降りさして下さい。過ごさして戴いた。飛ばさしておく。止まらしておく。等々。
従来、これらに出合うたびに鬱陶しく感じ、何処の方言だ?と思ったりしていました。この度、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC% … に出合い、昭和10年代には、これでよかったことを知って納得しました。ここまではよいのですが、文法の上からは説明が付けられません。
今日の「降りさせて」の場合、自己流ながら「降りる(上一)の未然形」に下一型の助動詞「させる」の連用形が接続したものとして説明が付きます。
昭和10年代の「降りさして」の場合、どう説明されるのですか。単純に助動詞「させる」がなく「さしる」があったというだけの話ですか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

例によって情報提供だけで失礼します。



口語文法講座3「ゆれている文法」(昭和39年11月15日初版、明治書院)に、
 「行かせた」と「行かした」
という論文が収められています。ぜひお読みになってください。手に入るかどうか不安ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご紹介下さった口語文法講座3「ゆれている文法」は借用可能とのことですので手配しました。金田一京助著「文法のもひとつ奥」は金田一京助全集、巻3に収録されていることが判明したので併せて依頼しておきました。
本来は両書を読了した後でないと適切なお礼はできません。が、それを待っては大分先になりそうですのでお礼を述べてしまいます。毎度、有り難うございます。またの機会にもよろしくお願いします。

お礼日時:2008/02/04 21:44

「さして」は「さす」の連用形+接続助詞「て」ということですが、


違和感があるとすれば、もとの「さす」が古い表現だからでしょうか。「さす・さして」が方言として残る地域にも心当たりがあります。古い言葉が多く残っている上方方言圏です。「さす」を遡れば「せさす」だそうですが、これは聞き覚えがありません。

「さす・さして」は、日国には明治・大正期の用例が出ています。「させる・させて」の境目が昭和10年代かどうかはわかりませんでした。
以下、『江戸語大辞典』『大阪ことば事典」の用例と合わせて引いておきます。
----------
『日本国語大辞典』(小学館)
さす
[一]《他サ五(四)》人にある動作をするようにしむける。させる。
 *歌舞伎・傾城仏の原(1699)一「内へ呼んで話をさして顔を俺に見せよ」
 *多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前・九「姻家(さと)の母親などに対しても、こんな無法な事を為(サ)しては合はす顔もない」
 *或る女(1919)〈有島武郎〉前一一踏みちがへたのは、誰がさした事だ と」
 *苦の世界(1918-21)〈宇野浩二〉五・一「君にももっとらくをさしてあげられたかもしれんよ」
[二]《他サ下二》⇒させる。
----------
『江戸語大辞典』(前田勇編、講談社)
さす《動・助動サ五》「させる」に同じ。
 明和初年ヵ・遊子方言「なんにもしろ提灯付さしてくんなさい」(助動)
 天保三年・春色梅児誉美二ノ五「肌身を汚すやうな勤めをさしては、女達(をんなだて)と他にいはれた私が外聞」(動)
----------
『大阪ことば事典』(牧村史陽編、講談社学術文庫)
サス
 (1)させる。 [例]わてにサセとくなはれ。あいつにサシたれや。
 (2)(助動) 動詞について、それをさせる意になる。 [例]寝サス。話サス。止めサス。
----------

ついでに、『ChaSen(茶筌)』で形態素解析した結果を以下に示します。
「食べさして」を追加してみました。
-------------------
食べ   食べる  動詞-自立   一段 未然形
さし   さす   動詞-接尾   五段・サ行 連用形
て    て    助詞-接続助詞  

降り   降りる  動詞-自立   一段 未然形
さし   さす   動詞-接尾   五段・サ行 連用形
て    て    助詞-接続助詞

飛ば   飛ぶ   動詞-自立   五段・バ行 未然形
さし   さす   動詞-接尾   五段・サ行 連用形
て    て    助詞-接続助詞  

過ごさ  過ごす  動詞-自立   五段・サ行 未然形
し    する   動詞-自立   サ変・スル 連用形
て    て    助詞-接続助詞  

止まら  止まる  動詞-自立   五段・ラ行 未然形
し    する   動詞-自立   サ変・スル 連用形
て    て    助詞-接続助詞
-------------------
食べ   食べる  動詞-自立   一段 未然形
させ   させる  動詞-接尾   一段 連用形
て    て    助詞-接続助詞

