質問です。姑が夫に産まれた時から保険をかけてくれておりました。
結婚し、同居をし、今姑が私にその保険を払って欲しいとのことで、
譲り受けることにしました。まだ2ヵ月後にもらう予定なのですが・・
そこでまだ証券は見せてもらってないのですが、
子供時代・・・子供用の積み立て保険
青年時・・・掛け捨てではない保険
現在・・・ライフアカウントLA
契約期間・・32年
現在支払額・・月払い12000円
死亡金・・3000万

なのですが、なぜこの保険に入ったんですか?と質問したら
保険会社にこれがいいと言われて、説明しに何回も足を運んでくれたが
意味はいまいち理解してないようです。
そこで私が説明しようと思ったのですうが、もともとあまり仲がよくないためこじれるのもいやなので、黙っておきたいですが、
もしこれが騙されていたり、良い事しか言わなく加入させられていたのなら非常に不愉快です。今回もらうことになって、32年もかけていたんだからと、旦那と職業上ローンは無理ですので、車購入資金の一部を契約者貸付にしたいのですが、ライフアカウントではほとんど借りれないのではと言われました。今まで姑が苦労して払ってきた保険なので明治安田生命自体解約しないで、他の商品に変更とかは可能でしょうか?
また変更した場合契約者貸付は可能でしょうか?少しややこしい文ですみません。アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>32年もかけていたんだからと



LAが登場したのは2000年ですから32年掛けていた、と言うのは少なくとも同じ保険ではありません。
掛け捨てではない保険と言うのが何を指すかは分りませんが、そこで積み立てたお金はLAで食いつぶされているかもしれませんね。LAはアカウント(積立部)があるものの、アカウントに回る保険料は数十円~数百円と言うのも珍しくはなく、その他は掛け捨ての保険料となっています。これは証券よりも当時の設計書があると分りやすいです。
苦労して払ってきたにしてもさすがに内容次第なので、希望に沿わない内容なら解約する必要もあるように思います。
いずれにしても証券を譲り受けてから判断するしかないのではないでしょうか。

>職業上ローンは無理

決め付けはよくないように思います。ノンバンク等では派遣社員やパートでも融資するところはあります。
    • good
    • 1

>子供時代・・・子供用の積み立て保険


青年時・・・掛け捨てではない保険
現在・・・ライフアカウントLA
契約期間・・32年

子供時代、青年時代、現在と別の保険だろ思います。
もしそうであれば、今までずっと支払っていたからといって、すっとお金が貯まっているわけではありません。
恐らく子供用の積立保険の貯蓄部分は学資として全て受け取っているので、
青年時代に保険に加入した時点で貯蓄はゼロでしょう。
また青年時代に加入した保険で貯まったお金は、現在の保険に切り替えたときの切り替え方によりますが、
ライフアカウントではほとんど契約者貸付を受けられない、と言われているのでしたら、
貯まっているお金は殆どないということです。

>明治安田生命自体解約しないで、他の商品に変更とかは可能でしょうか?
他の商品に変更するというこは、現在の保険を解約する、ということです。
現在の保証内容を変更することは変更内容次第で可能です。

>変更した場合契約者貸付は可能でしょうか?
契約者貸付は可能ですが、貸付を受けられる額は現在の額とほとんど変わりません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治安田LAアカウントを解約した時の払戻金の目安

お世話になります。
今、明治安田のライフアカウントLAに加入していますが、対応が
イマイチの為、解約を考えています。その際の払戻金の目安を
知りたくて質問させて頂きました。
毎年届くハッピーレポートには、積立金の合計の記載がありますが、
これだけではないですよね?これまで払い込んだ保険金の払戻も
あるのですよね?

今はだいたい以下の様な契約です。
・ライフアカウントLA
・契約して約7年経過
・月の保険料は約17000円
・積立金残高:約20万円

当初は、上のアカウント積立金のみが戻ってくるのかと考えて
いましたが、これまでの保険金払い込み金額が150万円近くなのに、
まさかそれだけではないですよね?

