ドーリットル空襲でホーネットを護衛した駆逐艦の艦名を教えてください。
確か巡洋艦が2隻で駆逐艦が4隻で、空母のエンタープライズも一緒に出撃したと記憶しています。模型でドーリットル空襲のジオラマを作ろうと思っており、護衛の駆逐艦も並べたいと考えています。

4隻の内1隻でも解ればいいですが。せめて何級の駆逐艦なのかでも。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Task Group 16.2


 空母 : USS Hornet (CV-8)
 巡洋艦 : USS Northampton (CA-26)
 巡洋艦 : USS Salt Lake City (CA-25)
 駆逐艦 : USS Balch (DD-363)
 駆逐艦 : USS Benham (DD-397)
 駆逐艦 : USS Ellet (DD-398)
 駆逐艦 : USS Fanning (DD-385)
 給油艦 : USS Sabine (AO-25)
    • good
    • 0

#1です。

エンタープライズのグループを忘れました。

Task Group 16.1
空母 : USS Enterprise (CV-6)
巡洋艦 : USS Vincennes (CA-44)
巡洋艦 : USS Nashville (CL-43)
駆逐艦 : USS Gwin (DD-433)
駆逐艦 : USS Grayson (DD-435)
駆逐艦 : USS Monssen (DD-436)
駆逐艦 : USS Meredith (DD-434)
給油艦 : USS Cimarron (AO-22)

なお、各海戦の参加兵力に関しては下記ページに詳しく資料があります。
http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/data/_in …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。しかも、各海戦の兵力に関してのページも紹介してくださって。先のページは今後もいろいろと使えそうです。

お礼日時:2008/01/28 19:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駆逐艦 雪風

駆逐艦雪風は幸運にして奇跡の駆逐艦といわれています。
特にマリアナ沖海戦、レイテ沖海戦、沖縄特攻などの最激
戦に参加し、生き残ったのは凄いと思うのですが、ここま
ですると単に運が良かっただけとは思われません。
他の艦とは何か違ったものがあったのか?
ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

雪風が大東亜戦争の最初から最後まで「無傷」で生き残ったのは、つまり
「敵の砲弾・爆弾・魚雷が一発も命中しなかった」
ということです。

「砲弾」については、連合軍がレーダーによる「完全盲目射撃」を可能にし、闇夜であろうが霧の中であろうが初弾から命中させることができるようになりましたので、雪風が砲弾に当たらなかったのは「運が良かったから」だと言えます。
すなわち
「敵が闇の中や霧の中で待ち伏せている所に行かないで済んだ」
ということで、これは本当に「幸運」ということですね。

なお、レイテ沖海戦で、西村部隊で唯一生き残った駆逐艦時雨の艦長は、
「敵の電探による盲目射撃にあった場合、初弾が命中しなければ、不規則な操艦によって敵の狙いを狂わせ、敵弾を回避することが可能であった」
と戦後に言っています。雪風が、このような状況を潜り抜けたかどうかはちょっと分かりませんが…

一方、爆弾や魚雷については、「艦長の力量、乗組員の力量(錬度)」が、命中するかしないかを相当に左右します。
士官は転勤がありますが、下士官兵は乗っているフネが無事であれば基本的に動きませんので、乗員の練度は戦争を通じてどんどん上がって行った筈です。これが、雪風の「幸運」を支えたと言えましょう。

日本には有効な対潜ソナーがありませんでしたので、敵潜水艦が発射する魚雷を避けるには「敵潜水艦の潜望鏡、または発射した魚雷を先に発見し、適切に回避する」ことが必要です。

敵潜水艦の脅威は、概ね20ノット以上の高速で走っていればほぼありません。潜航中の潜水艦は数ノットでしか動けないからです。ですので、敵潜水艦を警戒しなければならないのは、停泊、もしくは12ノット程度の経済速力で走っている時にいかに厳重に見張りを行うかです。
雪風が敵潜水艦の魚雷を避けたことが何回あったのか分かりませんが、一度も敵潜水艦の魚雷が命中しなかったのは「幸運」に加えて「見張員の練度の高さ」を示すものでしょう。
なお、魚雷と言うのは、早期に発見して魚雷に艦首を向ければ命中することはありません。艦首を二つに分ける波ができるので、敵の魚雷が進路を変えてしまうからです。太平洋の戦い・大西洋の戦いを通じて「魚雷が艦首に正面から命中した」例はなかったはずです。

