文部省の調査によれば、日本の不登校生徒数は12万6千人とのことですが、アメリカではどのくらいなのでしょうか?正式発表がない場合は、概数だけでも教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

はっきり申し上げて、アメリカでは「不登校」という言葉も存在しないくらいですから、不登校に関する統計は存在しません。

他の欧米諸国でも同様ですが、子どもが学校に行かないことは「問題」と考えられていませんので、統計そのものも存在しないわけです。ただし、就学率(子ども人口に占める学校に通っている子どもの数の割合)の統計はあるようで、おおむね80~90%だと聞いています。これと比べると、日本の就学率は実に99.99%と実に驚異的です。それだけに、学校に行っていない子どもの存在そのものが目立ちもするし、問題視もされるわけですね。

なお、yodaさんがふれられているホームスクール(家庭を小さな私立学校とみなして、既存の学校に通わなくても正式な教育を受けているとされるシステム)で学んでいる子どもの数は、全米ホームスクーリング協会によれば、5年前の時点でおよそ100万人、昨年では150万人とも180万人ともいわれ、全就学人口の1割に上るとされています。
    • good
    • 2

昨年の不登校の児童数は小・中あわせて8万2千人(厚生省発表)とも15万人(文部省発表)とも言われていて、どちらを信じて良いものか悩みますが、(^^ゞ



対するアメリカはちゃんとした調査をしたかは定かではありませんが、
100万人はいると言われています。
と言うのも、絶対的な人口と常時入国してくる移民数も把握できない状況ですから、
基本的に数字を表す時は「推定」と言う表現をするしかないのが現状でしょう。
まして、ホームスクールやチャータースクール・オルタナティブスクールなどの施設が充実している環境とここ数年に飛躍的に増えている「インターネット・スクール」の存在もありますから、
学校に通っていなくても、ちゃんと教育を受けられるので、
実際に既存の学校に通っていなくても、ちゃんと教育を受けている児童を合わせれば、
どんな数字になるのだろうと思った事もありました。
大まかな数字でしか回答できなくて申し訳ないですが、
これで勘弁して下さい。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不登校の方、又は過去に不登校だった方

始めに、これからお尋ねする質問は該当者の皆様には辛いものとなるかも知れませんので、大丈夫だと思われる方のみお進み下さい。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


現在身内に小学校中学年から不登校の中学生女子がいるものです。 なかなか会えないため、少しでも理解に及べればと思い、ここで当事者となる皆様のお力を借りたく質問させて頂きます。
よろしくお願い致します。

下記の質問全てにお答え頂かなくても、どれか1つだけでも結構です。


①あなたが不登校になった理由は何ですか?
(ご自身で考える理由で結構です)

②それらは改善、解決されましたか?

③改善、解決後はまた登校できましたか?

④不登校の間、どのように過ごしましたか?

以上、よろしくお願い致します。

また、引き続き関連した質問をすると思いますので、協力して頂けるは是非回答をお願い致します。

Aベストアンサー

①担任と反りが合わなかった事。徐々に体調が悪くなって朝練に行けなくなった時に試合で1人ベンチにも入れてもらえなかった事です。

②、③その後、一回も行かなかったので解決してないです。

④TSUTAYAで映画を借りて見ようとするけど体調が悪くて見れなかったり、たまにフリースクールに通ったり気まぐれにしてました。かなり辛かったです。

上記だけ見ると、悲惨そうに映ると思いますが、今は、様々な縁があり現役で難関大に進学してバイトですが不登校の子や困窮世帯の子相手に勉強を教えています。

サッカー選手ですらチームが合わなかったら移籍できるのに、多感な時期の中学生が狭い教室に閉じ込められて学区外以外の世界を少しも教えてもらえない日本の教育が間違っています。

ちなみに、不登校の生徒も受け持ってますけど、意外と皆アニメの話ばっかりしてたり漫画描きまくってたり能天気にやってます。あれだけ苦しんだ僕やあなたの知り合いの子は実はステレオタイプではありません。焦る真面目さがあれば、いくらでも方法はあるのでは??とにかく、家で勉強を始めるところからスタートですね。頑張ってください。

①担任と反りが合わなかった事。徐々に体調が悪くなって朝練に行けなくなった時に試合で1人ベンチにも入れてもらえなかった事です。

②、③その後、一回も行かなかったので解決してないです。

④TSUTAYAで映画を借りて見ようとするけど体調が悪くて見れなかったり、たまにフリースクールに通ったり気まぐれにしてました。かなり辛かったです。

上記だけ見ると、悲惨そうに映ると思いますが、今は、様々な縁があり現役で難関大に進学してバイトですが不登校の子や困窮世帯の子相手に勉強を教えています。

...続きを読む

Q不登校児支援

 今、不登校児支援について調べています。しかし、中々見つからずどうやればいいのかわからなく、困っています。

 できれば、コミュニティービジネス(NPO関係)のがいいのですが、どなたかご存知ありませんか??

