個人主義と私生活中心主義を調べていると、なんだか内容が
すごく似ているようなのです。
けど、先生が言うには「決定的な違い」があるらしいんです。
どうしてもそれがわかりません。分かる方、どうかおしえてください。。_(._.)_

A 回答 (2件)

 私生活主義という言葉があるのですね。

わりと定着した言葉なのでしょうか?
 こんな例で考えてみてはいかがでしょう。
 ある学級で、今度の連休に皆で金を出し合って出かけることになりました。ただし海と山と各自が選んでどちらかに行くことになりました。
 その結果、50人中40人が海、5人が山、5人が行かないと意思表明しました。ところが困ったことに、5人だと団体割引がきかないので割高になります。
 そのため学級内は、山は断念して行くのは海だけとか、10人揃えば団体割引になるから他派から5人をかき集めるとか、皆で行くと決めたのに行かないなんて奴はけしからん、などなど議論が紛糾しました。
 さて、そこで、個人主義者と私生活主義者はどうするでしょう。以下、私の考えるところの両者の行動です。
 海派の個人主義者は、山派の5人の費用も海派の40人の費用と合算して人数で割る。行きたくない人は費用を負担せず行かなくていいと主張します。
 山派の個人主義者は、1人だけでも山へ行く。高くなるけれど費用は山派5人で賄う。行きたくない人は費用は負担せず行かなくていいと主張します。
 行かない派の個人主義者は、決して行かない。費用は払わずに済むはずだが、皆で行くという話なのだから費用を負担してもいい。行き先が海だけになるのは反対だと主張します。
 私生活主義者は、せっかくの休みだから行かない。自分が行かなくて済めば、他のことはどうでもいい。海派と山派の私生活主義者も、好きなところに行かれるなら、他のことはどうでもいいと言います。
 端的に言うと、個人主義者は集団に対して自分の要求を守ると同時に他の少数の要求も守ります。集団と向き合わないと個人主義は成立しないので対集団です。私生活主義者は自分の要求が満たされればいいという没集団です。ちなみに集団主義者は50人が海、利己主義者は自分の費用が最小になることを目的に議論するでしょう。
 いかがでしょうか?
    • good
    • 0

 「私生活中心主義」は、もう読んで字の如しではないでしょうか。

「自分の生活さえ…」ってことでしょう。
 で、「個人主義」。たしかに決定的に違います。学校での問題とのことですので、ヒントに留める程度に軽くいきましょう。
 「個人」という言葉、日本語としてはかなり歴史の浅い言葉です。明治十年代くらいだったはずです。Individualの訳語として生まれました。そして同じ頃、societyの訳語として「社会」という言葉が生まれました。…いわば、対になる概念です。これがヒント1。
 両方とも「訳語」です。出所は西欧。では西欧での「個人」て、どんな感じでしょう。「神」という絶対的な存在が強く意識されていて、その神と一対一で向かい合う…ような「個人」。自立…責任…社会との関わり…。…これが第2ヒント。

 もしよかったら、これを読んで感じたこと、考えたことを補足という形で書いてみて下さい。「教える」のではなくて、あなたが「考える」ことを手伝ってみたい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私生活中心主義について教えてください

高校のレポート提出で困ってます。
ミーイズム(私生活中心主義)について教えてください(説明してください)。
なるべく、具体的にお願いします。

Aベストアンサー

レポートで満点を取るように、他の人が考えつかない視点を教えましょう。

一般的にはミーイズムは自分勝手な人間が「俺が俺が私が私が」と主張する様を指して作られた造語です。

これらは、自分の充たされない思い(人に認められたい、愛されたい、ものが欲しい、SEXを存分にしたい、お腹いっぱいものが食べたい)の欠乏を最重要に考える人間を指します。

こうした人間は、普通は非常にわがままで、周囲からそれとすぐに気づきますが、おっしゃられているように、「ミーイズム=私生活中心主義」というとらえかたは最近の若者を表している的確な表現だと思います。

つまり、他人のことを顧みない自己中心的な考え方と、一方で友達が欲しいとか、仲間はずれにされたくないという人との結びつきを求める気持ちが両方存在し、ともに解決する、問題をなるべく起こさない方法として、部屋にこもってインターネットに没頭したり、ゲームに熱中したりするのです。

他人とふれあうことで傷つくのを極度に恐れているのですね。(多少何か言われたくらいですぐに傷つくのは、繊細であると言うより、まさに自分のことばっかり考えているからでしょう)

ちょっと前10年~20年くらい前の若者と言えば、自己中心性が他者攻撃と非常に密接に結びつき、分かり易い例としては校内暴力という社会現象がありました。

今もそうしたものはもちろんありますが、より問題としてクローズアップしてきたのがいじめ、そして登校拒否です。

どちらも仲間はずれをもっとも恐れることが根本の原因になっています。
(昔の若者は、仲間はずれになったとしても自分の主張を貫こうとしたり、腕力に訴えていました)

携帯電話の普及や、プリクラ集めなども、そうした若者の仲間を求める気持ちの現れだと思います。

自己中心的な態度が根底にあることは共通していますが、その実際の行動としての現れ方が異なっていることを分析してあげれば先生は感心することでしょう。

レポートで満点を取るように、他の人が考えつかない視点を教えましょう。

一般的にはミーイズムは自分勝手な人間が「俺が俺が私が私が」と主張する様を指して作られた造語です。

これらは、自分の充たされない思い(人に認められたい、愛されたい、ものが欲しい、SEXを存分にしたい、お腹いっぱいものが食べたい)の欠乏を最重要に考える人間を指します。

こうした人間は、普通は非常にわがままで、周囲からそれとすぐに気づきますが、おっしゃられているように、「ミーイズム=私生活中心主義」というと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報