そして、飛行機からの爆弾・魚雷についても、「幸運」に加えて「回避の練度」が被害を受けるか否かを左右します。

レイテ沖海戦で、小沢中将のおとり空母部隊に参加した戦艦伊勢は、空母が沈んだ後は「米軍機の格好の目標」として、延べ150機と言われる敵機の攻撃を受けました。ですが、至近弾はあっても命中弾・命中魚雷はゼロで、至近弾の破片や爆風による被害は受けたものの、重大な被害は受けずに戦場を離脱することができました。質問者様もご存じと思います。これについては、艦長の中瀬少将の優れた指揮が大きく貢献したようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E7%80%AC%E6%B3%9D

駆逐艦より標的として遥かに大きく、小回りが利かず、速度の遅い旧式戦艦の伊勢であっても、乗組員の練度が高く、見張りと艦長の指揮が的確で、『かつ幸運であれば』、航空機の魚雷や爆弾は相当に回避できたわけです。

No1さんが言われるように、昭和18年12月から20年5月までの1年半、日本海軍が消滅していった時期において雪風の艦長だった寺内正道中佐が、伊勢の中瀬艦長に比肩するような「爆弾魚雷回避の達人」であり、かつ乗組員の練度が高かったことが、結果として雪風を生き残らせたと言えるでしょう。

なお、駆逐艦の場合、防御も予備浮力もなきに等しいですので、急降下爆撃機の爆弾や魚雷が機関部や搭載魚雷を直撃すれば、一発の被害で沈むか、行動能力を喪失して敵のメッタ打ちに遭うこともあります。

雪風が大東亜戦争の最初から最後まで「無傷」で生き残ったのは、つまり
「敵の砲弾・爆弾・魚雷が一発も命中しなかった」
ということです。

「砲弾」については、連合軍がレーダーによる「完全盲目射撃」を可能にし、闇夜であろうが霧の中であろうが初弾から命中させることができるようになりましたので、雪風が砲弾に当たらなかったのは「運が良かったから」だと言えます。
すなわち
「敵が闇の中や霧の中で待ち伏せている所に行かないで済んだ」
ということで、これは本当に「幸運」ということですね。
...続きを読む

Q護衛艦は駆逐艦?それとも・・・

 国防とか軍事のカテゴリーがありませんので、カテゴリー違いかもしれませんがお尋ねします。
 海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。
 昔の軍艦には「格」というものがあったと思います。大東亜戦争末期には、駆逐艦も大きいのが出てきて、戦力では軽巡より上というのもありましたが、菊の御紋もなく駆逐艦は駆逐艦でした。
 米海軍には現在でも戦艦、巡洋艦、駆逐艦などの呼称が使われているようです。(戦艦は太平洋戦争時代の骨董品を仕立て直して使っていたように思いますが、もう退役してるかもしれません。したがって戦艦はもう存在しないかもしれません。)
 旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。
 それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

Aベストアンサー

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問の駆逐艦にはDDとDDGという2種類があります。

DDは汎用駆逐艦という、主に対潜戦能力に長けた駆逐艦の事を指し、DDG(Gは誘導ミサイルの頭文字)は対空戦能力に長けた強力な対空レーダーシステム(イージスが有名ですね)を備え、最新の対空ミサイルを装備しています。

アメリカではDDとDDGを強力な対空戦能力を持つ駆逐艦をDDGと呼び、そのほかをDDと呼んでカテゴリー分けしています。とはいえDDであっても短距離対空ミサイルや対空対水上艦砲を持っていますし、逆にDDGも対潜兵器をちゃんと持っています。

