質問させてください。

今の日本だと、良い大学に入って一流企業に就職して順調に出世して理想の結婚相手をみつけて子供を育てて、というのが一般的な男性の成功した人生だと思うのですが、これが18世紀末ごろの貴族の男性の場合、どういった人生が理想的なのでしょうか?

ヨーロッパといっても広いので、できればスラブ地方あたりの貴族について知りたいのですが、他の地域の情報でも構いません。なるべく当時の価値観が詳しく知りたいです。

調べてみようとしたのですが、なにぶん歴史の調べ物はほとんどしたことがないので、どう調べればいいのか検討がつかなくて……。

アバウトな質問で申し訳ありませんが、回答宜しくお願いします<(_ _)>
また、参考になりそうなサイト、書籍などを提示して貰えましたらとても助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も「戦争と平和」トルストイの小説またはオードリー・へップバーン主演の映画、

http://en.wikipedia.org/wiki/War_and_Peace_%2819 …
または、池田理代子の「オルフェイスの窓」の漫画をお薦めします。どちらもナポレオンがロシアを攻め始めた頃のお話(1806~)の話ですが、ヨーロッパの貴族たちはほぼ同じような生活をしていました。「ベルサイユのばら」の漫画も18世紀末のフランスの貴族生活が書かれています。
後は映画「アマデウス」なども同じ頃の貴族生活がでてきます。

1763年頃スラブ地方は当時ベーメン(オーストリア)、オーフェン(ハンガリー王国)でした。

貴族の男子は戦争に行くのが当たり前のような時代で、ヨーロッパの貴族のほとんどが母国語の他にフランス語を話しお互いに交流していました。
そのために家にはフランス人の身分の低い貴族の娘を家庭教師にしたり、子供の頃からピアノやバイオリン、舞踏会のためのダンスを習わされました。学校へ行くのではなく家庭教師を住み込ませていました。
そのほかにも乗馬、フェンシング、射撃など。ちなみに狩は貴族のみに許されたものでした。勿論、馬や猟犬の世話や道具の手入れをする従人はいました。貴族の仕事は領地(荘園)の管理運営でほとんどが世襲制でした。
この頃は貴族の誰もが大学に行くというよりは、彼らたちの中でも優秀な若者や学者や医者、法律家などを志している人しか大学にはいかなかったと思います。大学の数も当時は少なく、大学も一流しかなかったのではないでしょうか、また大学を出たからといっても医者と法律家以外、大学の教授くらいしか就職口は無かったのではないでしょうか。

婚姻はほとんどが貴族同士の婚姻でキリスト教(カトリックや東方聖教会)のため離婚などは出来ませんでした。

回答からは外れますが、19世紀末には日本からもハンガリーの貴族に嫁いだ人がいます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%BC% …

参考URL:http://www.geocities.jp/japan_aristocrat_associa …

この回答への補足

すいません。ちょっと聞いていいですか?
キリスト教で離婚はできないけど、例えば妻が事故なので死んだ場合、再婚することはできないのでしょうか? 戦争にいって夫が死んだ場合、妻は一生未亡人でいなければならないのでしょうか? もし良かったらお暇なときにでもお答え頂けたら嬉しいです。

補足日時:2008/01/29 20:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

要点の概略ありがとうございます。とてもわかりやすく、参考になりました。

お礼日時:2008/01/28 19:28

ANo.2です。



キリスト教の場合、カトリック、東方正教会(前回、字を間違えました)は離婚は出来ませんでしたが、妻が病死や産後に亡くなったりしたり、夫が戦死した場合は再婚できました。
ちなみに、ローマカトリックやフィリピンでは離婚が認められるようになったのは20世紀の後半のことだったと思います。

宗教と離婚と言えば忘れられないのがイギリスのヘンリー8世です。
ルターの宗教改革(1417年)は彼にとってたいへん都合がよいものであったようです。でも、プロテスタントは理由なしに離婚を認めていたわけではありませんので、その辺をご注意ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%B3% …(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)

また、宗教改革前の神聖ローマ時代で、現在のドイツ地域で司教、司祭になれたのはほとんど王様の息子や貴族出身者でした。
(舞台はフランスで時代は遡りますが、「三銃士」にも悪徳司祭が出てきます。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切に回答ありがとうございます。とても助かりました!

