400Vの電源から200Vの三相誘導電動機を運転させるとき
400V→200Vの変圧器容量はモータの容量と同じで良いのですか?
始動電流を考慮してある程度のマージンが必要なんですか?
モータの容量は3kW程度のものです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

現場にいた頃、モーター電源の容量はモーターの定格入力の3倍程度は


必要と教わったような気がしますが、何分昔のことなのでちょっと自信はありません。
しかし少なくとも「モーターの容量と同じ」ではダメです。

なお余談ですが、モーターと電源の間にインバーターなどの半導体機器を噛ませている場合は
注意が必要です。
これは私の元いた会社の上司が経験したことですが、10kVA程度のUPSに
20kVA(もう少し大きかったかも知れない)の発電機から入力した所、発電機に
ダンパー巻線がなかったため(インバーターのスイッチングにより)高調波が発生し、
UPSのサイリスターが壊れるという事故がありました。
モーターやトランスは少々のサージですぐに壊れることはありませんが、
半導体は本当にサージに弱いのでモーターのようなサージを発生する負荷につなぐ時は
入出力波形をチェックしておきましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単相誘導モータと三相誘導モータの効率の違い

誘導モータについてお聞きしたいことがあります。単相誘導モータより三相誘導モータの方が同じ出力では高効率ですよね?それは何故なのか教えていただきたいです。ギャップ部分の空間高調波が少ない、回転磁界の逆相分が無い、といった説明を受けたのですが、イメージが湧かず理解することが出来ませんでした。
何故、単相に比べて空間高調波が小さいのか?
何故、三相では逆相分が無いのか?
といった部分を教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

正弦波対称三相電流(ia=Isin(wt),ib=Isin(wt-2π/3),ic=Isin(wt-4π/3))を120度ずつ傾いたコイルに電流を流すときの磁界(aのコイルがx方向とする)は、
Hx=L*ia-L/2*ib-L/2*ic=3/2*LI*sin(wt)
Hy=√3L/2*ib-√3L/2*ic=3/2*LI*cos(wt)
となって、xy平面上で反時計方向に一定速度で回転する、大きさが3/2LI一定、の回転磁界になります。

このような理想条件下では、
大きさ一定ですので、空間高調波は0になりますし、
時計方向に回転する逆相分も出てきません。

(大きさ一定で一方向回転成分だけを持った磁界を持つような電流パターンのひとつが、対称三相です)

もちろん、三相でも対称性が崩れたり、ひずんだりすると、回転磁界の振幅や回転速度が変動して、空間高調波や逆相成分が現れます。

Q200V三相モーターを220V単相電源で使用する方法

中国で仕事をしている者ですが、電気には詳しくありません。先日、ある会社から設備を貰いました。その設備はモーターでファンを回すようになっていますが、三相のモーターでした。私の職場には、220V単相と380V三相の電源が入っていますが、場所の関係で220V単相の電源で動かしたいので簡単に動かす方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

単相を3相に変える「インバータ」を使用すれば可能です。

ヤフオクで出品を見つけました。
http://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k32660284
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r28936941

東芝のカタログです。
http://www.inverter.co.jp/product/inv/series/ckvj-71.htm

大手電機メーカーなら、大抵作っています。
200V仕様が多いですが、220Vで使うのは何ら問題ないと思います。
詳細はメーカーHPからお尋ねになってください。

参考URL:http://www.inverter.co.jp/product/inv/series/ckvj-71.htm

Q変圧器の容量について(V字結線の容量)

1相1KVAとすると、Δ結線の容量が3倍の3KVAになるのは
分かりますが、V字結線で√3KVAになる理窟がわかりません。
それが分かると
能力は√3/3=0.577
容量利用率=√3/2=0.866
も分かるのですが、・・・。

Aベストアンサー

V結線時のトランス2次側に流れる各電流はVの上両端に流れる電流をI1、I2とすれば、当然120度ずれてます。次にVの下部分に流れる線電流I3は単にI1+I2にはなりません。(I1,I2は線電流と相電流が等しい) 電源は三相なのでI1+I2+I3=0の関係です。これよりI3=-(I1+I2)となります。エクセルで描く場合は-(I1+I2)で描いてください。
 これより、I1、I2、I3は120度位相が異なり、大きさが同じとわかります。
 一方負荷がΔであれば相電流IΔはIΔ=V/Z  皮相電力Sは
S=3・V・IΔ
 線電流Iと相電流IΔの関係は30度位相が違いのでI=√3・IΔ
∴IΔ=I/√3 (S=3・V・IΔこの式に代入すれば)
S=3・V・I/√3=√3V・Iとなります。
 このように考えた方がわかりやすくありませんか。

Q大きな容量のモータ始動制御。

5.5kW程度の3相モータで送風ブロアを始動させます。
昨今の制御ではインバータ駆動が一般的と思います。
(実際には正転逆転、多段速度での運転を考えています)
偉い人にサイリスタで動かせばいいじゃん。って言われましたが、サイリスタがわからず、返答できませんでした。
ご教示いただけますと幸いです。
上記にかかわらず、大容量のモータを制御する場合、どういった制御があるのか教えてくださいますとありがたいです。

Aベストアンサー

1)モータの始動方式
3相カゴ形モータの始動方式については、次のURLを参照して下さい。

http://www.fe-technica.co.jp/html/shohin/44/pdf/tebiki_1.pdf

この資料(比較表)の上から2段目の[方式]と書いてある名称が始動方式
の分類です。
なお、右端から5つ目までの方式が通常の名称として使われています。

2)サイリスタによる始動方式
サイリスタを応用した始動方式は左から2つ目の方式です。
サイリスタ位相制御方式は、家庭用の電灯の明るさを調整する機器と
同じ原理です。この機器を3相分接続したようなものと考えると良い
でしょう。なお、この方式は速度制御はできません。
更に詳しく知りたい場合は、次のURLを参照して下さい。

http://www.schneider-electric.co.jp/PDF_Catalog/CA060J/CA060J_ATS_all.pdf

3)可逆運転
インバータ方式以外の始動方式で、可逆(正転、逆転)運転する場合は、
電源側に正転用と逆転用の電磁接触器を追加接続します。
インバータ方式の場合はインバータの制御回路にある正転用端子、
逆転用端子を切り替えることにより行なうことができます。

4)モータの速度制御
インバータ方式以外の始動方式では速度制御できません。
また、速度制御する方式として10年以上前には一次電圧制御など数種類
ありましたが、現在ではインバータを使用する方式が一般的です。

5)送風ブロアの可逆運転
送風ブロアの構造によりますが、逆転運転しても送風する方向は一定で、
風はでるが風量が足らない。その割りには運転電流が増加するような現象
もあります。
念のため、送風ブロアメーカに可逆運転の可能性を確認して下さい。

1)モータの始動方式
3相カゴ形モータの始動方式については、次のURLを参照して下さい。

http://www.fe-technica.co.jp/html/shohin/44/pdf/tebiki_1.pdf

この資料(比較表)の上から2段目の[方式]と書いてある名称が始動方式
の分類です。
なお、右端から5つ目までの方式が通常の名称として使われています。

2)サイリスタによる始動方式
サイリスタを応用した始動方式は左から2つ目の方式です。
サイリスタ位相制御方式は、家庭用の電灯の明るさを調整する機器と
同じ原理です。この機器を3相分接続...続きを読む

Q誘導モータの騒音源は何ですか?

コンデンサ始動型誘導モータを50Hzで駆動すると100Hzと整数倍の高調波の騒音が発生します。
なぜ50Hzではなく、100Hzの騒音が発生するのでしょうか?

Aベストアンサー

固定子と回転子の間のギャップ間の磁束波形は正弦波(電源周波数)です。騒音のもとはこのギャップで発生する電加力ですが、この力は磁束分布の2乗です。すなわち正弦波は2乗すれば周期は2倍となります。
よって50Hzの電源では100Hzの振動、騒音となります。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報