よく見かける電線ですが、太い線と細い線(又は同じ位の線)がねじって束ねてあるものが多いことに気付きました。
これは、ただ単に「束ねる」だけなのでしょうか?
それとも他の効果、例えば電流で生じる磁界を弱める…(?)などあるのでしょうか?巻き方も同じ方向に巻いてあるような気がするのですが。
どなたか暇な時にお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

表皮 効果」に関するQ&A: 表皮効果-2

A 回答 (3件)

電力線における回答です。


電力線にはシースと呼ばれる層があります。このシースはケーブルの安全対策として必ず設置されます。
単身ケーブルでは必ず電磁誘導が起こりシースに起電圧が発生したり、発熱が起こったりします。
これらを解消するために導電線間で正三角形の配置にしたり、クロスボンドと呼ばれる接地を行っています(電力線三芯で実現できる)。
e3563さんが見かける電線は三本のケーブルを撚っている(正三角形を実現するため)ケーブルは、前途の現象が電力ケーブルの安全性を損なうものなので、そのようなケーブルの構成になっているのです。
また、e3563さんのおっしゃる通り磁界を弱める(送電損失を減少させる)意味もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
質問に不備があったようですが、私の意図する回答でした。
損失の減少の働きもあるのですね。
そういえば、撚ってあるのは3本の気がします。

お礼日時:2001/02/07 18:25

e3563さんが言っているのは、電柱に張ってある電線のことでしょうか?


それとも、電線の断面の事を言っているのでしょうか?

もし、電柱に張ってある電線のことであれば、これは送電線が切れたりしないように
素線というものを電線に這わせて丈夫にしているものです。

電線の断面の事を言っているのであれば、それはより線の事ですね、
一般的に単線(よじっていなく、銅線が被服の中に一本だけ入っているもの)は家庭内の
照明や、コンセントの配線に使用します、また問い合わせのよじっている電線は、
幹線といって簡単に言えば電柱に張ってある電線から家屋内に引き込んでくるときに使用することが多いです。
見た目では、単線は硬く曲げたときに針金のように曲がる、より線は比較的にやわらかく曲げたときは
簡単にくにゃっと曲がる感じがします(太いのはさすがに硬いですが)

といった感じですね。

ちなみに、電線の太さの単位は単線はmm2、より線は゜(スケア)で表されます。
(電線の断面積によってサイズは違います)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
質問がすこし曖昧でしたね、すみません。
電柱に張ってある線です。(説明は前者ですね。)
補強の意味もあるのですね?

お礼日時:2001/02/07 18:21

電気抵抗を少なくするには、断面積が大きい方がいいので、一本の針金みたいのもあるけど、数回曲げ伸ばしすると切れちゃいます。


ですから、一本の針金(単心線といいます)は曲げ伸ばしの必要のないけど、大きな電流を通さなければいけない、屋根裏や壁に這わせるような配線に使います。

電気機器のコードなんかのように曲げ伸ばしの多いものは、切れちゃこまるので、細い線を束ねたものを使います。これはよってあるのもあるし、よってないで束ねただけのもあります。

また、電波になるような周波数の高い電流では、表皮効果といって、電流が電線の表面に集中する性質があり、電気抵抗を低くするのに、線を太くしてもあまり意味がないので、表面積を広げるために、わざと細い線を沢山よりあわせたものを使います。

あと、大電力用の送電線なんかだと、真ん中に丈夫な鉄の針金を入れて、その回りにアルミの針金を巻きつけた綱心アルミ線なんてのも使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
質問の内容がうまく書けていなかったようです、すいませんでした。
でも、ためになりました。

お礼日時:2001/02/07 18:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

表皮 効果」に関するQ&A: ぶどう酒の作り方。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1条ねじと2条ねじの公差の違い

ねじの公差について調べているのですが、1条ねじと2条ねじの有効径、内径などの寸法公差は違うのでしょうか。

Aベストアンサー

基本的に差はありませんよ。
内径はつまり、おねじの谷部の径(めねじなら内径)ですから、JIS規格等に乗っ取って作られる限り差はありません。
有効径もやはりJIS規格で
有効径=d(呼び径)-(1.082532*ピッチ)
と決まってますから、この場合2条ねじの方がピッチは短いので小さくなりますね。

Q寝れないほど悩んでます。 コイルの磁界についてです。 電流量とコイル巻き数で大体磁界の強さは決まるよ

寝れないほど悩んでます。
コイルの磁界についてです。
電流量とコイル巻き数で大体磁界の強さは決まるようなのですが。
線の質量が決まっていた場合、

巻く数が多ければ線が細くなる
線が太ければ巻く数が少なくなる

この場合は、比例なのでしょうか?
ヘッドホンに例えると、どちらにした方が、効率が上がりますか?

