ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

先日、土地と建物の購入申込をしたのですが売主は「土地は売るが水道管(私設管B20ミリ)は売る気はない」と言ってきました。
そして、Bを使用するなら承諾料(一時金)が必要とのことです。

   ■■■■■■■■
   ■□□□□□□■
   ■□対象物件□■
   ■□□┃□□□■
   ■□□┃□□□■
   ■□□┃←私設管B(20ミリ)
   ■□□┃□□□■
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓←私設管A(150ミリ)
  道 路
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
※AとBは同じ所有者

そこで教えていただきたいのですが、
1、通常の不動産売買では土地と埋設管類は別の物として取引するのでしょうか?
2、この様な場合、売主が買主に対しBについての承諾料等を請求するのは正当なのでしょうか?
3、Bの件は妥協し承諾料を支払い不動産売買を締結したとして、Bについて今後どのようなトラブルやデメリットが考えられるでしょうか?
4、土地所有者=水道管所有者ではないのでしょうか?行政は何を基準にして水道管の所有者を決めているのでしょうか?

分かる範囲で結構ですので宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

下記のURLをご参照ください。



1.通常とまでは言えません。両方セットで売却する場合もあります。

2.正当です。売主個人が自費で工事した管なので個人の所有物です。

3.B管が破損した場合の修理費をどちらが払うのか。A管の所有が相続や競売などで変わった時。などは揉める可能性があります。

4.このケースは土地所有者=水道管所有者ではありません。行政は個人所有地内の事に口出ししません。

参考URL:http://incomegain.livedoor.biz/archives/50210106 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

pandorafan様
ご回答有難う御座います。
専門家的な的確なご回答で助かります。
今後の売買契約の参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/01/26 15:19

BよりもAの方が後々問題かと思われます。



Bが別料金というのなら「水道管のない建物」=「通常用途に耐えられない」としてA No1さんの言うとおり、値引きなど交渉が可能です。

Aについては、この建物が公管に接続していないことになりますので、(売地でいえば人の土地を通らないと道路から売地に入れない状態)今後とも継続的に使用料金が発生したり、維持費などを請求されたりする可能性があります。

このような売主の場合、引渡し時に水道メーター(メーターは個人財産)を撤去して行くと思われます。水道メーターが引渡し対象となるかどうかも要確認です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

coffeecan様
ご回答有難う御座います。
専門家の貴重なご回答、大変勉強になりました。
今後の売買契約の参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/01/26 16:36

本来土地の売買は更地で行うべきですが、もし埋設管があったなら撤去してから売るべきではないでしょうか?


水道管には寿命があります、何十年か使用した物であればそろそろ寿命かも知れません。
撤去して欲しいと申し入れてはどうでしょうか?相手にしてみれば水道管を引く時に費用が掛かったと云っているのでしょう。
もう少し交渉の余地がありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

keiwa様
ご回答有難う御座います。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/01/26 15:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重要事項説明の「私設管の有無」について

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事項説明時に私設管に関する説明は無かった(重要事項説明書に記載無し)。
・私設管の所有者は現状不明(使用している人たち共同で持っている可能性が高い)。
・本管が埋設している道路(購入予定の土地の接道)は私道で、共有持ち分として売買契約の一部に含まれている。
・二世帯住宅建築予定なので、水道の口径を20mmに変更する予定。
そこで質問なのですが、
1.購入予定の土地に引き込んでいる本管(近隣数名で使用)が私設管だったことを、不動産は重要事項接目路に説明する必要があったのでしょうか。
2.説明する必要があったとして、重要事項説明不足による過失が不動産にあるとまで言えるのでしょうか。
3.分岐している配管が私設管の場合に発生しうるデメリットはどんなことがあるのでしょうか。(個人所有の場合、口径変更の許可が下りなかったり、使用料等を請求される場合があったりすることは別の質問で読みました)

よろしくお願いします。

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害となることはありません。現在その管を利用していない状態で引き込みをする場合、管の所有権が無ければ金銭を要求されることはありますが、既に利用している状態の場合は既得権がありますので、請求されることはないでしょう。デメリットは無いと思いますよ。大規模な地震等で損傷した場合は、それを使用する方々負担での復旧となるでしょう。

但し、引きこみの際に、私道の所有者から掘削と埋設の承諾を貰う必要があります。これは管の私有、公営問わず、道路の持分所有者との民法上の問題です。

その管の所有者がわからないのでしょうか?局で調査してもわかりませんか?100mmを引き込んでいるならそう古い管ではないはずです。局には申請時の書類や図面など保管されており(田舎だと無い場合も)わかるはずです。

重要事項に過失はありますが、それにより買主が不利益や損出があるかどうかが?問題となります。
売買契約済みで、まだ決済していない状態であれば、仲介業者に正しい情報と詳細な調査資料等要求して、リスクがあるかどうか判断してください。不安であれば、私有管から20mmを新たに引き込める旨の水道局の見解を確認し、所有者の承諾等必要な場合は、業者に用意させましょう。
ご自分で水道局へ行かれる際は、現在の所有者の委任状が無ければ、詳細な情報の閲覧は出来ません。

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害と...続きを読む

Q私設管って何ですか?

売買の重要事項説明に記載してある飲用水や下水のところに「敷地内配管の有無」と「私設管の有無」とあるのですが・・・

・私設管の定義とは?(説明がされているサイト教えてもらいたいです)
・敷地内配管と私設管の違いってなんでしょうか?

誰か教えてください・・・

Aベストアンサー

詳しくはその不動産屋さんに確認してほしいのですが・・・。

上水道、下水道の本管は道路の下を通っているのですが、実際にその上下水道を利用する為には敷地内への引き込み工事が必要です。これが「敷地内配管の有無」で、これが「無」だと、前面道路を割って敷地内への配管引き込み工事が必要になります。

敷地内への配管といっても、引き込み管は道路から1mくらいしかつかないので、後の配管(そこからキッチンなどの水回りまでの配管)は個人で付けなければなりません。これが「私設管の有無」です。

結論として、どちらも「有り」となっていれば、即それらを利用出来ます。

どういう現状で、今後どんな工事が必要なのか不動産屋さんに確認してください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング