「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

トップライト(電動開閉式)を排煙計算の中に含めて計算したいのですがどのような計算方法ですればよいのでしょうか?例えば天井高から80cm以内を適用などがありますが・・・トップライトの窓全体を含めて計算していいのでしょうか?文章が下手ですいませんが解答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ええと、1の方にはかつていろいろ教えを講ておりまして誠に恐縮なのですが、トップライトの排煙が採光同様3倍になる規定は無いと思われます。



垂直に上がるものと、斜めに開くもので算定方法は変わります。
大雑把に申しますと垂直型で側面部分、斜め型で文字通り有効部分っだったか?・・・厳密には側面でも不利(面積の少ないほう)を取るなどややこしい規定が有ったと記憶しております。
過去に何度か経験しておりますが・・・・。

大手ですとhttp://www.kkryoko.co.jp/profile/profile.html
「菱昇」にぶっちゃけ聞いてみて下さい。
私が間違ってましたら御免なさい、ただ聞くだけでしたら簡単でしょうから。
    • good
    • 0

あくまでも建築基準法内での回答になります。


有効面積の取り方ですが、原則垂直面でも、水平面でも全面有効になるかと思います。また、採光補正係数を準用する規定はないかと思います。
もちろん、平均天井高より800以内の部分に限るは言うまでもありません。
2点ほど気になる点があるのですが、一つ目は建築基準法施行令126条の2該当建築物なのか、同令116条の2の無窓居室の判定なのかです。
排煙設備要求建物であれば、電動開閉で良いか否か?確か、国の監修の防火避難規定解説では、あくまでも手動開放出来る旨を規定していたかと思いますが・・。従って、火災時の作動が担保されるかが問題になる可能性があります。さらに、排煙OPの設置も同令126条の3、5項により1.5m以下に設置が必要になります。
2点目の、同令116条の2、2項の無窓居室の判定であれば、OP設置の義務は無く(望ましいとの表現。防火避難規定解説)、単に、開けば良いとの判断が一般的です。
いずれにしても、判断の分かれる部分があるので、所管の役所に問い合わせると良いかと思います。
    • good
    • 0

品物によると思います。


http://www.kkryoko.co.jp/toplight/kaihei/kaihei0 …
http://www.kkryoko.co.jp/toplight/menseki.html
メーカー問い合わせが一番ですが。。
    • good
    • 0

北国の設計屋さんです。


天窓の有効面積は、下記の通り
採光比率関係d/hを採光補正係数算定式に挿入して、算出した数値に3を乗じた数値が補正係数となります。
上の事から排煙においては、有効面積を3倍して面積を求める事となります。
ただし排煙上有効部分について適用となります。
ご参考まで
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q排煙計算について。

床面積200m2以上の木造2階建の建物です。

確認申請と一緒に排煙計算書も添付しました。

勾配天井の為、平均天井高さを計算したところ3.5mでした。よって「天井が3mを超えていれば、2.1m以上かつ天井の高さの1/2以内の部分を排煙に有効な開口部と見てよい」と言う認識があったので、掃き出し窓高さ2.3mの内2.1m以上の部分の高さ20cmを有効開口部として計算しました。

それから数日後「2.1m以上と言う条件は当てはまらず、天井から80cm下の部分が有効開口部となるので再確認して下さい。」と連絡がありました。

そこで質問なのですが、2.1m以上と言うのはサッシ下部が2.1mから上の部分に取付けられているサッシに限ると言う事なのでしょうか?今回の指摘では、途中から2.1m以上になるサッシは無効だと言う事意外の理由が分かりません。
サッシから排煙すると考えて計算しています。
他に考えられる理由がありましたら教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様の考えで間違いないと思います。
整理すると、
当該居室において、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部が無い。従って、排煙上無窓居室となる(令116の2、1項2号)。
従って、令126の2本文中の無窓居室のため、排煙設備の設置が要求される。ここでも、天井から80cm以内に排煙上有効な開口部ないので、同条1項5号に基づく、建告1436号により逃げることとする。
当該告示3号に該当するので、排煙設備が設置されたことになる。
ですよね。

Q勾配天井のときの排煙計算

勾配天井の時の排煙計算で天井から80cm下がったところまである窓は排煙設備として認められますが勾配天井の時はどこを基準にして80cm下がればいいのでしょうか?平均の天井の高さからですか、それともその窓がある直上の天井の位置からですか?もしくは違う算定方法があれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3856791.html
もしかして昨日の上記のご質問に触発されたのでしょうか。(関係ないですか、どうでもいい事ですね)

