『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

呼吸商のことで質問です!ニワトリの雛にグレリンというホルモンを与えると摂食量を下げるんですが、呼吸商も減少するそうです。それなのに呼吸基質のタンパク質も糖質も脂質もどの濃度も変化しないんです。呼吸商が減少するということは基質も減らないとおかしいんですよね??どなたか教えてください!

A 回答 (7件)

 すでにおみつけでしょうが,脂質の糖化は水素基が水酸基になる分


酸素要求が増え,呼吸商の分母を増やします。逆に糖の脂質化は分
母を減らします。

分子を比較すると

 H  H  H  H  H  H  H H
 | | | | | | | |
─ C─ C─ C─ C─ C─ C─ C─C─ 脂肪酸の炭化水素鎖部
 | | | | | | | |
 H  H  H  H  H  H  H H



 OH H  OH H  OH H
 | | | | | |    かなり
─ C─ C─ C─ C─ C─ C─   大雑把な水中の糖
 | | | | | | 
 H  OH H  OH H  OH

 ↑この酸素分・・・

 で,もうひとつお願いします。,これは何個体の平均値でしょうか。
もし,一個体なら,個体差の範囲内のようです。

 ただ,現象の方向性からシナリオ推定すると,糖の脂質化が抑制と,
糖利用の増加が起こるようになった。と仮説は立つかもしれません。
 成長ホルモンは基本的に体内の糖を増やしますので,グレリンに
よりい増加した成長ホルモンが糖を増やすため糖の脂質化が抑制
したという,まだまだ足許のぐらつく仮説ができるかもしれません。
 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

3個体ずつの平均値です!
とても丁寧な回答本当に感謝しております!

 グレリンにより増加した成長ホルモンが、糖を増やすため糖の脂質化
の抑制が起き、糖利用の増加が起きたことで酸素要求量が増した。これにより呼吸商の分母部分が増えたことで呼吸商の値が減少したと考えていいのでしょうか?

回答待ってます><

お礼日時:2008/01/30 11:27

keiii1i様ありがとうございます。



<で、そもそもの質問の「タンパク質も糖質も脂質もどの濃度も変化しな
<い」ということですが、実験値から数時間後にはほぼもとの状態に推移し
<ていることがわかります。どこ状態の時にそれをどのようにして測定した
<のは、示されてませんが、もし糖や脂質の代謝が促進されてもそれを補う
<ようにグリコーゲンや脂肪の分解がおきるためそれは、一定であるのでは
<ないかと考えます。生物の恒常性の維持といったところでしょうか。

 ありがとうございます。2回目の投与時など気になる部分はあります
が,やはりそれくらいしか読めない気がします。感謝です。

 他事ながら,
<またなぜ糖から脂質を作る必要があるか
 は,基本的に鳥類は飛ぶため,炭水化物と異なり,水を含みにくく
単位重量あたり,約2倍のエネルギーを持つ脂質を呼吸基質として選択
しているからでしょうか (選択したグループが生存に有利・・・ ; )

 linkkana05様,基礎研究でよいのでしたら,ウズラ幼鳥をお勧め
します。同じ,キジ目キジ科に分類されますし・・・
    • good
    • 0

呼ばれたみたいなので回答します


といっても自分はただの学部生です
少し調べてみましたがニワトリとグレリンでヒットするのは修士や博士の論文のタイトルばかりで自分には対処できません
またここで明確な答えがでるような質問ではないとおもいますが、客観的にみて今示されてる情報について考察します

まず呼吸商=CO2排泄量/O2消費量なので、1.2と1よりおおきくなるのはCO2排泄量だけの増加とO2消費量だけの低下が考えられます
また測定ということを考えるとO2の消費量に仮に体内で生じたO2が加われば見かけ上低下したように見えます

グルコース(呼吸商1)の代謝が最も効率的に酸素の量に対して多くのCO2を発生させられるため1より大きくなるのは、O2を消費してCO2が発生するという過程とは別にCO2が発生もしくはO2が発生されていると考えることができます

これの要因を考えると嫌気的な条件ではCO2だけが発生されますが、あまり考えられないと思います

O2が発生する場合は摂取した有機物からの発生が考えられます
これが上で示されてるように糖の脂質化と考えられます
他にもあるかもしれませんが自分にはわかりません
またなぜ糖から脂質を作る必要があるかもわかりません

次にグレリンの投与の影響について
一般にヒトやラットでは摂食中枢に働いて摂食量が増加するようですが、ニワトリのヒナに投与すると摂食量が低下すると記述も見つけました。ついでに眠くなるそうです。これ以上は書いてませんでした、というか研究中?