降り   降りる  動詞-自立   一段 未然形
させ   させる  動詞-接尾   一段 連用形
て    て    助詞-接続助詞

飛ばさ  飛ばす  動詞-自立   五段・サ行 未然形
せ    せる   動詞-接尾   一段 連用形
て    て    助詞-接続助詞

過ごさ  過ごす  動詞-自立   五段・サ行 未然形
せ    せる   動詞-接尾   一段 連用形
て    て    助詞-接続助詞

止まら  止まる  動詞-自立   五段・ラ行 未然形
せ    せる   動詞-接尾   一段 連用形
て    て    助詞-接続助詞
-------------------
参考:
『ChaSen(茶筌)』→ http://chasen-legacy.sourceforge.jp/

この回答への補足

ご回答は有り難く、きちんと読みました。感想を記してお礼とします。疑問文や問い合わせ文になっていても特に折り返し、ご返事を要求するものでも拒否するものでもありません。全くのご自由です。多分、文法で一括りに出来ない事情があるのだと思います。看過できない考え違いがあれば訂正を願います。

1 >>「さして」は「さす」の連用形+接続助詞「て」ということですが、
ANo.1のお礼の欄は今の時点では納得していません。正しいのかもしれませんが今のところ無条件で、こう言える資料には出合えないでいます。
条件付きで、この説の裏づけとなる国語辞典が一つ見つかりました。
三省堂、新明解国語辞典の「さ・す」に(助動・五型)[近畿・中国・四国の方言]との記事があります。これはANo.1のお礼の欄の後ろ盾になりますが、方言では困ります。

2 >>『日本国語大辞典』(小学館)に関連して
《他サ五(四)》の意味がよく分かりません。
「降りさして」は「降り」にサ行五段活用の動詞「さす」の連用形が接続したものと考えるのですか。この場合「降りささない」を正当と認めることになるのですね。
「降りさして」は「降り」にサ行四段活用の動詞「さす」の連用形が接続したものと考えるのですか。この場合「降りささない」を不当と認めることになるのですね。
これらの両者が混在していて甲乙着け難いというのですか。

3 >>『江戸語大辞典』(前田勇編、講談社)に関連して
>>さす《動・助動サ五》「させる」に同じ。
《助動サ五》から、1が必ずしも近畿・中国・四国の現象でなく、古くは江戸でも慣用だったということでしょうか。
《動・五》から、『日本国語大辞典』(小学館)と共通した認識でしょうか。

4 >>『大阪ことば事典』(牧村史陽編、講談社学術文庫)に関連して
活用形がないのが残念です。しかし、ややこしい議論の源は伏せておくのが賢いのかもしれません。

5 >>『ChaSen(茶筌)』で形態素解析した結果 に関連して
動詞「させる」の存在はよいとして「飛ばさせて」、「過ごさせて」、「止まらせて」の「せ」が動詞「せる」だというのは合点がいきません。国語辞典に動詞「せる」がありますか。

金田一京助は、昭和10年代には「降りさして」が正しい、と無条件で言っているのですかね。「文法のもひとつ奥」を読む必要がありそうです。
何はともあれ、口語文法講座3「ゆれている文法」の、「行かせた」と「行かした」を読むのが先決のようです。
毎度のことながら有り難うございます。またの機会にもよろしくお願いします。

補足日時:2008/02/04 21:46
    • good
    • 0

続きです。

正しくは、

未然形 降り・ささ・ない。
    降り・さそ・う。
連用形 降り・さし・た。
終止形 降り・さす。
連体形 降り・さす・とき。
仮定形 降り・させ・ば。
命令形 降り・させ。

です。

耳障りであるかは主観的生理的問題で、
文法的分析とは関係ありません。

この回答への補足

これはお礼の欄に記入した後で記しています。
お礼の欄の
「分かりました。」と「本日中に何方からも新たな寄稿がないときは都合のよいときに締め切ります。」を撤回します。
もたついて済みません。

ANo.1、ANo.2の前提を確認させて下さい。ANo.1、ANo.2は
「昭和10年代に『降りさして』が正しい用法だったとすれば」が前提ですか、
それとも
「昭和10年代には『降りさして』が正しい用法であって」が前提ですか。

事情が許せばご返事を下さいませ。決して急ぎません。
なお、調べごとを要するときには、お礼が遅れます。ご理解下さい。

補足日時:2008/02/03 11:14
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。
五段活用とのことですので表記は「さしすせそ」が端的に表れるようにしただけです。

>>耳障りであるかは主観的生理的問題で、
>>文法的分析とは関係ありません。
もとより承知しています。「こうであったと言われれば納得するしかありません。」。これは承知している人間の表現です。

