ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

驚き桃の木山椒の木という言葉の由来を教えてください。
なぜ桃の木と山椒の木なのかなど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

語呂合わせですね。


以前、質問があった「合点承知之介」のようなものと思います。
下記を参照してください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=311721
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
桃と山椒の木には関係がないんですね。
それにしてもなんでわざわざ桃と山椒を選んだんですかねー?
不思議ですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/10/07 13:00

タイムボカンシリーズでよく耳にした言葉ですね。


八奈見乗児さんでしたっけ?

付けたし言葉だそうですよ。
こんなに長い言葉だったなんて、いやはやほんとに驚き!
もう少しフォローが必要でしょうね。

ところ「いやはや」って?!
なんて、お聞きにならないでくださいね。

参考URL:http://www3.ocn.ne.jp/~morinaga/annshou1/tuketas …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
桃の木と山椒の木には特別な関係はないんですね。
参考になりました。

それにしてもタイムボカン、懐かしい。

お礼日時:2002/10/07 12:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「がってんしょうちのすけ」って誰?

時代劇などで、物事を了承したときに
「合点承知之介」って答えることがありますが(字は違うかも)、
なんで「合点承知」のあとに「のすけ」ってつけるんですか?

「のすけ」っていうからには、人の名前ですよね。
「しょうちのすけ」とか「ちのすけ」とかいう人がいたんでしょうか?
それとも何となく語感がいいからとか...。

ご存知の方、ぜひよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。

「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。

「その手は桑名の焼く蛤」というのは、桑名の名産が、江戸時代は蛤で、東海道の旅行をすると、桑名の焼き蛤を食べるのが有名だったのです。「その手は食わない」という処を、「食わない」を「くわな(桑名)→の焼き蛤」と続けて、地口にしたものです。

「恐れ入りやの鬼子母神(きしぼじん)」というのも、「恐れ入った」というのを、「恐れ入りま(や)した」から、「恐れ入りや→いりや(入谷)」と「や」を付けて展開し、江戸の入谷には、有名な鬼子母神を祭った像があったので、「恐れ入り→入谷の鬼子母神」と冗談を言っています。

ふうてんの寅さんが、論理的には支離滅裂だが、連想の仕方が面白い言葉を、戸板に水と語呂良く並べたてるのも地口の一種で、江戸時代は、庶民も相当な言葉の教養を持ち、俳諧、狂歌、川柳などで、遊んだのであり、たくさんの地口や面白い表現が作られ、それが、現在まで残っているのです。

「東海道中膝栗毛」などには、こういう地口が一杯載っているようです。しかし、言葉遊び的な要素は、昔からの文学の技巧にあったとも云えます。和歌で、「松」と「待つ」をかけるなどは、常套の技法でした。「そういうことも有馬山」というのは、江戸時代ですが、これも、「そういうこともあります」の最後を、「有馬山」にかけているのです。

枕詞というのも、一種の地口かも知れません。滑稽さというようなものではありませんが。「山鳥の尾のながながし夜をひとりかもねむ」などは、付け言葉が後に付くのと反対に、前に付いているとも云えます。

語呂合わせではありませんが、美人を、「何々小町」と、何々に地名などを付けて呼ぶのは、小野小町から来ていますが、「土左衛門」が水死体というのは、江戸時代にそういう名の力士がいて、よく似ていたので、そうなったのだという話があります。

明治時代に作られた、教育目的の話のなかで、登場人物の名が、その職業を表すというようなものもありました。例えば、商人の名が、金尾貯蔵(かねおためぞう)とかいうような類です。

日本だけでなく、中国にも、西欧にも、こういう言葉の冗談・洒落・地口の類はありました。

ディッケンズの「クリスマス・カロル」の主人公はスクルージと言いますが、あの名は、英語の動詞に、強欲に奪うとか何かそういう意味の言葉があり、それに音が類似しているのです。また、「羊たちの沈黙」や「ハンニバル」に出てくる、狂った天才、ハンニバル・レクター博士を、「カンニバル・ハンニバル」というように呼びます。

ハンニバルは、Hannibal で、紀元前にローマと戦ったカルタゴの将軍の名前から来ていますが、カンニバルは、cannibal で、これは「食人種」という意味です。ハンニバルという人の悪い綽名で、カンニバルと呼ぶことはあるのですが、レクターの場合、文字通り、「人食いハンニバル」です。

その他、語呂合せの類とか、もっと複雑な言葉の洒落や地口が、世界中の文化であります。

>二升五合
>http://village.infoweb.ne.jp/~tkoikawa/zatsugaku/tonchinkan1_20/nishogongou.htm
 

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~tkoikawa/zatsugaku/tonchinkan1_20/nishogongou.htm

 
これは、広い云い方では「地口」と言い、江戸時代に非常に流行しました。「合点承知之介」というのに似たものは、「冗談は由之介」というようなものがあります。

「合点承知」の場合は、前の表現に関係なく、付け足しているようですが(ただ、「承知した、俺は、合点承知之介だ」というような意味で地口になっているのでしょう)、「冗談は」の場合は、「冗談はよしてくれ」と続く所を、「よしてくれ」の代わりに、「由之介(よしのすけ)」となっているのです。

「その手は桑名の焼く蛤」というのは、...続きを読む

Qヤットデタマン

ヤットデタマンの中にでてきたお決まりのセリフ、
なんでもいいですから、思い出させてください。
最近無性になつかしいです。
「おどろき、もものき、さんしょのき、ぶりきにたぬきに洗濯機!
やってこいこい大魔人!」
だったっけ?あってます?あの戦闘ロボットの名前「大魔人」でしたっけ?
敵を負かしたあとに、彼のお決まりのセリフがなにかあったと思うんですが、
なかなか思い出せません。だれか助けてください。