ですが成長ホルモンは摂食中枢ではなく下垂体前葉から分泌されますのでそれらが一致するとは限りません。促進されるかもしれませんし、抑制されるかもしれません。がグレリンはそもそもGRHとソマトスタチンに加わる新たな成長ホルモン促進ホルモンとして発見されているので、促進されたのでないかと考えて続きを書きます

投与によって成長ホルモンが増加したと仮定します

成長ホルモンの主な生理作用(関係ありそうなのだけ)

炭水化物、タンパク質、脂質の代謝を促進する
糖新生促進
中性脂肪分解
グリコーゲンの分解

とあります。ということは投与前では糖→脂質となっていたものが脂質→糖となる可能性があります。
そのため呼吸商は減少したものと考えられます

で、そもそもの質問の「タンパク質も糖質も脂質もどの濃度も変化しない」ということですが、実験値から数時間後にはほぼもとの状態に推移していることがわかります。どこ状態の時にそれをどのようにして測定したのは、示されてませんが、もし糖や脂質の代謝が促進されてもそれを補うようにグリコーゲンや脂肪の分解がおきるためそれは、一定であるのではないかと考えます。生物の恒常性の維持といったところでしょうか。

以上です

というか、自分で実験して質問されているのかと思ってましたが、論文を読んだだけということみたいですね。
    • good
    • 0

 ・・・; 正直なところ,私がこの立場なら,「不定」とします


まだ「兆候がある」「傾向がある」といえない様です。

 まず,3個体では有意水準が低すぎます。物理化学のように
何個体も試料を用意できませんが,ディクソンメソッドではじく
にしても,6個体。できれば36個体はあればと学んでいました。

 で,
グレリン投与の初回は
    0 → 4→ 8→ 12→14時間
 対照 1.23→1.24→ 1.21→ 1.26→ 1.25
 投与 1.14→1.16→ 1.19→ 1.20→ 1.23
4日後
 対照 1.2 →1.18→ 1.19→ 1.18→ 1.17
 投与 1.13→1.13→ 1.14→ 1.15→ 1.16

 となっていますので,0時間の値が,投与後の経過でしたら,
初回投与で一時的に下がった呼吸商が4時間後に回復したと取れ,
4日後のデータでは,むしろ生理活性がないとも取れます。
 この場合,投与前の数値や,飼育条件(温度)などどうなのかも
見ておく必要があるでしょう

 一方,0時間が投与前の値なら,
呼吸商の少なかった投与群が投与により回復したようにもとれ
ますが,元々低い群であった。または対照群が元々高かった。
となりかねません。

 お役に立てず恐縮ですが,
 結論や推論を出すのははむずかしいところです。
 keiii1i様や,TTOS様はどう観られますでしょう。
 また,興味深い数値をお教えいただければ幸いです。
    • good
    • 0

>タンパク質も糖質も脂質もどの濃度も変化しない



この一文はどういった状況を意味しているのか教えてください。
具体的に何における濃度を比較したデータなのでしょう。

ニワトリに穀物を与えて育てた場合、穀物中の炭水化物が主に利用されるため呼吸商が高めなのに対し、摂食量が減少すれば体内に蓄積されたタンパク質や脂質の消費量が高まり呼吸商が下がると思うのですが。

タンパク質の呼吸商は#2さんの指摘のとおり高校では0.8といわれますが、アミノ酸の組成によって変わります。ニワトリの場合については知識がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グレリンを与える前のヒナの呼吸商は1.2ほどで高く、それもなぜかわかってなかったのですが、わかりました!ありがとうございます!私事で申し訳ないのですが、明日の昼まで論文を見ることが出来ません;;そこで曖昧なのですが、タンパク質も糖質も脂質もどの濃度も変化しないというのは、論文では
グレリンを与えたニワトリヒナと、与えなかったグレリンを比較して調査していたのですが、摂食量が減少するのは以前摂食量だけを比較した論文で知っていました。が、今回は呼吸商も、グレリンを与えたヒナと与えなかったヒナの呼吸商を比較すると減少していた。そして、別にタンパク質と糖質と脂質の濃度を比較すると与えなかったヒナは与えたヒナとほぼ同じ濃度を示し差がみられなかったらしいです…。また代謝が起こるとエネルギーの消費が起きて熱産生が増加すると思われるのに、グレリンを与えたヒナと与えなかったヒナでは有意差がみられなかったそうです。文章力がなくて本当に申し訳ないのですが宜しくお願いします!

お礼日時:2008/01/28 19:30

 よろしければ,具体的呼吸商をお教えくださると,想定できる


かもしれません。(ご研究に障らないていど・・・)

 全くの素人考えですが,糖代謝型→脂質代謝型で,脂質の糖転換
による血糖増加→摂食量減少 という 仮シナリオはありますが。
脂肪組織の増減などの観察もなければ何とも言えません。


 ちなみにkeiii1i様の揚げ足ですみませんが,RQ 0.85は
高すぎでは(何の肉かな・・)? 高校の教科書では0.8で
ごまかしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなってすみません!呼吸商の値を示しますね!
グレリンの投与は2回行われてるんですが、最初のグレリン投与のグレリン無しのヒナの0→4→8→12→14時間後の呼吸商は、1.23→1.24→1.21→1.26→1.25と変化するのに対し、グレリン投与有りのヒナの0→4→8→12→14時間後の呼吸商は、1.14→1.16→1.19→1.20→1.231と変化します。そして2日空けてから再びグレリン投与を行いました。グレリン無しのヒナの呼吸商は0→4→8→12→14時間後で1.2→1.18→1.19→1.18→1.17に対し、グレリン有りのヒナは1.13→1.13→1.14→1.15→1.16と、最初の投与のときと同様、グレリンを与えたヒナは呼吸商がとても低い値を示しました。呼吸商は基本的に1を超えることは少ないが、1を超えるときは糖が脂肪に転換するためというのを教科書で見ました。呼吸商の概念をわかってないため、こうゆう応用的な論文がわかりません;;理解するよう努力しますので、どうかよろしくお願いします!!

お礼日時:2008/01/29 19:33

グレリンは食欲を増進させるホルモンだそうですが、鶏では減退されるのですか?



また呼吸商は栄養素で一定で
糖1.00>タンパク質0.85>脂質0.71
だそうです

代謝する基質の割合が変わったら減少するかもしれませんね

参考URL:http://www.ncvc.go.jp/restopics/ghrelin.html,htt …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!そうなんです、ニワトリでは食欲を下げるんです!代謝する基質の割合が減ったら減少…でも基質の濃度は変わらず呼吸商だけ減少するのは何ででしょう。。。呼吸商の概念が大学生なのに高校の頃理解しないまま今に至っているので困ってます;; 

お礼日時:2008/01/27 13:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q呼吸商について

乳酸菌や酵母菌以外の動物が(例えば人、馬、カエルなどなど)、呼吸商が1を超えることは、あるのでしょうか?
酵母菌が、アルコール発酵と好気呼吸を同時にした場合は、呼吸商が1を超えるのは習ったのですが。
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

馬やカエルはわかりませんが、人ならそうなるときがありますよ。ただしすごく特殊な場合です。人に激しく運動をさせて、その人の体力の限界ぎりぎりか、それ以上まで追い込むと、そうなることがあります。

理論上は0.7から1.0の間ですけどね。そして普通の状態で測っても1.0以上になることはほとんどありませんが。

Q呼吸商について

高校で、呼吸商を測定したのですが、出てきた値の意味がよく理解できません。
呼吸商は0.83になるのですが、これは「タンパク質」がエネルギーとして使われているのですか???これは、良い状態なのですか?
タンパク質が使われている場合の呼吸商は0.8なのですよね?よく分かりません・・・
呼吸商に詳しいサイト等があったら教えてください。