お礼日時:2008/01/31 13:28

イギリスについて話してみます。

スラヴ圏とはカスりもしないので参考にならないかもですが。

貴族に生まれた男子は家庭教師をつけて学びます。将来有望な牧師が家庭教師になり、牧師は貴族家と繋がりが出来て将来の出世がしやすくなります。

そののちオックスフォード・ケンブリッジに進み、卒業するとグランドツアーというヨーロッパ歴訪の旅で教育は締めくくられます。

その後上院(貴族院)に議席を得(当時は爵位貴族ならほぼ自動的に議席が与えられた。次男以降は後述)、政治の世界に参加していきます。

家督が譲られない次男三男は、当時一定のステイタスを持っていた法律家・内科医・軍士官などになります。イギリスの伝統では働かずに地代だけで食べられる身分が理想的だったので、彼らは株などの有価証券に投資し「あこがれの無職」を目指すという構図です。

イギリスでは伝統的に、働いて収入を得る人生は二級、働かなくても収入がある身分が一級でした。「一級」の生活をしている人でなければ、国会議員や治安判事といった立場(無給)に就けませんでした。オリンピックが当初アマチュア限定だったのも、これと関係があろうと思います。

調べものをする際には、山川から出ている世界歴史大系・新版世界各国史をとっかかりにするといいかもしれません。執筆者名や本の最後に載っている参考文献をたよりに、芋づる式に本にあたることになろうかと思います。
ちょっと慣れてくれば、史学雑誌の「回顧と展望」(参考URL参照)を見て、国会図書館などから論文を取り寄せたりすると、さらに深まります。

参考URL:http://wwwsoc.nii.ac.jp/hsj/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。イギリスにそんな伝統があったなんて知りませんでした。とても勉強になります。資料の探し方なども、とても参考になりました。

お礼日時:2008/01/29 21:37

時代的には少しずれますが、トルストイの小説戦争と平和が19世紀初頭、大祖国戦争時のロシアの貴族の精神を著しているように思います。


読んでませんが。

この回答への補足

回答有難うございます。読んでみます。

補足日時:2008/01/27 19:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すいません。欄を間違えました。回答有難うございました。

お礼日時:2008/01/28 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴族が貴族の家を潰す方法などについて

閲覧ありがとうございます。
今必要としている情報があるのですが調べてもわからなかったのでご質問させていただきます。

ゲームやお話で貴族間(戦争など)の争いで貴族が別の貴族を滅ぼす?ような話を見たりすることがあるのですが、貴族にも戦争屋の貴族と銀行屋の貴族がいるという話をききました。
この戦争屋の貴族が、銀行屋の貴族の地位を奪う、またはその逆などあるのでしょうか?

また貴族間でどういったことで争いが起きるかについても知りたいです。

そもそも貴族について詳しくなく、この戦争屋と銀行屋の違いさえわからず、無知という恥を晒す形となりますがどうかご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

どこの国の話でしょうか?

貴族と言っても、洋式なのか、中華なのか、和式なのかでも違いますけど?

単に貴族を分けるのなら、戦争を好む英雄型と、商才に長けた大臣型に分かれます。

・英雄型
領地を広げ、、広大な農地の収益で政治を行う大地主。
・大臣型
他領主との交易や販売権、金融融資などの手数料で政治を行う商人。

地位的には、大臣型の方が上なことが多いです。
土地があるといえば、田舎者ですね。また、国境沿いでもあります。

日本の侍で言うと、大阪を中心に、内が大臣型で、外が英雄型の侍です。

中華の場合だと、血族しか繁栄しないので、基本は英雄型の軍閥が占めます。
大臣型は商人として囲われます。
いわゆる文官となります。
韓国では両班(やんばん)と言います。
戦い自体は専門の将軍がやります。

洋式も血族です。
基本は養子を迎えられないので、男子が絶えると滅亡します。
しかし、国王の気持ち次第で、誰かに爵位を授受することが可能です。
ですので、どこかの貴族を潰せても、乗っ取りは出来ません。

大まかに把握できましたか?

Q15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が処刑

15世紀から18世紀までにかけてみられ、全ヨーロッパで最大4万人が処刑された魔女狩りの時代

半陰陽者はどういう扱いを受けていたか教えてください。
キリスト教が半陰陽者をどう扱っていたか(いるか)教えてください。

Aベストアンサー

魔女狩りとは別の審問をしました。
また、魔女はキリスト教徒と考えていません。

キリスト教徒は1人も殺していないのですぅ。^^;

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%B0%E7%AB%AF%E5%AF%A9%E5%95%8F

Q貴族にどうやってなったのか

中世ヨーロッパは昔の日本には貴族がいました。
貴族はほとんどが世襲だと思うのですが、
1代目の人はどのように貴族になったのですか?