本日中に何方からも新たな寄稿がないときは都合のよいときに締め切ります。

お礼日時:2008/02/02 09:54

「降りさして」の「さし」は、


助動詞「さす」の連用形です。
五段活用です。
意味は「させる」とまったく同じです。

この回答への補足

早々のご返事、有り難うございます。
助動詞「さす」が五段活用で、その連用形とは、よく分かりませんが次の活用でよいのですか。ご訂正下さいませ。
未然形 降りさ・さない。
・・・・・・・降りさ・そう。
連用形 降りさ・した。
終止形 降りさ・す。・・・・・・(a)
連体形 降りさ・すとき。
仮定形 降りさ・せ(れ)ば。(b)
命令形 降りさ・せよ。・・・・(b)

万が一、上でよいとしても(a)、(b)辺りが抵抗ないか、辛うじて許容されるかの程度で残りは耳障りで叶いません。こういう言葉遣いを見聞するのなら昭和10年代との言語感覚より平安時代との言語感覚の方が近いとまで言いたいほどです。といっても昭和10年代には、こうであったと言われれば納得するしかありません。
訂正の件、よろしくお願いします。決して急ぎはしません。

補足日時:2008/02/02 07:58
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中一レベルの英語を大人になってやるには・・・?

27歳の男です。英語の勉強を中一から再チャレンジしたいと思いますが、中一の教科書などからやるのと英検5級などからやるのはどちらがいいと思いますか?

(1)中一の簡単な単語は教科書読みましたが全て読めて意味もわかります。ですが書けないのもあります。
(2)文法は簡単なのは読み・書き・理解も出来ますが会話になると書けません。
(3)1月から12月まで読めてもMayとJune以外書けません
(4)日曜から土曜まで読めても書けません

こんなレベルです・・・
今、二部大学の社会福祉学科通っていますが、二部は英語は必須ではないし受験でも二部は英語はなく二科目受験でしたし、高校も定時制で英語はないのと同じでした・・・
なので英語から遠ざかっています。
でも昔は単語も読めなかったけど最近は洋楽を多少聞くのでマシになりました。(マドンナ大好き♪) ローマ字も書けない時ありましたので・・・ でも単語をローマ字読みしてしまうクセは直りません。
話は反れましたが・・・中一からと英検5級から、どちらがお勧めですか???

追記・・・
・中一の本を本屋で買う恥ずかしさはありませんので大丈夫です。
・塾などではなく独学でやりたいです。
・仕事もしているので長時間は無理で週三回、一回2~3時間でやる予定です。
・目標は中三までの英語です。

27歳の男です。英語の勉強を中一から再チャレンジしたいと思いますが、中一の教科書などからやるのと英検5級などからやるのはどちらがいいと思いますか?

(1)中一の簡単な単語は教科書読みましたが全て読めて意味もわかります。ですが書けないのもあります。
(2)文法は簡単なのは読み・書き・理解も出来ますが会話になると書けません。
(3)1月から12月まで読めてもMayとJune以外書けません
(4)日曜から土曜まで読めても書けません

こんなレベルです・・・
今、二部大学の社会福祉学科通っていますが、...続きを読む

Aベストアンサー

英検は基礎からやり直すというより、試験勉強という気がします。

それも勉強にはなりますが、少し英語勉強をしてみてから、力試しとか仕上げとして英検にチャレンジしたら良いんじゃないでしょうか。
5級が中学初級、4級が中級。3級が中学卒業レベルですが、3級から二次面接があります。
http://www.eiken.or.jp/exam/index.html

勉強の仕方は、他の方々からの回答やアドバイスがそれぞれに役立つと思います。
基本的な方針というのはあると思いますが、具体的な方法は正しいやり方が1つだけというわけではないので(健康のための食事やエクササイズと同じです。バランス良い食事・食べ過ぎず・適度な運動・・・で自分の場合は何の運動が続けやすいの?というような)、「自分が解りやすい教材」「続けやすい方法」を選んだり、やり方を組み合わせたりしてみるといいと思います。
勉強用だけでなく洋楽とか英語に関する好きなものを取り入れるのも良いです。

>(4)日曜から土曜まで読めても書けません

実は私も一部怪しいです。英検準1級に受かったのに。
漢字を書かないと忘れてしまうのと同じで(だと思うんですが・・・)、英語も書かないと、読めても書けなくなります。

