ワイト島とウッドストックのライブ映像やCDを聞いたのですが、いまいちパッとしなかったので、一般的に最も評判の良かったライブCDはどれなのか教えて下さい。

もちろん、個人的に一番好きなものでも構いません。

できればオフィシャル盤で発売されているCDを教えていただけるとありがたいです。

アマゾンによると、68年のウィンターランドが1番良さそうなのですが、詳しい方にご意見を伺ってみたかったので書き込みました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ワイト島はジミ本人、且つフェスティバルの環境共に悪かった為仕方なしと考えます。


されどバッキングメンバーとの相性はともかくウッドストックにおけるジミオンリーの演奏は結構面白いと思いましたが。
・・・けど、雑に過ぎますかね。

本題ですが
1982年 The Jimi Hendrix Concerts(ジミ・ヘンドリックス炎のライブ)・・・・廃盤ですか、田舎者の私が高校時代に手に入れる事の出来た唯一のジミのライブでした、派手ではありませんが非常に質の良いアルバムです。
ブルースギタープレイヤーとしての技術をもっとも堪能出来るライブアルバムと言えるかな。(ギミックは有りません)

ウインターランドも確かにまあまあ良いですね、時期もエクスペアリアンス後期、まだまだ途上とは言え荒くない、ところで今売ってますか?

1998年 BBC Sessions・・・実際にオンエアされた時の声まで入っている、BBSセッションの完全版 ・・・持っておりませんがラジオワンの完全版ですかね、初期のジミのライブを知る上では貴重でしょうね。

結局腰を抜かすような面白いライブは現状ブートレグでしか聞けない様に思います、マニアでは有りませんが経験上感じますねえ・・・。
1969から1970あたりのブートレグは音は別として好きですね。

遠い昔の話です。

ああ、最近ではフィルモアイーストライブ(バンドオブジプシーズ)も良い方でしょうね。

モンタレーは映像と共に鑑賞すべきと考えます。

以上、ご参考まで。
    • good
    • 0

Hendrix in the west


http://en.wikipedia.org/wiki/Hendrix_in_the_West
廃盤になっていますが、他の複数のソースから聞くことができます。
おいしいとこだけ集めてあったアルバムです。
    • good
    • 0

全部のライブ映像を観たわけではないですが、モンタレーポップフェスティバルのライブが好きです。


 特に最後の「ワイルドシング」でギターを燃やす有名なシーンも見られますし。私はCDとビデオで持っていますがビデオ(DVD)のほうが見た目の迫力もあり、いいかもしれませんね。

参考URL:http://www.neowing.jp/detailview.html?KEY=UIBO-1 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトゥーツ・シールマンスの東京ライブのCD

トゥーツ・シールマンスの東京ライブのCDを探しています。
バックバンドは渡辺文夫さんのトリオで、ナイトトレイン 恋に恋して わが心のジョージア等が収録されています。

以前LP盤は持っていたのですが、引越しの際紛失してしまい(マヌケな話です)それ以来聞いていないのです
CDとして発売されたのでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いします

Aベストアンサー

↓でしょうか?
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/8164/cd18.html
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000034OU

Qリンキンパークのライブ音源ダウンロードCD

リンキンパークのさいたまスーパーアリーナ(11月24日)での
ライブ会場で、ライブ音源をダウンロードできるCDを購入したのですが、
同封されている紙に書いてあるサイトに行っても、英語ばかりで
ダウンロードの方法がわかりません。どなたか教えて下さい。

1月4日からに延期されたという噂も聞きましたが、紙には12月31日まで
と書いてあるので、のんびり待っているわけにもいかないので。

Aベストアンサー

不安ならURLを見てください。

参考URL:http://www.linkinpark-japan.com/bbs/#4

Qチボマットのライブで売っていたCD

チボマットがおととし(?)の赤坂ブリッツでライブをやった際に売っていたCDが気になります。かわいい猫の絵が描いてあり、「キティーなんとか」というバンド名だかタイトル名だったと思います。BUTTER08のように、チボマットがやっているのでしょうか?このCDについてわかる人、回答まってます。

