小学校5年の男の子の母です。少年野球をやってる元気な子です。
先週の事です。昼休みに遊んでいてB君にA君がやられてたので息子がかばっていたらB君が今度は息子をたたいて押し飛ばしたそうです。息子は這い上がってB君に平手で攻撃したそうです。その時,B君が鼻血を出し保健室へ行ったそうです。後になり先生から電話で「実は鼻が折れていた」と,言われあわてて息子と主人と3人で菓子折りを持ってB君の家にお詫びに行きました。B君の親御さんは「うちが始めに手を出してるのだから恐縮です・・・」と快く受け入れて頂け息子たちも仲直りをしていました。その2日後に参観があり,学校では関係のないお母さんたちが「思い切り殴って鼻を折ったらしいわよ~」とあちこちで話題になっていたと言うのを聞きました。とても切なくなりました。息子は元気な子なのでおとなしい子の親から見ると「信じられない」「怖いよね~」と,悪い子のイメージらしいです。小学校5年の男の子がおりこうでおとなしい・・・その方が私は心配かな~と思うくらいで,何でも知りたがりやで探究心が深くたまには他の子とちょっと違うことも(例えば皆が恥ずかしそうに踊ってるのに息子だけはりきってウケを狙って堂々と踊るなど)しますが他のお母さんのイメージは悪い子,きかない子の様です。とても孤独な気持ちになりました。息子もそう言われてるのを気づいていてそんな中で息子には「ママは変だと思わないよ」「元気でいい子だよ」と言いましたがもやもやしています。こんな思いした方いますでしょうか?

A 回答 (7件)

質問を読ませていただき、「これはうちの子?!」と思いました。


息子さんは、元気で正義感が強く、みんなを笑わせるのが好きで、思いやりもある。国立に通いながら野球チームに入って頑張っておられるくらいですから、積極的で好奇心も強く活発なお子さんなのでしょう。でも・・・時々それが度を越してしまったり、手が出てしまう。そんな風にお見受けしました。違っていたら申し訳ありません。うちの息子はまさにそういう子なのです。
 先日、息子も同級生をケガをさせてしまいました。しつこくからかわれ、「やめろ!」と口論になり、相手が先に手を出したのですが息子の手が相手のお子さんの目に当たりました。手足で言うと擦り傷程度とのことで大事には至りませんでしたが、やはり申し訳なく思いますし、勿論謝りにも行きました。coQuもきっと怪我をさせてしまう結果になり、息子さんを厳しく叱られたことと思います。

 他の皆さんの回答はとても厳しいものでしたね。私も我がことのように読ませていただきました。でも世間一般の反応は、これが事実なんですよね。それはよくよく受け止めなければいけません(私も)。

 しかし、大人だったら刑事事件・・・確かにそうですが、その場合、息子さんだけが罪を問われるのではありません。喧嘩の原因はB君にあり、先に手を出したのもB君ですから十分罪はありますし、B君の手の出しようによっては、正当防衛で息子さんの罪は問われないことだってあります(今回は過剰防衛でしたが)。最終的に怪我をさせたことが全てで、その人だけが悪いと言うのは違うと思います。それに、今回怪我をしたのはB君でしたが、もしかしたら押された拍子に息子さんが頭を打って怪我をしていたかもしれません。どちらが怪我をしてもおかしくない状況だったのではないでしょうか。なのに学校では止めに入ったはずの息子さんだけが、怪我をさせた乱暴者と言われる。だからモヤモヤが残る・・・というお気持ち、痛いほどわかります。 
 しばらくは、噂は続くと思います。何かにつけ、そう言われるかもしれません。学校に行くと辛い思いをすることもあるでしょうが、親の出番も次第に少なくなります。あれこれ言ってもかえって逆効果になるかもしれませんし、ここはじっと耐えられるのがよろしいかとは思いますが、もし信頼できる1~2名の方がいらっしゃればその方に経緯を聞いてもらえれば気持ちの整理もつくのではないでしょうか。
 我が家もですが、ちょっと手を出したつもりが相手にとっても自分にとっても取り返しのつかない結果を招くかもしれない。そんなことは絶対にあってはいけない。だから、手を出してはいけない。そして怪我をさせてしまった時にはその代償は大きく、理由があったとしても世間はそうは見てくれない。ということをしかっりと教えなければいいけませんね。 
 正義感が強く明るく元気な息子さんがのびのびと成長され、今回のようなことが二度と起きないことを願ってやみません。