上記の質疑回答(私も書いてますが)を読み返してつくづく行政の怠慢?に苛立ちを感じ参考になればと添付した次第です。
原則は1の方のおっしゃる通り、ただし上記を見ればお分かりの通り各行政や審査機関により解釈が異なる事がお分かりでしょう。
申請の際はまず提出する機関に確認してから出すべきであるようです・・・・。

建築物の防火避難規定の解説(主事会議での合意内容をまとめたものですよね確か)や告示を勝手に個人の解釈で変えられてはたまったものじゃあないですよね。
主事と言う名のいわば独裁者の例えば罷免要求など何らかの措置が必要ではと考えているのは私だけでしょうか。
裁判官の国民審査(これも出鱈目ですが)のような制度とか・・・。

かなり本題から反れました、御免なさい。

Q天井高さが3m以上の排煙計算について

いつもお世話になっております。
下記の条件の場合の排煙計算について教えて下さい。

床面積:12.0m2
天井高さ:3.315m
開口部種類:引き違い窓
高さ:FL+750 
寸法:H1.300m×W1.800

開口は上記1ヶ所のみです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

廊下(避難路ですから免除なし)ではなく、部屋ですよね
この窓では有効開口にならないので
H12建・告1436号内装不燃(下地とも)で免除でよろしいのでは?

室 :H12建・告1436-4-ハ(2)
居室:H12建・告1436-4-ハ(4)

Q吹き抜けがある居室の排煙計算方法

木造3階建ての住宅の確認申請で、排煙計算をするのですが、2階LDKの上部が一部分吹き抜けになっています。吹き抜けは3階廊下部分の横になります。(廊下の横部分が腰壁になっています)
このような場合、排煙計算はどのようにしたらいいのでしょうか?
平均天井高を求めるのですか?
3階廊下部分は関係してくるのですか?

Aベストアンサー

今晩は cyoi-obakaです。

原則としては、平均天井高で求めます。
廊下は、無い物として扱うのが通常でしょうね(私が主事でしたら)。

詳細は、確認検査機関に事前相談したのがよいと思います。
場合によっては、吹抜けとは扱わない!とする見解もありますからね。
注意点は、吹抜けが一部となる点です。設計の状況判断ですね~!

あくまで参考意見です。

Qペントハウスは述べ床面積に入る?

容積率の算定に必要な延べ床面積は、
各階の床面積の合計、となっています。
水平投影面積の1/8以下の最上階のエレベーター機械室などのペントハウスは階とはみなされません。
だから延べ床面積の合計に算入しなくていいのでしょうか…。
って都合のいい解釈はできますか。

Aベストアンサー

回答が真っ二つに分かれていますが、No.2の「どんな人:一般人」の方が正解です。
「階数には入らないが、やはり述べ床面積の算出の定義、「階の合計」の「階」には入る、と解釈ですね?」で正解です。
一方で「階(数)に入らない」と言っていて、「各階の床面積の合計」なのだから、算入しなくても良いのでは、私も昔、そう思ったことがありましたが、ダメでした。
結果としては「残念ながら」ですね。

Q採光計算 上部にバルコニーがある場合のD/H

3階建の戸建住宅を計画中ですが、一室有効採光がどうしてもとれない部屋があり困っております。

そこでふと思ったのですが、
たとえば、
1階の居室の窓の上部にバルコニーを出した場合。
水平距離(D)は小さくなります。
垂直距離(H)は、窓の中心からバルコニーの手摺天端までの距離となり、屋根先でとるよりも、短い距離となります。
このように考えてバランスさせれば有効採光がとれる状況にありますが、考え方としてあっているのでしょうか。
1階の壁面が出る訳では無いので、垂直距離(H)のとり方に不安が残ります。

Aベストアンサー

3階建と採光はいつも悩みますよね。狭小地に建つことがほとんどだし...

で、質問の答えとしましては、一般的に軒先とバルコニー等で
計算してみて厳しいほうを選択します。

分かりやすいPDFがありました。
http://www.ura410.com/00_ura410/syuppan/05_saikou.PDF

>有効採光がどうしてもとれない部屋が
ぶっちゃけ納(うわっ何をすqあwせdrftgyふじこlp

Qショールームの用途区分は?