Aベストアンサー

こんにちは。チボマット大好き。
関連して調べてみましたが、この方でしょうか?
なんとなく良さそうでわたしも聴きたくなります・・・。

参考URL:http://www.rockrecords.co.jp/us_euro/kitty/

QロバートプラントのCDとライブの歌い方の違いについて

数ヶ月前に映画「レッドツェッペリン 狂熱のライヴ 」を買って見ました。これが自分にとって初のZEPだったのですが、かなりはまって何回も映像を見ています。そして、スタジオ収録を聞いてみたいと思い、レッドツェッペリンリマスターズというベストを借りて聞きました。聞いてビックリ!ロバートプラントの歌いかたが、ライブだということをぬきにしてもかなり違うように感じました。特に自分のマイベストのロックンロールには違和感を感じまくりました。そこで質問です。ロバートプラントはいつもライブではあのように歌うんですか?

Aベストアンサー

こんばんわ、書かせて下さい。

60~70年代のロックバンドは、どこもかしこも
スタジオ盤とライヴでは演奏形態が別物でしたね。

当時のハード・ロック系のZEP、ディープ・パープル、
ちょっと遡って、ジミ・ヘン、クリームなんて所は
インプロの応酬、アドリブだらけでした。
スタジオ盤の原型の曲をどんどんハードに壊して、
再構築していくような演奏形態です。
ですから、ステージ上はスリリングの嵐、何が飛び出すか、
予想不可の連続です、当然そんなステージですから、
出来の良し悪しも結構あって、ブート物で聴くと
パープルなんかだと、とても陳腐な演奏も時折聴かれます。

さて、プラントですが、star29さんは「狂熱のライヴ」の
彼の出来はどう思われます?良いと思います?、悪いと思います?
ただスタジオ盤と違いすぎで驚かれただけですか?

まずZEPの演奏自体もプラントの歌い方も、毎回
ステージ毎変ってます。
ひとステージひと演奏毎、全然違ってるんですよ。
それと「狂熱のライヴ」はZEP活動期に公式発表された
唯一のライヴ音源、映像なのに、その演奏の出来は
ファンの間では良くない物の部類にされてます。
演奏がおとなしめで、プラントの声の伸びも今イチだと
言われている物です。

ZEP映像で渾身の演奏を観るなら、昨年発売された
「LED ZEPPELIN DVD」と音源なら同時期に発売された
「伝説のライヴHOW THE WEST WAS WOW」か
98年発売の「BBC LIVE」をお薦めしたいですね。

特に「~DVD」は各年代のそれぞれのライヴが収められて
おり、
ラスト・ツアーになった79年ネブワースのライヴは
観てて鳥肌が立つくらいカッコイイですよ!
あの頃のロック・バンドの勢いが、いかに最強だったか!
ぜひ一度体感して下さい!

参考になれば幸いです。

こんばんわ、書かせて下さい。

60~70年代のロックバンドは、どこもかしこも
スタジオ盤とライヴでは演奏形態が別物でしたね。

当時のハード・ロック系のZEP、ディープ・パープル、
ちょっと遡って、ジミ・ヘン、クリームなんて所は
インプロの応酬、アドリブだらけでした。
スタジオ盤の原型の曲をどんどんハードに壊して、
再構築していくような演奏形態です。
ですから、ステージ上はスリリングの嵐、何が飛び出すか、
予想不可の連続です、当然そんなステージですから、
出来の良し悪し...続きを読む

