テレビ局で映画制作ってやっているんですね!?

例えば、TBSで「恋空」など。
フジテレビにも映画制作という部署がありました。

そこで思ったんですけど、テレビ局での映画制作はどこまでできるんですか!?
例えば、キャスティングから現場監督からすべてテレビ局の人がやる事が出来るんでしょうか!?テレビ局でドラマを作るように、テレビ局で映画も作れるのでしょうか!?
今までは、スティーブンスピルバーグとか宮崎駿など、映画監督という職業の人しか作れないと思っていたのですが、テレビ局の人でも作れるのでしょうか!?

分かる方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>テレビ局での映画制作はどこまでできるんですか!?



今では(制作については)ほぼ全て出来ると思って良いでしょう。あと足りないのは配給部分ですが、大した問題ではありません。

>キャスティングから現場監督からすべてテレビ局の人がやる事が出来るんでしょうか!?

ケースバイケースです。そもそもテレビ番組自体、テレビ局だけが作っているわけではありませんし。(だから数多くの制作会社が存在するのです)

>テレビ局でドラマを作るように、テレビ局で映画も作れるのでしょうか!?

その通りです。

>映画監督という職業の人しか作れない

これまでだっていろんな人が監督してたじゃないですか。スピルバーグだって劇場デビュー作はテレビ用作品がヒットして海外(日本など)で劇場公開されたものです。
日本でも以前からテレビ局が中心となって劇場用映画が作られた例は多くありましたが、近年の多作振りは「踊る大捜査線THE MOVIE」の大ヒットに起因します。あれ以来テレビ局が映画作りのノウハウを吸収し、積極的に進出するようになったわけです。

>テレビ局の人でも作れるのでしょうか!?

ドラマを映画化する場合には同じスタッフが担当する事が多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2008/01/30 00:45

TV局が製作した映画を見ると、必ず外部の”制作”プロダクションの名前が出てきます。


ということで、各テレビ局には映画課というセクションがありますが、自社だけではある程度までしか作ることが出来ません。

詳細を書きますと、TVの製作にはフィルムを使うことはありません(むかしは使ってましてTBS内にもTBS現像という別会社がありました)。
映画の撮影はフィルムが基本(最近ではHDとかDVとかありますけど)なので、TV局内のスタッフではフィルム用のカメラを扱うことが出来ません。
また現像所と仕事上の付き合いがあまりありませんので、どれくらいのフィルムを使ったらいくら掛かるとか、映画用のカメラを借りたらどれくらいするとか、そういった映画ならではの予算を管理できる人間がいません。
他にもTVメディアと映画(フィルムメディア)とでは、作り方や費用など、違った面が出てきます。
一本の撮影に携わる人間も映画の方が圧倒的に多いですし、編集などはビデオとフィルムとはまったく別物といってもいいくらい違ってきます。
最近ではAVIDなどコンピュータを駆使した方法もありますけど、フィルムは秒24コマ、ビデオは30フレームなので、根本的な違いもあります。

上記のようなことから、テレビ局は映画を作る際には外部の制作会社に制作の委託をせざる負えないわけです。

キャスティングはメインの役者などは局のプロデューサーや監督が候補を立て、それを元に外部のキャスティングディレクターが請け負う(費用の管理やメイン以外全員のキャスィングまで)ということになります。

監督という仕事自体はTV局出身の監督でも、映画監督は務まります。
映画界とは無縁だったミュージシャンたち(サザンの桑田佳祐さんコメコメの石井さんなど)やも監督に進出しているくらいですから、まわりを固めてくれる、要するに監督を補佐してくれるスタッフ次第です。

あとついでですが、邦画界だと出資をする会社を”製作会社”とし映画製作の現場を取り仕切る会社、要するにお金を出していない、を制作会社もしくは制作プロダクション、と表記することが多いです。
洋画だとassociation with ○○と映画のクレジットに出てくる会社名が、制作プロダクションにあたります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2008/01/30 00:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテレビ局の略称?

テレビ局の略称と言っていいのかは分からないんですけど
フジテレビのことをCXと言う様に他の局の言い方を
知っていたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

僕達の言い方で書きますね。
日本放送協会=NHK
日本テレビ放送網=NTV
東京放送=TBS
フジテレビジョン=CX
テレビ朝日=EX(以前はANBでした)
テレビ東京=TX
東京メトロポリタン=MX
東京の局だけですが良いでしょうか?
全国の局は2文字~4文字の略称を持っています。

Qドラマ制作や映画制作での技術系の仕事

ドラマの制作や映画の制作のときに現場で技術系の仕事をするにはどういうところに就職するべきですか?