Aベストアンサー

いろいろです。
ヨーロッパの場合ですと
武勲をたてた、
政治で活躍した、
君主の近臣(お気に入り)だった、
王や有力貴族の次男以下・庶子が血統によって、
財を成した、などなどです。

日本の場合は、貴族の定義によって変わってくると思いますが、公家の堂上家とすると、
皇族出身か、貴族家から分家が認められたか、勲功をたてたか、などかと…(すいませんがこのあたり自信ありません。詳しい方補足願います)
でも、中にはわずかですが出自が怪しかったり、金で官位を買った商人が由来、といわれている家もあるそうです。

Q19世紀末 ロンドン 10万ポンドの価値

アニメ「小公女セーラ」の最終回で、莫大な遺産を引き継いだ主人公セーラが、いままで散々な目に遭っておきながらも母校の女学院に10万ポンドを寄付するという話がありました

舞台は1885年のロンドンですが、当時の10万ポンドは現代の貨幣価値に換算するとどのくらいになるのでしょうか?

ちなみに劇中でセーラが引き継いだ遺産の具体的な額を示唆する描写はありませんでしたが

Aベストアンサー

面白そうなので調べてみました。
ジェトロの資料に、日清戦争(1894)の賠償金を日本が清国から英ポンド金貨で受領したと言う記事があります。
http://d-arch.ide.go.jp/je_archive/society/wp_unu_jpn61.html
http://d-arch.ide.go.jp/je_archive/society/another_win/unu_jpn61_p016_h02.html
これを見ると、1894年当時の1ポンドは当時の10円程度であったことがわかります。

次に、1894年頃の1円が今のいくらに相当するかと言うと、
http://manabow.com/zatsugaku/column06/index.html
を見ると、明治30年(1897)頃の1円は今の3800円程度らしいです。

従って、1894年頃の10万ポンドは3800×10×100000=3,800,000,000円=38億円となります。

意地悪な園長先生が涙を流して改心するのもむべなるかなですね。

Q皆さんは、「独身貴族」ってどんなイメージですか?

「独身貴族」・・・
あまりいい意味には用いられませんね!
家庭という縛りがなく、やりたいことを好き勝手に出来て、お金も時間も自由になる気ままな生活者、というような意味でしょうか。
かく言う私も(全然貴族ではないですが)そう言われます。
“独身貴族のくせにケチね”とか、“お前は、独身貴族でいいよなぁ”とか言われます。
皆さんは、独身貴族ですか?
どんなイメージがありますか?

Aベストアンサー

男だったらしてたかも。

イメージ的に1番強く前に出るのはデューク更家さんです(笑)
生憎私は女性で結婚もして子供までいますが、時々全部放り
投げてしまいたくなるんですよね~。
あの年で好きな事して女性達に囲まれてたら最高ですもんね。

貴族できてるなら楽しそうなイメージ。
反面、社会から疎外されているならこれ以上孤独で虚しい事は
ないだろうなと思いますね。
やはり適度な社会的地位があっての戯れではないでしょうか。

Q18~19世紀のロシア貴族の研究をしようと思っています。

18~19世紀のロシア貴族の研究をしようと思っています。
説論ではなく、学年論文を書きたいと思っています。
教授にもいろいろ聞くつもりですが、
自分でもリサーチしたいと思い、ここで質問させていただくことにしました。

ロシア史の専門家やロシアの歴史に精通している方々、
なにか良い文献はないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず何を知りたいのか明確にすることが重要ではないでしょうか?
18~19世紀のロシア貴族の何を知りたいのですか?
なんでそれを研究しようとするのか、それでなにが明らかになるのか、
問題意識を明確にしないと、ロシア貴族について調べました→終了と
ただのレポートになってしまいますよ。

とりあえず通史なり概説を読んで問題意識を掘り下げた方がいいんじゃないですか?
あとは「史学雑誌」の回顧と展望を読んで、現在のロシア史のトピックスなりを
把握することから始めることをお勧めします。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E5%8F%B2-%E6%96%B0%E7%89%88-%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%90%84%E5%9B%BD%E5%

Qヨーロッパの貴族にお詳しい方に質問です

質問1 貴族とは?
辞書で調べると社会的な特権を持つ や 身分や家柄が尊い
などと有りますが、
ただのお金持ちは貴族とは呼ばれていないのでしょうか?
名前欲しさに貴族の人と結婚して
名前だけ貴族になっただけの家柄とか色々なのでしょうか?


