『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

マラソン愛好家です。
元々学生時代は運動は好きな方で、最近地方のマラソン大会に知人と出場する機会が増えました。知人は元陸上部で、「どうせなら、来年福岡国際マラソン出てみたら」と話をしました。
で、福岡国際マラソンのHP等見ると、A,Bグループ等あって、

[Aグループ]
1.マラソン2時間27分以内
2.30kmロードレース1時間35分以内
3.ハーフマラソン1時間07分以内

[Bグループ]
1.マラソン2時間45分以内
2.30kmロードレース1時間50分以内
3.ハーフマラソン1時間15分以内

となっており、上記記録を公認の大会で出せば出れるとの事です。まあ、Aグループはちょっと無茶なんで、Bグループでは頑張ったら行けるかな?という感じですが、10Kで45分の市民ランナーがBグループの条件に入るには結構厳しいでしょうか?
同じ様な境遇の市民ランナーの方、ご意見やどういったトレーニング(普通は平日は皆さん仕事でしょうけど・・)をされているのか是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まだハーフやフルの記録はお持ちでないのでしょうか。

まずは、とりあえず、ハーフやフルを走ってからでしょう。

福岡国際マラソンはかなりのエリートレースです。福岡国際を走る人は、みんな10kmは30分台だろうと思います。45分では、かなり厳しいですね。

持久係数というものがあります。フルマラソンやハーフマラソンの記録を10kmの記録で割ったもので、フルではだいたい4.6くらい、ハーフで2.1くらいだったと思います。10km45分なら、フルは3時間27分、ハーフは1時間35分くらいですね。ただ、この持久係数はかなり走り込んでいるトップアスリートの数字で、市民ランナーの場合は、これよりも遅くなることはよくあります。

フルで3時間半を切れれば、男性の市民ランナーとしてはそこそこ速い方ですが、目覚ましいというには、まだまだ足りません。フルで3時間を切るランナーはサブスリーと言って市民ランナーの中ではあこがれのまとですが、福岡国際や別府大分毎日マラソンを走るのは、さらにその先になります。

若い頃からスポーツは得意だったということなので、数年先の目標として掲げるのは十分に価値あることだと思いますが、1年くらいで福岡国際を目指すのは、厳しいのではないでしょうか。まずは、フルを何度か完走すること、次に3時間を切ることだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。
そうですね。まずはハーフやフルを普通に走れる様になってからですね。
持久係数という専門用語あるのは知りませんでした。大体10kタイムから予想できるのですね。参考になりました。書籍等も参考にしレベルアップしたいと思います。

お礼日時:2008/02/05 00:05

10キロで45分であれば単純に倍々しても


20キロで1時間30分
30キロで2時間15分
40キロで3時間となり
どんなランナーでも実際はそれよりも
もう少しかかるので
やや厳しいかなと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答有難うございます。
現状厳しいですね。でも市民ランナーでも頑張れば出れるので
何とか努力して出場したいと思います。

お礼日時:2008/02/05 00:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング