貿易事務でパソコンはどのくらいの時間使うものですか? 貿易事務ではパソコンを使う作業が多いと思いますが、実際に貿易事務をしている方で一日の平均使用時間を知りたいです。 貿易事務といっても多種多用だと思いますが、おおまかでいいので一日使う平均時間をお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社、職場、営業に近いか、invoice等書類作成が主か、shipmentsがめちゃくちゃ多い職場か(例:電子部品輸出)、それほどでもないか(例:プラント輸出)により、いろいろでしょうが----


でも海外のやり取りもeメールで、船積書類作成もパソコンで、船積み件数が少なくても見積書/契約書/仕様書等は結局パソコンでということで、大半はパソコン作業だと思います。営業アシスタントも含み、外出や、外部との電話やり取りが多ければ、その分パソコン比率が少なくなりますが。
excel、word、e-mail-software、internet検索(必要な調べごとの為)は必須と思います。その職場によって貿易書類作成の専用システムがある可能性もあるでしょう。
    • good
    • 0

勤務時間中はパソコンに向きあいます。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貿易事務と貿易実務の違い

タイトルどおりなのですが、貿易事務と貿易業務の違いは何なのでしょうか。求人情報を見ていても、色々な表記の仕方があり、混乱してしまいます。貿易業務・貿易実務・輸出入業務という表記は営業なのでしょうか。
最近、ある企業で輸出入関連業務(受注においての電話応対、メールのやりとり、受注の工程管理)の採用を見つけたのですが、事務的なことを希望している私の希望内容に合っているのか不安です。
アドバイスいただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

募集している側が100%認識が一致しているとも限りませんし、業務の範囲も企業の業種や規模によりけり様々と思います。募集してるところに直接聞いてみるのが一番です。
大企業のように分業が確立してれば、オペレーター業務(システム入力やコレポン)だけでしょうが、中小であれば色々なことを少人数でやらねばいけないでしょう。
業種的には下記。
・工場・メーカーであれば受注・発注・購買業務、売上処理+輸出入事務(L/C関連、Invoice、通関書類作成、メール、電話)
・商社であれば、営業事務(販促関連、売上処理)+輸出入事務(同上)など
・乙仲・フォワダーであれば、通関(申告)書類作成、NACCS入力、届先連絡など

※ちなみに実際に面接で経験したのですが、「事務」で募集していても正社員(特に男)の場合は「営業(海外)」も視野に入ってる場合が多かったです。

Q貿易事務・経理事務 の 性格 (?)

その仕事をしているのに「向いている性格」と
その仕事をしているうちに「なってくる、身についてしまってくる性格」というのが
あると思います。

もちろん、同じ職に就いていても性格は様々、という事もありますが、ある程度で。

貿易事務・経理事務の仕事の方のそれを、経験者の方、知っている方、教えてください。
また、この2つの仕事をする人を比べて、どちらの方が、社交的だとか、そういうのでも。

(なんとなく、そんな感じがする、とか、自分が経験して、こうなった、とか、向いてる、とか
 そんな感じで結構ですので、お願いいたします)

私の中では、

経理事務 向いている・・・正確さ
       なってくる性格・・・几帳面 細かい 大きな動きを伴う作業が苦手
                  貿易事務に比べて暗い 大雑把なものの考え方をしない

貿易事務 向いているor
       なってくる性格・・・交渉が上手 おしゃべり 明るい
                                    

Aベストアンサー

この辺りは誤解がありますね。
経理といっても大きな会社の決算などは結構重労働です。
体を動かすという意味ではデスクワークが中心ですが、やっていることは世界中の子会社との連絡などもありますから、考え方のスケールは大きいこともあります。
原価計算ではおきな工場中を走り回ることもあります。
単なるメージでは捉えられない部分があります。

 暗いということも、かなり社内や銀行等の対人関係の多い仕事ですから、それでは勤まりません。
また間違いははっきり指摘できないといけないので、言うべきことは言う度胸も必要です。暗い性格は向いていません。
 大雑把なものの考え方をしないということも、大局的に見る必要もありますから、細部にこだわってばかりでは経理は出来ません。

貿易事務 向いているor  なってくる性格・・・交渉が上手 おしゃべり 明るい

これも誤解ですね。
貿易事務はかなりの専門職です。貿易関係の手続きや専門用語を知らないと成功できません。
交渉は営業がやってくれるでしょう。
それを取引に必要な書類に仕立てあげるのが貿易事務です。
おしゃべり 明るいというより緻密な性格がないと出来ないと思いますよ。

この辺りは誤解がありますね。
経理といっても大きな会社の決算などは結構重労働です。
体を動かすという意味ではデスクワークが中心ですが、やっていることは世界中の子会社との連絡などもありますから、考え方のスケールは大きいこともあります。
原価計算ではおきな工場中を走り回ることもあります。
単なるメージでは捉えられない部分があります。

 暗いということも、かなり社内や銀行等の対人関係の多い仕事ですから、それでは勤まりません。
また間違いははっきり指摘できないといけないので、言うべきこ...続きを読む

Q野村貿易や、三洋貿易、東京貿易ってどんな会社ですか?また、この三社についての比較なども教えて欲し

野村貿易や、三洋貿易、東京貿易ってどんな会社ですか?