Aベストアンサー

技術系の仕事といってもいろんな職種があるんですけど、具体的にはなんなのでしょうか?
大ざっぱにわけるとカメラなどを扱う撮影関系、録音関系、撮影されたものを扱う編集関係、収録された音を扱うスタジオでの整音&DB関係、といった技術系の職種があります。

それらの仕事に就く大半のスタッフは専門学校などで学んでいるようですが、映画とTVとだとカメラはそれぞれまったく違いますし、編集もまったく違ったものになります。

また映画は技術系のスタッフもフリーランスの方が多いですし、TVの場合もTV局に直接就職している方もいれば、撮影や録音の専門の会社に就職した上でTV局の仕事をこなしている方も多いです。

ちなみに映画のプロダクションは大半が新卒うんぬんは関係ありませんし、技術系のスタッフを雇っているプロダクションはほとんどありません。

Q【民放テレビ局関係者】「民放のニュースはバラエティ(番組)の延長ですから」 民放テレビ局関係者は、

【民放テレビ局関係者】「民放のニュースはバラエティ(番組)の延長ですから」

民放テレビ局関係者は、本当にそう思ってニュース番組を放送しているんですか?

民放の情報番組、ワイドショーのニュースはバラエティ番組と思って見ろということですか?

ニュースはNHKで見てくれと?

本気ですか?

社長も承認済み、了承済みで分かっていて放送しているんですか?

社長会で怒られないの?

Aベストアンサー

>「民放のニュースはバラエティ(番組)の延長ですから」
>民放テレビ局関係者は、本当にそう思ってニュース番組を放送しているんですか?
>民放の情報番組、ワイドショーのニュースはバラエティ番組と思って見ろということですか?
>ニュースはNHKで見てくれと?
>社長も承認済み、了承済みで分かっていて放送しているんですか?

ニュースとニュースショーの違いがわかっていないようだね。

>社長会で怒られないの?
社長会って何?
よその会社の方針を怒ったりするのは某新聞社元社主くらいだろうけど死んじまったからね。

QBSテレビ局で行われる映画祭

今度、七月よりBSとCSのテレビ局が力を合わせて何百本という映画を放映してくれるという話を聞きました。その時放映される全ての映画のラインナップが見られるサイトはありませんか?ビデオを何本用意するべきかを知りたいので・・・。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

↓の回答者ですが、本当に申し訳ありません。
単純に「NHK」のホームページにいってみてください。
それでも分からなかったら、また、書いてください。

Qテレビ局の就職に有利な大学選び

私は将来テレビ局の事務(受付など)に就職したいと考えています。
アナウンサーなどはレベルの高い大学でないと採用してもらえないなどはよく聞きますが、私の希望は普通の事務です。
この場合でもある程度の大学を出ていたほうがいいのでしょうか?
またテレビ局に就職している学生を多く輩出している大学はあるのでしょうか?
そして、たとえ事務でも、学んでおいたほうがいい学部などはあるのでしょうか?
事務でもテレビ局に就職するのは狭き門なのでしょうか?
私はあくまでプロデューサーやアナウンサーなどではなく受付などの事務希望です。

Aベストアンサー

テレビ局の実態について説明します。テレビ局で実際に活躍している人の多くは他の会社から派遣されてきた人たちです。カメラマンなどもみんなテレビ局の社員ではありません。ほんの一部のテレビ局の社員と派遣や契約で働いている人の協力でテレビ局が成り立っているのです。
テレビ局で普通の事務はほとんどパートの人がやっています。
製作部長とかの偉い人と局アナだけが正社員です。アナウンサーでさえいくつも外注に出しています。特にテレビとラジオの両方をやっている局の場合、ラジオのアナウンサーはほとんど元職とか外注でまかなっています。
私の妻もアナウンサーとしてパートでテレビに出演していました。
テレビ局は本当にお金がありませんので大切なカメラマンなどもすべて外注しているのが実態です。テレビ局社員でなくてもたくさんの人がテレビ局で働いています。テレビ局とはそのようなものです。
時々テレビ局の一般社員募集のコマーシャルが流れますのでそのようなときに応募してみるのも方法です。
前回答者様が書いておられるとおりで人気業種なのでよほどのコネとかがない限り一流大学卒の人が採用されています。