QCD・レコードとライブ(生)では良くも悪くも大違いというアーティスト♪

また、変な質問しとるとか思われそうなのですが、質問している本人はかなり本気で書いてます(笑)。

さて、曲をCDまたはレコードなどで聴いて(もちろんライブ盤はこの場合除く)、大好きになったアーティストがいたとします。それこそ全部アルバム集めてかなり聞き込んだというほどのアーティストに限定しますが、そのアーティストがいざ来日(海外へ観に行ったというのも有りです)するとなると、これはもう是非、生で観てみたいと!か思いますよね。それで、ワクワクしながら観に行ったとします。というかちゃんと実際に観に行った方に質問しているのですが(笑)。(あ、でも、今まで一度もそのお気に入りのアーティストが来日したことが無く、仕方な~く海外でのライブの模様をビデオ等で観てというのでもいいです(本当はそういうの無しにしたいところなのだけど。笑)。

そこで実際に観に行って、これは「金返せ」というくらいCDまたはレコードとのギャップが激しかったアーティスト。または、その逆で「生で観てもやっぱりすごかった!」という、超に超がつくほど感動したというアーティストがおりましたら、是非お教えくださいませ!

できましたら、どいうところが「ダメ」だったのか、またどういうところが「すんごかった」のかなどのコメントも書いていただけますと、非常に嬉しいです。

それと…、ついでみたいでなんか嫌なんですが(笑)、できれば、生もすごかったというアーティストに関しまして、この感動が十分伝わるであろうというライブ盤のCD等がございましたら、それも教えていただければ幸いです。

それでは、皆様、どぞよろしくお願い申しあげます♪

また、変な質問しとるとか思われそうなのですが、質問している本人はかなり本気で書いてます(笑)。

さて、曲をCDまたはレコードなどで聴いて(もちろんライブ盤はこの場合除く)、大好きになったアーティストがいたとします。それこそ全部アルバム集めてかなり聞き込んだというほどのアーティストに限定しますが、そのアーティストがいざ来日(海外へ観に行ったというのも有りです)するとなると、これはもう是非、生で観てみたいと!か思いますよね。それで、ワクワクしながら観に行ったとします。というか...続きを読む

Aベストアンサー

・ZAPP/Roger
この人たちのLIVEはGreatでございました。初来日の際に、今はなき渋谷ライヴインというスペースで夜中にやったLIVEに物凄い人が詰め掛けたという伝説がありましたが、私が見たのは2回目の来日以降。

この人たちの曲を初めて聴いたときには、いわゆるヴォコーダーでやってるのだろう位にしか思ってなかったのですが、それにしては妙に肉感的な仕上がりだなとは思いつつも、LIVEを見るまでロジャーがトークボックスを使っていることを、不覚にも知らずにいたのですね。トークボックスというのは楽器の音をチューブに出して、それを口にくわえて、口の開け閉めでエフェクトを加えて、マイクに音を拾わせるというやつ。機械っぽいんだけど機械っぽくないといのはこれだったかと目から鱗。

このトークボックスがステージ左右に据えてあって、Rogerは客の反応を見ながら、ある時にはどちらでやろうかと客を煽りながら、トークボックスに向かうのであります。殆どギャグに近いような芸人ぶりでもありましたが、このトークボックス、チューブを加えた時の口内にかかる音圧は結構なものらしく、下手をすると歯が折れたりするそうであります。

Rogerはトークボックスばかりではなく、ちょっと引っ込んだと思ったら、ギターで肩車されながら会場後方から現れたり、ベースは弾くわ、ハープは吹くわ、バンドの連中とステップで踊るわで。また何よりも曲と曲の間が開かない、というか1曲終わりきらないうちに次の曲のカウントが始まり、とにかく客を飽きさせません。来日の度に見たLIVEは、その都度新曲やバンド紹介でその当時の流行ものをカヴァーしたりといった工夫を加えていたものの、構成の8割方は同じ(笑)。でも毎回本当に楽しかったし、LIVEに誘った人もみな(初めてなのに)楽しんでましたね。

