日本軍によるインドネシア侵略と残酷な統治
『日本軍に棄てられた少女たち―インドネシアの慰安婦悲話』
日本の侵略戦争を"アジア解放の戦い"と描く『ムルデカ17805』

インドネシアが将来日本と並ぶ経済大国になって日本に頼る必然性がなくなったとしても両国は仲良しでいられますか?
広島爆撃や東京空襲があってもアメリカと仲良しな日本とおなじようにインドネシアも過去の歴史を忘れてくれますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在のインドネシアは、経済的には日本より寧ろアメリカに依存している率が高いでしょうから、質問の前提自体が現実味に欠けると思われますが、直接国境を接する韓国や中国と違って領土係争問題も無いインドネシアがはっきり日本に敵対する政治的必然性があるとは思えません。

感情の問題を無視は出来ませんが、国家の外交方針が感情を基準に決定される事などありません。国境を接する隣国との関係では一見感情的に見える外交政策もありますが、よく観察すれば必ずその背景に冷静な打算があるものです。感情は交渉を有利に進める為の小道具として使われるに過ぎません。
外交関係には、親密な時期と疎遠な時期の振れ幅があるのが当たり前で、常に一定の関係を続ける事など有り得ませんし、経済のグローバル化が進んだ現代では、多少関係が冷却した位で関係が破綻する事もまずありません。イラク戦争に反対したフランスとアメリカの関係も一時はかなり冷却しましたが、サルコジ大統領誕生と共に親密な関係に戻っていますし、国家同士の関係とは打算で動くものですから、一見破局を迎えそうな状況でも、ほんの些細な事で復縁してしまうのです。増してや、インドネシアが60年以上前の戦争の話を持ち出して、今現在の経済関係を御破算にするなどは現実的に考えられません。インドネシアとは今後も長く現実外交が進められると思います。
    • good
    • 0

現状は親日国家の代表格でもありますし、別にどこかの国のように経済的に豊かだから"たかろう"とか、国内の不満を散らすために仮想敵国化しているわけではありません。


ただ一部たきつけて反日化させようとする勢力があることは確かですし、そういった人たちがこれからも今まで同様に暗躍すれば悪化することは考えられます。
    • good
    • 0

インドネシアの方はとても親しみやすく、素朴で親日です。


留学生もたくさん日本の大学で学んでいます。
インドネシアが発展しても、まず仲良くしていけます。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜインドネシアは高速鉄道計画に「中国案」を歓迎したのか?

「東京、29日 ロイター」
菅官房長官は29日、インドネシア高速鉄道計画に関し、同日午前、ソフィアン国家開発企画庁長官と会談したことを明らかにした。会談では、インドネシア側から「中国案を歓迎することになったとの説明があった」ことも表明した。

 同日午後の記者会見で語った。菅氏は、同事業計画をめぐり「実現可能な最良の提案をしたと確信している」としたうえ、「日本の提案が選ばれなかったのは極めて残念。『中国案歓迎』は遺憾」と述べた。

★なぜ、インドネシアは、日本の技術をパクったうえ事故ると土に埋めて隠蔽を図ったような、中国製高速鉄道計画案を歓迎したのでしょうか?
ご意見ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本国は、安全性・好条件の融資。
中国は、事業の全額融資、政府の債務保証は求めない?採算を度外視した売り込み。
これでは日本は勝てない。(もっとも採算を度外視ししてまでも取る必要はないと思いますが)
インドネシアは、安全性は度外視し、実利を取ったのでしょう。
しかし、ジャカルタからバンドン間の地形をみてください。山・崖そして、川が多く難工事になるでしょう。(難工事、中国の手に負えるでしょうか?)

また、融資の事ですが、ミャンマー・カンボジアをみてください揉めているではないですか。中国のやり方、契約はたいして関係ない、一方的に利子を上げたり、全額返済を求めたり、また、これを政治に利用する。

インドネシアは、大変なところと契約をしましたね?後で泣きを見るかも・・?
工事が伸びに~~伸びたり、そして、インドネシアに莫大な借金が残るかも?
また、完成しても新幹線の大事故にならなければいいのですが・・・?
中国の時のようにすぐさま埋めてしまうかも・・・?