質問2 いつ頃どう生まれたのでしょうか?
貴族=政治などにもかなり影響があるという印象が有りますが
そうした事はいつ頃始まったものなのでしょうか?


質問3 貴族の責任
戦争に行かなければならない という話しを聞いた事が有りますが
貴族はどんな責任を負っていたのでしょうか?
これは年代や地域やその家柄でも様々なのでしょうか?

貴族同士のメンツなどもあったり、
あまりに無責任で剥奪されるなんて事も有ったのでしょうか?



大雑把にざっくりとだけでも構いませんので、
お暇の有ります方、教えて頂けますと幸いです。

Aベストアンサー

貴族と呼ばれる人達は元々は、大きな帝国で地方を収める為に中央から派遣された役人、つまり「お代官さま」。
しかし、中央の方がグダグダしだしたり、戦争をしたりで、崩壊してしまうと、もう上(中央)がいない訳ですから、自然とその地方の支配者になっていったのです。
貴族と言うのは地方の領主、支配者なのです。日本で言えば、江戸時代の大名(殿様)みたいなもの。
ですから、ただお金持ちだからといっても貴族になれません。

地方の領主となった貴族は、新しい王国が出来ると、今度はその王国と戦うか仲間(同盟を結ぶ)になるかの選択を迫られます。
戦争したところで良い事なんかありませんから、よっぽどの事が無い限り大抵は同盟を結びます。
その代り、その王国では『特権階級』として優遇されたのです。
昔のヨーロッパの王国と言うのは、領地を持つ貴族達が集まってより大きな国になるという、現在で言う「連邦国家」に近いのです。
王様はその連邦の議長とういうかまとめ役というか、ちょっと他の貴族達より上というレベルでしかありません。
ここが日本の江戸時代と違うところです。
日本の場合は、徳川将軍と他の大名は主従関係で、徳川家が主人で他の大名はその下の存在という関係でしたが、ヨーロッパの王国は、王様と貴族達は主従関係では無く同盟関係、協力関係でした。
貴族はそれぞれが独立した領地を持つ支配者「プチ王様」ですから、剥奪なんかされません、同盟関係を解消する(縁切り)だけです。(まぁ、これも王国の特権階級から外されて「外国扱い」になる訳ですから剥奪と言えば剥奪になるのかもしれませんが)
ただ、貴族の中には領地を持つ貴族とは別に、王様に取り立てられて貴族になった者もいます。
(支配する領地は持たないが貴族と同じ権利権限を持つ、大抵は王様の重臣(重要な家来))
そういう連中は王様に貴族にしてもらっただけなので、何かあると剥奪されます。


王様との同盟関係で、もっとも重要なのが軍事協力。
軍事協力をすることを前提で、その王国での『特権階級』におさまっているのですから、戦争に行くのは貴族の義務なのです。

貴族と呼ばれる人達は元々は、大きな帝国で地方を収める為に中央から派遣された役人、つまり「お代官さま」。
しかし、中央の方がグダグダしだしたり、戦争をしたりで、崩壊してしまうと、もう上(中央)がいない訳ですから、自然とその地方の支配者になっていったのです。
貴族と言うのは地方の領主、支配者なのです。日本で言えば、江戸時代の大名(殿様)みたいなもの。
ですから、ただお金持ちだからといっても貴族になれません。

地方の領主となった貴族は、新しい王国が出来ると、今度はその王国と戦うか仲...続きを読む

Q18世紀末における米国の帽子の文化について・・・

18世紀末辺りのアメリカでは外では殆どの人が帽子を被っていましたよね?
映画タイムマシンなどで、そのことが描かれていたり、歴史の教科書にもその時代の人は山高帽?を被っている写真を見かけます。
しかし、どのようにしてそのような文化が生まれたのか、そしてどのようにして衰退していったかは、調べてもよく分かりませんでした。
詳しい方がいらっしゃればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

18世紀末ということはアメリカの独立戦争が終わった頃ですね。
具体的には、東海岸にあった13の植民地がイギリスから独立して州になったわけですね。
そこはイギリスからの移民が圧倒的に多かったのですから、国の名前こそアメリカとなりましたが、白人社会の風俗はイギリスそのものだったと思います。
素人の単純な発想ですが、帽子も当時のイギリスで流行していたものがアメリカに持ち込まれたと考えてよいのではないでしょうか。

そこで、イギリスの帽子の歴史を調べてみますと、いいHPがありました。
http://www.hatandcap.or.jp/hundred_pages/japan_pages/vicissitud.html

