まみれのネロと会話をします。

...続きを読む

Q実写映画とフルCG映画

フルCG映画の技術発展には最近驚かされるものがあります。
特に、昨年公開された「BIOHAZARD DAMNATION」という映画があるのですが、建物や衣服などの無機物は実写と遜色なく、実写にしか見えないことも多々あります。
有機物については植物、動物の一部はまさに実写と遜色ないように見えます。
人間はさすがにCGだなとわかります。

でも、そのうちフルCG映画で人間が実写映画と遜色なく見え、極端な話をすれば俳優さんが必要なくなり、声優さんだけで全ての映画が成り立ってしまうような、そこまでCG技術が発展する日も近いのでしょうか。

Aベストアンサー

 今はCGの人物でファイナルファンタジーでも失敗したのですが、違和感が出てくる問題もありますが、これの研究も進み、減ってきたかな。
 今は実際の素材を取り込み貼り付ける方法もあります。

 随分前ですが、バットマンの映画で、上空から落ちてきて、地面がめり込んだ場面があり、それが全てCGだったと。今は毛の質感なども表現出来るようになりましたからね。スポーンという実写作品でも、いろんなCGアーティストが参加して作り上げたかな。

 CGで難しいのがなめらかでしょうね。つるんとした感じがまだあるので、人間に関しては違和感がまだ出やすいです。しかし、実際の動きは動きを取るために実際の俳優さん達が動きます。その動きの情報をもとに重ねていく作業が多いですから、全く役者が要らないとは成らないでしょうね。
 トロンレガシーでも同じシーンでフリンの現在と、若いときのフリン役の人が演じていました。まず、現在のフリンが台詞や演技を行い撮影する。次に筋肉隆々の体部分の俳優が演じる。若いときのフリンはCGで作成という形を取っていました。

 アニメ作品でもプリキュアのエンディングも実際に人間が踊った物を取り込みCG合成していますね。
 これをしないでする場合、動きがぎこちないです。動物も最初はそうだったけど、現在は実際に動きを取り込み解析し、CGで再現をしているようです。のぼうの城の馬でそのテクニックが有ったようです。パンフレットによると。
 動きの情報とか蓄積すれば、恐らく可能ではと言われて居ますね。

 機械だけならCGでOKですね。プラネタリウムの全天周映像でフルCG作品があります。こちらも楽しんでみて下さい。

 今はCGの人物でファイナルファンタジーでも失敗したのですが、違和感が出てくる問題もありますが、これの研究も進み、減ってきたかな。
 今は実際の素材を取り込み貼り付ける方法もあります。

 随分前ですが、バットマンの映画で、上空から落ちてきて、地面がめり込んだ場面があり、それが全てCGだったと。今は毛の質感なども表現出来るようになりましたからね。スポーンという実写作品でも、いろんなCGアーティストが参加して作り上げたかな。

 CGで難しいのがなめらかでしょうね。つるんとした感...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報