『坂の上の雲』の英訳本を手に入れたいのですが 何か方法ありませんか? 中古でも何でも構いません。
オークションeBayも、試して見ましたがありませんでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私の回答を受けてご自身で調べたものと思いますが、良く見つけましたね。

となると、あとは直接司馬遼太郎記念館に問い合わせる方が速いでしょう。

 ただ、先のアメリカ議会図書館で再度検索しましたがやはり本は無いようです。↓は検索のページ(慣れていないとこれを見つけるのも結構大変です)。
http://catalog.loc.gov/cgi-bin/Pwebrecon.cgi?DB= …
 現時点では未刊の私訳の状況と思われます。keywordにWilliam Naffを入力するとトップに『夜明け前』が出てきます。この英訳版は所蔵されているようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。 おっしゃる通り未刊の可能性大です。
興味深いのは、アメリカの議会図書館の存在です。
初めて知りました。 日本の国会図書館は、これを真似たのですね。

お礼日時:2008/02/03 09:27

 こんにちは。


 この質問は該当の本が刊行されていて、この世に存在するということを確認した上の質問ではないだろうと思います。
 この一週間ほどの間の2件の質問でアメリカ議会図書館
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1% …
で続け様に検索することになりました。先回は使い方が良く解らずに悩みましたが、今回はきちんと検索が完了しています。
 資料の個別ページへの直リンクは出来ないだろうと思いますからURLは挙げません。非常に使いにくいのですが、ここはアクセス後5分間で自動的に切断されます。
・著者名・・・ Shiba, Ryōtarō,
・書名・・・・Saka no ue no kumo
です。

 ともあれ『坂の上の雲』に関しては上記の書名で登録されているもの以外には結果がありません。個別ページを見ても使用言語の記載も無く良く判りませんが、日本語版のデータの転載のようです。別の学研版『司馬遼太郎集』を見ると、そのまま日本語での表記も出てきます。
 また大学図書館等を結ぶ図書データベースで、国外データベースともつながっているWebcat Plus
http://webcatplus-equal.nii.ac.jp/libportal/equa …
でも該当はありません。
 このような状況から、この本の英訳版は存在しないと推測します。

 私は上記のような英語における蔵書検索の初心者ですので、これ以上は国会図書館または版権を所有する文芸春秋社に問い合わせるのが最も的確でしょう。「無い」というのもここでの回答の一つです。

この回答への補足

司馬遼太郎記念館のホームページで
http://www.shibazaidan.or.jp/13ryo/honyaku.html

マサチューセッツ州立大名誉教授のウィリアム・E・ナフ教授が
『坂の上の雲』の英語版翻訳者として紹介されているので
この方を必死で探しました。 そしてついに見つけました。
http://en.wikipedia.org/wiki/William_E._Naff
この方です。 ここには、本の題名が別の題名でも紹介
されています。  しかし本当に出版までされたかどうかは、
確かに疑問ですね。 

補足日時:2008/01/29 00:45
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司馬遼太郎さんの「坂の上の雲」について

前何処かで坂の上の雲だけは司馬遼太郎さんはドラマ化するのは断っていたというのをきいたことがあるのですが本当ですか?

勘違いだったらすいません。

もし本当だったら何故ドラマ化してしまったんでしょうか?

Aベストアンサー

 『坂の上の雲』は司馬遼太郎の代表作であり、最も人気が高く、かつ与えた影響の大きな作品でもあるので、これを映像化したいと考えるのはごく当然の事です。

 ただし、司馬遼太郎自体は自身の戦争体験もあり、軍国主義的な物に大変な嫌悪感を持っていました。そして『坂の上の雲』に関しては

「なるべく映画とかテレビとか、そういう視覚的なものに翻訳されたくない作品でもあります。うかつに翻訳すると、誤解されたりする恐れがありますからね」

と語っています。
 映像は文章以上に多くの人に触れ、その影響も遥かに大きくなると思われますので、安易に映像化してしまうと、日露戦争というテーマを扱ったこの作品が国威高揚の軍国主義を鼓吹した作品だという誤解が広がってしまう可能性があるため、生前は映像化の許可を与えていません。
 しかし、司馬遼太郎が危惧したのは映像化される事それ自体ではなく、誤った形で映像化されることだったので、NHKが故人の意志にそぐわない形で映像化する事は絶対にないと確約し、遺族や司馬遼太郎記念財団を口説き落として、ようやく映像化の許可を得ました。
 ただ、それから担当脚本家の自殺やら、NHKの不祥事やらの様々なトラブルが重なり、放送が開始するまで8年もの月日が経ってしまいました。完結は3年後ですから、実に10年かがりでの制作という事になります。

 『坂の上の雲』は司馬遼太郎の代表作であり、最も人気が高く、かつ与えた影響の大きな作品でもあるので、これを映像化したいと考えるのはごく当然の事です。

 ただし、司馬遼太郎自体は自身の戦争体験もあり、軍国主義的な物に大変な嫌悪感を持っていました。そして『坂の上の雲』に関しては

「なるべく映画とかテレビとか、そういう視覚的なものに翻訳されたくない作品でもあります。うかつに翻訳すると、誤解されたりする恐れがありますからね」

と語っています。
 映像は文章以上に多くの人に触...続きを読む

Q本なら何でも…

最近、感動・感激した本を教えてください!
また、簡単なストーリー解説やどのシーンで感動したかなども
書き加えていただけたら、うれしいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

感動した本は

(1)カラフル 詳しくは↓ 必ず泣けます!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4652071639/qid=1040805094/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-9665226-3819467