 他人事とは思えず、遠慮のない差し出がましいことを書いてしまい申し訳ありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんにちは。
ご回答本当にありがとうございました。
とてもとても涙が出てしまった程ありがたく,そして頑張らなくちゃ!と,思いました。おとなしい子が心配い>・・・と言った私の言葉は,小学生の男の子がだま~って座っている訳がないと言いたかっただけです。どんなにおとなしくても元気いっぱいの小学生に見えます。「先生に叱られた事がない」と,言うのをこれが当たり前よ!と,言う保護者の方々・・・。同じ事をしたとしても,目立つ息子ばかり「あの子は悪い子」と言われてしまう事に切なさを感じただけでした。
どんなに言っても「やった事には変わりがない」と言われます。当然だともちろん思っております。
そんな中でこの様なご回答がとても温かく感じました。
本当にご回答ありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2008/02/15 11:24

いい子ももやもやします。


>小学校5年の男の子がおりこうでおとなしい・・・その方が私は心配かな~と思うくらい
こういうのも、「やんちゃ」「恐いよね~」とは逆の意味で言われた方は気になるものです。
おりこうでおとなしい子を心配だな~と感じるというのはどういう点でしょう?親が押さえつけてる?こどもが我慢してる?将来反動が出そう?こどもは元気なくらいが丁度良いのに?何が心配なのでしょう?
それに「良いわよね○○君はいい子だから」とか言われると、なんだかもやもやします。いい子だから楽で良いわよね~という感じがありありと感じられるからです。
言われて嫌なのはどちらも同じです。一生懸命育てている可愛いわが子です。

「鼻が折れる程の怪我」と聞けば、普通は(自分の子がおとなしくなくても)恐いと感じます。お子さんの日頃評判は確かに話の多少の尾ひれをつけてしまうかもしれませんが、ベースは誰がやろうと同じです。学校でお友達に叩かれて鼻が折れたと聞けば「恐い」と感じます。
いくら元気が良いからと言って、顔を叩いて鼻を折ってしまったのでは、やはり何も知らない人が聞けば「恐い」です。
それに一つ言いたいのは、元気がいいだけでは、悪い子きかない子とは思いません。失礼ですが元気だけでは無い何かもあるのかもしれません。物凄く元気だけど、悪い評判の立たない子というのもいくらでもいるものです。何故、悪い子きかない子と言われてしまうのか、そのあたりは質問者さんには不本意でも、少し考えてみても良いのではないでしょうか。
子どもの良い所を認めてあげるのはとても大事な事だと思いますが、でも何か言われてしまう原因があるなら、それが何か考え、改善する努力をする事も必要ではないでしょうか。
    • good
    • 0

喧嘩や怪我の噂話は、あっという間に広がりますね。


それは仕方がないことではないでしょうか。
真実と違うことが噂されていても、良識のある方は鵜呑みにはしないです。

ただ「怖いよね~」と思うのは親なら当然の感情ではないでしょうか。
同級生の鼻の骨が折れたという事実を客観的に見て、怖くないでしょうか?
当人同士は話がわかっていて、それでよいと思いますが、周囲の人は真実などどうでもよく、「怪我をするようなことに関わりたくない」子供に痛い思いをさせたくないでしょう。

今回のことと、普段からの息子さんのイメージを切り離して考えてみた方がよいのではないでしょうか。
普段からのイメージと言うのは、本人が決めることではなく、周囲が感じることです。
元気で男の子らしくて良いとおもわれているのですから、それでいいではないですか。

相手の親御さんが理解のある方でよかったですね。
通常は理由のいかんを問わず、怪我をするほどの暴力に逆切れする親の方が多いですから。
男の子って色々ありますね。
大変ですが、親も耐えなければなりません。
頑張って下さいね。
    • good
    • 0

客観的に見て、鼻が折れた事件は子供同士ですぐに広まって、親に伝わって・・・ってどうしようもないですよね。


でも、相手の親御さんは自分の子が手を出したのは認めているわけですから、ただのウワサが先行しているだけなので、しばらくしたら収まるんじゃないでしょうか?