テレビ局の実態について説明します。テレビ局で実際に活躍している人の多くは他の会社から派遣されてきた人たちです。カメラマンなどもみんなテレビ局の社員ではありません。ほんの一部のテレビ局の社員と派遣や契約で働いている人の協力でテレビ局が成り立っているのです。
テレビ局で普通の事務はほとんどパートの人がやっています。
製作部長とかの偉い人と局アナだけが正社員です。アナウンサーでさえいくつも外注に出しています。特にテレビとラジオの両方をやっている局の場合、ラジオのアナウンサーはほと...続きを読む

Q最近の映画ってなぜテレビ局とタイアップしているの

最近の邦画を観ていると、ほとんどの場合エンドクレジットにテレビ局の名前がありますが、なぜ、いつ頃からそんな傾向が始まったのでしょうか。

Aベストアンサー

TV局と映画会社とのジョイントは古く、例えば1983年の「南極物語」はフジテレビが映画製作に初めて関与した作品です。予算的にも大作となる作品はTV局、ビデオ会社等が出資者となってTV放映権、ビデオ・DVD販売権を取得する例が殆どです。TV局も自社が出資している作品がヒットし、TV放映の際にスポンサーから高い提供料を貰えれば、収入的にも貢献できますから、公開前になりますと特番などを組んで作品を大いに盛り上げる訳です。そういうことを踏まえて映画を見ると、中々面白いですよ。

Qラジオ局、またはテレビ局の見学

学校の総合の授業で職業研修にいくことになりました。それでラジオ局かテレビ局に行きたいと思い、ニッポン放送に電話してみてみたところ、見学は受け入れてないと言われてしまい、断られてしまいました。
そこで質問なんですが、見学することのできるラジオ局、またはテレビ局はあるのでしょうか??職業研修なので、ただ単にテレビ局を見学するだけ(よくある見学コースのようなもの)でなく、実際の仕事の内容など、深い内容まで聞けたらいいなと思っています。
ちなみに、ニッポン放送に電話してみたのですが、見学は受け入れてないと言われ断られてしまいました。
どなたかこの希望を受け入れてくれるテレビ局やラジオ局、また良い方法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。

都内のテレビ局で学校向けに社会科見学を受け付けているのは以下の通りです。
テレビ朝日 http://www.tv-asahi.co.jp/hq/tour/index2.html
日テレ http://www.ntv.co.jp/kengaku/index.html
NHK(スタジオパーク) http://www.nhk.or.jp/studiopark/kengaku-spring.htm

フジテレビ、テレビ東京、TBSは社会科見学に関する情報はHPに載っていませんでした。もしかしたら受け付けてくれるかもしれませんので直接局に問い合わせてみてください。
また、ラジオ局は全般的にテレビ局と比べて局舎が狭く、見学には向いていないと思います。

Q素人自主制作映画を募集・評価してくれる映画祭

大学のサークルで自主制作映画を作ったのですが、身内で見て楽しむだけでは物足りないので映画祭?のようなものに出品してみたいと考えています。
素人の作った作品を大勢の人に見てもらえて、著名な方から評価してもらえるという映画祭「PFFアワード」なるものがあったのですが、すでに募集は締め切られていました。
他にそのような素人映画を評価してくれる映画祭やコンテスト、イベントがあったら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。

昔、自主映画撮ってました^^

「日本の映画祭」で検索すれば、山のように出てきますよ。

韓国の釜山映画祭とかも結構いいですよ。
韓国の映画祭は結構グローバルな感じなので、評価という点ではいいと思います。

Q世の中のお金の仕組み

世の中のお金の仕組みについて教えて下さい。
もし日銀が無制限にお金を発行したらどのような問題が発生し、誰が損をしますか?

Aベストアンサー

他の方の回答を読みましたが……、まあ確かに間違ってはいないんですが、今の経済情勢を理解するにはちょっと説明不足かな。


1.インフレとデフレ

超簡単に説明すると、物価が継続的に上昇する状況をインフレーション(略してインフレ)。
逆に継続して物価が継続的に下落する状況をデフレーション(略してデフレ)と呼びます。


2.インフレまたはデフレになる理由

世の中には「あれが欲しい。これが欲しい」という要望(需要)があり、それに対してその要望をかなえる能力(供給)があります。
世の中、売り手と買い手で成り立っていますから、買い手の要望の方が強ければ少しでも儲けたい売り手側が物の値段を上げるのが人の世の常なので、物価上昇すなわちインフレになります。

逆に、財布の紐が縛られて売り手側の欲望が減退すれば、少しでも売上を減らしたくない売り手側は物の値段を下げてきます。この状況が続けば物価下落。すなわちデフレとなるわけです。


