「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

給与所得者です。一時所得として頂いた給付金を確定申告する必要があります。
この場合の申告金額は当該金額と年間給与収入から源泉徴収の所得税を差し引いた金額を合わせたものと理解しています。
この場合の税率の算定の仕方等を教えて頂きたいのですが?
一例として、一時所得:1千万円、給与収入:500万円、源泉徴収所得税5万円とした場合の税金の計算要領をどなたかお教え下さい。
宜しくお願いします。(国税庁ホームページでは自動計算のため細部が見えないのです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>一例として、一時所得:1千万円、給与収入:500万円、源泉徴収所得税5万円とした場合…



源泉徴収所得税5万円→これから逆算して、給与による【課税所得】は 100万円。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【一時所得】
経費はないものとして 1/2 のみ課税対象。500万
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

【課税所得】の再計算
100 + 500 = 600万

【所得税額】の再計算
600万×20% = 120万円
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

【差引納税額】
1,200,000 - 50,000 =1,170,000円

>国税庁ホームページでは自動計算のため細部が見えないのです…

正確には、
(1) 給与収入から「給与所得」を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm
(2) 給与所得に一時所得を足して「合計所得金額」を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1170.htm# …
(3) 「所得控除」の合計額を求める。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1100.htm
(4) 合計所得金額から所得控除の合計額を引いて「課税される所得」
(5) 課税所得に「税率」を掛け算して「所得税額」。
(6) 所得税額から前払いした「源泉徴収税額」を引き算。
(7) 「税額控除」に該当するもの (e-Tax の 5,000円など) があればさらに引いて「納税額」。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

この回答への補足

有難うございます。要領については概ね理解できましたが以下について疑問が残っています。できればご教示下さい。
給与所得者は給与に関しては年末調整をしており、一時所得の所得税にまで給与所得と合わせた額に税率を乗じる意味が理解できないのですが・・・単純に一時所得の1/2に税率を乗じることにはならないのでしょうか?

補足日時:2008/01/29 19:05
    • good
    • 1

No.1です


>なお疑問なのは、一時所得に給与所得が絡んでくる意味がぼやけています。多分所得の格差に応じてより多くの課税をとの制度なのかな?と思っていますが・・・できれば再度ご教示下さい。

給与や一時所得以外にも、事業所得、不動産所得、雑所得などを合計して総合課税という制度になっており、総合課税は所得に応じて税率が決まる累進課税となっています。
なお、土地や株式の譲渡所得などは総合課税ではなく分離課税になっていて、総合課税とは違いそれぞれ別々に税金を計算します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。頑張って税金納めます。
有難うございました。

お礼日時:2008/01/30 21:47

>単純に一時所得の1/2に税率を乗じることにはならないのでしょうか…



衆参両院の半数以上に働きかけて、税法を改正してもらうよりほかありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました・・国会議員になります。それでも無理でしょうね。

お礼日時:2008/01/30 21:40

これだけの情報では全くわかりません。


所得控除は何がどれだけあるのでしょう?

一時所得の金額=収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)
収入を得るために支出した金額がわかりません。
上記一時所得の2分の1+給与所得控除後の金額ー所得控除の合計金額
に税率をかけて税額を算出します。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難うございました。当方の理解不足で要領を得ていませんでした。
一時所得は給付金のため支出はありません。なお疑問なのは、一時所得に給与所得が絡んでくる意味がぼやけています。多分所得の格差に応じてより多くの課税をとの制度なのかな?と思っていますが・・・できれば再度ご教示下さい。

お礼日時:2008/01/29 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一時所得金の税金はいくら?