私は4年の時にちょっとした言動から、仲間はずれになった事があります。
元気で活発で面倒見がいいタイプでしたが仲間はずれにされたとき「自分は悪くない」と突っぱねて、更に敵を作りました。
母はピシャリと「あなたは考えなしに行動したり話す事が多い。もっと相手の事を考えて行動すべき」と言われました。それから、みんなに謝って、すごく反省して気をつけるようになりました。


5年生ですよね・・・体も大きいですよね。
いくら相手が先だとしても、顔を叩くのはどうかと思います。
うちの子も鉄棒から落ちて鼻を折った事があって、医者に「顔は目もある、鼻も折れても内出血を起こして鼻血が出ない場合もある、脳震盪もおこす、鼓膜が破れる場合もある。顔をぶったらすぐ病院へ」と言われました。

暴力は絶対にいけないけど、顔はまずかったと思います。

怒りを別の方法で対処できるようになると良いですね。
私だったら「どんな理由でも人を殴ったりするのは絶対にしてはいけない」

「怒りという感情にまかせると思ったよりも力が出てしまう」

「たとえ自分が悪くなくとも、一度の過ちで信用を失う」と言うかな。

>もやもやしています。

大丈夫だと思います。今回のような事がなかってとしても、心から自分の子供を信じていれば、根っこの部分がシッカリしていたら、時にはこういう事もあるんだよ、と諭すのもいいのでは?
    • good
    • 0

こんばんは。


質問の
>こんな思いした方いますでしょうか?

という問いに関しては・・・。
もやもやするような事、何度かあります。
うちの子供も相手のお子さんに怪我をさせてしまい
謝りに行った事もあります。

ただ・・・今回の件では、coQuさんのお子さんも
お友達を傷つけてしまったことでショックを受けて
いるのかもしれませんが、受けていないなら、
やはりもう少し反省した方が良いのでは・・と
思ってしまいます。

授業参観でcoQuさんも切ない思いをしたそうですが
やはりお子さんのされた事、相手のお子さんの怪我を
思うと、それも乗り越えなくてはいけないことなのでは
ないでしょうか。

今、お辛い気持ちで質問されているでしょうに・・。
更にひどい事を書いてしまって申し訳ありません。

お子さんを守りたい、お子さんが大事という気持ちは
あって良いと思います。
ただ・・・他のお母さんの態度などを考えると、
「お子さんの事、きちっと見てますか?」と問いたいです。

coQuさんのお子さんは当てはまらないかもしれません。
ただ・・・。うちの息子のお友達で、かなりやんちゃ
(良い言葉で言えばです)なお子さんは、お母さんや
一部の大人の前ではとても爽やかで良い子という場合が
何回(何人)かありましたので・・。
ただ・・・うちの子と遊んでいる時の態度はひどい
ですし、家に遊びに来た時も「あの子は正直言って
もう来ないで欲しい」と思う事をさんざんやってくれ
ました。
子供同士は・・・。やはり良いところをお互いに
発見して、仲良く遊んでいる時もありますが・・・。
お母さんはそのお子さんが遊んでいる姿を
ちゃんと知っているのだろうか・・・と思う場面を
何度か目撃します。
自分がその現場を目撃した時は注意してますし、
それとなくお母さんに忠告しても、気づいてくれないか
「うちの子は悪くないのに」というスタンスの方も
いらっしゃいます。

お子さんがそういうタイプでは無いかもしれませんが・・。
今回の事をきっかけにして、「元気でいい子」なのかも
しれませんが、他のお母さんが「悪い子、きかない子」と
思うのも1日やそこらのイメージではないと思うので
少し気にかけた方が良いのでは・・・と思います。

お子さんがそういうタイプでない場合は、このコメントは
心外だと思われる事でしょう。
でも・・・今回のケースは相手のお子さんの鼻の骨が
折れているわけですし、鼻の形が変わってしまう可能性も
あると思います。失明など、機能を失ったわけでは
無かったのが救いですが・・・。
相手の親御さんが良い方だったのと、お子さん同士が
仲直りできたのは本当によかったです。
授業参観で他のお母さん達に噂をされて「切ない」と
思う気持ちも分かりますが、「切ない」で終わってしまって
良いのかどうか・・・と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。もちろん「折れていたんだって!」と息子に伝えた時は,「うそだ~折れてるわけないよ~」と,信じられないような言い方をしましたが「本当なの!」って言うと目を大きくしてあわてて先生に電話をし,その後B君のお宅に電話をして「折れてたんだって?大丈夫?本当にごめんなさい・・・」と言っていました。もちろん私は元気な子。と,いう風に言い切っていいなんて思っていません。そしてキツク叱ります。それから,「悪い子、きかない子」と
思うのも1日やそこらのイメージではないと思うので
少し気にかけた方が良いのでは・・・>もちろんそうしています。国立の小学校なので今,全校で少年野球をしてるのは息子だけです。のん気よね受験があるのに・・・とやはり言われます。やんちゃ息子のことは良く分かっています。ただ,話を大きくして楽しんでる人に対し(他の子の件でも)切ないな・・・と思いました。ご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/01 10:57