「ショールーム」の用途は何になるのでしょうか?
ショールームといっても様々で、営業実態によって行政が判断するのでしょうが、
建材メーカのショールームで、事務所の会議室みたいなところで建材の案内をしてくれるようなところもあり、その場合は「事務所」なのでしょう。「サービス店舗」と判断する場合もありますかねぇ?
明確な線引きはないのだと思いますが、過去の事例みたいなものがあれば教えていただければと思いました。
ちなみに、用途変更にかかるかどうかの判断をしておきたい為です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

行政で判断が分かれるかもしれませんが、

主たる用途がショールームであるのならば、
「展示場」で特建扱い
主たる用途が、事務所・会議室で、一部分で展示するのなら
「事務所」で非特建
物品販売は伴わないが、商談・それに基づく金員のやり取りが主目的なら
「サービス店舗」ではないでしょうか。

過去の事例ですが、某メーカーの事務所兼ショールームですが。
2階が全て事務室、1階にサンプル倉庫と、それをお客さんに見せるためのスペースと言う計画では、主用途=事務所、これに付随する倉庫・展示室という解釈で
「事務所併用倉庫」となった事例がありました。

Q木造2階建230m2の戸建の排煙窓の要否についての質問です。

木造2階建230m2の戸建の排煙窓の要否についての質問です。
現在、工務店と詳細設計をしておりますが、在来木造2階建で床面積は230m2、1階のリビングは約8帖程吹抜けになっており、吹抜け部分で外に面している窓は全てFIX窓になっています。 また2階の居室(2部屋)からは吹抜けの方に開き戸があります。
昨日、モデルハウスをいくつか見て回ったところ、吹抜けには開閉窓が取り付けられているところが殆どで、その理由は床面積200m2超は法規制により排煙窓が必須とのこと。
今回の私の新築の吹抜けには排煙窓が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

建築基準法によりますと居室(常時使用する部屋)に床面積の50分の1以上の排煙に有効な開口部が必要になります。もしこれに則れない場合は排煙設備が必要になります。

ちなみに200m2以下では必要ないわけではなく告示の1436号にて緩和されているのでチェックされないだけですね。

例えばリビングの床面積が30m2程度でしたら、その50分の1ですので0.6m2の排煙に有効な開口部を設けなければなりません、他の居室についても同様です。

ちなみにこの「排煙に有効な開口部」と言うのは天井面より下方80cm以内の距離にあるもののみが有効になります。

つまりリビングが吹抜けになっていてる場合かなり高い位置に排煙に有効な開口部を設けなければならないという事になりますね。FIX窓では排煙に有効とはみなされませんのでご注意を。

Q店舗併用住宅について

店舗(美容室)併用住宅を設計しているのですが、数点疑問な点がありますので教えてください。

店舗(美容室)面積30m2、住宅部100m2
新築 木造2階建て
都市計画区域内で、用途地域・防火地域等は指定なし

(1)上記店舗併用住宅は特殊建築物へ該当するか?

(2)排煙窓の設置について
 店舗部の無窓条件はクリアしているのですが、(1)の特殊建築物に該当した場合は排煙窓が必要か?

(3)確認申請の際には、建築士の設計による4号建築としての特例が適用されるのか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

店舗等の併用住宅の場合
排煙規制は、店舗部分のみに規制を受けます。
有効採光1/20以上、有効排煙1/50以上確保されていれば、改めて排煙窓の設置は必要無し。

延200m2未満なので住宅部分に、排煙規制は掛かりません。

また、4号建築物申請となります。
計画敷地に物置等の建物が既に建っていれば、申請工種は、増築となります。
何も建っていなければ、新築申請となります。

以上

Qトイレなど非居室の排煙計算(階数が3以上の建築物で延べ面積が500㎡超のもの)

標題どおりなのですが、排煙設備が必要となるトイレは、
どのような設備が必要となるのでしょうか?
1/50の排煙開口を階ごとにとれば、OKですか?

Aベストアンサー

建物にどのような排煙設備が設置されているかで違ってきます。
トイレに面する廊下が自然排煙の場合で、トイレが区画形成されている場合は、告示適合もしくは、自然排煙のどちらでもかまいません。
トイレが区画形成していない場合は、廊下と一体の排煙区画とすれば良いです。
トイレに面する廊下が機械排煙の場合で、トイレが区画形成されている場合で、トイレに機械排煙を設置しない場合は、扉で排煙区画を形成して、告示適合もしくは、自然排煙とすれば良いです。
トイレに機械排煙の排煙口を設置する場合は、区画形成は垂れ壁でも、垂れ壁+扉のどちらでも良いです。
異種排煙の混用の場合は、機械+自然もしくは、機械+告示の場合は区画形成は扉もしくは壁の必要があります。
自然+告示の場合は、垂れ壁だけで区画形成出来ます。(告示で扉が規定されているものを除く)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A