では何が違うのかといえば、つまるところ中長射程の対空ミサイルを持っているかいないかの差であると考えてください。この対空ミサイルは現在北朝鮮の弾道ミサイルで脚光を浴びているスタンダードミサイルですね。

ただDDであれDDG,もしくはFF、FFGでも艦体はほとんど遜色のないほど似通っていますし、DD,FFであってもトマホーク巡航ミサイル、ハープーン対艦ミサイルそしてシースパーロー短SAMなどを標準装備しているので、年々その棲み分けがかなり怪しくなってきています。そしてその状況は他の国々の海軍でもそれほど変わりはなく、自国の艦船の艦種呼称をどうするかの判断はそれぞれの国が自由に決めています。つまり現在では艦種の呼称にきちんとした基準はなく、みんなそれまでの慣習や伝統にのっとって勝手に決めているということです。

そこでご質問ですが(前置きが長くなってすみません(-_-;))

>海上自衛隊の「護衛艦」は、旧海軍の軍艦に当てはめれば、何に相当するでしょうか。

旧日本海軍の艦種に当てはめるならば現在の護衛艦は地方隊にある護衛艦が(これは従来のフリゲートクラスで、国際的にはDEとなっています)、当時の水雷艇や海防艦、駆潜艇クラス、護衛隊群に所属する護衛艦DD、DDGが当時の駆逐艦、巡洋艦クラスと考えて良いかと思います。
DD、DDGを駆逐艦、巡洋艦に区分けする根拠としては、排水量と装備する各種兵器の違いです。詳細は長くなりますので省きますが、現在の海自のなんでもかんでも護衛艦と呼んでしまう現状はいくらなんでもちょっと無理があるのではないかと思っています。
ちなみにDD,FFという呼び名ですが、DDはデストロイヤーなのでD、FFはフリゲートなのでFと頭文字は1個でいいのに2個もつけていますよね。これは書類上の混乱を避けるためと艦上での伝達をはっきりと伝えさせるためにこうなっています。つまり海軍では公式文書にD123とかいってドキュメントの頭文字と番号をつけますが、これだと駆逐艦123番艦と間違えられることもありますし、戦闘中の混乱の中で敵艦や味方艦を呼称するときに一文字だと聞きづらい、発音しづらいという理由からこうなったといわれています。

>旧日本海軍との比較が困難であれば、現在の米海軍の何に当たるかでも結構です。

ちょっと乱暴な例えですが上から言えば、「こんごう」型イージス艦が米海軍の「タオコンデロガ」級および「アーレイ・バーク」級。「あまつかぜ」型が「オリヴァー・ハザード・ペリー」級。「むらさめ」型および「はつゆき」型が「スプルーアンス」級と考えていいかと思います。残念ながらヘリコプター護衛艦の「はるな」型は日本特有の艦種で、強いて言えばヘリ空母と言えなくもないですが、それに近い艦種は米海軍にはありません。

>それと護衛艦の艦長の階級も教えてください。

これはいちがいにこのクラスの艦ならこの階級の艦長が収まる、なんてことはいえません。なぜなら現在海上自衛隊は陸空と同じく士官が多く、逆ピラミッド状態になっています。つまり将校が余っている状態ですので、数少ない護衛艦の艦長のポスト争いは熾烈です。また普通なら司令や幕僚クラスになれる士官でも頭がつっかえているため、ある意味不本意ながら現場に残るという場合もあります。
このため艦長の階級と聞かれれば、その艦その艦の艦長を個々に調べるしか手はありません。ただ護衛艦なら他の回答者さんが言われているように3佐以上の士官であると思っても間違いではないと思います。

長くなりましたがご参考になれば幸いです。

駆逐艦あるいは護衛艦と呼ばれる現代の戦闘艦についてのご質問ですが、回答の前に簡単に現在のアメリカ海軍の状況を説明した方が分かりやすく、また基準にもなるかと思います。

現在世界最強の海軍国といえば、アメリカがその代表というのは異論のないところだと思います。一時は旧ソ連がアメリカに拮抗するほどの海軍力を持っていましたが、ロシアになってからの海軍力は見る影もありません。