いいですか、自分の子供という見方をしないで、あくまで客観的に考えてください。


どちらから先に手を出したとか、A君をかばってやったということは、単に前提の条件であるだけで、事実としては一人の子供が一人の子供を叩いて鼻の骨を折ったということだけです。
つまり他の親にとってはどちらから手を出したなどという前提条件は全く関係ない話で、XがYを殴り、そしてYは鼻の骨を折ったという事実だけが問題なんだと思うんです。
「ちがう!これにはいろいろ事情があって!」と思うのは、それは自分の息子のしたことなので、庇いたいと思う気持ちがあるからなのです。
そして常識的にみると「元気な子」で単に片付けていい問題とも思えません。
息子さんはまだ小学生だから罪には問われませんが、もしこれが大人の話であれば、「傷害罪」というりっぱな犯罪ですよ。そして考えて見てください。普通の喧嘩で鼻が折れるほど殴るでしょうか。たとえ相手から先に手を出したにせよ、鼻の骨が折れるまで殴る必要がありますでしょうか。と思うのも客観的な冷静な意見だと思うので、受け入れてください。
私も子供を持つ親ですので、息子さんの勇気を武勇伝として褒め称えたい気持ちはわからないでもないですよ。でも客観的に見るとやはり息子さんのしたことはやはり成人であれば犯罪行為になるものなのです。
やはりそこはきちんと教育するべきではないでしょうか。
私も堅いことばかりいうつもりはありません。けんかするくらい元気な子供の方が、おとなしいだけのよい子よりはいいと思います。
でもここで親が息子を武勇伝として扱うのではなく、「犯罪」としてきちんと教育することが重要なんだと思います。
あと周囲のお母さんのいうことは最もなうわさであるし、あなたが逆の立場でもそういう考え方すると思いませんか。でもそれをいちいち気にしていてはどうしようもありませんよ。必要なのは勇気を持つことと、相手を傷つけることは違うということを、親が教えることではないでしょうか。(内心では「偉いぞ息子!」とたとえ思ったにしてもです)
えらそうなことばかり書いてすいませんが、自分も子供に対してはそうありたいと思うものですから。
    • good
    • 0

12歳の息子がおります。



質問者様の息子さんは、
>何でも知りたがりやで探究心が深くたまには他の子とちょっと違う
でも
>元気でいい子だよ
なのですね。

そして、
>小学校5年の男の子がおりこうでおとなしい・・・その方が私は心配かな~
と思っていらっしゃるのですね。

きっと、どのご家庭も、御自分のお子さんが基準なのです。

おりこうでおとなしい男の子のお母様が、質問者様のその言葉を聞いたら、きっと、悲しい気持ちがすることでしょう。

私もママ友達から、色々な噂を聞きました。
やはり、喧嘩の噂はすぐ広まるようです。
良い噂にはなりません。
でも、噂をするような人は決まった人たちで、噂を耳にしても、「ああ、またあの人たちが言っているな。」と思う程度です。

実は私の息子は6年生ぐらいまで、よく喧嘩をしていました。
(息子の相手のお友達が、息子より頭1つ大きいお子さんだったので、いつも怪我をするのは息子でしたが・・・)
当事者同士が理解しあっているのなら、それで良いと思います。
ただ、あまり噂に刺激されて、お子さんの正当性とか、本当は良い子なんです、などと主張してしまうと、余計誤解を招く結果になりかねません。
人の噂も何とやらです。

子供同士は、良くお友達のことを分かっています。
変わっているけれどいいやつ、とか、強がっているけれど弱虫、とか、普段おとなしいけれど気が強いやつ、などと、たぶんその親御さんが気がつかないこともちゃんと見抜いています。