社会人で週3回、1回2-3時間できれば長時間のほうではないかと思いますが・・・・。
長い時間できなくても、ちょくちょく英語に触れて続けるのが大事。
多少間が空いてもそこで諦めず、また再開したらいいです。休憩。
http://allabout.co.jp/gs/englishagain/closeup/CU20070105B/index2.htm
http://1toeic.com/howto2/motivation/000395.html

記憶力を高める方法
http://1toeic.com/howto2/memory/index.html


発音は、カタカナ発音で覚えているとリスニングで困るので、発音記号を覚えてしまうと便利ですよ。
最初は面倒かもしれませんが、覚えてしまえば辞書を引いて発音記号を見ただけで読み方がだいたい解るようになりますし、リスニングにもスピーキングにも生かせます。

参考URL:http://fstc.hp.infoseek.co.jp/link.htm

英検は基礎からやり直すというより、試験勉強という気がします。

それも勉強にはなりますが、少し英語勉強をしてみてから、力試しとか仕上げとして英検にチャレンジしたら良いんじゃないでしょうか。
5級が中学初級、4級が中級。3級が中学卒業レベルですが、3級から二次面接があります。
http://www.eiken.or.jp/exam/index.html

勉強の仕方は、他の方々からの回答やアドバイスがそれぞれに役立つと思います。
基本的な方針というのはあると思いますが、具体的な方法は正しいやり方が1つだけという...続きを読む

Q漢字の止の語源は足で進むという意味があると言っていたが、進むという漢字も進む意味がある。 漢字の止ま

漢字の止の語源は足で進むという意味があると言っていたが、進むという漢字も進む意味がある。

漢字の止まるも進むで、進むも進んで、昔の人は止まるという意味の漢字は無かったんでしょうか?

武士の武の語源を戈に止まると書いて、戦いを無くすのが武士だと言ったら、違う。

戈を止は戈を進めるという意味だと指摘が入ったので質問です。

指摘が間違ってませんか?

Aベストアンサー

いえ。指摘は間違っていません。
そもそも「止」は「一本線上のあしあと(趾)」「立ち止まった状態」を意味するのですが、転じて、「あしあとを残す」すなわち「進む」という意味合いをも持つようになったからです。

たとえば、「祉」。「礻」は「神にいけにえを捧げるための台」を意味するので、本来は「いけにえを捧げるために立ち止まった状態・行為」のことです。
しかし、その行為そのものが「幸せが進むように」という願いから行なわれるものだったので、転じて「幸せを追い求める・幸せに向かって進む」という意味合いとなり、「福祉」という言葉も生まれました。

一方、「進」。
こちらは「辶(辵)」が「十字路上で立ち止まっている状態」をあらわします。もともとの甲骨文字の中に、「止」が含まれています。
「隹」は鳥の象形です。
つまり、「進」も「立ち止まっている状態」を意味したものの、転じて、「十字路から先に向かう」すなわち「進む」という意味合いを持つようになりました。

ということは、「昔は「立ち止まった状態(止)」のままでい続けることを善しとはせず、次の段階(進む)を常に意識していた」ということが言えてくるのではないかと思います。

「武」は「戈(矛)」を「止」める、という意味であることから、一見「戦いを止める(なくす)」といった解釈ができそうですが、実は、上で記したように「止」が「進」という意味合いを持つので、「矛をふりかざして、勇壮に歩く(勇壮に進む)」という意になります。
結局、指摘されたことそのもの、というわけですね。間違ってはいなかったわけです。

いえ。指摘は間違っていません。
そもそも「止」は「一本線上のあしあと(趾)」「立ち止まった状態」を意味するのですが、転じて、「あしあとを残す」すなわち「進む」という意味合いをも持つようになったからです。

たとえば、「祉」。「礻」は「神にいけにえを捧げるための台」を意味するので、本来は「いけにえを捧げるために立ち止まった状態・行為」のことです。
しかし、その行為そのものが「幸せが進むように」という願いから行なわれるものだったので、転じて「幸せを追い求める・幸せに向かって進む」...続きを読む

Q描きました!中一です!

描きました!
中一です!

Aベストアンサー

上手だと思いますよ。足元をしっかり描くといいですよ。まだ下書き段階ですよね?あと、手を出して描きましょう。手は難しいですけど、手を隠してると動きがない絵になりますよ。

Q昭和30年代の促音の表記方法

昭和37年に書かれた文章中、促音が小文字でなく、全て普通の大きさの文字で表記されているものを見つけました。前後に書かれた本でも同様の表記方法をとっているものがあります。
例えば、「ちょっと」を「ちよつと」、「・・・であった」を「・・・であつた」と表記する類です。
このような表記方法は当時一般的だったのでしょうか?このように書く人の比率はどの位だったのでしょうか? 
国語関係の審議会か何かで促音は小文字で書くことが打ち出されたのはいつ頃でしょうか?

