ガス代が2人で1万円でした。お風呂は2日間入っていて2日目は追い炊きしています。追い炊きは余計に高くつくと聞きましたが、2日目は新しく入れ替えた方が良いのか、半分位水を捨てて高温で足し湯したほうが良いのか水道代も考慮してお得な方法がお分かりの方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

下記サイトではお風呂のお湯の入れ方などについてのメリットデメリットが記載されています。


参考となるでしょう。
・風呂は追い炊きとお湯の張り替え、どっちがお得?!│電力比較サイト エネチェンジ
https://enechange.jp/articles/reheating-the-bath …

A 回答 (5件)

No.1の回答者様もおっしゃる通り、浴室の容量(何リットル)や


利用機器の種類もよりますので一概には「こちらがお得!」とは
言いきれないと思いますのでご参考までに・・・。

まず、ガス代・水道代を節約されたいのであれば
シャワーをあまりお使いにならないようにするのが効果的です。

また「追い炊き機能」とは基本的に入浴中にお湯が冷めた場合や
次の人が入った時にぬるいと感じた際に「お湯を温め直す」ための
ものであり今の時期(冬場)に前日から長い時間おいて
冷え切った水(5度前後)を入浴可能な状態(40度程度)にまで
暖めるものではありません。

よって2日以上使われる場合は浴槽の容量や水の温度にもよりますが
浴槽の半分~3分の1程度水を抜いて高温で差し湯する方法が
一番経済的だと思います。 

なお、ご家族同士であれば2~3日くらいは問題ないとは思いますが
見た目は綺麗でも想像以上に雑菌が繁殖していることがあります。
また浴槽に水を溜めたままにしておくことによる湿気の問題
(アパート等で窓のない浴室の場合は必ず蓋をする等)
入浴剤を入れたまま長時間溜めておくことによる浴槽への着色等には
くれぐれもご注意ください。

※ご存じだとは思いますが、電気・ガス・灯油等の給湯方式に
関わらず、水道の水温が下がる冬期は使用料(燃料代)が高くなります。
地域にもよりますが冬期で1万円くらいであれば夏になれば
今と同じ使い方でも5~7千円くらいになると思います。
2人で1万円程度であれば、あまり深刻にお考えにならなくても
大丈夫かもしれません。
    • good
    • 16
この回答へのお礼

kuri_kurioさん詳しく回答頂きましてありがとうございました。
【追い炊き機能】は【お湯を温め直す】ものなのですね・・・単純に水道代が節約できると思い追い炊きしていたのですが、これからは足し湯をしてみようといます。冬場は仕方ないのでなるべく節約できる所はして様子を見てみます。
早く暖かくなって欲しいですね・・。

お礼日時:2008/01/29 23:31

下水道料金も徴収されるので3人家族で月額水道代が7千円です、2日目には、追い炊きをして温泉の元を入れています、水道代が高いので、洗車は、コイン式洗車場、お風呂の残り湯は、洗濯機に使います。

お風呂はオートバス式ガス給湯器なので水量が減ると自動的に足したり、追い炊きをします、なるべく家族まとめて入ります、シャワーへットは節水式に交換しています、シャワーをなるべく短く使います、ガス料金が暖房、給湯、調理として使うので、都市ガスで、夏は月額7千円。冬は1万5千円(トクトク料金)と高いです、追い炊きは温度を保つために、何回もガスを点火するのでガス代が高くつくので、新しくお湯を入れ直したほうが得です
    • good
    • 22

追いだきと、給湯のどちらが安いかの問題です。


通常、ガス給湯器の場合、自動湯はりは給湯部分を利用してお風呂をいれます。なぜかと言うと・・・(1)お風呂を入れるまで短時間ですむから。(2)燃費を考えても効率的だから・・・です。その点から考えると追いだきをするより入れなおしたほうが得なように感じますがどれだけかと言うとそんなに違いはありません。例えば、自動湯はりでお風呂を入れた場合20分かかり、追いだきの時は45分かかったとします。要するに、追いだきの方は25分よけいに時間がかかり、その時間分の熱の放出が燃費の差となります。(それぞれの燃焼時の熱効率はここでは無視します)季節、お風呂の環境(タイル張りの在来工法の浴室か、システムバスか)によっても違います。なんともいえませんが、追いだきであれば水道代は節約できます。あまり気にする事は無いと思います。その位の違いでしょう。
    • good
    • 14