Q統治形態 ~ 現代の統治改革

統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統治を実現するため、かれらの知識を民衆のすべてには与えないように気を配った。
 こうした専門知識人たちは、世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待したのである。
 やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し、自分らを統治する他の専門知識人たちを民主的に選び出すにいたった。
「権力の座についた知識人」であった。
 しかし、知識は知性ではない。だから、事はうまく運ばない。なぜなら、知識というものは、どんなコンピューターでも行うことのできる記憶作用にすぎず、それによって問題の解決策を発見することはできないからである。
 そこで「統治する知識人」は、その権力を保持するために、天才たちの発明を利用し、善意の発明家たちが考え出したものを殺人目的に利用した。
 ついで「統治する知識人」は、管理の技術を教える高等専門学校を創設した。つまり、「高級官僚」の養成である。これらの高級官僚は、他者の発明を、自分たちの利益のために利用して統治することを学んだ。
 権力を持つ天才が、権力を持つ知識人にとって代わらなければならない。
高等専門学校が提供するのは天才では全くなく、いっぱいに詰めこまれた記憶でしかない。良識と知性を獲得するのに、この学校を卒業する必要はない。
 どの世代も、発明家たちを生み出すが、人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する。そして、こうして利用され裏切られた発明家たちは、自分の発明品が、罪もない人びとを殺りくするために用いられるのを見て、嘆く。
 こうしたことは、もう続いてはならない!
 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。それは、統治している時に、自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた、筋骨たくましい乱暴者や有産者、専門知識人、政治家、軍人のいずれでもない。そうではなくて、それは、自分たちに何ができるかを示す機会を全く持つことができずにきた唯一の人びと、すなわち天才たちである!  _ ラエル著
 _ _ _ _ _ _

 『通貨の発行と管理を私に任せてくれ
そうすれば誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない』
--- マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド 銀行家 ---

_ 貨幣改革、選挙改革
選挙改革のような貨幣改革は、大きなトピックであり 変化への意欲と既存の概念にとらわれない考え方を必要とします。また貨幣改革は選挙改革のように簡単にはいきません。何故なら既得権益を守るために、彼らは懸命に阻止しようとするからです。 _
_ 現代の借金によるマネーシステムは、300年ほど前に生まれました。イングランド銀行が王室から特許状を与えられ、2:1の穏やかな比率で金の受領書を発行した時です。このささやかな割合が悪夢の始まりだったのです。そのシステムは今世界中に及んで無限のお金を無から創造し、地球の誰もが永遠に決して払うことのできない膨張する借金で鎖につながられています。
これは偶然に起こったものでしょうか?
あるいは陰謀?
明らかでしょう
私たちは とてつもなく大きい危険にさられています! _
      http://rothschild.ehoh.net/material/animation_01b.html  【負債としてのマネー _ Money As Debt】
 _ _ _ _ _ _


 「人類が誕生して以来、 ~ 他の者たちに物理的に押しつけた ~ 世襲の優越性を一般民衆に信じさせて、民衆を搾取し抑圧し虐待した ~ やがて民衆は、こうした専門知識人たちを打倒し 民主的に ~ 殺人目的 ”高級官僚”の養成 ~ 人類という種の生存を危険にさらすために、権力がそれを利用する 」

 統治形態の変遷 として、上記に示されますが、物理的暴力それによる統治、世襲をプロパガンダし民衆を搾取し抑圧し虐待、発明家たちの発明その軍事&殺人目的利用、未だ現代においてもその悪徳猛威、社会に蔓延してはいないでしょうか ?
○ その対応、対策、改善策、いか様なものが考えられ考慮されることが望まれるのか?

 Link【負債としてのマネー _ Money As Debt】、ゴールドスミスが鋳造考案したコイン、標準化され単位として整備され、重さと純度が保証されたコインによる ペテン計画、そして、300年ほど前に始まる悪夢_政治と権力の金権腐敗癒着その蜜月統治『 誰が法律をつくろうとも私の知った事ではない』 もはやそれらペテンも、改革改善革命、その舞台のスポットライトを浴びる所となったのではないでしょうか?

 全域に渡る金権支配_金権配下支配それら無謀支配の討伐(古いようですが玉を捕りにいく将棋のよう?いくさ合戦のよう? ではなく民主的かつ人道的な民主政治の場にて)をせねばならない必要性が発生しているのではないでしょうか?

 所信、考案などありましたら?