不幸な事故というか事件で亡くなってしまったんですが、この人の来日が楽しみで、ぴあを買っても毎回来日アーティストの「ら」の欄からチェックしていた私は、本当にショックでありました。LIVE盤がありませんので、最近出たこのアンソロジーをご紹介。でもあのLIVEの楽しさは体験しないと分からないです。
http://album.yahoo.com/shop?d=ha&id=1807747545&cf=10&intl=us&clink=dmmu-ks/zapp

LIVEの基本パターンは、ラッパーによる紹介のあとDisc1-#9の途中でギターを持って会場から登場→1-#7で最後物凄いハイトーンの絶叫(キーボードだからいくらでも出る)で酸欠、メンバーに助けられて蘇生→Disc2-#1、ここで客のノリが悪いと怪訝な顔をして演奏をストップさせ、「何だよ、ノラねえんなら俺らUSAに帰っちゃうもんね」と言って退場、戻って再度2-#1、メドレーのように1-#11→すかさず1-#5で会場に合唱させ→1-#8以下パターンいろいろ、といった具合。基本的にリズムものはみなスタジオ録音より5割増位早め。

・NICK LOWE
一時期「肉郎」Tシャツなんかも会場で売ったり、「I'M a meat-man(肉郎)」とか叫んでおりましたが、憎めないオヤジでございます。この人、初来日からしばらくは、予算の関係からか自分のギター1本でLIVEを行なっておりまして、でも始まって最初のMCでは「俺がギター1本で歌ってるからって、別に俺が演るのはフォークソングじゃないぜ、ロックンロールだかんな、そこんとこヨロシク(後半脚色あり)」と必ず言っておりました。

で、この人のLIVEを東京ではなく大阪の小さめのライヴハウスで見たとき、6曲目位だったか、「When I Write The Book」というRoclpile時代の曲を演ると、やおら客が席をたって前に詰めかけ始めました。私も「おいおい大丈夫かよ」とか思いながら当然前へ。ステージの前の客(殆どの人が前に来たと思う)はこの曲のサビで合唱、掛け合いのコーラス部分を歌う歌う。それからずっと客はステージ前で、コーラス部分はまかせとけとばかりに他の曲も担当(係員ももうどうしようもねえやとばかりに黙認)。ニックさんも本当に嬉しそうで、私にとってもこの夜のLIVEは忘れられないものになりました。あれは大阪ならではの良さが出たLIVEだったと思います。これも'90年でありました。

その夜のきっかけとなった曲が入ったRoclpileのアルバム。
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B0000246BO/qid=1012725894/
Disc4にLIVEトラック集が入ったBOXセット
http://www.amazon.de/exec/obidos/ASIN/B00000JKHI/qid=1012726208/

で、×だったのを思い出したので(笑)。
'91年のTHE TIME。'90年に再結成したときのもので、当初来日メンバーは再結成のメンバー勢揃いという話だったのに、案の定ジャム&ルイスは来ないことになるわ、頼みの綱のジェシー・ジョンソンもやっぱり来ないわ、モーリスとジェロームだけみたいなもんで、これじゃモーリスのソロと同じじゃねーかよ!てなLIVEでした。キーボードの人がクレージーキャッツの犬塚弘さんに妙に似ていて、ダンスとかもその人だけあやつり人形みたいで妙に可笑しかったのを覚えておりますが、THE TIMEのステージでそりゃねーだろ、というものではありました。

・ZAPP/Roger
この人たちのLIVEはGreatでございました。初来日の際に、今はなき渋谷ライヴインというスペースで夜中にやったLIVEに物凄い人が詰め掛けたという伝説がありましたが、私が見たのは2回目の来日以降。

この人たちの曲を初めて聴いたときには、いわゆるヴォコーダーでやってるのだろう位にしか思ってなかったのですが、それにしては妙に肉感的な仕上がりだなとは思いつつも、LIVEを見るまでロジャーがトークボックスを使っていることを、不覚にも知らずにいたのですね。トークボックスというのは楽...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報