Aベストアンサー

一般的な状態ではタンパク質は呼吸基質として利用されません。激しい運動では糖質が,軽い持続的な運動では脂質が主に利用されています。ですから普通は糖質と脂質が利用され,その割合を前回の計算式で求めることが出来ます。また,臓器による違いもあります。脳の呼吸商は1で,絶えずグルコースが呼吸基質として利用されています。

タンパク質が呼吸基質として利用される場合は,長期の絶食や無理なダイエット・飢餓状態等では利用されます。アフリカの手足がガリガリでお腹のふくれた餓えた子供達の写真をご覧になったことはありませんか。彼らは確実にタンパク質を呼吸基質として利用しています。タンパク質を呼吸基質として利用するには,アミノ酸からアミノ基を外してTCA回路に入れることになりますが,この際に多量のアンモニアが発生します。その排出がうまくいかずにお腹にたまった姿です。

植物では話は異なります。例えはずダイズの芽生え時の呼吸基質はタンパク質が主になります。イネはゴマは?わかりますよね。呼吸商で高校生用の良いサイトはありません。ヒトに関したもの,植物に関したもの等はありますが全般を網羅したものは残念ながら…

一般的な状態ではタンパク質は呼吸基質として利用されません。激しい運動では糖質が,軽い持続的な運動では脂質が主に利用されています。ですから普通は糖質と脂質が利用され,その割合を前回の計算式で求めることが出来ます。また,臓器による違いもあります。脳の呼吸商は1で,絶えずグルコースが呼吸基質として利用されています。

タンパク質が呼吸基質として利用される場合は,長期の絶食や無理なダイエット・飢餓状態等では利用されます。アフリカの手足がガリガリでお腹のふくれた餓えた子供達の写真を...続きを読む

Q好気呼吸と嫌気呼吸の違い

好気呼吸と嫌気呼吸の違いってどんなものなのでしょうか?また「発酵」反応の種類ってどんなものがあるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

好気呼吸とは我々が行う呼吸の事で、
有機物(グルコース:ブドウ糖とか)を酸素を使って分解しエネルギーを取り出します。
好気呼吸の特徴は有機物を水と二酸化炭素まで完全に分解できることで、
有機物1g当たりで得られるエネルギーが大きいです。

嫌気呼吸とは酸素を使わず有機物を分解する代謝で、
有機物を完全に分解することは出来ません。
従ってエネルギーの効率が悪く老廃物として有機物が残ります。

発酵とは微生物(細菌orカビ)の行う呼吸のことで、ほぼ「腐敗」と同義語です。
一般的には人間の役に立つ微生物の呼吸を発酵、
人間の役に立たない微生物の呼吸を腐敗と呼びます。

発酵は一般的に人間の役に立つ物質を生産しますから、
生産する物質の名前を取って、アルコール発酵などと呼ばれます。

Q酵母菌の呼吸商について

こんにちは。
酵母菌の呼吸商について質問させていただきます。

『酵母菌が酸素呼吸とアルコール発酵を同時に行っている場合には全体としての呼吸商はどうなるか
A.1より大きい B.1より小さい C.1である』という問題の答えがよくわかりません。
正解はAなのですが、私は以下のように考え、答えはBだと思いました。

アルコール発酵と酸素呼吸の反応式は
C6H12O6→2C2H5OH+2CO2
C6H12O6+6CO2+6H2O→6CO2+12H2O
ですので、存在するグルコースのうちx%が酸素呼吸に利用され、残りの1-x%がアルコール発酵に利用されたとすると
RQ=6x+2(1-x)/6x
となり、x≦1よりRQ≦1となると思うのですが、どこが間違っているのでしょうか…?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

考え方は間違っていないと思います。

ただ RQ=6x+2(1-x)/6x で x≦1ならば 2(1-x)の値は正の値になるはずですから RQ≧1になるのではないですか。

RQ=1で最低となる場合は100%酸素呼吸が行われている場合で、アルコール発酵の比率が大きくなればRQの値も大きくなると思いますが…


人気Q&Aランキング