Aベストアンサー

きめ台詞は、「罪を憎んで人を憎まず」じゃ、なかったですか?でも結局悪口をいって最後はお決まりのパターンって感じでしたよね・・・。

Q付け足し言葉の意味を教えて下さい。

付け足し言葉の意味や解説が知りたいのです。

驚き桃の木山椒の木(おどろきもものきさんしょのき)
あたりき車力よ車引き(あたりきしゃりきよくるまひき)
蟻が鯛なら芋虫や鯨(ありがたいならいもむしゃくじら)
嘘を築地の御門跡(うそをつきじのごもんせき)
恐れ入谷の鬼子母人(おそれいりやのきしぼじん)
おっと合点承知之助(おっとがってんしょうちのすけ)
その手は桑名の焼蛤(そのてはくわなのやきはまぐり)
何か用か九日十日(なにかようかここのかとうか)
何がなんきん唐茄子かぼちゃ(なにがなんきんとうなすかぼちゃ)

桑名が焼き蛤で有名だった?事位しかわかりません。

上記以外にもありましたらお願いします。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

講談や啖呵売、あるいは川柳・雑俳、それに落語や都都逸など、主に感動詞に駄洒落や語呂それにまぜっ返しで遊ぶ付回し言葉には限りがありません。
・おどろき…驚き桃の木山椒の木
「うらやましい…裏山椎の木山椒の木」と同形合わせ。
・あたりき…あたりき車力は車曳き
「あたりまえ」の職人言葉で、車力と続けて、それは車曳き者のことだと説明合わせ。
「あたりき車力けつの穴ブリキ」では、バケツがブリキ製と、説明あわせでもじっている。
・ありがたい…蟻が鯛なら芋虫や鯨
この後に「百足(むかで)汽車なら蠅(はえ)が鳥」と続く。
「蟻が十なら芋虫や二十、蛇は二十五で嫁に行く」と同形の交ぜっ返しも。
「ありがとうござる…蟻が十匹猿五匹」も同曲。
「有難いか平目か」なら竜宮城なみか。
・うそをつく…嘘を築地の御門跡
築地には西本願寺の別院があるので。
「嘘を筑紫(つくし)」も同曲。
・おっと…おっと合点承知之助
「おっと来た…おっと北野の天満宮」
「おっとあります…おっと有馬の水天宮」
「いやじゃありませんか…いやじゃ有馬の水天宮」も同形。
・まいった…参ったさん、成田山
・いまいち…今市なら日光の手前
・そうか…草加越谷、先住の先
・うまかった…旨かった牛負けた
・なんだ…何だら法師柿の種
.まっぴらごめんなさい…真っ平御免な菜箸(さいばし)火吹き竹
「まっぴらごめん…真っ平御免素麺冷や素麺」も同曲。
・さよなら…さよなら△また来て□

講談や啖呵売、あるいは川柳・雑俳、それに落語や都都逸など、主に感動詞に駄洒落や語呂それにまぜっ返しで遊ぶ付回し言葉には限りがありません。
・おどろき…驚き桃の木山椒の木
「うらやましい…裏山椎の木山椒の木」と同形合わせ。
・あたりき…あたりき車力は車曳き
「あたりまえ」の職人言葉で、車力と続けて、それは車曳き者のことだと説明合わせ。
「あたりき車力けつの穴ブリキ」では、バケツがブリキ製と、説明あわせでもじっている。
・ありがたい…蟻が鯛なら芋虫や鯨
この後に「百足(むかで)汽車...続きを読む

Q驚き、桃の木、山椒の木・・・

はじめまして。
33歳の会社員です。
上司からの宿題で「驚き、桃の木、山椒の木、狸にブリキに蓄音機」の6単語の共通点は何だ?
と言われわからず、悩んでます。
だれかおしえてぇ~~
ヒントは、(1)英語の不定冠詞(2)哲学に関係する
とのことでした。
当たり前ですが、なぞなぞではありません。また、本来の「き」で終わる単語でもないんです。
発見者京都大学M教授が子供に英語を教える時に
きがついたらしいです。
どうぞ宜しく御願いします。

Aベストアンサー

??ですが、子供の英語のごろあわせということであれば、
驚きSUrprise、桃の木Peach、山椒のPepper、狸にRAccooN、ブリキTin plate、に蓄音機Phonograph」
から予想される意味有る言葉は、
supper antiphon 夕食合唱詩歌
あるいは super antiphon スーパー合唱詩歌
かも?自信無しですね。

Q「わがままボディ」の由来について

よくグラビアアイドルを表す表現として
「わがままボディ」
という言葉が使われますが、これの由来は何なのでしょうか?
意味としてはナイスバディということでわかるのですが、由来と、できれば初出が知りたいです。

ネットで調べたり、知人と話し合った結果
1・魅力的な肉体を持っている女性はワガママ。あるいは(男性に対し)ワガママが言えるというイメージから
2・バストサイズ的に、着る服を選ぶことから、体自体がワガママ
のいずれかと思うのですが、いかがでしょうか。

他に、「肉感的である」というところから、エロい意味での「欲しがり=ワガママ」という意見も聞きました。

皆様の意見をお伺いしたいです。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

「わがままボディ」という言葉についつい釣られて見てしまいますよね。

こういうキャプションがついている女性の場合、大体「ゆたかな胸・くびれた腰・大き目のお尻」のようないわゆる「豊満」な体であることが多いでしょう。

はい、分かりましたね。

豊満→放漫→わがまま

という転化(言葉遊び)です。


人気Q&Aランキング