現在アメリカ海軍には空母、潜水艦、巡洋艦、駆逐艦、そしてフリゲイトなどの戦闘艦が在籍していますが、ご質問...続きを読む

Q英文メール駆逐艦 雪風 の初期設定について・・・

上記フリーソフトをダウンロードしたのですが、

POP3
サーバー接続に失敗しました

と出て使用できません(泣)

初期設定画面では
POPサーバー → 「POP3」入力
ポート番号 → 110 最初から入力済
ユーザ → アウトルックのユーザ名入力
パスワード → アウトルックのパスワード入力

その他は手をつけておりません。

設定が簡単なのも売り文句なようですが、私には設定の仕方がわかりませんでした(泣)

おわかりいただけるかたおりましたら、どうぞアドバイスお願いいたします。

Aベストアンサー

POPサーバーの欄には「メールサーバの種類」ではなく、

 >> ご使用のプロバイダ(等)が指定する「POPサーバー名」 <<

を入力する必要があります。
("POP3"というのは「サーバの種類」です)

POPサーバ名はご使用のプロバイダ(等)によって異なります。
例えば…
・OCN ⇒ xxxx.ocn.ne.jp
・BIGLOBE ⇒ mail.biglobe.ne.jp
・nifty ⇒ pop.nifty.com
・So-net ⇒ pop.xxx.so-net.ne.jp

Office Outlook であれば、
 [ツール]>[電子メールアカウント]>[次へ]>[変更]
 で、[受信メール サーバー(POP3)(I):]欄にある内容
OutlookExpress であれば、
 [ツール]>[アカウント]>[プロパティ]>[サーバー]タブ
 で、[受信メール(POP3)(I):]欄にある内容

が「POPサーバー名」となります。

Qドーリットル空襲の戦略的意義について

初めて質問をさせて頂きます。
1942年4月、日本は空母ホーネットから飛び立ったB-25によって、アメリカ海軍から初の本土爆撃を受ける事になった事件「ドーリットル空襲」を経験したかと思います。
しかしながらこの爆撃、どう考えても日本に大した損害を与えることも出来ないことは事前にわかりきっていることであり、戦略的に実行する価値があったのか、疑問に思えてなりません。

しかも当時、太平洋方面では日本の空母機動部隊が圧倒的に優勢で、日本近海に空母ホーネットで近寄ってくるなど、自殺行為とすら言えると思います。
なぜアメリカ軍はこのようなリスキーな作戦をわざわざ展開し、どのような結果を狙っていたのでしょうか。
ご存知の方がいれば、ご教示宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ドゥーリットル空襲が行われた1942年4月当時は、恐らくアメリカが太平洋戦争開戦後、もっとも苦しかった時期だと思います。
ご存知のように1941年12月の真珠湾攻撃から始まり、マレー沖海戦ではイギリス海軍とチャーチル首相の誇りであった最新鋭戦艦、「プリンス・オブ・ウェールズ」が海軍の九六陸攻と一式陸攻の航空機による攻撃のみで、海の底に沈みました。

作戦行動中の戦艦が、航空機の攻撃で撃沈できるはずがないと言うのが当時の世界中の海軍の共通認識でしたから、この出来事は連合国側に大いに衝撃を与え、国民世論・士気を消沈させるには十分なものであったと推測できます。
十分に戦争準備が出来ないまま対日開戦してしまったアメリカは陸戦でも負け続けていましたから、この時期は国民世論を維持するのに、ルーズベルトはかなりの腐心をしたことでしょう。

そんな中実行されたのがドゥーリットル空襲です。
明らかに目的は、「日本の首都を爆撃した」という実績作りですね。
それと、主導権を持って太平洋中を駆け回っていた日本の空母機動部隊や陸上攻撃機を、日本の国内防衛に割かせたいと言う思惑もあったと思います。
太平洋の要地に対して遊撃的に神出鬼没に現れる日本の空母機動部隊はそれほど大きな脅威でしたが、ここで帝都に脅威を与えておくと、日本海軍のベクトルがやや内向きに向かうのは容易に想像がつきますので、アメリカにとっては攻勢を鈍らせる為にも、大いに効果を期待したことでしょう。