Aベストアンサー

『現代かなづかい』(和21年11月16日 内閣告示第33号)は改正され、
『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)が出ていますが、
ここでも「なるべく」にとどまっています。

>第1(原則に基づくきまり)
>2 拗音
>  〔注意〕 拗音に用いる「や,ゆ,よ」は,なるべく小書きにする。
>4 促音
|  〔注意〕 促音に用いる「つ」は,なるべく小書きにする。

昭和21年の「現代かなづかい」以降、新聞記事や学校教科書その他の公用文はこれに則っているはずです。

ちなみに、法令の条文については、戦後もずっと旧来の慣習を踏襲していましたが、平成元年1月以降に制定された法令は小書きに変わりました。下記はその通知文書です。通知文書の本文そのものは小書きになっていなかったりします。
→ http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Bunsyo/yayuyotu.html
『法令における拗音及び促音に用いる「や・ゆ・よ・つ」の表記について(通知)』
   (昭和63年7月20日 内閣法制局総発第125号)

そのほか、公用文でも拗音や促音を小書しない慣習が残っている場合があるようです。
たとえば、ネット上に公開されている自治情報センター(総務省所管の財団法人)の『地方公共団体コード住所一覧』は、ごく最近まで市区町村名のふりがなの拗音・促音が小書きになっていませんでした。現在は、わざわざ「ふりがな小書」と明記されています。
→ http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/com/addr/kaku_ken/hokkaido.htm
  現在「さっぽろしちゅうおうく」
  以前「さつぽろしちゆうおうく」 …など。


現行版の「現代仮名遣い」は、「現代の国語を書き表すためのよりどころを示すもの」であり、「科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない」と、前書きに明記されています。たとえば作家の丸谷才一氏の文章は、歴史的仮名遣いで書かれています。当然ながら拗音や促音は全て小書きではありません。(漢字は新字体を使用)

質問者さんがお読みになった船会社の社報の文章も、その社長個人の信条や社報の編集方針として旧仮名遣いを使用しているものと思われます。印刷所は、発行者・出版元の編集方針にもとづき原稿通り忠実に組版・印刷することが使命です。歴史的仮名遣いを使用する方針で書かれた原稿に間違って拗音や促音が小書きされていれば、校正できちんとチェックが入ることでしょう。校正者や組版担当者が無断で文章を変更することはありません。

『現代かなづかい』(和21年11月16日 内閣告示第33号)は改正され、
『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)が出ていますが、
ここでも「なるべく」にとどまっています。

>第1(原則に基づくきまり)
>2 拗音
>  〔注意〕 拗音に用いる「や,ゆ,よ」は,なるべく小書きにする。
>4 促音
|  〔注意〕 促音に用いる「つ」は,なるべく小書きにする。

昭和21年の「現代かなづかい」以降、新聞記事や学校教科書その他の公用文はこれに則っているはずです。

ちなみに、法令の...続きを読む

Q中一です。 中間テストの数学が58点でした。 やばいですよね?

中一です。
中間テストの数学が58点でした。

やばいですよね?

Aベストアンサー

全く。やばくはないと思いますよ~

私の学校の話になりますが、私の学校の数学の先生は「だいたい平均点が50点くらいになるように問題を作る。」と言っていたのを覚えています。
他の回答者様もかかれていますが、平均点が40点とかだったら、全体に比べてできていると思いますし、
中1の数学ならまだ挽回できると思います。
中2の最後あたりが50とかだったら「頑張れ!」となりますが、
まだ中1の中間で58点なら全然大丈夫だと思いますよ。

数学はとにかく理解することと慣れだと思っているので、
問題をやればやるほどなれると思います。

本屋などで数学の問題集などもあると思いますし、「本格的にやばい!」と思ったらご購入されるのをオススメしますよ~

Q昭和50年代国語教科書に載ってた「良妻賢母」の詩

昭和50年なかば~終盤のころです。
国語の教科書に、とある女性の詩が載っていました。私は小学校2年~4年だったと思います。
「私を良妻賢母の枠にはめないで」とか、「私は風」とか「私は自由」などという内容の詩でした。
「良妻賢母」の単語は間違いなくありました。「とにかく私は自由な女でいたいのよ」というような詩です。なかなかいい詩ではあるのですが・・
おおざっぱで申し訳ないのですが、覚えている方、詩の作者を教えていただけませんか。
検索ワードをいろいろ工夫して自分なりに検索もしましたが、良く分かりませんでした。