お子さん同士が上手くいっていれば、それで良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。噂はいつも信憑性がないので私も他の子の事を耳にしても何の行動も起こしません。
息子は小さい方ですが国立の小学校に通っていて全校で息子しか少年野球に入っていないので他からすると「のん気よね~受験があるのに」と言われています。でも確かにこの学校では息子のようなのはやんちゃなんだと思います。見比べるとやんちゃだなと思います。
それから,子供同士は本当に良く分かっているんですよね。野球を見に来てくれたりそういうお友達も何人かいます。子供同士仲がよければ良しと思っていきたいです。
mimi--koさんの回答を見て色々な事に気づきました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/02/01 11:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q元気で積極的なママとおとなしい娘

元気で積極的なママとおとなしい娘

小学生の女の子とそのママを見ていると、

「元気で積極的で、おしゃべりなママ」だと、小学生の娘さんは「おとなしい女の子」
という場合が多い気がします。

逆もまた
「静かなタイプのママ」だと、娘は「イケイケドンドンの女の子」とう気がします。

少なくとも、「元気ママ」と「元気娘」や「静かママ」と「静か娘」のパターンよりは、多い気がします。

そんなわけないですかね。やっぱり。

Aベストアンサー

実際のところはよくわかりませんが、
確かに元気ママの子は静か娘であることが多いように感じます。その逆もまた然り。

見ていて感じるのは、
元気ママは、どんどん指示を出すし、子どもの支度をママがやっていたりと
子どもに対する接し方もアグレッシブなような感じがします。
その結果、子どもはおとなしくていい子だけども主体性に欠けたり・・・ということが
あるのかなと思います。

逆に、静かママだと、あんまり子どもに文句も言わないとか子どもに支度をまかせたりするため、
子どもも、自分からどんどん話したりするイケイケ娘になるのかなと・・・。

ただ、この傾向は小学校くらいまでのような気もします。

中学くらいからは、イケイケママとイケイケ娘が一緒にお買い物、
とかありそうな気もします。それは気のせいかもしれませんが(笑)

Q友達A子とお昼ご飯を一緒に食べようと約束してたのですが、A子が「B子を誘っていいか」と聞かれたので「

友達A子とお昼ご飯を一緒に食べようと約束してたのですが、A子が「B子を誘っていいか」と聞かれたので「いいよ」といったのですが、私はB子と話したこともなかったので、不安だったのですが、断ることも出来なかったです。
そして、A子とB子は部活が一緒なので、仲が凄く良いです。私はA子とは学校の休憩時間では喋るぐらいの関係でした。そして、A子が部室によりたいと言い出して、私はそれについて行きました。するとB子がいました。しかし、部室が開いてなかったので、誰かが部室の鍵をとりに行ってくれる時間待ってたのですが、A子とB子は仲が良いので、2人で話しています。でも、部活のこととかを話していたので、私は聞いているしかなったです。入ることが出来ませんでした。時々A子が会話で私に聞いてくることとかあったのですが、ほとんど話すこともありませんでした。だから、私は「担任に呼ばれているから、2人で食べてきて」といいました。そして、私はその時間を適当につぶしました。
どうやって断ればよかったのか、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

A子さんは気があまり回らない女の子なんですね。

最初の段階で、軽く
2人でいいよ
と一言言っておけばよかったかもしれませんね

Q1年生の息子が発達障害でした。 前からこの子は他の子には出来る事が出来なかったりなどお友達と比べて出

1年生の息子が発達障害でした。
前からこの子は他の子には出来る事が出来なかったりなどお友達と比べて出来ない事が色々ありました。
なので少し覚悟はしてたのですが、発達障害とわかった今とてもショックです。
息子の事は相変わらず可愛く思い大好きですが心のどこかでは沈んだ気持ちがあります。
何かアドバイスなどあればお願いします。

Aベストアンサー

ショックなのは当然ですよね。
私の長男は自閉系の知的障害です。引っかかったのは1歳半。診断は3歳でした。
何かの本で、親が障害を受け入れるには最低2年はかかると書いてありました。
私もその時は受け入れてるつもりでも、後で思うと2年はかかったかなと思います。