統治形態の変遷小史
 人類が誕生して以来、一体どのように人間は統治されてきたのであろうか。
今でははっきり言えるが、まず最初は、最も強い者たちが、自分たちの掟を他の者たちに物理的に押しつけたのである。
 強者はその力によって、富や財産を蓄積していった。強者の子供たちは、その富を相続し、こうして強者の統治は有産者の統治へと移っていった。
 有産者は統治し、彼らの従者の中で最も知恵のある者たちによる緒発見によって、次第に知識を獲得していった。
 次に有産者たちは、専門知識人による統...続きを読む

Aベストアンサー

>現代の統治改革


立法統治があるのに何を求めているのですか?個人資産の剥奪ですか?そんなもの求めると生きていかれなくなりますよ。

Qインドネシアの、中国高速鉄道はうまくいくか

>高速鉄道が「見切り発車」=中国、許可なしで起工式―インドネシア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160121-00000099-jij-asia
>現時点でも区間内のトンネルや橋のデータ不足で運輸省の建設許可が下りておらず、予定通りに事業が進むかは不透明だ。

将来、どうなるのでしよう

Aベストアンサー

ちょっと見づらいですが、ご容赦を♪^^
(拡大鏡をご用意してください)

本当に、中国の将来は・・・・?受注できなくなってしまうかも・・・?

Q昔の日本がした戦争によって現在の日本また未来の日本がいつまで賠償しなきゃいけないの?

自分が生まれてない頃、起こった戦争たいしていつまで謝罪したり、賠償したり、ODAを続けなきゃいけないんですか?支払われる賠償やODAは、当時の人のお金じゃなく、私の税金ですよね?
奴隷制度みたいな気がしました。

(質問したのがミスのせいかけいさいされてないのでもう1度書きました。重複されてたらすいません、削除します。)

Aベストアンサー

日本は中国と講和条約を結んでいますし、賠償請求権を放棄しているので賠償を請求することはできません。
変わりに日本が中国においてきた財産の返還要求もできませんが。

では、何故中国は請求するのか?
それは、過去の日本の首相や政府が相手の求めに応じて謝罪とかをしてきたので、そこを突っつけばお金が落ちる仕組みが出来てしまったためです。これは、最近になって応じないという風に対応が変わってきているみたいですが。

また、当時朝鮮半島は日本領でありかつ両国の同意の元に行われた併合ですので、本来は保証する義務すらないのですが、終戦時に「自分たちは戦勝国の一員だ」と言う発言を日本政府が尊重してしまったのです。
さらに、その後韓国政府が”朝鮮全体”に対する保証を韓国のみが受け取り(北朝鮮には韓国から配分するといって貰っています)さらに日本の民間・政府レベルの投資を全て返還請求しないということをしています。
この額は一説によると現在の価値に治して80兆円という途方もない金額に上るそうですよ。

よって、日本は謝罪や賠償をする義務は既にないです。今も続いている負の連鎖は日本政府の不甲斐なさにあるといえます。もっと毅然とした態度で外交を上手にこなしてもらいたいものです。

ちなみに、ODAは政府開発援助という日本語訳が示すとおり謝罪のための賠償ではありません。発展途上国に対し、お金や技術を貸したりあげたりする代わりに、経済が発展したら日本に対して見返りをくださいねという意味で行う資金援助のことです。
これを否定するとアフリカや日本とは戦争で直接関係のない国に対する投資も否定することになってしまいます。
これ自体、国際貢献の度合いに深く関わってくる物ですので、これからも積極的に行うべきでしょう。ただし、日本の経済を傾けない程度にしていただきたいものですね。

日本は中国と講和条約を結んでいますし、賠償請求権を放棄しているので賠償を請求することはできません。
変わりに日本が中国においてきた財産の返還要求もできませんが。

では、何故中国は請求するのか?
それは、過去の日本の首相や政府が相手の求めに応じて謝罪とかをしてきたので、そこを突っつけばお金が落ちる仕組みが出来てしまったためです。これは、最近になって応じないという風に対応が変わってきているみたいですが。

また、当時朝鮮半島は日本領でありかつ両国の同意の元に行われた併合です...続きを読む

Qインドネシアの高速鉄道について

現在、英国で日立の高速列車が導入されていますが、雇用創生のために工場は英国にあります。
当初の車両は日本国内生産であとの多くは英国製となるということです。

将来性のある計画でないとインドネシアも契約しないでしょうから、ADBでインドネシアの発展のために同じようにお互いwinwinな方式でやれないものなのでしょうか?