Aベストアンサー

先ずは、磁界は電流と巻き数の積に比例します。
この意味で、過去には、単位は[AT/m]でした。アンペアターンです。

> 線の質量が決まっている場合、
線の質量は、断面積×長さに比例し、断面積は半径の2乗に比例します。
なので、線径を1/2にすれば断面積は1/4になるので単位長質量も1/4にでき、
よって長さは4倍にできるので、磁界も4倍得られます。
但し、外側ほどに一周長が伸びる場合の補償が必要ですが。

別な問題として、線が細いほど導体抵抗が増えます。これは断面積に反比例です。
つまり、線径を1/2にすれば断面積は1/4になるので、単位長線抵抗は4倍になります。
駆動電圧が同じならば、これは電流が減ることにもなり、結果磁界が減少します。

これらの関係は相反していますが、線径に関する影響は簡単です。
整理してみてください。

Qプラス+のねじとマイナス-のねじの違い

すごーく素朴な疑問です、ねじって+と-がありますよね、これって何の為なんでしょうか?最近-のねじってみたことが無いような気がするんですが、+のねじ-のねじのそれぞれのメリットってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

書き忘れましたが工業生産的になぜプラスねじの方が有効かは実際にマイナスねじとプラスねじを締めてみればわかりますがセンターさえあわせれば後は押しつけて回すだけである程度あうプラスねじと、角度とセンターを両方ともあわせなければうまく回らないマイナスねじ。
どちらが普及するかは一目瞭然ですね。

Q電子線とX線は同じもの?

ちょっとした疑問
電子線とX線は同じもの?

詳しい方おねがいします。

Aベストアンサー

似ていますが、違います。
どちらも放射線ですが、電子線は電子が粒子となって飛ぶものです。
X線は電磁波の、波長が短いものです。
アルファ線、ベータ線、ガンマ線とX線が代表的な有名な放射線ですが、電子線はガンマだったかな?
この点は自信が無いので、他の方の解答を参考にしてください。

Q線(電線類)とケーブルについて

電線などの線とケーブルとの違いは何なのでしょうか


わかりにくい質問ですみません

Aベストアンサー

 
  電気関係で、「線」を意味するのは、英語では、cable, cord, wire の三つぐらいです。「線」に当たる英語の単語はまだありますが、意味が少しずれて来ます(例えば、line も、回線の意味に使います。しかし、line という物質実体のことではないようです。回線があり、「その回線は、銅のケーブル製だ」という例で分かるでしょう)。
 
  ケーブルは、元になる線を撚り合わせて造り、普通被覆されています。鋼鉄製の頑丈なケーブルは、電気ではなく、機械などの分野ですが、吊り橋を支えるケーブル、ケーブルカーを引っ張るケーブルなどです。ケーブルというと、何か実体ある物質の線です。
 
  「線」というのは、電線といえば、電気を流す高架線などは、overhead wire などといい、wire です。電話の線も wire が普通です。アンテナは、空気ワイヤという風に英語では使います。ジャンパー線の「線」も、敢えて言えば、wire でしょう(普通、jumper だけです。また jumper line の場合は、回路的な言い方です)。
 
  「線」というのは、物質的実体の線、つまり、cord, wire のこともありますし、回線の意味の line の意味もあります。「ケーブル」に比べ、より一般的だと言えます。ケーブルは、鋼鉄の支持索(撚り合わされた)とか、同じような構造の銅などの電導線で、海底に引く線などの用法です。
 
-----------------------------------------------------------
  はっきりしませんが、「ケーブル」は、具体的な物質の線を意味し、どういうものかが或る程度特定されていると言えます。(光ケーブルの場合も、具体的な物質の特定の線が表現されています)。
  それに対し、「線」は、「回線」「配線」などの場合は、抽象的で、線の実体物質のことを指している訳ではないことになります。勿論、具体的場面に置かれた「線」や、「電線」「高架線」「電話線」「牽引線」などになると、一般に、具体的な物質の線を意味することになります。(「回線」「配線」などは、配線図・設計図のなかの理論的な線で、それを実現して現実の物質を使うと、電線や電話線、ケーブル線などになると言えます。つまり、同じことを言っているようですが、ケーブルは、具体的な物質の線を意味するということです)。
 
  (何か、不備があれば、指摘してください。また、もう一度考え直せば、別の考えが出るかも知れません。ケーブルと線を対比してというのは、そういう話は聞いたことがないのです)
 

 
  電気関係で、「線」を意味するのは、英語では、cable, cord, wire の三つぐらいです。「線」に当たる英語の単語はまだありますが、意味が少しずれて来ます(例えば、line も、回線の意味に使います。しかし、line という物質実体のことではないようです。回線があり、「その回線は、銅のケーブル製だ」という例で分かるでしょう)。
 
  ケーブルは、元になる線を撚り合わせて造り、普通被覆されています。鋼鉄製の頑丈なケーブルは、電気ではなく、機械などの分野ですが、吊り橋を支えるケーブル、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報