旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

36歳の主人のことです。
HBs抗原「-」、HBs抗体「+」ということで、本人には全く覚えがないそうですが、B型肝炎の既往歴があるようです。
今回の健診で腹部エコーを受けたところ、肝臓に2cm弱の黒い丸(黒い塊?)が見つかりました。
血液検査では、腫瘍マーカー含めてどれも異常なしでした。

ドクターによると、過去にB型肝炎に感染した時に生じた癌細胞という可能性はある、とのことでした。
そうでなければ、その黒い丸以外の、モヤモヤとした白い全体は脂肪で、黒い部分だけが正常な組織である可能性がある、とのこと。

次回のCT検査の予約待ちの状態ですが、B型肝炎にもなったことがあるということでショックが大きく、さらに癌の可能性もあるということで不安で何も手につきません。

他にも同じような方で、その後どのような結果になったのか、やはりこの年齢でも癌の可能性も高いのか、何でも結構ですのでアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ご心配ですね。

結果が解るまでは、もやもやしたものがあると思いますが、相手(B型肝炎)を良く知れば、不安も軽減するかと思います。

>本人には全く覚えがないそうですが
http://www.bkanen.net/info_02.html
予防接種やお母様からの感染の可能性もあります。

>それは現在は抗原がマイナスでも、何かの拍子にウイルスが急増したりするのでしょうか?
http://www.bkanen.net/info_04.html
無症候性キャリアからのセロコンバーションでいらっしゃるのか、一過性感染後の抗体獲得(http://www.bkanen.net/info_03.html)か解りませんが、経過観察が必要な場合があります。

>やはりこの年齢でも癌の可能性も高いのか
ガンの可能性が例え0.1%であったとしても、そちらに入った方にとっては、100%です。ご心配でしょうが、確率はあまり意味がありません。
他の方の回答にもありますが、治療法は有ります。
医師の話をきちんと理解する為にも、B型肝炎の事を事前に勉強なさる事をお薦めします。
お大事に。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
今いろいろなサイトを参照しつつ勉強しているのですが、理解が難しい点もあり、完全には理解できていません。頑張ります。
よくわからない点ですが、

>無症候性キャリアからのセロコンバーションでいらっしゃるのか、

仮にHBs抗体が陽性になったことで、セロコンバージョンした場合、今後も要注意ということでしょうか?
そうですね、不安になるあまり確率の話を持ち出したところで意味を為さないということが、すっかり頭から抜けてしまいました…

補足日時:2008/01/27 16:13
    • good
    • 0

>セロコンバージョンした場合、今後も要注意ということでしょうか?


以前は、セロコンバーションすれば、一安心と考えられていた時期もありました。
現在言われている事は、その方の肝臓の状態や生活習慣(飲酒や肥満など)によって治療は様々です。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kanse …
ですから、検査後の医師の説明を良くお聞きになって、疑問な点はお尋ね下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
ひとまず週末にCTの予約が取れましたので、癌でないことを祈るばかりです。

お礼日時:2008/01/29 10:28

感覚的には後者の脂肪肝の取り残されたものが考えやすいですが、脂肪肝の傾向はありますか?運動不足とか食事の偏りとか。



B型肝炎は、まあ、どこかでもらってきたのでしょう。輸血の既往がなければ、だいたい性交渉ですね。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
基本的には標準内のBMI値ですが、数年に一度はBMI値が少しだけ上振れたりしています。
そういう時の血液検査では、GPTの値も少しだけ基準より上昇(44~54)しているのですが、脂肪肝の可能性も高いでしょうか?
激務のため生活は不規則で、運動不足です。
また、関係ないかもしれませんが、今年の血液検査では異常はなかったものの、昨年はGPT(44U/I)、アルブミン(5.1g/dl)、尿酸(7.3mg/dl)でした。

補足日時:2008/01/26 23:06
    • good
    • 0

B型肝炎には潜在性B型肝炎という概念があり、抗体陽性ですから全く気にしなくていいですよとは言えないのですが、欧米と日本ではややB型肝炎ウイルス自体が違う事もあるせいか重要視されていません。

すなわち、日本の潜在性B型肝炎では肝細胞癌の発生はあまり増えないと考えられているようです。
また、部分的脂肪肝やアーチファクト(S4に多い)でもこのような所見がでますし、検診のエコーでひっかかって実際に腫瘍がある確率は経験的にはかなり低いですから、あまり心配せずに腹部CTの日を待たれてください。
それに万が一肝細胞癌であっても、治療してももぐら叩きのように次の癌が顔をだすC型肝炎の肝細胞癌と違い、治療効果も高い事が期待できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
潜在性B型肝炎とありますが、それは現在は抗原がマイナスでも、何かの拍子にウイルスが急増したりするのでしょうか?
何年かに1度、血液検査でGPTの値が上振れする(44~54)のですが、これは何か関係あるのでしょうか?
アーチファクトは虚像のことのようですが、方向を変えた何枚かの画像でも黒い丸が映っていた場合でも、アーチファクトだったということもありますか?
万が一手術ということになって、いざ開けてみたら小さな癌がたくさんあった…などと悪いほうにばかり考えてしまいますが、少し気を楽にして結果を待ちたいと思います。

お礼日時:2008/01/26 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Q『B型肝炎抗体あり』は気をつける事あり?なし?