長男はもう19歳ですが、私は障害のある子供と無い子供両方を育ててみて、障害のある子供の子育ては、「普通よりちょっとコツのいる子育て」と思っています。
赤ちゃんの頃の寝かしつけにしたって、「うちの子はこうすると寝てくれる。」て、その子その子で色々違いがあったのと同じ。普通に言って分からないなら、我が子が分かる方法を工夫するだけです。
障害の無い子供の子育ても、一筋縄じゃいかない事もいっぱいです。

私が長男の診断後、何か胸のつかえがスーッと消えた出来事ですが…
幼稚園の運動会で駆けっこの時、大人しい長男がふざけて途中何回かピタッと止まりながら走りゴールしました。「ありゃりゃ〜」と思っただけで終わりそうだったのですが、後ろの方から「何だあの子、変な子だな〜」と言う声が聞こえました。
確かに変だったし、悪意は無かったと思いますが、そんな風に言われたのは初めてで、悲しくなりました。
ところが後日写真が出来て、駆けっこの写真を見ると…もう何て言うか、弾ける様な笑顔で全身が「楽しい‼︎」と言ってる様な輝く姿が写っていました。
「は〜親の気持ちも知らないで…」と苦笑しながら、何かが変わりました。
この子は今は何も悩んでる訳じゃない。楽しく元気に生きてるじゃないか…って。
長男の担任はベテランの真面目な先生で、障害に付いても一生懸命勉強してくれて、どうしたら長男の為に良い保育が出来るのだろうと、すごく肩に力が入ってたそうです。
その先生も、同じ駆けっこの写真を見て、「あぁ、この子はこんなに楽しんでくれてる。まずはそれで十分じゃない。」と、肩の力が抜けたと言っていました。

時間が経って、今の様な沈んだ気持ちが無くなったとしても、まだまだ長いこの先、壁にぶち当たったり、落ち込む事は何度も訪れます。
でも、我が子が可愛くて、大切だと思う気持ちがあれば乗り越えられます。
決して強い人間ではない私でも大丈夫でした。
あともう一つ、絶対一人で抱え込まない事です。
ご主人ともよく話し、悩みは二人で共有して下さい。
同じ障害をもつ子供のお母さんと友達になる事もいいです。
私は色々な方面の友達がいますが、あまり分からない人に障害の話ばかりは出来ないので、時々同じ支援学級だった子供のお母さんと、思いっきり障害の話をする日を作ってます。
私の場合は、長男が一人で生活する事は出来ないので、親がいなくなっても長男が生きていける様な環境を準備する事が最終目標です。
まだ自分はいなくなるつもりはありませんが、いつ何が起こるか分からないし、長男が成人になる日が近づき、ちょっと気持ちを引き締めて考えようと思っている今日この頃です。
お互い大切な我が子の笑顔の為、頑張りましょうね。
あっ、でも頑張り過ぎないで、自分が楽しく生きる事も優先させて下さい。
私は自分がゆっくり友達と会ったり、プラプラお買い物を楽しむ為に、長男に鍵を持たせる練習を一生懸命したものです。

ショックなのは当然ですよね。
私の長男は自閉系の知的障害です。引っかかったのは1歳半。診断は3歳でした。
何かの本で、親が障害を受け入れるには最低2年はかかると書いてありました。
私もその時は受け入れてるつもりでも、後で思うと2年はかかったかなと思います。

長男はもう19歳ですが、私は障害のある子供と無い子供両方を育ててみて、障害のある子供の子育ては、「普通よりちょっとコツのいる子育て」と思っています。
赤ちゃんの頃の寝かしつけにしたって、「うちの子はこうすると寝てくれる。」...続きを読む