3.デフレ不況

デフレって、物の値段が安くなるから庶民には有利だようねと単純に考えてしまいがちですが、ところが庶民の給料も多くは会社から出ていますので、会社が儲からなければ給料が上がらなくなります。
すると、生活防衛のため財布の紐を引き締め、その結果需要が減ったので売る側の会社もますます儲からなくなって、給料を上げるどころか人減らしに着手せざるをえなくなりという悪循環となるわけです。
この状況を「デフレ不況」と呼びますが、日本は長い目で見ればバブル崩壊から二十数年、短く見てもリーマンショックから数年、その状況が継続してきたわけです。


4.デフレ不況を克服するためには

この長引くデフレ不況を克服するための政策が、いわゆるアベノミクスです。

(1)金融緩和
ぶっちゃけ、この世で要望をかなえるのに必要なのは「お金」です。よって、世の中に出回るお金の量を増やせば、タイムラグがありますが、最後には庶民の財布まで潤うだろうということです。(詳しくは、マクロ経済のお勉強となります。「マネタリズム」でググッてください)

(2)財政出動
金融緩和で儲かるのは、主に投資家(銀行や証券会社、個人投資家、あるいはハゲタカファンドなんかも入ります)です。
まあ、お金は天下の回りものなので、ここから少しずつお金が企業や個人に回っていきますが、個人投資家の数が少ない日本では時間がかかります。
よって、次の政策は政府が強制的に需要を増やすこと。つまり財政出動です。

こういうことを言うと、「じゃあ財源は」と突っ込む輩が出てくるのですが、その財源はぶっちゃけ国債です。
そうすると「また国の借金増えるのか」となるのですが、ここで(1)の金融緩和が効いてきます。
増やした国債を企業や個人が買えば、国は利息の支払いが大変ですが、まあ日銀が買い取っちゃえばまあたいした問題ではなくなります。(日銀は日本政府の子会社です)

直接、国が買い取るのは法律にも触れますし、「財政ファイナンス」といって国際的にも国の信用が落ちるのですが、日銀が市場から国債を買う分には通常業務の延長ですので、何も問題はありません。
ぶっちゃけ、ECB(欧州中央銀行)やFRB(アメリカ合衆国の中央銀行に相当)は、ユーロ危機対策やQEなどで、同様の金融政策を行っています。むしろ、日本の方が遅れていたわけです。

(3)成長戦略
ここ数年のデフレ不況下でもiPhoneやAndroidなどのスマートフォンが売れまくったように、デフレでも魅力的な商品があれば消費者は財布の紐を緩めます。
また、アメリカでは、シュールガスにより燃料費が下がって、景気回復の大きな力となっています。
こういった新規ビジネスの動きが広がれば、企業はそれに向かって投資しますので、これまたデフレ対策の大きな力となるわけです。


4.最後に

ここまで説明して、ようやく最初の質問に戻るわけですが、じゃあ日銀が際限なく金融緩和したらどうなるのよ、ということです。
最初に説明したように、デフレを克服したら、今度はインフレになります。
金融緩和はインフレを助長しますので、際限なく金融緩和すれば、やがて極端なインフレつまり「ハイパーインフレ」になるのでは、というのが教科書的な答えです。
しかし、現実には、そう簡単には「ハイパーインフレ」は起きません。

極端なインフレというと、例えば第一次大戦後のドイツ、あるいは敗戦直後の日本などが思い浮かびますが、どちらも戦争で国土が荒廃し、供給力が極端に落ちていました。
しかし、人々が生きるために最低限の需要は発生しますので、供給が需要に追いつかず大幅な物価高となったのですが、今の日本で、そんな状況が起きうるのかということです。

あと、近年のジンバブエでは、政府がガンガン通貨を発行してハイパーインフレとなりました。
しかし、ジンバブエはもともと発展途上国。つまり、もともと供給力が少なかったわけで、そこに通貨の量を際限なく増やせばハイパーインフレとなったわけですが、最先端の国である日本がジンバブエと同様な状況になるには、どれだけ通貨を増やせばそうなるのか、ちょっと想像がつきません。

なお、政府と日銀は、そういった極端な物価上昇が起きないように手を打っています。
それが「インフレターゲット」であり、具体的には「今後2年間で2%の物価上昇を目標とする」です。
日銀の黒田総裁は、「継続して2%の物価上昇を達成したら、金融緩和はやめる」と言っています。
まあ継続してですので、一時的には3%くらいになることもあるかもしれませんが、どちらにしよ目標を達成したら金融緩和は、そこで終わりです。よって、ハイパーインフレにはなりません。

