戦国時代、使者の武士が先方の殿様(XXさん)に会ったときの挨拶の文言の一部分ですが、次の三つのうちで良いと思われるのはどれでヘンなのはどれでしょうか。
 また、もっといい言い方があれば教えてください。

1.「XX様に拝顔を賜り恐悦至極に存じまする」

2.「XX様のご尊顔を拝し奉り恐悦至極に存じまする」

3.「XX様の拝顔の栄に浴し恐悦至極に存じまする」

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



むむぅ・・これまた随分と難しい問題ですね。
やはり時代劇などで耳慣れているものが自然に響きますが、実際のところはさてどのようなものであったのやら。
時代劇を作る際には脚本家や時代考証の方々が頭を捻って色々と考えているのでしょうし、可能な限りは残されているものに準じるように努めているのでしょうから結局は耳慣れた感じのものが妥当ということにもなりそうです。
しかし以前質問者さんも仰っていたように「話し言葉」の史料などというものはまあ限られているでしょうし、時代考証を長くやられている方のご苦労が綴られたものを読んだことがありますが、「ドラマ」ということが前提としてある以上通らない意見が沢山あって悩みの種でもあるそうです。
それに一口に「戦国時代の殿様への使者」と申しましても様々なシチュエーションがあるでしょうし、特に戦国時代の殿様は由緒ある家柄から成り上がりものまで多種ある訳ですから色々と事情も違ってきたのではないでしょうか。
無論例え成り上がりもの相手だったとしてもあからさまに変えるようなこともないかもしれませんが、使者やそれを遣わす側にしてみましたらやはり長く守護を務めてきたような家柄のところへ赴く場合などは、それなりにきちんとしないといけないような気持ちが働いていたのではないかなどとも想像致します。
結局答えのようなものは導き出せませんが、「戦国の大名クラスへの使者」ということで個人的には3は少々硬過ぎる(?)ように思えなくもありません。
締まらない意見ですみません。

先日はちょうど同じようなタイミングでということになったようで、思わず「おっと」とパソコンの前で言ってしまいました(笑)
質問者さんのご意見が「なるほど」と納得のいくものでしたのにそのことに触れるのを忘れていたことに気が付き、もう一度と思いましたが締め切りに間に合いませんでした。
最近はまたそんなことも多く、以前の「自称○○」に関するご質問にも及ばずながら参加しようと試みたものの見事間に合いませんでした(私があれをお見かけしたのがタイミング的にかなり遅かったというだけなのですが・・(笑))。
それはともかく先日の件での貴重なお話色々と勉強になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。どうもどうも。
 1.は文法上ヘンなような気がするんですが、学がないもので質問させてもらいました。2.は決まりきったやつです。「拝顔」を使うなら3.かとおもったんですがね。
自称○○関連です(笑)、識者さんに聞いてからと思って質問させてもらいました。
 墓の件、夢中になって回答してしまいました。質問者さんが早くクローズしたのでビックリしました。もうちょっとモミモミしたかったんですが。みんな一時金で個人墓を立てたのは知っていましたが、そこから先は自信なしです。
 加勢していただけそうなところ早じまいしてすみません。
 サムライの話し言葉は本当にどうだったのか調べるのは難しいですね。
 歌舞伎や浄瑠璃などの台本は昔の話言葉で出ているんでしょうが、長年変化がなく独特の節が付いてしまって、江戸時代の一般人の話し言葉とは大分ちがうんじゃないかなと思います。
 ただ、最近の若い時代劇作家のセリフには違和感を感じます。

お礼日時:2008/01/28 19:50

#2です。



>識者さんに聞いてからと思って質問させてもらいました。
左様でしたか・・それなのに思い切り「一般人」がしゃしゃり出てすみません。
どうも前回の件で少々不完全燃焼だったことが尾を引いていた為に、「つい」という不純な動機だったかもしれません(笑)
1は確かに私も少しばかり引っ掛からなくも無かったのですが、質問者さんほどのお方に下手にご指摘申し上げて結局はこちらが赤っ恥ということは避けたかったもので・・(苦笑)
「3は・・」と申し上げたのも「江戸時代」ではなく「戦国時代」ということでしたので、そのようなイメージを持ったに過ぎません。
そんなこんなで本当にお邪魔致しました。
それにしてもご実家にあのかたちのものがあるというのは羨ましいお話です。
まだ身体がそれなりに丈夫であった時分に随分とその手のものを探し歩いたこともあるのですが、地域差というものがあるものなのかあまり良い例を見つけられなかった思い出があります。
もしそれ以前に質問者さんのご意見を伺っていて、兵隊さんとの関連性を考慮することが出来ていたなら成果は違っていたかもしれませんね。
少々残念な気も致しますが、また調べる機会も訪れるかもしれませんのでその時は是非参考にさせて頂きたいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>それにしてもご実家にあのかたちのものがあるというのは羨ましいお話です。
・・・誤解、誤解。私の実家の菩提寺の墓地の、実家の墓のそばの、他人の墓地の先祖代々墓にくっついて、とんがった兵隊さんの墓がある・・・ということです。
 大体、墓石というのは高いモンで、とくに昔の方が高かったように思います。外国産の石がない、手彫り・・・ということで。
 だから、もらった弔慰金を投入して立てたんだということを聞いています。
 また年甲斐もなくバトルしてます。
 昔の会話文の史料がない・・・だから難しいですね。
 