列車運行のノウハウも必要ですし気候の違いで中国製では無理な気がします。
http://www.hitachi.co.jp/products/innovation/tec …

(企業のやることなんで、政府がどうのという指摘は不要です。ライバルが中国なので。。)

インドネシア高速鉄道 日本案採用せず
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150929/k10010251971000.html

Aベストアンサー

日立ブランドでも英国製、それで高品質鉄道網のある欧州に打って出るのが英国の戦略。
日立はその戦略に沿った営業展開をして採用されたと思います。
ですが、
インドネシアはそういうのを希望しているのでしょうか?

ドイツカナダそして日本から技術を盗用した中国製高速列車ですが
元がそれなりの高性能列車ですから家電とPC作れるくらいの技術があれば
まともな列車を「新規開発」できるでしょう。
制御系だけ自前にして足回りとかの重要部分はそのままパクればいいだけですからね。
さらに
土木技術ではそれなりの技術を中国も持っているので鉄路建設も日本並にできると思います。

それでも日本の新幹線のほうが総合性能でははるかに上。
システムとしてね。
ですが、そこまでの超高性能超高品質をインドネシアは求めているのですかね?
300Km近い速度の列車をほとんど時間的誤差なく高頻度で走らせる必要があるのは日本だけ。
世界ではそんなオーバクオリティは求めていません。

T700系を採用した台湾もシステムとしては日欧混合。
もともとドイツフランス連合の列車を採用するつもりだったのが
たまたま発生した地震の影響で「地震に強い」と思われる新幹線列車に変更したのは
質問者さんもご存じのはず。

「自分の国で使ってよかったからおまえも買えよ」と言われても
必要ないものは買わないのが当然の結論。
「その国の将来」を考えたら新幹線システムのようなものを自前で作れるほうがいいけど
どこに照準を当てて機材を購入するかは、お客さんが決める事です。
今回は見誤った。

営業の基本であるお客様目線が、日本には無かっただけだと思いますよ。

インドネシアさん、そもそも高速ではなく中速とか言い出していませんか?
「そんなに高品質なのは必要ない」って語っていると思いますよ。

資金繰りの話も今回は影響しているようですが
質問者さん意図にあわせ割愛しました。

日立ブランドでも英国製、それで高品質鉄道網のある欧州に打って出るのが英国の戦略。
日立はその戦略に沿った営業展開をして採用されたと思います。
ですが、
インドネシアはそういうのを希望しているのでしょうか?

ドイツカナダそして日本から技術を盗用した中国製高速列車ですが
元がそれなりの高性能列車ですから家電とPC作れるくらいの技術があれば
まともな列車を「新規開発」できるでしょう。
制御系だけ自前にして足回りとかの重要部分はそのままパクればいいだけですからね。
さらに
土木技術ではそ...続きを読む

Q【政治】日本共産党と中国の共産党は仲が良いんでしょうか?もし日本共産党が日本の与党になれば、中国

【政治】日本共産党と中国の共産党は仲が良いんでしょうか?

もし日本共産党が日本の与党になれば、中国と友好的に対話が出来るようになるのですか?

Aベストアンサー

戦後約20年間は仲良し。
 中国で文革が始まった頃から30年間位は犬猿の仲。
 今から20年位前に関係修復。
 仮に日本共産党が与党になったとしても対話はするかも知れないが、互いにズケズケ言うので友好的に対話できるかは疑問。

Qインドネシアの高速鉄道建設は?

2年で完成、と豪語して政府保証もいらない、ということで中国に決まったはずですが、、、。

その後、インドネシア政府の保証を要請して、着工ができない?とのニュースまで聞きました。

その後、どうなっているのでしょうか?