他の方の回答を読みましたが……、まあ確かに間違ってはいないんですが、今の経済情勢を理解するにはちょっと説明不足かな。


1.インフレとデフレ

超簡単に説明すると、物価が継続的に上昇する状況をインフレーション(略してインフレ)。
逆に継続して物価が継続的に下落する状況をデフレーション(略してデフレ)と呼びます。


2.インフレまたはデフレになる理由

世の中には「あれが欲しい。これが欲しい」という要望(需要)があり、それに対してその要望をかなえる能力(供給)があります。
世の中、売...続きを読む

Q映画を評論する者と映画を制作する者の違いはどこにあるのでしょうか?

この前、島田紳介の深い良い話というテレビを見ていました。
そこで紹介されていた映画監督の小津安二郎の言葉。

『どうでもいい事は流行に従え。重要なことは道徳心に従え。芸術のことは自分に従え。』

この言葉を聞いて、ものすごく深い言葉だなあと思いました。
モノを作り出す人だからこそ言えることばだと思いました。
しかし、島田紳介と松尾貴史 は「う~ん」にしていました。
島田紳介はいい人だし、好きだけど、やっぱりこの人は他人を評論する人で、モノを作り出す人、創造する人ではないんだなと感じました。
つくづく評論家と制作者は違う生き物だと思う。

例えば、一つ具体的な例を挙げると、
「映画を評論する者」と「映画を制作する者」の違いはどこにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

本来、映画評論家は、一般の映画鑑賞者を代表して、すばらしい映画をすばらしいと、そして、くだらない映画をくだらないと白黒つけるのが仕事だと思います。もちろん、各評論家はそれぞれのものさしを持っているので、その白黒のつけ方は評論家によって様々な結果となりえます。映画評論家は一般の映画鑑賞者よりも、映画的な知識や一般教養を豊富に持っており、一般の映画鑑賞者が気づかないような、思いもよらないような解釈をして、一般の映画鑑賞者に「なるほど」と思わせる事が出来、一般の映画ファンは自分の映がの見方の浅はかさを思い知らされます。本来、そのはずです。もちろん、一般の映画鑑賞者よりも知識貧困な映画評論家がいれば、この役割を果たす事は出来ません。

すばらしい映画評論家は、すばらしい映画を的確に「すばらしい」と評価する事が出来、そのすばらしい映画を製作した者も、その映画評論家のおかげで報われます。例えば、アメリカの全ての映画評論家に酷評され、一般の映画鑑賞者も見向きもしなかった『俺たにに明日はない』(67)という映画が、ポーリン・ケイルというたった一人の映画評論家の雑誌での絶賛によって、評判が高まり、結局、大ヒットとなり、今では「歴史的に非常に重要な映画だ」と評価されているような事例もあります。

観客にとっても映画評論家は有用です。もし、すばらしい映画評論家を見つける事が出来れば、一般の映画ファンは、その人の評論を参考にして、次に公開される映画を見るか見ないかを決められます。又、見た映画のよくわからないところや、気づかなかったところを教えられます。

しかし、繰り返しますが、それもこれも、優秀な映画評論家である場合に限られます。知性の高い映画評論家の評論文を読むのは下手な映画作家が作ったくだらない映画の何倍も重要だと考えます。

つまり、「常に、作家の方が存在価値があり、評論家は作品にたかる寄生虫だ」とは必ずしもいえないと思います。
蓮實重彦氏や町山智浩氏などの専門家のみならず、ダウンタウンの松本さんや、坂本龍一さんの映画の見方なんかは、独特で大変勉強になる事があると思います。

もちろん、「あんた、何言ってんの?」という映画評論も山ほどありますが、それは「何言ってんの?」という映画作品が山ほどあるのと同じ事だと思います。

質問の答えになってないかも知れません。

本来、映画評論家は、一般の映画鑑賞者を代表して、すばらしい映画をすばらしいと、そして、くだらない映画をくだらないと白黒つけるのが仕事だと思います。もちろん、各評論家はそれぞれのものさしを持っているので、その白黒のつけ方は評論家によって様々な結果となりえます。映画評論家は一般の映画鑑賞者よりも、映画的な知識や一般教養を豊富に持っており、一般の映画鑑賞者が気づかないような、思いもよらないような解釈をして、一般の映画鑑賞者に「なるほど」と思わせる事が出来、一般の映画ファンは自分...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報