この7月より就職しました。
8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?
また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総合課税されますから,合算して確定申告することになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2220.htm

◇サラリーマンで確定申告が必要な方
・サラリーマンで,主たる給与所得以外に20万円以上の収入がある場合は,確定申告が必要です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

◇所得税
・所得税は「課税標準」に応じて税率が違います。その方にどのような控除があるかによって,「課税標準」が変わりますので,それが分からないと正確な税率がわかりません。
 一応税率は,下記のサイトのとおりです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm

-----------------
 以上から,ご質問についてですが,

>8月に、400万円の一時所得が入りますが、いつ、どのように税金の申告をしたらいいのでしょうか?

・来年の確定申告時期に,確定申告をしてください。
 なお,源泉分離課税される一時所得でしたら,すでに納税していますので申告の必要はないです。

>また、支払う税金はいくらくらいになるのでしょうか?
ちなみに、月額給与は、月税込み30万程度となります。

・賞与の有無が分かりませんので,以下,それは省略して年収で360万円としてシュミレーションして見ます。

-----------------------
 給与所得については,
 360万円-給与所得控除65万円-基礎控除38万円-その他控除(?)=課税標準…(a)

 一時所得については,
 400万円-収入を得るために支出した金額-50万円=課税標準…(b)

 合計して,
 [(a)+(b)-控除額]×税率=所得税

となります。
 税率は「20%」ぐらいでしょうか,多分…
--------------------------

 こんにちは。

◇一時所得の課税標準
・所得税法の「一時所得」に当たるのでしたら,「課税標準」は,

 総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額

となります。

・不謹慎な例かもしれませんが,分かりやすい例で,競馬で万馬券が当たったとしますと…

 馬券代 100円
 払戻金 100万円 の場合

 100万円-100円-50万円=49万9,900円
について所得税が課税されます。

◇総合課税
・給与所得と一時所得(源泉分離課税されるものは除きます。)は総...続きを読む

Q給与所得と一時所得と課税額について

給与所得と一時所得と課税額について

例えば競馬で大穴を当てたとして、2千50万円の利益収入があった場合、
(2千50万円-50万円)×1/2
で一時所得は1千万円ですよね?

ここまでは分かったのですが、
一時所得に対する課税額は総所得によって異なるみたいです。
この辺りが理解できません。

給与収入500万円のサラリーマン

給与収入300万円のサラリーマン

無職無収入のニート
では、
それぞれ所得税、住民税はいくら納入しないといけないのですか?

Aベストアンサー

No.2です。

>どういう数式になるのでしょうか?
じゃあ、式で説明しますね。

年収500万円の場合
5000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×3.2-540000円=3460000円(所得=給与所得控除後の金額)
(3460000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-610000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=12470000円(課税所得)

12470000円×33%-1536000円(控除額)=2579100円(税額)

年収300万円の場合
3000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×2.8-180000円=1920000円(所得=給与所得控除後の金額)
(1920000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-395000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=11145000円(課税所得)

11145000円×33%-1536000円(控除額)=2141850円(税額)

無職の場合
10000000円-380000円(基礎控除)=9620000円
9620000円×33%-1536000円=1638600円

です。

No.2です。

>どういう数式になるのでしょうか?
じゃあ、式で説明しますね。

年収500万円の場合
5000000円(給与収入)÷4(千円未満切り捨て)×3.2-540000円=3460000円(所得=給与所得控除後の金額)
(3460000円(給与所得)+10000000円(一時所得))-610000円(社会保険料)-380000円(基礎控除)=12470000円(課税所得)

12470000円×33%-1536000円(控除額)=2579100円(税額)

年収300...続きを読む

Q今年度一時所得に対する来年度の所得税、住民税額について

今年会社の退職金制度が変わり、今までに積み立てた
金額を一時所得として受け取る予定です。
一時所得金としては1166万円です。
この金額は来年確定申告を行う予定ですが
心配なのは来年度の所得税と住民税です。
今の年収約950万円+1166万円が給与所得とみなされ課税されるでしょうか?
もし増税される場合にどの程度の金額になるのでしょうか?
私には妻と小学生の子どもが2人います。
宜しくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