結果として日本はこの爆撃に衝撃を受け、空母の誘出を誘い一気にアメリカの機動部隊を叩くべくMI作戦を実行したわけですが、連戦連勝に明らかに気が緩んでおり策敵を軽視し、まんまとアメリカのフィールドの中で最悪の戦い方をしてしまい、正規空母4隻の喪失と言う結果を招き、海の主導権を失いました。

MI作戦まで青写真の中で描いていたかどうかまでは定かではありませんが、アメリカ軍にとってはまさにドゥーリットル空襲がもたらした、大きな成果だったことでしょう。
元々の主目的は国民と軍の戦意高揚。
副次的にもたらした効果が、日本空母の誘い出しとこれの壊滅とお考え頂ければいいかと思います。

以下、ご参考までに。

縺励°縺怜荳雪上翫£縺ィ縲∵律ス小山捺凾縲∫ゥコ豈肴ゥ溷繧医≧虚敗退驛ィ髫貴人翫・譛ャ譛ャ虚血蝨溘∈縺ョ本山遨コ隘イ繧原因訴状呈アコ諢上問題・蝨ァ海上未満噪縺ォ譌・譛ャ縺ョ坂口コ譁啓介ケ戦果縺御ク翫€縺上%縺ィ縺山縲医山嶋根純一位諢高木上蛟戦闘堤吶i蜃コ譚・縺セ縺帙s縲閭ス蜉帙
遨コ藤田隘イ仮定縲鍵山阪→不明後k莠倶蜻シ理由縺ー繧サカ縺

ドゥーリットル空襲が行われた1942年4月当時は、恐らくアメリカが太平洋戦争開戦後、もっとも苦しかった時期だと思います。
ご存知のように1941年12月の真珠湾攻撃から始まり、マレー沖海戦ではイギリス海軍とチャーチル首相の誇りであった最新鋭戦艦、「プリンス・オブ・ウェールズ」が海軍の九六陸攻と一式陸攻の航空機による攻撃のみで、海の底に沈みました。

作戦行動中の戦艦が、航空機の攻撃で撃沈できるはずがないと言うのが当時の世界中の海軍の共通認識でしたから、この出来事は連合国側に大...続きを読む

Q「雪風ハ沈マズ」について

戦艦「大和」は沈んだが、駆逐艦隊「雪風」は沈まなかった理由がいくつかあったと思われますが、ご存じの方教えて下さい。
沈まなかった理由と関係あるかは不明ですが「雪風」の船内はピカピカだっと著者の豊田穣氏が伝えたと聞いています。

Aベストアンサー

太平洋戦争の緒戦から、数々の海戦を生き延びて、
戦後は台湾に行って生涯を全うしたんでしたか。
有名なフネです。

生き延びた理由…、運が良かったと言ってしまえばそれまでですかね。
タマが急所(構造上の急所とか、あるいは艦橋など指揮命令系統中枢、
もしくは弾火薬庫など)に当たらなかったのは大きいと思います。
しかも、ソロモン海戦、ガダルカナル海戦、レイテ沖海戦、
信濃・大和護衛など、太平洋戦争中の主な海戦に必ず名を連ねている
わけです(終戦直前には機雷すら踏んでいる)から、
これはなんとも不思議なことです。

とはいえ、空母「信濃」のように助かるはずのものが失われたケースも
ありますから、その裏返しで助かるはずのものを助け抜いた、
という考え方もできます。すなわち、

(1)歴代艦長の操艦技術が優れていた。
(2)歴代乗組員の応急処置能力が高かった。
(3)館内の意思疎通が図れていた。
(4)士気が高かった。

ということでしょうね。特に(4)は、歴代艦長に人を得たことも
ありますが、「不沈」の名が高まるにつれ、乗組員にも
適度な自身と緊張感が備わったのではないかと考えられますね。