インドネシアのニュースに詳しい人、お願いします。

Aベストアンサー

高速鉄道の計画自体は、キャンセルにはなって居らず、来週着工される見通しとの記事が、昨日のじゃかるた新聞に出ていました。

>高速鉄道 来週着工へ リニ国営企業相が言及 (08/06) 有料
 1月に起工式を開き、その後計画が順調に進まないジャカルタ~バンドン間の高速鉄道の建設事業について、リニ・スマルノ国営企業相が4日、ブディ・カルヤ・スマディ運輸相らと協議し、記者団に高速鉄道の建設事業を来週中には着工できる見通しを示した。
http://www.jakartashimbun.com/free/g/1/

一方で、インドネシア・ジャワ横断鉄道を日本に建設要請すると言う記事が日経新聞に出ていました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H7G_V20C16A5MM0000/
記事詳細は以下のブログから読めます。
http://ameblo.jp/hagure1945/entry-12164098622.html

ブログ記事にも載ってますが、建設費だけかかってたいした経済効果も無い超高速鉄道は中国にただで作らせて、経済戦略上重要で遅れの許されない基幹路線は日本に依頼する・・と最初から考えていたのであれば、インドネシアもなかなか隅には置けない国です。

高速鉄道の計画自体は、キャンセルにはなって居らず、来週着工される見通しとの記事が、昨日のじゃかるた新聞に出ていました。

>高速鉄道 来週着工へ リニ国営企業相が言及 (08/06) 有料
 1月に起工式を開き、その後計画が順調に進まないジャカルタ~バンドン間の高速鉄道の建設事業について、リニ・スマルノ国営企業相が4日、ブディ・カルヤ・スマディ運輸相らと協議し、記者団に高速鉄道の建設事業を来週中には着工できる見通しを示した。
http://www.jakartashimbun.com/free/g/1/

一方で、インドネシ...続きを読む

Q【日本の経済予測・日本の明るい未来は中国にかかっているのになぜ日本は中国潰しをするのか?】 いま全

【日本の経済予測・日本の明るい未来は中国にかかっているのになぜ日本は中国潰しをするのか?】

いま全力で日本の政治家が中国の経済発展を潰そうとしています。

日本の未来は中国が発展してくれて日本の製品をいっぱい買ってくれるようになれば日本に明るい未来が待ってますが、なぜか日本の政治家は中国潰しに躍起になっています。

中国が発展すれば地理的に日本は有利な立場に立てるのになぜ潰しにかかっているのでしょう?

中国が発展してくれないと日本の未来はないのだが?

国内市場は人口減で今後、40年後には今の国内市場は2割減となっている。

その2割。さらに3割と売り上げを伸ばして国内発展していくには中国の経済発展無くしてはありえない。

日本の明るい未来は中国にかかっている。

それを潰そうとしているのが日本の政治。アホですか?

中国を潰して何か日本にメリットはあるの?

Aベストアンサー

>中国を潰して何か日本にメリットはあるの?

例えばレアアースで自滅したのは、あっちですよね。
禁輸しちゃうから、日本が代替技術を開発しちゃったという。
それに経済が発展しているというのも、結構怪しいんですけど。

Q中国が、イランに高速鉄道の支援!!??

"中国が、イランに高速鉄道の支援"とありました。〔はぁー??〕と言う感じなんですが、ただでさえ国内は滅茶苦茶、インドネシアの高速鉄道さえ、今後どうなるか?判らないとの状況の中国が、イランにも高速鉄道での支援に乗り出していると言うのは、AIIBで、かなりの金額が集まった、または、目途がつく自信の表れなんでしょうか??まさか、こんな国へ、日本は"ODA"などと言う使途不明金を、未だに出しているのではないでしょうか??韓国を押さえたとしても、こっちの蛇口が開きっ放しでは、日本国民は、何の為に働いているのかさえ、判りません。実際、どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

これは、一帯一路構想に基づくものです。

「一帯」とは、中国から中央アジアさらには西アジアにつながる
地域で「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれています。
「一路」は中国から南シナ海、インド洋、アラビア海を経て
地中海に至る海上交通ルートのことで、「海上のシルクロード」
あるいは「真珠の首飾り」とも呼ばれています。

つまり、中国は海と陸から、ユーラシア大陸を席巻し
大中華圏を構築しようとしているのです。

イランの鉄道も、その一環です。
尖閣も、南沙諸島問題も、AIIBも、すべてその一環です。


危機感を抱いた米国はTPPで、中国を包囲しようと
していますが、欧州は目先の利益に惑わされて、協力的
です。



”まさか、こんな国へ、日本は"ODA"などと言う使途不明金を、未だに出しているのではないでしょうか??韓国を押さえたとしても、こっちの蛇口が開きっ放しでは、日本国民は、何の為に働いているのかさえ、判りません。実際、どうなんでしょうか?”
     ↑
そういう低い次元の問題ではありません。