冬場は追い炊きすると給湯で入れるより時間がかかるでしょう。

ガス代だけで言うと冬場は給湯の方が得。夏場は追い炊きの方が得(水道代も含め。)しかし冬場の給湯の場合、水道代は単純に言うと追い炊きの二倍係るわけですから水道代が高いか安いかですね。私の所の場合、水道代に下水道料金も含まれ結構高いので冬場は結局どちらも変わらないと言う結論に至りました。
尚、シャワー使っても、風呂から汲んだお湯を使ってもガス代も水道代もは変わりません。結局バスタブのお湯が減れば差し湯をするわけですから。
    • good
    • 23
この回答へのお礼

inonさん回答頂きありがとうございました。
水道代はまだ請求が来ていない為いくら位かかるのかと、下水道代が含まれるのか良くわかりません。
追い炊きは確かに給湯するより時間がかかっていた様に思いますので追い炊きは止めてみます。

お礼日時:2008/01/29 23:36

全炊きにかかる費用、追い炊きにかかる費用、差し湯にかかる費用、浴槽の容量、湯沸し機の種類、風呂釜などの設備、水道料金、ガスの種類(都市ガス、プロパン)ガス料金などを教えてください。



それらの機器の違いによって変わるので一概にこれがいいですよ、とは言えませんので。

全炊きのほうが安い場合もありますし、追い炊きのほうが安い場合もあります、水変えても安いとこもあるし、色々ですから。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ddg67さん回答頂きありがとうございました。
説明が不十分でしたね・・まだ引越しして間もないため料金等詳しい事がまだ良く分からないので調べてみたいと思います。

お礼日時:2008/01/29 23:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエコキュート、追い炊きと足し湯、どちらがお徳ですか?

エコキュートですが、
お風呂のお湯が冷めた場合、
追い炊きした方がいいのか、
足し湯をした方がいいのか分かりません。

新築で新しくエコキュートを買いますが、
追い炊き機能が付いたものかないものでいいのか分かりません。
それによって浴槽に足し湯用のカランをつけなくてはならなかったりするようです。

今の所コロナのエコキュート(かナショナル)で考えています。

追い炊き、足し湯、どちらがお徳になるのか教えて下さい。
お願いいたします。

Aベストアンサー

エコキュートは深夜電力帯で湯を沸かす器具です。
追い焚きと足し湯も風呂の湯の全体の温度に相当左右されます。
また使用できる量も決まっていることを念頭におきましょう。
追い焚きに関しては目標温度と10度も差があるならば、足し湯が○。
ボタンの足し湯ではなく直接50度などの熱いお湯を足す方が経済的
とおもいます。
簡単に言えば2,3(4.5)度程度の温度上昇で済むなら追い焚き。
5,6(10度以下)度なら熱いお湯を入れる。
また10度も低いなら新しいお湯を入れたほうが良いと思います。

又注意点ですが、寒冷地では外気温がある一定温度以下になると
貯湯タンク内部の湯の温度が90度から65度に下がります。
理由は多分商品の耐用年数を考慮したための保全処置と考えています。
そしてこれは、プログラムされたもので解除や変更は業者には出来ません。
これを考慮し冬場は寒冷地においては使用できる量が減るということを頭において上手に使用すれば良いと思います。

Q追い炊き機能があるということは

素人質問ですみません。
賃貸マンションを探していまして。お風呂の温度をパネルで設定をし、自動でお湯を入れてくれる
タイプを視野にいれて探しています。
そこでネットでの物件情報では追い炊き機能という表示がある物件がありますが、
追い炊き機能があれば、お風呂も自動で入れてくれるタイプだと思ってよいでしょうか?
変な質問ですみません。

築年数が古い物件の追い炊き機能には、ついていないような気もします。

Aベストアンサー

追い炊き機能・・・・湯船を沸かしなおす機能です。
強制循環式と自然循環式があります。

自然循環式・・・・風呂釜(熱源は多種ですね)が浴槽の隣についていて、釜で温めた熱で自然に循環させるタイプ。一般的には上が熱く底の方がぬるいなどの感じになります。

強制循環式・・・・ポンプなどを使い浴槽の水を強制的に循環して風呂釜で沸かすタイプ。浴槽の湯温は全体的に安定しやすいです。

風呂釜内蔵給湯器(強制循環式)もあり、これでも追い炊き付きです。しかし、追い炊き機能があっても湯張り機能が付いていない物もあります。なので質問者様が求めている機能は自動湯張り機能という事になります。


電気温水器等では追い炊き機能が付いている物もありますが、基本的には水から沸かしなおす事は出来ないと思われます。
(熱量が足りなかったり、効率が悪いなど)
さらに追い炊きは出来ないけど、自動湯張りは出来るタイプの給湯器も存在します。