Aベストアンサー

新川和江さんの「私を束ねないで」 
とは違うかなぁ?
「良妻賢母」の単語は無いのですが……

参考URL:http://www.teamknet.com/column050701.htm

Q数学の関数を教えて下さい。中一

数学の関数を教えて下さい。中一

Aベストアンサー

あるものに、「入力」を入れてやると、「出力」を出すとします。
この「入力」と「出力」の関係が「関数」です。

関数は英語で Function なので「機能」ということです。「入力」を「出力」に変換する「機能」ということです。

120円を入れると缶ジュースが出てくる、100円を入れるとガチャポンが出てくる、1000円を入れるとプリペイドカードが出て来る、などなど。何が出て来るかは「自動販売機」によって違います。その「自動販売機」が「関数」に相当します。

Q電車を降りると電車から降りるとどう違う?

中国人に「電車を降りる」と「電車から降りると」どこが違ってどういう風に使い分けたらいいのか聞かれました。
「電車から」のほうが、強い意味と言うか自分の意思に反して降りるときに使うように思うのですが。
たとえば、大騒ぎしている学生たちに「うるさい!!電車から降りなさい」とか
「池袋で電車から降りてそれからずっと歩いたよ」と言う場合は事故などで電車がとまって降りざるを得なかったときとかに使う、ように思うのですが。

Aベストアンサー

「電車を降りる」→電車の外に出る。
「電車から降りる」→電車から離れる。
こういったニュアンスの違いがあるように思います。
どちらも下車するという行為には違いありませんが、おっしゃるように、「電車から」のほうが【降りるという行為・動作】に着目している度合いが強い表現になるでしょう。
この例文の場合、格助詞「から」の「起点を表わす」という用法のためではないか、と思います。
「を」の場合は、同じ格助詞でも、「出発点・分離点」を表わす用法です。
つまり、
「電車を降りる」は、「降りる、という行為の出発点」として電車が存在している、というニュアンス。
降りる対象として電車がある、といった感じでしょうか。
これに対して
「電車から降りる」の場合は、「電車を起点とした降りるという行為(=電車から離れる)」に重点が置かれていることになるのだと思います。
  

Q円周率πが3.05以上になる理由を、中一でわかる詳しい説明でお願いしま

円周率πが3.05以上になる理由を、中一でわかる詳しい説明でお願いします。

Aベストアンサー

円周上の2点を直線で結んだ弦は、その部分の弧より短いので、円に内接する多角形の周長(辺の長さの合計)は円周よりも短いことになります。
直径が1の円の円周の長さは円周率の値と等しくなりますが、直径が1の円に内接する正六角形の周長は3です(正六角形を6つの正三角形に分割すればすぐにわかります)。ですから、円周率は3より大きいとわかります。同じように例えば内接する正八角形で計算すると正八角形の周長が3.05よりも大きいので、それよりさらに大きい円周率が3.05よりも大きいとわかるのです。
実際の計算は中1の段階では難しいと思いますが(正12角形のほうが簡単かもしれません)、円周率が3.05以上であることを示す方法の一つとして以上のようなものがあげられます。

Q「先に降りました」と「先に降りていた」ってどんな区別がありますか?

こんにちは、外国人です、
  日本語について、幾つか問題が伺いたいですが、

動詞の過去形 

動詞の「て」形 + 「ている」の過去形
どんな区別がありますか?

例えば:
「先に降りました」と「先に降りていた」ってどんな区別がありますか?

是非、教えていただきます、

以上、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

専門家ではないですが、日本人として回答させていただきます。

「した」は過去形、「していた」過去進行形をあらわしています。
「した」はある動作を完了したという状態です。
「していた」はある動作を継続していたという状態です。

「先に降りた」は降りるという動作をすでに完了したということです。
「先に降りていた」は降りるという動作を継続していたということです。つまり、もう降り終わったのか。それとも降りている最中だったのか。

他に例でいうと、
(1)「昨日映画を見た」(過去形)
(2)「昨日映画を見ていた」(過去進行形)

(1)「私は夢を見た」
(2)「私は夢を見ていた」
違いわかりますか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報