なお、

> 「雪風」の船内はピカピカ

という話ですが、これは戦後引揚船として活躍した後、戦利品として
中華民国に引き渡される際、最後の乗組員たちが一点の曇りも無いよう
館内を磨きあげて引き渡したというエピソードのことでは無いでしょうか。
これは、伊藤正徳氏の「連合艦隊の栄光」中の
第七章「世界一の幸運艦・雪風」~第九章「不眠不休の大活躍」
の最後に書かれています。

太平洋戦争の緒戦から、数々の海戦を生き延びて、
戦後は台湾に行って生涯を全うしたんでしたか。
有名なフネです。

生き延びた理由…、運が良かったと言ってしまえばそれまでですかね。
タマが急所(構造上の急所とか、あるいは艦橋など指揮命令系統中枢、
もしくは弾火薬庫など)に当たらなかったのは大きいと思います。
しかも、ソロモン海戦、ガダルカナル海戦、レイテ沖海戦、
信濃・大和護衛など、太平洋戦争中の主な海戦に必ず名を連ねている
わけです(終戦直前には機雷すら踏んでいる)から、
これ...続きを読む

Q米国の重巡洋艦「インディアナポリス」は、広島、長崎へ投下予定の原子爆弾

米国の重巡洋艦「インディアナポリス」は、広島、長崎へ投下予定の原子爆弾用の部品と核材料をなぜ単独で輸送したのでしょうか。

Wikipediaによれば「インディアナポリス」は、これらの重要部品・材料をサンフランシスコから真珠湾を経由してテニアン島まで単独で運んでいます。
テニアンにこれらの荷物を届けた後、「インディアナポリス」はレイテ島へ向かう途中、日本海軍の伊58号の雷撃で沈没されています。
このときも単独行動でした。

制空権も制海権も奪っている海域なので、しかも重巡洋艦であるので単独行動したのは当然と理解してよいのでしょうか。
それとも単独行動ではなかったのですか。
それとも何かの理由があって、単独行動したのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インディアナポリスはイ58に撃沈される4ヶ月前まで、マリアナ沖海戦、硫黄島作戦と連戦し沖縄作戦に参加していました。そこで彼女は日本軍の特攻攻撃を受け大きな損害を出し、すぐに慶良間泊地で応急修理を受けたのち本国のメア・アイランド工廠で修理を受け、ついで特攻機対策のための最新の対空電子兵装(つまりは最新型のレーダーですが)や対空兵器の強化を受けています。

 その後の予定としてはまっすぐ沖縄の戦闘へ復帰することはせず、死傷した乗組員の補充兵の訓練と換装した新型の電子兵装や対空兵器の習熟訓練のため、フィリピンへ向かうことになっていました。

 そのときちょうどテニアンへ原爆関連部品を輸送する必要が出てきたため、アメリカ軍部はフィリピンへ出港を間近に控えていたインディアナポリスに目をつけたということです。当時のアメリカ海軍は沖縄での激戦によって保有するあらゆる艦船が底を着きかけていましたので、たとえ一隻の駆逐艦でも戦闘可能な艦船は貴重でした。

 つまり原爆関連の部品であっても所詮はたんなる輸送任務のために、何隻もの艦隊を組むことは非現実的だったということで、テニアンが本国とフィリピンの中間的な位置にあるということで、行きがけの駄賃的な感覚でインディアナポリスに白羽の矢を立てたということです。

 インディアナポリスが単独行であった理由はとくになく、そういう事情からだということです。さらにいえば彼女が撃沈された事情にしても、後世イ58が第3の原爆を積んだ軍艦を撃沈したとか、はじめから重要任務を帯びた軍艦だとわかっていて、待ち伏せで見事撃沈したとか、さまざまなフィクションが面白おかしく伝えられることがありましたが、真実は単なる偶然です。