フルオート(全自動)・オート(自動)の種類はANo.1様が仰るように補水機能有無や残湯量補正などですね。


なので多種多様にあるので、きちんとご自分の好みの機能なのかどうかは直接問い合わせて確認するのが良いでしょう。

追い炊き機能・・・・湯船を沸かしなおす機能です。
強制循環式と自然循環式があります。

自然循環式・・・・風呂釜(熱源は多種ですね)が浴槽の隣についていて、釜で温めた熱で自然に循環させるタイプ。一般的には上が熱く底の方がぬるいなどの感じになります。

強制循環式・・・・ポンプなどを使い浴槽の水を強制的に循環して風呂釜で沸かすタイプ。浴槽の湯温は全体的に安定しやすいです。

風呂釜内蔵給湯器(強制循環式)もあり、これでも追い炊き付きです。しかし、追い炊き機能があっても湯張り機能が付...続きを読む

Q2度目追加質問です。2階ロフト木部に多量のクロカビ

2度目追加質問です。2階ロフト木部(生木・塗装なし)に多量のクロカビが発生しました。クロカビの毒性は弱いというご指摘を親切な方から、詳しく教えていただきました。
しかし、問題は、そのクロカビを除去する方法です。漂白剤などを使用しましたが、一向に効果はなく黒い部分は全く落ちません。
この未塗装の生木木部に生えたクロカビを除去し、黒い色を落とす方法やカビ取り剤があれば教えてください。
クロカビで検索すると業者専用のカビ取り剤、防カビ剤を販売するメーカーが表示されますが、未塗装の生木木部にも効果はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

薬品等で表面は除去出来るでしょうが、中にまで入った根(?)は削り取るしかありません。

これで完全除去となっても、カビが生える環境に変わりがなければ、いずれまた生えることになります。
湿度や結露する環境を変えられないなら、思い切って塗装してしまう方が良いかもしれません。どのようなタイプの塗料でも防カビ剤が入ってる方が安心でしょうか(オイル仕上げなら、少しは自然な感じに…)。

参考URL:http://kabijyokyo.com/kagu/

Q追い炊きできないお風呂

うちのマンションのお風呂は、給湯式で追い炊きできません。

自分ひとりで暮らしているので、お湯を張ってしまうと、残り水で洗濯などしてもまだまだ水が残ってしまい、結局流してしまいます。
追い炊きできれば・・・と常々思っています。

4月から水道料金も上がってしまうし、出来るだけ無駄な水を使わないようにしたいです。

そこで、冷たくなったお風呂の水を、再び温めるいい方法はありませんか?

Aベストアンサー

例題で理論計算しましょう
風呂は180Lの湯が残り、100Lは洗濯に使用、残り湯は80Lと仮定します。

● 80Lの水道料金は10円、廃水処理が含まれる地域では 20円程度節減出来ます。

● 80Lの残り湯は翌日夕刻には25℃程度まで冷えていると思います(季節で変わるが)、風呂温度42℃まで上げるには、理論上 1360kcaL 必要で、電子レンジでチンなどで追いつく範囲でありません、ヒーターで加熱は電気代が高いです。

● この場合は高温の湯、計算上56℃を100L追加すれば42℃の湯が180L出来ます。(56℃まで上げられますか?)

● 25℃の残湯80Lで、水道の温度が15℃とすれば、10℃*80Lの熱が節約となり、都市ガスで10円、LPGで15円程度の節約と成ります。

まとめ、水道代、ガス代で20~30円節約出来そうですね、保温マットで湯が冷めないように、湯が冷めると熱湯追加でも42℃のキープが難しい可能性があります。

Qエコキュートの追い炊きは?

ガス給湯、電気給湯の場合、追い炊きの場合、ガス、電気を食いますが、エコキュートの場合、貯水タンクの熱いお湯の中のホースに循環させて熱くすると聞きました。
そうするとランニングコスト的に安いのでしょうか?(循環ポンプの電気料金だけ?)

Aベストアンサー

>ガス給湯、電気給湯の場合、追い炊きの場合、ガス、電気を食いますが
違います。ガスはそうですが電気給湯(電気温水器のことだと思いますけど)ではエコキュートと同じです。
より正確に言えば、エコキュートは電気温水器と基本は同じで熱源がヒーターではなくヒートポンプを使っているという違いだけです。

>エコキュートの場合、貯水タンクの熱いお湯の中のホースに循環させて熱くすると聞きました。
そうです。電気温水器と同じ方式を使っています。(もともと電気温水器の方が歴史が長いです)

>そうするとランニングコスト的に安いのでしょうか?(循環ポンプの電気料金だけ?)
いえ。必要な熱量という意味では違いはそんなにありません。もちろん同じ熱を作るための電気やガスの代金の違いは反映しますけど。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報