16年前に父を、劇症肝炎で亡くしました。直後、私自身の血液検査を行った所、B型肝炎の抗体が出来ているとの結果が・・・。抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?その後、結婚し子供もいますが、何か気を付けなければならない事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには感染した時期によって多少意味が異なります。

3歳未満の時に感染すれば将来にわたって体内にウイルスを保持(キャリアと言います)する可能性が高くなります。
3歳以上での感染であれば急性肝炎を発症しそのまま治癒してしまうことが多いです。
成人になってから感染すると、肝炎の症状がでないままウイルスが撃退され(不顕性感染といいます)治癒することが多いです。

キャリアという言葉が気になるかもしれませんが、我が国の8割以上のB型肝炎ウイルスのキャリアは出産時の母子感染によると言われています。
また、キャリアであれば時期によって変動はありますが抗体だけでなく抗原(HBs抗原、HBe抗原の2つがあります)も陽性になります。

血液検査の詳しい結果がわかりませんが、医師がB型肝炎ウイルスのキャリアを疑えばしっかり検査をしてそれを証明するでしょうから、
「抗体が陽性という結果=どこかで感染し治癒した」と考えていいと思います。


私は学生で医師ではありませんので、その点をご理解の上参考にしていただければ幸いです。さらに知りたいことや、気になることがあれば専門の医師に尋ねるとよいかと思います。

>抗体が出来ているのは治った事だと聞いたことがありますが、本当でしょうか?

B型肝炎ウイルスに対する抗体にはいくつかの種類(HBs抗体、IgG-HBc抗体、IgM-HBc抗体、HBe抗体)
があって、どの抗体価が高いかによって解釈が異なります。

少なくとも、質問者さんがB型肝炎の予防接種を受けたことがない限り、抗体が陽性であることは「過去に何らかの形でB型肝炎ウイルスに感染した」ということの証拠になります。

「過去に何らかの形で感染した」ということについて少し詳しく説明します。これには...続きを読む

Q入社時に病気を隠すか言うか。(どうかアドバイスお願いします)

代理質問です。

私の友人(女性20代前半)の事についてです。
彼女は1年半前に血液疾患になり移植を受けました。学歴は良い学校を出ていて、大学卒です。ちょうど大卒と同時に病気になったそうで今はアルバイトをして体を慣らしています。(もう普通の方と変わらないシフトで)

正社員・契約社員で就職を考えているそうですが、既往症(血液疾患)を書けば(言えば)ほぼ100%に近い割合で落とされるそうです。(ハローワーク等で聞いたそうです)それは癌系の患者に限らず、恐らく大きな病気をした人は検診があると思うのでまだまだ先まで病院とは切っても切れない関係なので、「通院中・薬服用中」という状態になってしまいます。会社側も「また病気されたら・・」と思うので採らないんでしょう。でも薬が最大2か月まで出せるそうで、二か月位までなら通院の間隔は空けられないそうです。

前科などは書かないのが普通というのを聞いたのですが、健康面でも書かない事は偽造文書等にはならないのでしょうか(聞かれて「健康問題無いです」と答えることも含め)?彼女の場合、外見的にも健康で、二か月に一度の検診なので仕事で一日休みを取るだけで済むので目立ったことはないと思います。不妊治療をしている等、悪く思われない嘘をつけば休みは取れるだろうと。
彼女自身はもう確実に不妊なのですが、"不妊治療"と言うのは仕事に影響が無いのでマイナスではないと不妊治療をしている人から聞いたそうです。

彼女はまだ若いし、もう普通の人と同じように働きたい気持ちが伝わってきます。なので、働かせてあげたいと強く思いますが、ウソをつかない限り大きな会社や普通の仕事をすることは難しいです。多分普通の方の何倍も。
健康診断書などの提出があっても、他の内科などで診察してもらえば今は"
正常"と出るそうです。ただ、通っている病院では既往症を書かざるを得ないから、法的に違法じゃないなら他で書いてもらえばいいと言われたそうです。

どうかアドバイスなどお願いします。

代理質問です。

私の友人(女性20代前半)の事についてです。
彼女は1年半前に血液疾患になり移植を受けました。学歴は良い学校を出ていて、大学卒です。ちょうど大卒と同時に病気になったそうで今はアルバイトをして体を慣らしています。(もう普通の方と変わらないシフトで)

正社員・契約社員で就職を考えているそうですが、既往症(血液疾患)を書けば(言えば)ほぼ100%に近い割合で落とされるそうです。(ハローワーク等で聞いたそうです)それは癌系の患者に限らず、恐らく大きな病気をした人...続きを読む

Aベストアンサー

こういう場合は仕方がないです。
病気の事は伏せていくしかありません。
2ヶ月に1度なら仕事に支障が出るとまで言えません。
私が上司で彼女が戦力になると判断すれば、2ヶ月に1日休むことなど気にしません。
むしろ、身体をいたわり残業などさせないようにします。
上司、同僚、先輩を味方につける仕事ぶりで乗り越えられると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報