Q元気な小学校低学年のお子さんについて。

今日は。子供が小学6年生の保護者です。最近たまたま?と思う場面に遭遇しまして、他の方のご意見を伺いたくて、質問させて頂きました。
私はマンションに住んでいまして、ある日の午後、仕事からの帰宅後に同じマンションに住んでいる低学年のお子さん2人が管理人さんに「アイス、頂戴!」と言っているのを偶然耳にしました。管理人さんに確認すると、過去にあげたらそれから癖になってしまったようで、管理人さんも困っているようでした。アイスはあげていました。その後です、そのお子さん達、「このアイスのゴミはどうすればいいの?」と管理人さんに質問したのです。思わず私は「このアイスを頂いた事をちゃんとお母さんに言わなくちゃ。」と言ったら、「だってお母さんに言うと怒られるから、ここで食べてこのゴミはここで捨てて。」と言ったんです。正直目が点になりました。私と管理人さんはお子さん達に「家でお母さんに言ってから食べるんだよ。」と言ってその場は済みましたが、どうなんでしょうね・・・?
今日も管理人さんから、このお子さん達が下校中にランドセルを置きっぱなしにして寄り道をして、そのランドセル等を近くにお住まいの方が見かねてマンションまで持って来て下さっているようで、なかなか帰宅しない時はその方が探しに行かれるとか・・・。こちらもどうなんでしょうか?
またこちらの件は別にいいと思いますが、お母さん同士が連絡を取り合い、下校中のお子さん達(5人?)がそのまま預かり先のお子さんの自宅に行く・・・、今日目にしました。ただ学校ではその辺は知らなかったようで、やはり基本的に一度自宅に帰宅するのが望ましいようで、夏休み前に指導する、との事でした。
ちなみに、上記2点の件は匿名で学校に言って(私は氏名は名乗りました)、学校の方から指導して頂くようにしました。保護者が知らない可能性も高そうで・・・。今はこれが当たり前なんでしょうか?

今日は。子供が小学6年生の保護者です。最近たまたま?と思う場面に遭遇しまして、他の方のご意見を伺いたくて、質問させて頂きました。
私はマンションに住んでいまして、ある日の午後、仕事からの帰宅後に同じマンションに住んでいる低学年のお子さん2人が管理人さんに「アイス、頂戴!」と言っているのを偶然耳にしました。管理人さんに確認すると、過去にあげたらそれから癖になってしまったようで、管理人さんも困っているようでした。アイスはあげていました。その後です、そのお子さん達、「このアイス...続きを読む

Aベストアンサー

当たり前にしてはいけません。

小学校低学年の息子がおります。
以前幼稚園児の頃、社宅に住んでいた時に、近所の方からとうもろこしを食べなさいと頂いた時はお礼を言ってから、家へ持ち帰りちゃんと報告してからご馳走になりました。特にその頃はそういうことを話したこともなかったのですが、きちんと自分から報告はしてくれました。
要は日頃、常識をどのように家庭で教えているかだと思います。
うちのお向かいの女の子もうちに来た時にかなり調子にのって、食べ物をねだってきました。あまりの態度にクセになると思ったので、うちは夕食前におやつなんか食べない!!ときっぱり断ったらねだってこなくなりました。(それを機会に家にはあげないようにしていますが)自分からねだらない子はきちんと家に帰って報告をしますが、自分からねだる子は報告なんかまずしません。したい放題になるだけなので、管理人さんにもしっかり断ってほしいですね。

子供には必ず家に帰ってランドセルを置き、宿題をしておやつを食べてから出かけるように話しています。
そうすれば、心配もないし、空腹のためによそ様のお菓子を欲しがるようなまねもしないだろうと考えています。

当たり前にしてはいけません。

小学校低学年の息子がおります。
以前幼稚園児の頃、社宅に住んでいた時に、近所の方からとうもろこしを食べなさいと頂いた時はお礼を言ってから、家へ持ち帰りちゃんと報告してからご馳走になりました。特にその頃はそういうことを話したこともなかったのですが、きちんと自分から報告はしてくれました。
要は日頃、常識をどのように家庭で教えているかだと思います。
うちのお向かいの女の子もうちに来た時にかなり調子にのって、食べ物をねだってきました。あまりの態度に...続きを読む

Qカエル君とかたつむり君の物語について。

小学校2年生か3年生くらいの国語の授業で、カエル君がかたつむり君に手紙を届けてもらうという物語を習いました。
その作品の名前や著者、詳しいストーリーなどがすごい気になって仕方ががありません。
その時教科書に載っていた挿絵もとても雰囲気のいいイラストだったのも印象的でした。
誰か教えてください!

Aベストアンサー

カエルのがまくんとかえるくんが主人公で、お手紙が来ないのを悲しんでいるがまくんに、かえるくんが内緒で素敵なお手紙を出すお話でしたよね。手紙はかたつむりくんに届けてもらっていました(カタツムリが届けたからこそ・・・なストーリーでした)。
アーノルド・ローベル作の絵本「ふたりはともだち」の中の「おてがみ」です。
友達を思いやる気持ちがとてもすてきな物語でした。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/ehonnavi/591310/,http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=373


人気Q&Aランキング

おすすめ情報