 夜間浮上航行で敵を求めていたイ58が偶然インディアナポリスを発見して、これを撃沈したということが全てです。傍証にしかならないかもしれませんが、戦後アメリカで開かれたインディアナポリス沈没原因を究明する公聴会に召喚された橋本元艦長は、それまで自分が撃沈した船はニュー・メキシコ級戦艦だとばかり思っていたのが、じつはポートランド級2番艦のインディアナポリスであったといういことを初めて知りましたので、最初から彼女を狙っていたのだという論理は成り立ちません。

 蛇足ですが橋本元艦長はアメリカ海軍史上最悪の犠牲者を出した当事者であるにも関らず、召喚は強制ではなく極めて丁重な招待をうけ、紳士的なもてなしを受けたということです。

インディアナポリスはイ58に撃沈される4ヶ月前まで、マリアナ沖海戦、硫黄島作戦と連戦し沖縄作戦に参加していました。そこで彼女は日本軍の特攻攻撃を受け大きな損害を出し、すぐに慶良間泊地で応急修理を受けたのち本国のメア・アイランド工廠で修理を受け、ついで特攻機対策のための最新の対空電子兵装(つまりは最新型のレーダーですが)や対空兵器の強化を受けています。

 その後の予定としてはまっすぐ沖縄の戦闘へ復帰することはせず、死傷した乗組員の補充兵の訓練と換装した新型の電子兵装や対空兵器...続きを読む

Q艦これの艦隊の編成 初めたばかりでよくわからないのですが、編成で艦隊を作るとき、駆逐艦とか軽巡洋艦と

艦これの艦隊の編成

初めたばかりでよくわからないのですが、編成で艦隊を作るとき、駆逐艦とか軽巡洋艦とかあるじゃないですか、
まだ1-4ですが、なにをいれたらいいかわからないので教えてください。
ゲットしてるのは、
駆逐艦
響、電、雷、暁、夕立、雪風、時雨、睦月、如月、初雪、磯波、綾波、陽炎、荒潮、大潮
軽巡洋艦
北上、川内、神通、那珂、龍田、長良、名取、球磨、
重巡洋艦
羽黒、鳥海、衣笠、利根、高雄、摩耶、
戦艦 霧島のみ
潜水艦 伊168のみ
水上機母艦 千代田のみ
です。

Aベストアンサー

記入カテゴリがバラバラなのでどっちかに統一しましょう。
1-4はルート編成上の縛りが無い海域なので水上火力重視。したがって資源が許すか疑義重たい編成で問題ないかと。
つまり、霧島、重巡×5(好きなやつを適当に)ってことです。水上機母艦は1隻だけでは心もとないので特に入れるメリットはないけど、1-3とかで鍛えてから投入する手はある。1-4では鳳翔、龍驤などの軽空母がドロップするので、手に入ったら重巡を外して最大2隻まで組み込めば航空優勢は確保しやすくなるでしょう。

基本的に艦これでは、制空権を取りつつ可能な限り打撃力を追及するのが編成上の基本となります。その中でも、軽巡が居ないと特定のルートを通らないとか、途中で潜水艦が出てくるとか、色んな縛りが出てくるので、そういう条件に適応するように編成を変えていきます。覚えておきましょう。

Q軽巡洋艦多摩の駐日米大使礼送について

私はとある理由で1925年の軽巡洋艦多摩の礼送について知りたいことがいくつかあります。

①礼送はどのような日程で行われたのでしょうか?できれば詳しくお願いします。
②航海中又は現地での逸話などはありますでしょうか?できれば詳しくお願いします。
③その当時の出光艦長を初めとした乗組員の名簿みたいなのはありますでしょうか?
④余談ですが、出光艦長の評判とかはどうだったかわかりますでしょうか?