もちろん、個々の契約内容により、金額は変わってくるかと思い
ますが、大体の目安だけでも(50万位、とか、100万位、とか)
アドバイス頂ければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で同様の保障を得ようとすると月々の支払額がとんでもないものになります。
(終身保険で5000万円の死亡保障なんて・・・)

・定期特約付終身
・アカウント型

国内生保の生命保険の主力商品は上記2点ですすが、いずれにしても支払額のほとんどは特約(定期)部分の支払で、解約時の返金はほとんど期待できないと考えた方が良いかと思います。
もちろん、「解約時の返金額が多いほうがいい」と考えて主契約の部分の割合を増やしてもいいですが、そうなると月々の支払額が多くなってしまいます。

参考URL:http://hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0571_02.html

150万円近くの払い込みで解約金が20万円くらいで間違いないと思います。

と言いますのも、この保険は基本的に「積立部分」と「保障部分」に分かれています。そして、支払の大部分は保障部分に割り当てられており、これは掛け捨てです。ですので、保障部分のお金は戻ってきません。

例えば、参考URLの内容ですと、月々の支払が35000円ですが2509円のみが積み立てです。32500円近くは特約である保障部分の支払いです。
これが、「高い」「ぼったくりだ」という意見もあるかと思いますが、それでも終身保険で...続きを読む

Q明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?

明治安田生命のライフアカウントL.Aとはどんな内容ですか?
保険超初心者です。保険屋さんに聞いても正直30%くらいしか理解できてません・・・。
医療と生命保険がついた保険ですよね?
掛け捨てでしょうか?
シュミレーションしてもらった所、35歳の主人は80歳で払込期間満了という事ですが、それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
あと今の歳だと月々15000円らしいんですが、45歳から55歳までは22519円となります。という事は79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか?

Aベストアンサー

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、80歳になってから、積立金を使って、終身保険を買うことが
できます)

定期保険部分は、掛け捨てで、更新型なので、保障額が同じならば、
10年毎に保険料は上がると思ってください。

説明図のように、お子様が生まれると必要な保障額も上がる可能性が
高いですが、その後は、必要保障額は減っていきます。

医療保障は終身ではありません。

さて、この保険では、アカウント(つまり、積立金)が主契約です。
この保険の発想自体は、すぐれたものですが、
一方では、アカウント(積立金)の部分が少ないと、この保険は
役に立ちません。

例えば、30歳男性が、60歳で定年になったときに、老後費用として
300万円を確保しておきたいと考えるならば、
アカウント部分で300万円を貯まるように設定しなければなりません。
予定利率が2%だとすると、毎月6100円を積立なければ、
30年後に300万円になりません。
この保険を生かすも、殺すも、アカウント部分に十分な積立が
あるか、否か、ということが重要です。

ここが不十分だと、この保険のコンセプトである万一のとき、
アカウント部分の積立を引き出して、保障に回す……ということも
できないことになります。
ちなみに、1000円で、予定利率2%、30年では、約49万円になります。

もうお分かりだと思いますが……
(Q)それを過ぎると保険料は払わないが、医療、死亡保障も
終身保障されるという認識で間違いないでしょうか?
(A)いいえ。そのようなことにはなりません。
死亡保障だけは、アカウント部分に十分な積立があれば、YESとなります。

(Q)79歳頃はそのままいけばもっと5万近くとかになってしまうんでしょうか
(A)いくらになるのか、単純には計算できません。
保険会社に問い合わせをしてください。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、下記を開いて……
http://www.meijiyasuda.co.jp/personal/product/list/la/
「商品パンフレット」のパンフレットをクリックして、開いてください。