また、この三社についての比較なども教えて欲しいです。

将来、外国で仕事するのが夢です!

Aベストアンサー

ネットで検索、
会社四季報などで調べてみましょう。

Q貿易事務

貿易事務への転職を考えています。
どなたか貿易事務を未経験から始めた方がいらっしゃいましたらアドバイスお願いいたします。
今の仕事は英語の教育関係で、2年目になります。仕事で英語を使うこともあります。
貿易実務について全く知識がないので、学校に通うか独学で勉強するかで貿易実務検定を受けようと思っています。未経験でこの種の仕事を探すにあたってやはり検定資格を持っていたほうがいいのでしょうか?
また貿易検定以外に持っていたほうが良い資格などがありましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボンクラ大学英文科を120人中109番で卒業し、入社6年目にして「英文科卒だから」という理由だけで海外部に異動になったものです。馬鹿扱いからのスタートです。
・貿易実務検定B級
・商業英語検定C級(現在廃止)
・国際航空貨物取扱士(基礎)
を、独学にて取得致しました。全て一発合格です。何故なら、知識が無い分、検定用の教科書から始めたからです。

お仕事で英語を使われていらっしゃるとの事ですが、商業英文は非常に厄介です。
現在、病気の為技術部門で工業英文を扱っていますが、それも全く違います。
学校に通う程難しくは無かったですよ。但し、国際航空貨物取扱士だけは、テキストを購入し、事前講習会が開かれ、それで初めて受験資格が得られると言うものです。

それから、勉強に疲れたら、サブカルチャー本で良いので、世界史の本を読むといいかと思います。と言うのも、日本製の物は好きでも日本人が嫌いな地域を相手に営業する事が圧倒的に多いのです。植民地支配等、さらっと頭に入れておくと良いのでは?

私も病気を治したら、貿易事務に戻りたいです。
頑張って下さいね。応援しています。

ボンクラ大学英文科を120人中109番で卒業し、入社6年目にして「英文科卒だから」という理由だけで海外部に異動になったものです。馬鹿扱いからのスタートです。
・貿易実務検定B級
・商業英語検定C級(現在廃止)
・国際航空貨物取扱士(基礎)
を、独学にて取得致しました。全て一発合格です。何故なら、知識が無い分、検定用の教科書から始めたからです。

お仕事で英語を使われていらっしゃるとの事ですが、商業英文は非常に厄介です。
現在、病気の為技術部門で工業英文を扱っていますが、それも全く違...続きを読む

Q貿易事務の仕事とは

よくリクナビNEXTなどで「英検2級レベルの方求む」ということが書かれた貿易事務の仕事の募集が載っていますが、この貿易事務の仕事の特徴についてぜひお教えくださいませ。

Aベストアンサー

実は貿易とは非常に広範囲の仕事から成り立っており、貿易事務といっても業種により会社によりかなり違いがあります。

1つの典型が、商社(メーカーであれ)のように海外と輸出入を行う会社です。大手貿易会社ですと、海外駐在・現地社員、海外とやり取りする営業、事務部門(通関業者、銀行他と折衝)等に分かれます。貿易の大半の書類は英語ですので、英語が深く関係しますが、特に現地駐在員・営業は直接取引先と英語でやりとりするでしょうから、相当の営業力が必要でしょう。
最近は商社を通した貿易でなく、小さい会社でも直接貿易を行うことが多く、小さい会社だと上記を全て一人~少人数でこなすことも多いでしょう。

通関業者(通関以外の海貨業者、航空代理店兼の会社も含む)や船社でも、貿易事務求人を見ることがあります。
通関業者は、輸出者輸入者に代わって税関手続きをしますが、やはり書類は英語。慣れればそれほど英語力は要求されないかもしれません。でも大手だと将来海外駐在の可能性もあるので英語力あるに越したことはありません。
船社では、予約の受付、輸出入者との書類のやりとり、B/L(船の場合)やエアーウエービル(航空機の場合)という書類の発行等があり、大半英語の書類。専門用語に慣れればそれほど英語力は必要ないと思います。
ただ、大きい会社は、通関業者・船社両方の事業をしていることがあり、海外駐在はありえます。
また外資系船社というのも最近多く、ボスが外国人だとやはり英語できた方が有利かも知れません。

実は貿易とは非常に広範囲の仕事から成り立っており、貿易事務といっても業種により会社によりかなり違いがあります。

1つの典型が、商社(メーカーであれ)のように海外と輸出入を行う会社です。大手貿易会社ですと、海外駐在・現地社員、海外とやり取りする営業、事務部門(通関業者、銀行他と折衝)等に分かれます。貿易の大半の書類は英語ですので、英語が深く関係しますが、特に現地駐在員・営業は直接取引先と英語でやりとりするでしょうから、相当の営業力が必要でしょう。
最近は商社を通した貿易でな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報