お礼日時:2008/01/29 20:03

2がもっとも一般的ではないでしょうか。


グーグルで検索すると2はいっぱいヒットしました。
1はゼロで、3はひとつだけでした。
ただ3の場合は、拝顔に「ご」がついていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そういう調べ方があるんですね。参考になりました。

お礼日時:2008/01/28 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「清潔好きなxx」「清潔なxx」「綺麗好きなxx」という表現は、それぞ

「清潔好きなxx」「清潔なxx」「綺麗好きなxx」という表現は、それぞれ違う意味ですか?

帰国子女です。
日本語の微妙なニュアンスの違いに悩んでいます。

例えば、「豚は清潔好きな生き物です。」と言うのと、「豚は清潔な生き物です。」と言うのでは意味が変わりますか?

日本語ネイティブの友達に聞くと、
「清潔な生き物です。」と言われたら、「(豚が)好むと好まざるとに関わらず、綺麗な生き物という印象を受ける。」
「清潔好きな生き物です。」と言われたら、「今は汚いかもしれないけど、本来は綺麗好きな生き物だという印象を受ける。清潔な~だけよりも‘好き’のニュアンスが強まっている気がする。でも、そういう場合私なら‘綺麗好きな生き物です’と言う。‘清潔好き’と言う言葉は使わない。方言ではないか?」と教えてもらいました。

「綺麗好き」と「清潔好き」の違いについても聞くと、
「(方言ではないとすれば)‘綺麗好き’は清潔な状態にするのが好きな人の事で、整理整頓や掃除、片付けも含まれると思うが、‘清潔好き’と言われると、綺麗好きの中でも抗菌アイテムが好きな人とか、潔癖症の人、片づけよりは水洗いを連想する。でも基本的には同じ物を意味していると思う。」と答えてもらいました。
念のため辞書で調べると、綺麗好きはありましたが清潔好きと言う言葉はありませんでした。
新聞でも見たことがありません。
でも「清潔好き」という言葉は、会話中やブログでお目にかかります。新しい言葉でしょうか。

<質問まとめ>

1 「清潔好き」と言う言葉はありますか?
(1が「ある」として)
2 「清潔好きなxx」と「清潔なxx」では意味が違いますか?
3 「清潔好き」と「綺麗好き」は違うものですか?
4 「清潔好き」は「清潔」という名詞を「好き」という形容動詞で修飾しているものですか?それとも「綺麗好き」のように一つの言葉ですか?

質問が多くなってすみません、1つでもいいので教えていただけると有難いです。
よろしくお願いします。

「清潔好きなxx」「清潔なxx」「綺麗好きなxx」という表現は、それぞれ違う意味ですか?

帰国子女です。
日本語の微妙なニュアンスの違いに悩んでいます。

例えば、「豚は清潔好きな生き物です。」と言うのと、「豚は清潔な生き物です。」と言うのでは意味が変わりますか?

日本語ネイティブの友達に聞くと、
「清潔な生き物です。」と言われたら、「(豚が)好むと好まざるとに関わらず、綺麗な生き物という印象を受ける。」
「清潔好きな生き物です。」と言われたら、「今は汚いかもしれないけど、本来は綺麗好...続きを読む

Aベストアンサー

おはようございます!

1)清潔好きという言葉はありません。方言でもありません。奇麗好きとの間違いから生まれた物ではないかと思います。変に思えますが、意味はなんとなく通じます。
2)違うと思います。でも主語が人の場合は同じになる事もあります。清潔な人はおおむね清潔好きですよね。
3)奇麗好きの意味の中に,清潔にすることが好きという意味も含まれているので、同じです。清潔と奇麗は違います。
4)は後述します。

日本にいる外国人の子供と日本語で会話するボランティアをしています。
楽しくおしゃべりするだけで、教えるボランティアや日本語の先生ではありませんので、文法的に正確な答えではないかも知れませんが^^;
4)
ナ形容詞という言葉が出てくると言う事は、
質問者様は外国語として日本語を学ばれたのでしょうか?
日本の形容動詞は、英語では形容詞特別が無いので、混乱される方もいらっしゃいますよね。キレイという言葉は、きれいだ、きれいな、きれいに、など、きれいの後が変化する形容動詞です。清潔という言葉は、名詞である一方、清潔だ、清潔な、清潔に・・・と変化する形容動詞にもなります。好きという言葉は、好くという動詞から生まれた名詞であり、同時に好きだ、好きな、好きに・・・などと変化する形容動詞です。そして○○好きという形で、名詞に着いて複合語を作ります。きれい、は名詞ではないのに、好きがつく複合語になりえるのか、というのは直接質問にはありませんが、ここで混乱されていませんか?