 お願いします。

Aベストアンサー

>今、不登校児支援について調べています。
どう行ったことを調べておられるのか、
詳しくはわかりませんので、
『不登校支援サイト』の紹介という事で書き込みします。

キーワードが、
『不登校児支援』だと93件ヒットですが、
『不登校支援』だと272件ヒットします。

例えばその中でご希望のNPO関係サイトが
二件目に見つかりましたのでご参考までに。
(三件目にも高知のNPOがあります。)

参考サイト
○NPO法人 福岡青少年支援センター
http://www.sien-net.com/
○検索結果
http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c9%d4%c5%d0%b9%bb%bb%d9%b1%e7&hc=0&hs=0

Q不登校児の数

 こんにちわ。
今回は、不登校児の数を知りたいのですが
なかなか調べることができません。

 どこで調べることができますか?
できれば最近のが知りたいです。
全国版や各都道府県のがあればお願いします。

 サイトや本・・なんでもいいので
教えてください!

Aベストアンサー

文部科学省のサイトに行き、その中で
「不登校生徒数」「不登校児童数」などで検索すれば出てきますし、
東京都教育委員会のサイト内で検索すれば、出てきます。

==補足要求です=========
「上記の内容なんか誰でも調べられるのでとっくに調べているがもっと最新のデータが欲しい」「役所のデータなんか信用できるかコノヤロウ」と言うことでしょうか?

Q不登校で適応指導教室へ 出席簿は?

不登校生徒の出席簿の扱いについて教えてください。生徒が適応指導教室へ通っている場合は、指導要録上、出席扱いになるということですが、学校内での出席簿の扱いは、欠席なのでしょうか?出席とするのでしょうか?またその根拠(法的等)がわかりましたら教えてください。

Aベストアンサー

出席簿は、法律によって作成が義務づけられている「公簿」です。

いわゆる通信簿は法律上の根拠がないので、何を書こうと学校の自由ですが、公簿である出席簿は、教育委員会ごとに書き方が決められています。

したがって、「出席扱い」のものは出席簿上で出席になっているはずです。
ただし、部活動の公式戦が授業日と重なっている場合には、「公欠」という記入(出席扱い)をするところが多いようですから、類似の注意書きを記入する場合はあるかもしれません。

Q子供の不登校問題解決に評価の高い専門家、名カウンセラー

教えて下さい。

子供の不登校の前に、子供の心の問題もサポートして
立ち直らせてくれるおすすめの専門家や施設、カウンセラーを
教えて下さい。

このままだと一生子供が劣等感を感じて行き続ける恐れがあります。
本人も相当自信を失っていまして、どうにか立ち直らせてあげたいです。
とにかく道が外れても、自分に誇りを持って生きて欲しいのです。

Aベストアンサー

以前定時制高校で教員をしていた者です。私が勤めた定時制高校には、中学や高校で不登校だった生徒が数多く在籍していました。私は自分自身も不登校の経験がありますが、定時制の教員が素晴らしいと思ったのは、例えば中学などで長く不登校だった生徒の自尊感情をいかに回復させていくかということを常に研修などで皆で考えていた点です。
教員自身がまず自らを厳しく問いつつ、卒業して社会に出ても、ありのままの自分を大切にしながら、世の中を泳いでいけるよう、負けない強さを身につけるように生徒を指導していくことが求められていました。中学で長く不登校だった生徒が、毎日定時制に楽しみに通えるようになったのを傍で見守る教員の気持ちは心から嬉しいものでした。

不登校の要因は子どもによって様々ですが、大切なのは「学校に行くのが向く子もいるし、そうでない子もいる」ということです。日本では公の学校に行くことが全てという考え方がされがちで、また社会構造もそのようにできていますが、海外では日本でいうフリースクール的な学校や、ホームエデュケーション(家庭で学ぶやり方)も数多くあり、社会的にも認められています。
私は定時制の教員をしていた時に、生徒とかかわって「学校が全てではないのだ」という価値観を学びました。なので、まずは保護者である質問者様が不登校の親の会などで心を割ってお話できる方を見つけて、少しずつ前向きに考えるようになっていただければと思います。今はネットなどでも不登校支援ネットワーク、親の会などを探すことは容易なので、心の重荷を少しでも下ろしていただきたいと思います。

加えてですが、首都圏にお住まいとのことですので紹介したいのは、地域の公的な教育相談センター(教育委員会などがバック)、適応指導教室などです。私は東京に住んでいますが、区の不登校支援ボランティアに登録しています。最近自治体では不登校の子どもへの支援をどう行うかに力を入れているところが多いです。お住まいの地区の公的な相談できる窓口(自治体のHPで探せます)を見つけていただきたいです。フリースクールもありますが、民間の場合は対応が様々で、素晴らしい学校がある一方であまり適切でないところもたまにあるので、見学や説明を受けてよく考えられた方がいいと思います。

以前定時制高校で教員をしていた者です。私が勤めた定時制高校には、中学や高校で不登校だった生徒が数多く在籍していました。私は自分自身も不登校の経験がありますが、定時制の教員が素晴らしいと思ったのは、例えば中学などで長く不登校だった生徒の自尊感情をいかに回復させていくかということを常に研修などで皆で考えていた点です。
教員自身がまず自らを厳しく問いつつ、卒業して社会に出ても、ありのままの自分を大切にしながら、世の中を泳いでいけるよう、負けない強さを身につけるように生徒を指導し...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報