ぜひ、お分かりになられる方、どんな些細なことでも良いのでご回答どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多摩が米大使の遺体を礼送したというのは、以前書物で読んだことがありますが…すぐに出てきません。
あまり逸話などは書かれていなかったように記憶しています。

木俣慈郎氏の「日本軽巡戦史」P66に数行記述がありました。以下引用です。
『多摩の米国派遣(大正14年)
当時としては新鋭の多摩を米国に派遣することとなった。カリフォルニア州の75周年記念祭に参加するためだ。
たまたま駐日・米大使エドガー・アジィソン・バンクロフトが東京で死去したのでその遺体を多摩が運ぶこととなった。
当時、排日運動が起きかけていたからこその親米ムードを作る必要があったのである。
…中略…
さて多摩は8月6日、横須賀を出港、ホノルル経由でサンフランシスコの南、サン・ペドロ軍港に入港した。
そして任務を果たし10月10日、横須賀港に到着している。』
中略の部分は、逆に米巡オーガスタによる昭和14年の礼送の事が書かれていました。

アジ歴などを丹念に調べると色々と出てくると思いますが、私には気力がありません。

Qドーリットル空襲でホーネットを護衛した駆逐艦

ドーリットル空襲でホーネットを護衛した駆逐艦の艦名を教えてください。
確か巡洋艦が2隻で駆逐艦が4隻で、空母のエンタープライズも一緒に出撃したと記憶しています。模型でドーリットル空襲のジオラマを作ろうと思っており、護衛の駆逐艦も並べたいと考えています。

4隻の内1隻でも解ればいいですが。せめて何級の駆逐艦なのかでも。

Aベストアンサー

Task Group 16.2
 空母 : USS Hornet (CV-8)
 巡洋艦 : USS Northampton (CA-26)
 巡洋艦 : USS Salt Lake City (CA-25)
 駆逐艦 : USS Balch (DD-363)
 駆逐艦 : USS Benham (DD-397)
 駆逐艦 : USS Ellet (DD-398)
 駆逐艦 : USS Fanning (DD-385)
 給油艦 : USS Sabine (AO-25)

Q海自護衛艦の砲塔の役目?

ご質問のとおりなのですが、護衛艦の砲塔って、どういった場合に活躍するものですか?

遠くの船や飛行機はミサイルで攻撃すると思うのですが、砲塔の役目についてがわかりません。

第二次世界大戦の軍艦の砲塔は、相手国の船舶攻撃が主だったと認識していますが、現代戦ではどんな意味があるのでしょうか?
歴史的な流れも紹介していただけると助かります。

軍事にお詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大砲というのは地上攻撃にも使用されることがあります。
ロンドン軍縮条約によって主砲口径は一定以上の大きさに出来ないよう制限がありますが、湾岸戦争ではアメリカの戦艦(現在は全て退役)がイラク軍地上部隊に対して主砲を使用した大規模な砲撃戦を行いました。

現在の日本の護衛艦を始めとした軍艦では、主砲の口径は5インチ(127mm)や3インチ(76mm)のものが主流です。40cmクラスの主砲を搭載した戦艦はアメリカのアイオワ級戦艦を最後に数年前に姿を消しました。
砲弾には通常の撤甲弾(ライフル弾)だけではなく、航空機用の高射砲弾、目標に衝突したときに爆発する榴弾等の種類があり、10km先の装甲された目標を破壊できる性能を持っています。

先ごろ(去年?)の不審船事件では、海上自衛隊の護衛艦が威嚇発砲に使用したそうです。ミサイルというものはある程度の条件がないと目標を破壊することは出来ません。漁船のような小型の船や距離の近すぎる目標には使用できないのです。

海上自衛隊やアメリカの艦船は主砲等以外にも20mm対空砲を2門程度搭載しています。これは接近しすぎてミサイルで狙えない目標をコンピューター制御で自動的に迎撃する目的を持っています。

大砲というのは地上攻撃にも使用されることがあります。
ロンドン軍縮条約によって主砲口径は一定以上の大きさに出来ないよう制限がありますが、湾岸戦争ではアメリカの戦艦(現在は全て退役)がイラク軍地上部隊に対して主砲を使用した大規模な砲撃戦を行いました。

現在の日本の護衛艦を始めとした軍艦では、主砲の口径は5インチ(127mm)や3インチ(76mm)のものが主流です。40cmクラスの主砲を搭載した戦艦はアメリカのアイオワ級戦艦を最後に数年前に姿を消しました。
砲弾には通常の撤...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報