表紙の次が……
「ライフアカウントLAの特長についてご説明します」
という見開きのページになっています。

アカウントとは、勘定書、計算書という意味ですが、
この保険の場合には、「積立金」のことだと思ってください。

つまり、この保険は、積立金と定期保険の組み合わせなのです。
従って、「終身の死亡保障はない」と考えてください。
(実際には、...続きを読む

Q明治安田生命さん ライフアカウントLAについて

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがついていますが、ここにこの保険のポイントがあるのでしょうか?タイトルの意味もよく分かりません。教えてください。自分で調べた所2000年度頃からこの形態が出始めて他社でも似た商品を出している?との事。又、従来の形態とどう違うのでしょうか??
・終身なのに利率?アカウント?によっては65歳の払込終了後に死亡してもお金がもらえなかったりする、というのをネットで見たのですが本当でしょうか?又、保険料払込期間でイメージは加入したら次の日から死亡しても死亡時の受取金額がもらえる、と思っているのですがこの保険は違う、というのも見たのですが本当でしょうか?
・この保険は難しい という意見をよく見かけるのですが私のような素人はやめておいた方がいいのでしょうか?又、この保険の注意する点はどこでしょうか?
まだどの保険にも加入していないので月に何万円も払っていくので納得した上で加入したいと思っています。素人意見で申し訳ありませんがどうぞよろしくお願いいたします。ちなみに主人31歳、私29歳です。

生命保険素人の者です。今までどの生命保険にも入っておらず、今回子供ができたので終身でどこかに入ろうと勉強中です。少しでも安い方がいいと思い、主人の会社の団体割引がきく明治安田さんの保険で検討してみることにしました。FPさんにサラリーマンで終身で代表的なものということで「ライフアカウントLA」を薦められました。色々資料を読んだり調べたりしているのですがもう一つよく分からないのでここで質問させていただきました。
・「3年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」というサブタイトルがつ...続きを読む

Aベストアンサー

ライフアカウントLAに関しては、下記のサイトで詳しく説明しています。
http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0105.htm

個人的にはあまりお勧めしません。
幾つか理由を挙げると、
 更新型である
   ↓
 更新時に保険料が上がる
   ↓
 保険料を払えなくなるため、保障を落とすか貯まっている積立金を使うことになる。
   ↓
 積立金を使うと、払い込み終了時に積立金が殆ど残らない。
   ↓
 積立金で購入できるはずの終身保険を購入できない。
   ↓
 65歳で保険がなくなってしまう。

最初から掛け捨てだと考えているのでしたら別ですが・・・

お勧めは信頼できる営業マンを探すことです。
知人に聞きまくってください。きっと見つかると思います。

Q主契約だけの保険継続のメリット

50代半ばの男です。

長く入ってきた民間の生命保険を解約しようかと考えています。
ただ、主契約だけは残して、特約だけを止めようかとも考えたのですが、アドバイスをいただきたくお願いします。

主契約は積立だけの機能であり、これでカバーされるのは、80歳以降の終身保障(死亡・高度障害保障)だけです。
80歳まで生きなければ、単に利子の低い積立とも思われる中で、意味はあるでしょうか?

尚、現時点で主契約の積立金はほとんどなく、継続をした場合には、月1000円の支払いと考えていますので、80歳時点の積立金額は、30万円程度と想定されます。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

素人の爺です。
以下は個人的な感想です。(失礼します)

「アカウント型」の保険だと思います。
基本的に主契約と呼ばれる部分はありません。
すべてが特約(掛け捨て)です。(死亡保証金を下げることができる可能性はありますが)
積立だけ残すことはできません。(担当者に確認してください)
さらに積立1000円さえ、手数料が引かれてからのの積立です。
その積立金で80歳になったら「その年齢の積立金で終身保険」を買ってください」との触れ込みですが、その年齢と金額で買える終身保険はありません。(買えても40~50万円分程度でしょう)


特約の「てんこ盛り」ですので保険期間内に死亡すれば(失礼)とたんに良い保険にはなります。
但し長生きすれば、全くもって「無駄な」保険です。
いわゆる「お客様用の保険」ですネ。担当者はもちろん加入していないでしょう
(担当者に確認してみてください)
最終はご自身で判断してください。


人気Q&Aランキング