奇麗好きの語源は定かではありませんが、比較的新しい言葉のようです。
その時にはすでに、奇麗という言葉には美しいという意味のほか、清潔の意味がありました。○○好きという言い方もすでにありました。何かを好く(人)、という言い方で、女好き、本好き、などです。清潔にすることが美徳として意識され始めた頃、その美徳を備えた人の事を指して綺麗好きというようになったのだと思います。文法的に、名詞+好きの形には当てはまりませんが、奇麗好きは習慣的に、他の、子供好き、女好き、本好きなどと同じようにこの場合の奇麗は奇麗にする事として名詞のように使われることになったのだと思います。

きれい【奇麗】という言葉は、綺羅からきています。綺羅というのはは、きらびやかな錦の布、それで出来た美しい着物の事でした。また、奇には珍しいという意味もあり、奇麗にはめったにない美しい物の意味もありました。奇麗=ビューティフルの意味が先にあったのです。きれいな人!と言った時、人がまず思うのは容姿の奇麗さです。奇麗という言葉に引きずられて、奇麗好きという言葉が、できた時の清潔が好きという意味から、お友達の言うように片付けや外見を整えるという意味に近づいていった、そしてまた奇麗好きな奥さん、などといったときには、掃除に加えて整理整頓が得意な事が重要ですから、実用面でも整理整頓好きな意味で使われる頻度が上がったのではないかと思います。そこからさらに、昨今の抗菌ブームや感染症対策として、清潔という言葉が昔よりも頻繁に聞かれるようになりました。清潔にするという言い方での奇麗好きの使用頻度が減り、清潔という言葉が台頭してきた結果、清潔好きという言い方をする人が出てきたのかもしれないですね。清潔好きな人が片付け上手とは限りませんもの。

長くなってしまってごめんなさいね^^;
言葉は変化していく物なので、厳密に分類できない事もあるかと思いますよ。
全然+肯定のように、今は間違いでも数年後には使う人が増えているかもしれないですね。

でも個人的には、せいけつ好きより奇麗好きを推します。その方が奇麗ですから^^

おはようございます!

1)清潔好きという言葉はありません。方言でもありません。奇麗好きとの間違いから生まれた物ではないかと思います。変に思えますが、意味はなんとなく通じます。
2)違うと思います。でも主語が人の場合は同じになる事もあります。清潔な人はおおむね清潔好きですよね。
3)奇麗好きの意味の中に,清潔にすることが好きという意味も含まれているので、同じです。清潔と奇麗は違います。
4)は後述します。

日本にいる外国人の子供と日本語で会話するボランティアをしています。
楽しくおしゃ...続きを読む

Q二拝二拍手一拝とは?

なんて読むのですか?意味は?

Aベストアンサー

今晩は。
読み方は、にはい・にはくしゅ・いっぱい、です。
意味は、参拝した際にする事です。
まずは、軽く会釈して鈴を鳴らしますよね。
そしてお賽銭を入れて、ここからです。
二拝(神様に敬意を表すためです)して、掌を合わせて、右手を少し下にずらし、二拍手(神様を招くために)。その後、掌を合わせ直して祈ります。
そして最後に、一拝(神様を送り返す意味で)して終わりです。

これで合っていると思うのですが、間違っていたらすいません。

Q”XX以前”はXX含まれるか?

”XX以前”はXX含まれるか?
例えば: 4月15日以前の場合、・・・

また、以降は?

教えてください

Aベストアンサー

以前とは
XXを以て前(もって、まえ)
ですから指定されたXXをもっているから含むのでしょうね。

Qご尊顔を拝しまして

「ご尊顔を拝しまして」と言う敬語があると聞きましたが、どんな意味でしょうか?
使い方としては、たとえばどのような時に使うのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言葉のまんまですよ。
「尊い人の顔を見ることができて」という意味で、位の低い人が上の人(例えば王様のような格差、あるいはそれくらい尊敬してるような人)に対して、面会できた喜びを表す言葉です。
「ご尊顔を拝しまして恐悦至極に存じます」なんて感じです。

Q「拝顔」と「拝見」についての質問です

「拝顔」と「拝見」の違いは何でしょうか?
こんなにお近くで姫様の綺麗なお顔を拝顔することができまして、私めは本当に幸せ者です
こんなにお近くで姫様の綺麗なお顔を拝見することができまして、私めは本当に幸せ者です
どちらのほうが自然でしょうか?
ご指導をお願いいたします~^^

Aベストアンサー

そも「拝顔」とは「お目に掛かる」という意味で、「顔を拝む」のではない。「拝謁」でも同じ意味。勿論謙譲語
   
「拝見」は物を見るの謙譲語
    
そして人であれば、「綺麗」ではなく「美しい」
「姫様の綺麗なお顔を拝見」物じゃないと叱られそう・・・
     
纏めると
美しいお姫様へ拝顔の栄に浴する事ができた私めは、本当に幸せ者でございます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報