ヨーロッパの帽子の起源の説明の中に
「1820年から50年にかけて、男子帽の大部分を占めたのはシルクハットです。 シルクハットは、これまで用いられていた高価なビーバーハットの 代替品として1800年代の初めに考案されたもので・・略」
また、「後の山高帽と同様、初めは礼服としてではなく、 乗馬その他のスポーツ用の帽子で・・略」
とあります。
ビーバーの毛皮で作ったのでビーバーハットというそうです。
また、円筒形の高いクラウンが、堅く、丈夫に作られているのは、落馬したときに頭を保護するためだといわれています。

山高帽は、1850年にイギリスで考案されたものだそうです。
だから、教科書に出ているのは山高帽ではなく、シルクハットではないでしょうか。
形を見てください。
http://www.chapeau.co.jp/chisiki.html

なお、現在のイギリスでは傘は典型的な英国紳士の象徴ですが、当時、傘はなく、雨が降れば紳士は帽子で防ぐのが当たり前だったそうです。
帽子が衰退していったことも先のURLに出ています。

18世紀末ということはアメリカの独立戦争が終わった頃ですね。
具体的には、東海岸にあった13の植民地がイギリスから独立して州になったわけですね。
そこはイギリスからの移民が圧倒的に多かったのですから、国の名前こそアメリカとなりましたが、白人社会の風俗はイギリスそのものだったと思います。
素人の単純な発想ですが、帽子も当時のイギリスで流行していたものがアメリカに持ち込まれたと考えてよいのではないでしょうか。

そこで、イギリスの帽子の歴史を調べてみますと、いいHPがありました。
h...続きを読む

Q貴族の固有名称「ド」「フォン」とか

フランス貴族は「ド」
ドイツ貴族は「フォン」と名前の間に付くのはなんとなく頭の中で分かっているのですが(たぶん漫画か小説で読んで知ったのだと思います)
じゃ、イギリス・イタリア・スペイン貴族は名前に貴族を表すような固有名称はなんて付くのでしょうか?
ちなみにドとかフォンとかいうのは爵位ではありませんよね?
上記に上げた国以外で貴族の固有名称があればおしえてください。

Aベストアンサー

参考URLに書いたページで詳しく説明されています。

参考URL:http://www003.upp.so-net.ne.jp/detective_story/memo/memo08_aristocrat.htm

Q 18世紀末頃、オックスフォード大学に工学部はあったでしょうか?具体的

 18世紀末頃、オックスフォード大学に工学部はあったでしょうか?具体的には機械工学で蒸気機関車の設計などを学ぶようなコース。
 質問の背景;浅田次郎氏の最近著「マンチュリアン・レポート」にそのような(棟梁(フォアマン))
人物が出てくるのですが、当時のオックスブリッジは物理学や化学の延長線に工学的ものがあるに過ぎなかったように理解しています。小説の世界と割り切るならそれでもいいのですが・・・。

Aベストアンサー

 オックスフォード大学の創立は1096年、英語圏では最古の大学ですが、本格的な工学教育が始まったのは1880年代、工学部の設立は1908年です。現在でも、学部卒業生は年間160人に過ぎず、レベルはともかく、規模では日本の大学の工学部に比べはるかに小さいといえます。

http://www.eng.ox.ac.uk/events/centenary/history.html

 もともと、イギリスの大学は工学など応用科学に無関心でした。イギリスで最初にできた工学部はグラスゴー大学で、1840年です。ということは、産業革命で活躍した技術者は、専門的な工学教育を受けていなかったことになります。実際、かれらは、大学の物理や化学の実験装置の製作などで腕を磨いたのです。

 日本でも、京都の島津製作所などがそれですね。

 大学で、工学の研究教育に力を入れたのは19世紀中葉のドイツで、産業革命の後進国ドイツが急速に追いついたのは、工学教育の充実のおかげだと言われています。ただし、最近になって、各地のポリテクニックが大学に昇格したので、イギリスでも工学部が乱立しています。

 オックスフォード大学の創立は1096年、英語圏では最古の大学ですが、本格的な工学教育が始まったのは1880年代、工学部の設立は1908年です。現在でも、学部卒業生は年間160人に過ぎず、レベルはともかく、規模では日本の大学の工学部に比べはるかに小さいといえます。

http://www.eng.ox.ac.uk/events/centenary/history.html

 もともと、イギリスの大学は工学など応用科学に無関心でした。イギリスで最初にできた工学部はグラスゴー大学で、1840年です。ということは、産業革命で活躍した技術者は、専門的な...続きを読む


人気Q&Aランキング