日本はAIIBに参加せず、米国と安保です。
日米VS中国 という図式です。

一番怖いのは、米国が中国と手を組むことです。
そんなバカな、と思うかも知れませんが、あり得ます。

ベトナム戦争に苦戦した米国は、中国の援助をヤメさせるため
国連から台湾を追い出し、その後釜に中国を据えました。
それまでは台湾が常任理事国だったのです。

今、米国ではチャイナメリカ、という造語があります。
米国と中国の密接な関係を表したものですが、日本と組むより
中国と組んだ方が、米国の利益になるのでは、という風潮も
出ています。

そうならないように、そうなった場合に備えて、日本は
工作、準備しておくべきなのです。

これは、一帯一路構想に基づくものです。

「一帯」とは、中国から中央アジアさらには西アジアにつながる
地域で「シルクロード経済ベルト」とも呼ばれています。
「一路」は中国から南シナ海、インド洋、アラビア海を経て
地中海に至る海上交通ルートのことで、「海上のシルクロード」
あるいは「真珠の首飾り」とも呼ばれています。

つまり、中国は海と陸から、ユーラシア大陸を席巻し
大中華圏を構築しようとしているのです。

イランの鉄道も、その一環です。
尖閣も、南沙諸島問題も、AIIBも、すべてそ...続きを読む

Q大日本帝国の統治

こんにちは。
大日本帝国による植民地統治手法の是非について知りたいです。
第一次世界大戦で勝ち得たというパラオ、満蒙、朝鮮、沖縄、台湾など。植民地化どうか意見がわかれるかもしれませんが、こういう言い方で失礼します。
まじめに学問的にどうか知りたいです。特に現代人には植民地傀儡しはいの存在や手法についてほとんど知識がなく、支配とはどうやるのかという基礎値知識的な部分から解説できればお願いしたいです。
仮に太平洋戦争がなくそのまま大日本帝国が続いていたら、各植民地は独立もせず、混乱もせずまとまった統治が続いていたのか、日本人が優しくしすぎたせいで日本人以外が主流派となって乗っ取ることはありえなかったのかも興味あります^o^
よろしくお願いします

Aベストアンサー

"支配とはどうやるのかという基礎値知識的な部分から
解説できればお願いしたいです。"
 ↑
欧米は間接統治が行われていました。
例えば、インド人の支配は、インド人にやらせる
という具合です。
これにより、インド人内部での対立が生じ、
支配国に逆らう力が削がれる、という効果が
ありました。

フランス辺りは、少数民族に支配させておりました。
普段虐げられている少数民族ですから、報復と
ばかりに権力を振り回し、多数民族との軋轢を
生じるわけです。

この弊害が現在も残っており、途上国の発展を
妨げている、と言われています。
(放送大学 途上国を考える 高木保興)


”仮に太平洋戦争がなくそのまま大日本帝国が続いていたら、
 各植民地は独立もせず、混乱もせずまとまった統治が続いていたのか”
     ↑
台湾、朝鮮など日本が統治していた国は
いずれも経済が発展しました。
欧米統治の国とは対照的です。
これは、日本が欧米列強の侵略から、日本を守るために
これらの国を強化しようとしたからです。
欧米列強が、資源や奴隷を目的とした植民地であったのとは
これまた対照的です。
中国でさえ、日本が統治していた大連などは
今だに親日的です。

大東亜戦争後、アジアアフリカの多くの国が
独立しました。
これは、日本が英国などと戦い、弱体化
させたからだと言われています。
また、日本がインド独立に多大の貢献をしたことも
確かめられております。
アフリカなどの独立は、このインド独立に刺激された
からだ、ということです。
(東京大学教授 水島 司)

そういうことで、あの戦争が無かったらインドは
英国支配のままだったでしょう。
そして、アジア、アフリカの独立も無かったと
思われます。

"支配とはどうやるのかという基礎値知識的な部分から
解説できればお願いしたいです。"
 ↑
欧米は間接統治が行われていました。
例えば、インド人の支配は、インド人にやらせる
という具合です。
これにより、インド人内部での対立が生じ、
支配国に逆らう力が削がれる、という効果が
ありました。

フランス辺りは、少数民族に支配させておりました。
普段虐げられている少数民族ですから、報復と
ばかりに権力を振り回し、多数民族との軋轢を
生じるわけです。

この弊害が現在も残っており、途上国の発...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報