所得控除の金額が不明のため、税額はかなり概算になります。
来年度の所得税、住民税とありますが、所得税は当年分を確定
申告時に一時納付、住民税は6月より翌年5月までの分割納付
(特別徴収:一般の給与所得者の場合)となります。

給与所得
950万×90%-120万=735万円
一時所得
1160万-50万=1110万円(ここでは1/2しない)
総所得金額
735万+(1110万×1/2)=1290万円

以下は長くなるので中略します。
ご希望であれば、記載しますが。
なお、定率減税はまだあります。
社会保険料控除を100万円程と仮定した場合には、
一時所得分として所得税で120~130万円程、住民
税として70~80万円程、課税されるのでは。
この一時所得に対して源泉をいくら引かれるのか不明
のため、確定申告時の納税額は分かりません。
住民税は月6,7万程、多く課税されるのでは。

Q一時所得の税金のかかりかた

一時所得の税金のかかりかた

質問させてください。
終身保険を10年以上積立して

保険金額を減額して
解約返戻金を将来すこしずつ受け取る場合
(たとえば50万円ずつとか)
一時所得の計算はどのようになるのでしょうか?
お教えください。

例)
70歳の時点で
積立金額 500万円
解約返戻金 800万円
保証1000万円

この1000万円を900万円に減額して解約返戻金を受け取った場合の
税金についてお伺いしたいです。

すべて解約した場合は
(800万円)-(500万円)-(50万円)× 1/2 = 125万円
が総合課税の対象という事は分かります。

どうぞよろしくお願い致します。


◎一時所得の計算式
総収入金額 - その収入を得るために支出した金額 - 特別控除額(年間最高50万円)=一時所得の金額 となる

Aベストアンサー

解約払戻金は、一時所得です。
一部解約でも、同じです。
従って、少しずつ解約すれば、税金がかからないということになります。

一方、毎年一定の金額を受け取る年金は、雑所得です。
雑所得には、一時所得にあるような控除枠はありません。
従って、収支がプラスならば、課税対象になります。

ここで、矛盾が生じてしまいます。
小出しに解約すれば非課税になるに、
年金で受け取れば課税対象になってしまう。

これは、連年贈与と似た状態です。
毎年100万円ずつ、10年で1000万円を贈与すれば非課税なのに、
一気に1000万円を贈与すると、贈与税がかかる。
実際には、10年に小分けしても、1000万円を一括贈与したと見なして、
贈与税を課税するのが、連年贈与です。

これは、どのように解釈するか、という問題であり、
解釈をするのは、税務署です。

ご参考になれば、幸いです。

Q一時所得の住民税について教えて頂きたいです

195万円以下の給与所得者で、去年一時所得約80万円でした。
税務署には電話してたずねたら、一時所得にあたるため、80万円なら控除率を計算すると税金はかからないと回答されたので確定申告にいきませんでしたが、

今年20万円以下の雑所得と一時所得の住民税申告について市役所に質問したら33万円までは控除されますが申告義務は免除されないとの回答でした。

去年は住民税が給与から引かれていると思っており、一時所得申告には行きませんでしたが、今からでも申告しないと一時所得80万円の無申告加算税が発生し続けるのでしょうか?

Aベストアンサー

「質問サイトではなく直接問い合わせるしかないでしょうか?」
それが良いと思います。

質問サイトって限界がありますよね。
「わからないことが、わからない」状態で、変に専門用語を使っていれば「この人はどの程度の専門用語を使っていいのだろうか?」という探りを入れながらの回答になります。
非常に効率が悪いです。
例えば、微積分だ因数分解だの質問があれば、誰でも九九はマスターしてると思うのが当たりまえなのですが、話を進めるうちに「あのう、4×8はいくつでしょうか」と聞かれたら「おいおい、今更そんなこと言い出すような質問内容じゃないぞ」となります。
前回、ご質問者に大変失礼なことを申し上げたのは、この点です。

お疲れ様でした。


人気Q&Aランキング