(2)青空のむこう 詳しくは↓ これもまた必ず泣けます! 感動したシーンはお姉さんと仲直りするところと、ジェリー(主人公の宿敵?)の作文のところです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/qid%3D1040805241/250-9665226-3819467

(3)アルジャーノンに花束を 詳しくは↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4151101012/qid=1040805314/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-9665226-3819467

(4)十二番目の天使 詳しくは↓ 泣けます。 私が泣いたところはティモシーの秘密が明らかになってからずっと泣いていました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/476300106X/qid=1040805963/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-9665226-3819467

面白い本(すべておすすめ!はまります)

(1)ダレン・シャン 詳しくは↓ はまります。私が本をたくさん読むようになったきっかけの本です。 シリーズになっていて、1巻と3巻は涙なしでは読めません。 私はハリー・ポッターより好きです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4092903014/qid=1040805725/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-9665226-3819467

(2)DIVE!! 詳しくは↓ これもはまります。マジで。 ダレンシャンの次に好きです。 これもカラフルと同じく森絵都さんの本です。 

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062101920/qid=1040805890/sr=1-4/ref=sr_1_2_4/250-9665226-3819467

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/browse/-/465392/ref=cs_tab_gw_1_3/250-9665226-3819467

感動した本は

(1)カラフル 詳しくは↓ 必ず泣けます!

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4652071639/qid=1040805094/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/250-9665226-3819467

(2)青空のむこう 詳しくは↓ これもまた必ず泣けます! 感動したシーンはお姉さんと仲直りするところと、ジェリー(主人公の宿敵?)の作文のところです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4763002112/qid%3D1040805241/250-9665226-3819467

(3)アルジャーノンに花束を 詳しくは↓

http://www.amazon.co.jp/exe...続きを読む

Q何か元気の出る本

 彼女がこの春から新しい職場に就職したのですが、そこに馴染めずに最近落ち込み気味です。なんか自分に自信をなくしているようです。
 そんな彼女を元気付けてあげられるような本があれば紹介してください!ジャンル等は問いません。
 アドバイスしにくいかもしれませんが、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

『自分らしくいられるための50の小さな約束』
著:廣瀬 裕子 画:杉浦 明美

柔らかい感じでゆったりした気分になれます。
絵が好きなんですよ。ちょこちょこってあるので忙しくっても読めるかな。ストーリーはありませんけれど。メモ帳みたいな感じ。
同じ方の同じタイプのもので、
『自分を大切にするための小さなノート』
『こころに水をやり育てるための50のレッスン』
というのもあります。
どちらもほやほやの可愛いもの。

ちょっと大型の絵本ですけれど、
『オリビア』著:イアン・ファルコナー訳:谷川 俊太郎
オリビアっていう女の子のブタさんのお話。絵本なので読みやすいんじゃないだろうか。「自由奔放を絵に描いた」という説明がぴったり。へらへら笑えますよ。
シリーズで『さかさまオリビア』『オリビアかぞえる』なども。

絵本続きで、
『手ぶくろを買いに』
著:新美 南吉 画:黒井 健 出版社:偕成社
これも大型。でも、ほんわりした絵で落ち着きます。ストーリーは知っててももう一度読んでみると結構イイです。

写真集で
『Kiss!』
編集:ノンデルヘン 出版社:河合書房新書
可愛いんですよ、本当に。最後の最後の写真で、ぎゅっときます。

『四月天才』著:小泉 吉宏 出版社:文芸春秋
ちょっとズレてる気もしますけど。これは短編。
一度読んでみてイケソウだったら彼女に送ってみてください。

彼女さんが元気になって明るくなってくれると嬉しいです。がんばれお兄さん! 優しいぞ、お兄さん!(笑)

『自分らしくいられるための50の小さな約束』
著:廣瀬 裕子 画:杉浦 明美

柔らかい感じでゆったりした気分になれます。
絵が好きなんですよ。ちょこちょこってあるので忙しくっても読めるかな。ストーリーはありませんけれど。メモ帳みたいな感じ。
同じ方の同じタイプのもので、
『自分を大切にするための小さなノート』
『こころに水をやり育てるための50のレッスン』
というのもあります。
どちらもほやほやの可愛いもの。

ちょっと大型の絵本ですけれど、
『オリビア』著:イアン・ファルコ...続きを読む

Q中古書籍販売のサイトある?

初心者ですのでお願いします。
ネット書籍販売のサイトは知っているのですが(ア○ゾンなど)、
中古書籍も扱っているサイトがあれば本探しにすごく助かります。

Aベストアンサー

EーbookOFF ・・・ http://www.ebookoff.co.jp/main
古本市場 ・・・ https://www.ubook.co.jp/shop/goods/goods.asp?category=00

中古本、販売 などで検索かけると色々でてきますよ~。

Qやさしさとは何か・・・

最近よく、「優しさ」について考えることがあります。
何を優しさというのか?とか、どうすれば優しくなれるのか?などいろいろ考えるのですが、なにかしっくりこない感じがしています。

そこで、皆さんが読んで、「優しさ」のついて考えさせられたり、優しさというものに少触れることができた本を皆さんに紹介していただきたいと思います。
漫画・小説などなど、ジャンルは問いませんので、ご回答よろしくお願いいたします!

Aベストアンサー

小説だと、よしもとばなな

『海のふた』
『虹』

など。

角度を変えて考えたいなら、一般向けの心理学の本の中から何か選んでみては?
内容は覚えていませんが、やさしさの病理、精神病理?という感じの本があったと思います。
『甘えの構造』というのは超有名な本。
よしもとばななさんの小説とは全然傾向は違いますが。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報